中川清徳のブログ

2011年9月の記事一覧

2011年
9月30日

 【住宅手当】支給基準で悩んでいる

◆─────────────────────────────────◆
    11月に鹿児島でセミナーを開催します      
◆─────────────────────────────────◆
久しぶりに東京を離れてセミナーを開催します。
11月は鹿児島市内で開催します。
東京のセミナー参加をあきらめていらっしゃった方はご検討ください。
鹿児島市での次回の開催の予定はありません。

1.就業規則  →http://nakagawa-consul.com/000005.html
2.賞与制度  →http://nakagawa-consul.com/000003.html
3.退職金制度 →http://nakagawa-consul.com/000004.html
4.賃金制度  →http://nakagawa-consul.com/000002.html

 


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2011年9月30日号   VOL.912
――――――――――――――――――――――――――――――――――

メリーゴーランドのペンキがはがれたいました。


(続きは編集後記で)

 

◆──────────────────────────────◆
 【住宅手当】支給基準で悩んでいる
◆──────────────────────────────◆

中川 こんにちは。

社長 こんにちは。
   読者から質問があるそうですね。

中川:はい、匿名希望さんからです。

(引用開始)
いつも質問にすぐにお答えいただきありがとうございます。
とてもとても助かっています。
「住宅手当」について、今日のテーマとは違うのですがご教授いた
だけると嬉しいです。
弊社は現在住宅手当を『実家から通勤』『単身』『扶養家族がいる』
に分けて支給していますので割増賃金に含めています。
住宅に要する費用に応じて支給する場合は、割増賃金から控除できる
とあります。賃貸やローンを払っている社員はわかります。
ローンの支払いが終了している社員・実家から通勤している社員の
「住宅手当」はどのように考えたらよいのでしょうか?
(引用終わり)


社長:住宅手当は難しいのですね。

中川:今回のご質問は住宅手当を残業単価に入れない方法についてです。

社長:あれ。
   手当は全部残業単価にいれなければダメなのではないですか?

中川:いいえ、たとえば家族手当は残業単価に入れる必要はありません。
   また、通勤費もそうです。

社長:役職手当や資格手当と家族手当や通勤手当はどう違うのですか?

中川:役職手当や資格手当は仕事と結びついて言います。
   しかし、家族手当や通勤手当は仕事と直接結びついていません。
   家族手当は家族が多ければたくさんもらえます。
   通勤手当は通勤距離が長い人がたくさんもらえます。

社長:なるほど、家族手当や通勤手当は福利厚生的なものですね。
   
中川:そうです。
   でも、家族手当は結婚している社員に家族数に関係なく
   たとえば月額1万円支給しているとすると、これは残業単価に
   いれなければなりません。
   
社長:では、通勤手当もそうですか?

中川:そうです。
   通勤距離や交通手段に関係なく一律に支給すると
   残業単価に対象となります。

社長:要は一律に支給する場合は残業対象の単価になるということですね。

中川:そうです。福利厚生的なものでも対象となります。
   住宅手当についても同様で、一律に支給している場合は
   残業単価の対象となります。

社長:それで匿名希望さんは残業単価に入れたくないので
   費用に応じて支給する方法に変更したいということですね。

中川:そうです。
   匿名希望さんはそのことを十分に承知の上での質問です。

社長:匿名希望さんはよく勉強されていますね。

中川:そうですね。
   で、結論を申し上げればローンが終わっている人や
   実家に居住している人に支給する住宅手当は
   残業単価の対象としなければなりません。

社長:でも、家の修理代がかかりますよ。
   だから、それに対して住宅手当を支給すると定義したら
   どうですか?

中川:ダメです。
   修理代がいくらになるか分かりません。
   住宅手当を残業単価の対象にしなくても良いという趣旨は
   実際に発生する費用に応じた手当額を支給するからです。

   修理代のようにあいまいな費用に対して支給する場合は
   残業単価の対象としなければなりません。


(中川コメント)

住宅手当を残業単価の対象にしない条件は費用に応じた支給基準に
することです。
したがって、ローンのない方や実家居住の方に支給する住宅手当は
残業単価に含めなければなりません。


今日はここまで。では、またあした。

 

 

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の賃金の決め方をほとんどの会社が間違っています
◆─────────────────────────────────◆

60歳以降の賃金は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。

→ http://nakagawa-consul.com/000051.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

メリーゴーランドのペンキがはがれたいました。

ディズニーランドについて書かれた本を読んでうなったのが
メリーゴーランドの馬の首を毎晩塗り替えているのこと。

事実を確認したくてメリーゴーランドに乗りました。
近くから詳細に見るとくすみやペンキのはがれがあり、
毎晩塗り替えているのはウソなのかと思いました。
毎晩少しずつ塗り替えているのかもしれませんが...。

 

では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2011年
9月29日

【賞与】年休取得は欠勤扱いにしたい

◆─────────────────────────────────◆
    11月に鹿児島でセミナーを開催します      
◆─────────────────────────────────◆
久しぶりに東京を離れてセミナーを開催します。
11月は鹿児島市内で開催します。
東京のセミナー参加をあきらめていらっしゃった方はご検討ください。
鹿児島市での次回の開催の予定はありません。

1.就業規則  →http://nakagawa-consul.com/000005.html
2.賞与制度  →http://nakagawa-consul.com/000003.html
3.退職金制度 →http://nakagawa-consul.com/000004.html
4.賃金制度  →http://nakagawa-consul.com/000002.html

 


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2011年9月29日号   VOL.911
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ディズニーはやはりすごい!


(続きは編集後記で)

 

◆──────────────────────────────◆
 【賞与】年休取得は欠勤扱いにしたい
◆──────────────────────────────◆

中川 こんにちは。

社長 こんにちは。
   読者から質問があるそうですね。

中川:はい、匿名希望さんからです。

(引用開始)
中川先生のメルマガ、いつも拝見させていただいております。
身近に感じられるようなことばかりで、たいへん勉強になります。
ところで、一つお聞きしたいと思います。
有給休暇を取得した社員に対し、賞与時の勤怠評価で評価するという
のはどうでしょうか?(社長は、「実質仕事はしていないのだから」
と言いますが...)
(引用終わり)


社長:おお!
   そのとおり、この社長の気持ちはよく分かります。

中川:このような相談が多いですね。

社長:賞与は労基法には定められていませんから
   支給基準は会社で決めることができますよね。
   だから、年休は欠勤扱いにしても良いですよね?

中川:ダメです。

社長:どうしてですか?

中川:年休を使うと賞与査定で欠勤扱いになるとすると
   従業員は年休が使いづらいですよね?

社長:使う使わないは本人の自由です。
   使った場合は会社を休んでいるのですから
   実質的には欠勤と同じです。

中川:あのう、ダメです。
   理由は年休をとることにより不利益な扱いをしてはダメだからです。

社長:年休を取る人と取らない人では会社への貢献度が違います。
   結果として評価に反映するでしょう。

中川:微妙な言い方ですね。
   年休をとるとそれを欠勤扱いにすることは不利益になりますので
   ダメです。
   しかし、年休をたくさんとる従業員は結果として貢献度が
   低くなるかもしれません。
   貢献度が低いから評価が低くなるのであれば、経営者の
   裁量の範囲内になります。

社長:チンプンカンプンでよく分かりません。

中川:年休を取ったことで賞与が低くなるのはダメです。
   しかし、会社の貢献度で評価して賞与が低くなるのはOKと
   いうことです。

社長:要するに、年休を取ったことを欠勤扱いにして査定しては
   ダメだと言うことですね?

中川:そうです。

 

(中川コメント)

年休を取得することにより不利益な扱いをすることは法的に許されません。
年休の取得は考慮しないで、貢献度に応じて査定することはOKです。
結果的に年休を取る従業員に査定が低くなることはあります。


今日はここまで。では、またあした。

 

 

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の賃金の決め方をほとんどの会社が間違っています
◆─────────────────────────────────◆

60歳以降の賃金は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。

→ http://nakagawa-consul.com/000051.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

ディズニーはやはりすごい!

10数年ぶりにディズニーランドに行きました。
夜のパレードはねぶた祭りを思い出します。
もう終わりかなとおもったのはまだパレードの中間あたりでした。
これだけのものを格納するだけでも大きな空間が必要ですね。

お客は通勤時の新宿並み。

これが毎日送り返されているのですね。
はやりすごい!


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2011年
9月28日

 【退職】親の連絡で退職扱いにしてもめている

◆─────────────────────────────────◆
    11月に鹿児島でセミナーを開催します      
◆─────────────────────────────────◆
久しぶりに東京を離れてセミナーを開催します。
11月は鹿児島市内で開催します。
東京のセミナー参加をあきらめていらっしゃった方はご検討ください。
鹿児島市での次回の開催の予定はありません。

1.就業規則  →http://nakagawa-consul.com/000005.html
2.賞与制度  →http://nakagawa-consul.com/000003.html
3.退職金制度 →http://nakagawa-consul.com/000004.html
4.賃金制度  →http://nakagawa-consul.com/000002.html

 


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2011年9月28日号   VOL.910
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ナポリタンはアメリカ生まれです。


(続きは編集後記で)

 

◆──────────────────────────────◆
 【退職】親の連絡で退職扱いにしてもめている
◆──────────────────────────────◆

中川 こんにちは。

社長 こんにちは。
   20代のAさんのことで相談です。

中川:はい、何でしょう?

社長:Aさんはうつ病と診断され休職しています。
   Aさんの両親から手紙でAさんを退職させたいという
   連絡がありました。

中川:本人の承諾はもらっているのでしょうか?

社長:退職は本人の意思であると書いてありました。
   それで後任を採用しました。
   ところが、Aさんが突然会社に現れ「退職は自分の意思ではない」
   と言いだし、退職つもりはないとのことです。

   どうしたらいいですか?

中川:それは退職手続きのミスです。
   Aさんは成人ですから、会社との契約はAさんがすることです。
   両親にその権利はありません。

社長:そう言われればそうですが、手紙には本人の意思と
   書いてあります。
   信用するでしょう。

中川:状況的にはそうでしょう。
   しかし、本人の退職願をとってから採用活動をすべきでした。
   Aさんの意思として退職願をもらうべきでした。

社長:そうは言ってもすでに後任を採用しています。
   余分な雇用をする余裕はありません。

中川:経営の問題と雇用問題を混同するともめるもとです。
   Aさんが退職の意思がないと言っている以上
   解雇することはできません。
   解雇できるとすると休職規程に基づき、期間満了までに
   復職できなかった場合です。

社長:Aさんはあと1ヶ月で期間満了になります。
   それまでには職場復帰ができると言っています。
   確かに、症状は改善しているように感じました。

中川:難しくなりましたね。

社長:何か解決策はありませんか?

中川:Aさんと話し合うことですね。
   その前に医師と面談したらと思います。
   もちろん、Aさんの了解を得てですが。
   その結果によりますので何とも言えませんが、
   退職について同意を得るようなことが考えられます。

社長:そうですね。
   うつ病は再発する可能性が高いと言われていますし。

中川:可能性だけで説得はムリです。
   慎重に話してください。
   それでAさんが退職について同意してくれれば
   退職願をもらうことです。
   ムリヤリに退職に追い込むことはしないように。

社長:困りました。

中川:きちんと退職願をもらうことです。
   本人の意思を書面で確認してから後任探しをしましょう。

社長:いい経験となりました。

 

(中川コメント)

退職は契約の終了を意味する重要なことです。
法的には労働契約を結んでいるのです。
契約の終了を意味する退職願をもらいましょう。

 

今日はここまで。では、またあした。

 

 

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の賃金の決め方をほとんどの会社が間違っています
◆─────────────────────────────────◆

60歳以降の賃金は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。

→ http://nakagawa-consul.com/000051.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

ナポリタンはアメリカ生まれです。

本場のナポリには存在しません。
カンパニア州やシチリア島の人々がアメリカに渡り、彼らにより
乾燥パスタとトマトソースがもたらされました。
しかし、アメリカで都合良くアレンジされました。

アルデンテ(麺が完全に茹で上がらずに麺の中心が髪の毛の細さ程度の芯
を残して茹であげることをいう)にゆであげるべき麺は、茹で置きされて
のびのびになり、ボリュームを出すためにソーセージやハムが加えられ
トマトソースの代わりにケチャップが用いられました。

このアメリカ方式が日本に伝えられ、ナポリタンと命名されました。

(話題のツボをおさえる本より)

 

では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2011年
9月27日

 【採用時】必要書類を提出しないので解雇したい

◆─────────────────────────────────◆
    11月に鹿児島でセミナーを開催します      
◆─────────────────────────────────◆
久しぶりに東京を離れてセミナーを開催します。
11月は鹿児島市内で開催します。
東京のセミナー参加をあきらめていらっしゃった方はご検討ください。
鹿児島市での次回の開催の予定はありません。

1.就業規則  →http://nakagawa-consul.com/000005.html
2.賞与制度  →http://nakagawa-consul.com/000003.html
3.退職金制度 →http://nakagawa-consul.com/000004.html
4.賃金制度  →http://nakagawa-consul.com/000002.html

 


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2011年9月27日号   VOL.909
――――――――――――――――――――――――――――――――――

石けんは小さくなると泡立ちが少なくなりますね。


(続きは編集後記で)

 

◆──────────────────────────────◆
 【採用時】必要書類を提出しないので解雇したい
◆──────────────────────────────◆

中川 こんにちは。

社長 こんにちは。
   当社は入社後に誓約書、身元保証書を提出してもらうことに
   なっています。
   もし、提出しない場合はそれを理由に解雇しても問題
   ありませんか?

中川:一概に言えませんが、解雇は有効と思います。

社長:もう少し説明をしてください。

中川:就業規則に誓約書、身元保証書を提出することが
   明記されている必要があります。
   ほとんどの会社の就業規則はそれが明記されています。
   その就業規則に基づき書類の提出を求めるからです。

社長:誓約書、身元保証書の提出をしない理由はどんなことが
   考えられますか?

中川:大企業20年、中小企業13年人事労務関係に従事しましたが
   書類を提出しなかった経験は一度だけです。
   一般的な理由は分かりませんが、個人的な信条があるとか
   個人的な事情があるのでしょうね。

社長:中川さんが経験した書類不提出はどんな理由ですか?

中川:結婚しているのにそれを隠して入社した女性がいました。

社長:どうして隠したのでしょうか?

中川:当時は女性は結婚したら退職するのが普通の時代でした。
   だから、その女性は結婚していることが分かったら
   採用されないのではと思ったようです。

社長:へえ、ばれそうなウソをつくものですね。

中川:そうですね。
   それほど必死だったのかもしれません。

社長:で、どんな書類の提出を出さなかったのですか?

中川:住民票記載事項証明書です。
   彼女は未婚時代の姓名で応募しました。
   しかし、住民票記載事項証明書を見られると姓が変わってるので
   結婚がばれるからです。

社長:で、未提出を理由に解雇したのですか?

中川:3回督促しました。
   3回目に結婚していることを打ち明けました。

   しかし、結婚を理由に採否を決めていたわけではないので
   雇用を継続しました。

社長:そうですか。

中川:後日談があります。
   金銭の不正が発覚しました。
   それで解雇しました。

社長:ありゃ。

中川:ウソをつくような人は繰り返すのですね。
   反省しています。

 

(中川コメント)

採用時の提出書類を提出しなかったことにより
解雇したことは有効であるという判例があります。
(昭和40年6月7日 名古屋地裁 名古屋タクシー事件)

中川の経験談は脚色してあります。


今日はここまで。では、またあした。

 

 

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の賃金の決め方をほとんどの会社が間違っています
◆─────────────────────────────────◆

60歳以降の賃金は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。

→ http://nakagawa-consul.com/000051.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

石けんは小さくなると泡立ちが少なくなりますね。

理由は二つ。
1.表面積が小さくなると泡立つ面積も小さくなるから
2.表面部分に加水分解が起き、アルカリ分が消え脂肪酸に変化するから

泡立ちが悪くなったら表面を削るといいそうです。
浴用石けんは頻繁にタオルなどでこするので比較的泡立ちやすいそうです。

(雑学特ダネ新聞 より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2011年
9月26日

 【残業】法定内残業は払わなくても良い

◆─────────────────────────────────◆
    11月に鹿児島でセミナーを開催します      
◆─────────────────────────────────◆
久しぶりに東京を離れてセミナーを開催します。
11月は鹿児島市内で開催します。
東京のセミナー参加をあきらめていらっしゃった方はご検討ください。
鹿児島市での次回の開催の予定はありません。

1.就業規則  →http://nakagawa-consul.com/000005.html
2.賞与制度  →http://nakagawa-consul.com/000003.html
3.退職金制度 →http://nakagawa-consul.com/000004.html
4.賃金制度  →http://nakagawa-consul.com/000002.html

 


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2011年9月26日号   VOL.908
――――――――――――――――――――――――――――――――――

そう甘くはありませんでした。


(続きは編集後記で)

 

◆──────────────────────────────◆
 【残業】法定内残業は払わなくても良い
◆──────────────────────────────◆

中川 こんにちは。

社長 こんにちは。
   残業をしても払わなくてもいいのですか?

中川:いきなりなんですか。

社長:知り合いの社長から聞きました。
   法定内残業は払う必要がないと。
   
中川:ああ、そういうことですか。

社長:払わなくても良い残業代が存在するのですね。

中川:法定内残業とな何かご存じですか?

社長:法定内ですから法律で定められた何かでしょう。

中川:何かとはなんですか?

社長:うーん。
   労働時間のことです。

中川:ピンポーン!
   では、法定労働時間とは何時間ですか?

社長:たしか、8時間でしたね。

中川:ピンポーン!
   それだけですか?

社長:それだけと言われても...。

中川:1日の労働時間が8時間ということですね。
   その他に1週間の労働時間が法律で定められています。

社長:ああ、そういうことですか。
   1週間は40時間ですね。

中川:ピンポーン!
   それで、1日8時間以内、1週間40時間以内で残業をする場合を
   法定内残業と言います。

社長:当社は1日7時間30分です。
   ということは、30分の残業は法定内残業となるのですね。
   この30分は残業をしても残業代を払わなくても良いと
   いうことですか。

中川:今までどうしていましたか?

社長:残業ですから125%払っていました。

中川:それは100%でいいのです。
   25%は余分の支払でしたね。

社長:そういうことですか。
   ということは、当社は30時間の残業をしていますが
   月10時間(=0.5時間×20日出勤)分の残業代は
   払わなくても良かったのですね。

中川:そうです。
   しかし、30分は仕事をしていますので100%は払う必要が
   あります。
   割り増し賃金の25%は払わなくても違法ではなかったのです。

社長:ええーと。
   平均時給が1600円ですから
   1600円×25%×10時間×30人=12万円/月となりますね。

中川:その分、社会保険料(健康保険+厚生年金)や
   労働保険料(雇用保険+労災保険)も高くなっています。

社長:1ヶ月で12万円ですから
   一年だと144万円(=12万円×12月)
   ですか。

中川:それに社会保険料などが増えていますので
   実際は13%以上です。
   つまり、
   144万円×113%=約163万円です。

社長:10年だと1630万円ですか。
   大きいですね。

中川:そうです。
   人件費は塵も積もれば山となるです。
   1円でもおろしかにできません。

社長:では、今後は法定内残業は割り増し賃金はないと
   します。

中川:それは不利益変更となります。

社長:またでた!
   イヤな言葉。

中川:いままでは法定内残業でも割り増し賃金を
   払っていましたので、いきなり変更はできません。

社長:どうすればいいですか?

中川:従業員に説明をして同意を得てください。

社長:わかりました。

 

(中川コメント)

法定労働時間とは
1日8時間
1週間40時間です。
この範囲内ので残業をする場合は法定内残業といい、
割り増し賃金の対象にしなくても良いのです。
対象としてももちろんOKです。

そもそも中小企業は
法定労働時間を就労時間とするのが良いと思います。
その場合は法内残業は存在しません。

 

今日はここまで。では、またあした。

 

 

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の賃金の決め方をほとんどの会社が間違っています
◆─────────────────────────────────◆

60歳以降の賃金は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。

→ http://nakagawa-consul.com/000051.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

そう甘くはありませんでした。

リサイクルショップに捨てようと思ったカーナビを持ち込み
期待を遙かに超えた買い取りがあったので
柳の下にドジョウよろしく
翌日、妻・志津江は衣料品などを持ち込みました。
査定の結果は...。

ほとんど引き取ってもらえませんでした。
ブランドものでない古着では商品にならないのですね。

ゴミとして処分してもらえるのかと思いましたが
持ち帰りとなりました。トホホ...。


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆