中川清徳のブログ

2012年6月の記事一覧

2012年
6月30日

【労務管理】パワハラの事例

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
    7月27日(金) 10時~16時30分 東京開催
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
それも拍子抜けするほど簡単な賃金制度が良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年6月30日号   VOL.1179
――――――――――――――――――――――――――――――――――

料理店の盛り塩は「お清めのため」ではなかった!?


(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【労務管理】パワハラの事例
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   最近、パワハラということが言われるようになりました。

中川:そうですね。

社長:しかし、上司が部下に強く指導するのは当たり前です。
   それがパワハラだと言われてるのはおかしいと思います。

中川:そうですね。
   強く指導してください。
   たまには呶鳴り散らしてもよいですよ。

社長:でも、それがパワハラだと言われるのでしょう?

中川:上司が強く指導する、叱る、当たり前でしょう。
   仕事をする上では必要なことです。

社長:では、パワハラだと言われることを恐れるなということですか?

中川:いいえ、そもそもその程度はパワハラとは言いません。

社長:へえ、それは心強いことを聞きました。

中川:たとえば、オリンピックに出場を目指すような選手は
   死ぬ思いをするほどつらい訓練や指導を受けています。
   あれはパワハラですか?

社長:選手はそれを覚悟で訓練や指導を受けていますから、
   それとサラリーマンの仕事では違うのではないですか?

中川:たとえが極端でしたか。
   
社長:うーん、でも、経営は戦場で戦っているようなものですから
   甘いとたちまち競争に負けてしまいます。
   やはり上司は厳しさが必要ですね。

中川:そうです。
   問題は上司の指導や叱責が部下の精神障害になる場合です。
   それは限度を超えていることになります。
   それがパワハラになります。

社長:なにか事例はありませんか?

中川:ある営業マンが自殺に追い込まれた事例があります。

   Aさんは営業成績が悪いため係長の暴言が引き金となって
   自殺したのです。

社長:うーん。

中川:「お前は給料泥棒だ」
   「おまえ、対人恐怖症やろ」
   「病院への営業で回っているのはガソリンのムダだ」
   「病院への回り方がわからないのか。何年回っているのか」
   「そんなことまで言わなければならないのか、勘弁してよ」

   などと繰り返し言いました。

社長:言い過ぎのところはありますが、この程度なら言いそうですね。

中川:いじめに近い状態で繰り返し言ったのです。
   ついにうつ病になりました。

社長:そんなに追う詰めてはいけませんね。

中川:うつ病になってからも
   「存在が目障りだ」
   「いるだけでみんなが迷惑しているのだ」
   「お前のかみさんの気がしれない」
   「お願いだから消えてくれよ」
   「どこへ飛ばされようとAは仕事ができないやつだと言いふらす」
   「誰かがやってくれるだろうからと思っているから、何も
    こたえないし、顔色ひとつ変わらない」
   などと繰り返しました。

社長:うつ病の人に言うべきことでないですね。

中川:それが原因で自殺したと裁判所が判決しました。

社長:なるほど。
   ここまでひどい上司は当社にはいないと思いますが
   念のためこの事例を参考に注意します。

中川:それがいいでしょうね。


(中川コメント)

 本日の記事はN化学事件(東京地裁判決 2007.10.15)を参考にしました。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

 

◆─────────────────────────────────◆
 【CD】 従業員代表の選出  講師 北見昌朗
◆─────────────────────────────────◆

ご存じでしたか? 従業員代表の選出は労基法で義務づけられています。
退職金を減額したので退職金規程を変更したが、いい加減な従業員代表の
選出で無効。その結果、高い退職金を払うことになります。
従業員代表はきちんと選出しましょう。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-06.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

料理店の盛り塩は「お清めのため」ではなかった!?

 夕方、客が来る少し前の料理屋の玄関先は、静かで気分のよいものです。
そこで目につくのは、ちょこんと盛り上げてある塩。タ闇の中に白く浮き
上がって見えます。

 この塩は「清め」のためのものと勝手に思っている人が多いようですが、
そうではなく、お客がたくさん来てくれるようにという「おまじない」な
のです。

 昔、中国の皇帝は「三十六の後宮には三千人の淑女よそおいを錺(かざ)
り」といわれるほど多くの妾(めかけ)を囲い、牛車に乗って夜ごとそれら
妾の屋敷を訪ねていたわけです。妾のほうからすれば、皇帝になんとか来
てもらいたい。しかし、三千人はオーバーだとしても、人数が多いので競争
率が高すぎる。

 そこで、ある頭のいい妾(の屋敷の者) が一計を案じ、玄関にピラミッド
型に塩を盛り上げておいたのです。すると案の定、屋敷の前で牛車が止まり、
寵愛(ちょうあい)を受けることができました。

 草食動物は常に塩分をとらなくては生きていけません。つまり、牛は塩が
大好物なのです。だから盛り塩の前でピタリと止まって動かなくなってし
まったわけです。この故事から、来てほしい人(お客)を招き寄せるおまじな
いとして、玄関に塩を盛るようになったのです。

(時間を忘れるほど面白い雑学の本 竹内均編 知的生き方文庫より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
6月29日

【派遣法】日雇い派遣の原則禁止

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 退職金制度の見直し方セミナー

       【東京開催】 平成24年7月26日(木)13時30分~16時30分

◆─────────────────────────────────◆

  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
  厚生年金基金問題も解説、対応策を提案します。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年6月29日号   VOL.1178
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「ねこばぱ」の語調は?


(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【派遣法】日雇い派遣の原則禁止
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   当社は派遣会社です。
   日雇い派遣が禁止になると聞きました。
   本当ですか?

中川:本当です。
   今年の3月に国会で可決され、4月6日に公布されました。
   今年の10月から実施される一つが「日雇い派遣の原則禁止」です。

社長:日雇い派遣の定義があるのですか?

中川:はい、「日々または30日以内」の派遣は禁止となります。

社長:ということは、31日の派遣であれば日雇い派遣とはならなので
   ね?

中川:OKです。

社長:派遣社員として採用する場合に派遣期間と同じ雇用期間にして
   います。
   派遣社員は1ヶ月の雇用契約を結ぼうと考えます。
   それでOKですか?

中川:ダメです。
   理由は1ヶ月という期間は28日、29日、30日、31日の4種類あります。
   30日以内の派遣は日雇い派遣となり違法となります。
   したがって、1ヶ月というようなあいまいな雇用契約は違法に
   なります。

社長:なるほど。
   では、出向先との派遣契約も1ヶ月とすると違法になる可能性が
   ありますね。

中川:そうです。

社長:当社は短期間の展示会でのデモンストレーションや受付業務など
   への派遣も行っています。
   それらは10日間とか短期間が多いのです。
   今後はこのような業務へは派遣できないことになりますね。

   需要はたくさんあります。
   それを禁止されると当社も困りますし、派遣先も困ります。

中川:日雇い派遣は原則禁止ですが、例外的に認められる業務が
   あります。
   まだ、確定していませんが、次のような業務は例外扱いする
   予定になっています。

   1.ソフトウェアり開発
   2.機械設計
   3.事務用機器の操作
   4.通訳・翻訳・速記
   5.秘書
   6.ファイリング
   7.調査
   8.財務処理
   9.貿易取引文書作成
   10.デモンストレーション
   11.添乗
   12.案内・受付
   13.研究開発
   14.事業の実施体制の企画・立案
   15.書籍などの製作・編集
   16.広告デザイン
   17.OAインストラクション
   18.セールスエンジニアの営業
   19.金融商品の営業関係

社長:なるほど、例外扱いされるのでホッとしました。

 

(中川コメント)

 平成24年10月から日雇い派遣は原則禁止となります。
日雇いとは日々または30日以内の派遣を指します。
ただし、例外業務が上記のようにあります。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 全社員が一丸となる賞与の払い方
◆─────────────────────────────────◆

1.賞与原資の決め方が分からない
2.パットしないイマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる

方はクリックしてください

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-02.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

「ねこばぱ」の語調は?

 道で一万円札がぎっしり入った財布を拾います。本来なら警察へ届ける
のが正解。誰も見ていないからといって、自分の懐に入れて、知らん顔で
立ち去るのはダメ。そのような行為を一般に「ねこばば」といいます。

「ねこばば」を漢字で書くと「猫糞」。なんとなく語源がわかるでしょう
か。

 猫は、砂をかけて自分のフンを隠します。この猫の習性から出た言葉が
「ねこばば」。犬も同じことをするのに「いぬぱば」とはいいません。な
ぜ犬でなく猫なのかは誰も知らないそうです。

 一方、「パパ」は「婆」を表すという説もあります。江戸時代の中頃、
江戸の本所(ほんじょ)に猫好きな老婆がいました。孫が医者で裕福なこ
のお婆さん。猫を3O匹も飼っていて「猫婆」と呼ばれていました。人から
借りたものを返さないという悪い癖があったといわれるこのお婆さんのあ
だ名が「ねこばば」。それが転じて、他人のものを自分のものにするこ
との代名語になってしまったというわけです。

 どちらにせよ、自分のフンを引き合いに出されたり、お婆さんのせいで、
悪いイメージを負わされたりと、猫にとってはいい迷惑です。

(絶対にすべらない無敵の雑学より 角川学芸出版)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
6月27日

【解雇】事業の撤退で余剰社員を解雇したい

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
    7月27日(金) 10時~16時30分 東京開催
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
それも拍子抜けするほど簡単な賃金制度が良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年6月27日号   VOL.1176
――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本人はなぜお辞儀をするのか


(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
【解雇】事業の撤退で余剰社員を解雇したい
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   実は新規事業がうまくいきません。
   それで撤退したいのです。

中川:それは残念ですね。

社長:それで、その事業に所属していた4人の社員を解雇したいのです。
   法的に問題ありますか?

中川:できるだけ解雇は避けるべきです。
   他の部署に異動できませんか?

社長:異動を検討しました。
   4人はIT関係の営業が得意です。
   この事業を撤退すると彼らに向く仕事がありません。

   また、他の事業も業績が悪く、配転する余裕がありません。
   申し訳ないと思っていますが、4人を解雇したいのです。

中川:うーん。
   就業規則を拝見します。

   「事業の縮小その他やむを得ない業務の都合による場合」は解雇
   すると明記されていますね。

社長:まさに事業の縮小ですから解雇できますね。

中川:本人たちに今後も会社で働きたいかを確認しましたか?

社長:確認しました。
   そしたら、3人は退職するとのことです。
   1人だけ、このまま働きたいとのことです。

中川:その人を他の部署に異動できませんか?

社長:1人だけなのでなんとかなります。
   しかし、異動させると給料を下げざるを得ません。
   異動先の同僚との賃金のバランスが必要だからです。

中川:どのくらい低くなるのですか?

社長:35万円くらいだった給料が25万円くらいになります。
 
中川:10万円下がるのですか。
   それで本人は納得しますかね?

社長:納得しません。
   下がるのはおかしいというのです。
   仕事の内容が違うのだから納得して欲しいのですが
   納得しません。

中川:では、退職のための条件を提示したらどうでしょう?

社長:退職のための条件といいますと?

中川:たとえば、退職金を上乗せ支給するのです。
   
社長:そうしないと解雇できないのですか?

中川:円満に解雇したいためです。
   仮に、就業規則に書いてあるとおり事業を縮小だから
   ということで解雇した場合、本人が不満で訴訟を起こ
   す可能性があります。

社長:だって、就業規則に書いてあることをそのまま実行するの
   ですから訴訟を起こすのはおかしいでしょう。

中川:それも一理ありますが、整理解雇の訴訟における
   判決が積み重ねられ整理解雇の4要件なるものができて
   います。

社長:整理解雇の4要件とはなんですか?

中川:1.人員整理の必要性
   2.解雇回避努力
   3.選定基準の合理性
   4.労働者との協議、説明

   この4要件です。

社長:どこにも退職金の上乗せは書いてありませんが。

中川:4の労働者との協議、説明の一つの手段です。
   解雇される人に説明をして解雇を納得してもらうために
   退職金の上乗せについて話し合うのです。

   今回は配転は本人が承知しないのですから、退職金の
   上乗せが現実的な手段だと思い提案したのです。

社長:うーん。
   検討します。

 

(中川コメント)

 本日の記事はナショナル・ウエストミンスター銀行事件(東京地裁
平成12年1月21日判決)を参考にしました。
本日の記事が絶対的な対策ではありません。参考程度にしてください。

 ナショナル・ウエストミンスター銀行事件は、事業の撤退で解雇する
のですが、解雇する従業員の退職金の上乗せや再就職の斡旋まで会社が
行おうとしました。しかし、本人が納得しないので普通解雇しました。
 この事件は解雇有効となりました。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

 

◆─────────────────────────────────◆
  【CD】  社長が変われば会社が変わります 竹田陽一
◆─────────────────────────────────◆

経営者が知っておかなければならない、経営の8大要因を知ることです。
そうすると、経営者は何から研究しなければならないかズバリと
分かります。

いきあたりばったりの勉強はやめましょう。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-03.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

日本人はなぜお辞儀をするのか


 世界中には、いろんな挨拶の仕方がある。キスしたり、握手したり、
抱き合ったり、子を合わせたり、お辞儀をしたり、さまざまである。

 世界的にみれば、握手や抱擁(キス)が一般的なようだが、日本では
握手やキスをしないで、お辞儀をする。


『魏志倭人伝』には「下戸(下層階級)が道で大人(身分の高い支配階級)
に会うと、草むらに入って道をゆずる。そして、うずくまるかひざまず
いて、両手を地につけ、恭敬の態度を示す」とある。

 その昔、日本人は身分の上の者に対して、ひざまずいたり、腹ばいに
なって敬意を表していた。そうした挨拶はやがて廃止され、立礼(立った
ままでのお辞儀)に統一されることになる。

 ところで、日本人はなぜお辞儀をするのだろうか。

 それについては、一説に日本は湿度が高く、身体が汗でベトついてい
るので、握手やキスのように身体を触れ合わせるのは、不快感を覚える
からだろうといわれている。

(話題のネタ・雑学の本 幻冬舎文庫より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
6月26日
カテゴリー

【解雇】営業ノルマを達成できない場合は解雇できるか

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 退職金制度の見直し方セミナー

       【東京開催】 平成24年7月26日(木)13時30分~16時30分

◆─────────────────────────────────◆

  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
  厚生年金基金問題も解説、対応策を提案します。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年6月26日号   VOL.1175
――――――――――――――――――――――――――――――――――

5月~7月生まれは早死にしやすい!?


(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
【解雇】営業ノルマを達成できない場合は解雇できるか
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   Aさんのことで相談です。

中川:はい、どんな相談ですか?

社長:Aさんは営業です。
   成績がさっぱりなので解雇したいのですが、何か気をつけることが
   ありますか?

中川:どの程度の成績なのですか?

社長:ほぼ、毎月最下位です。
   自分の給料も稼げていません。

中川:お荷物社員ですね。

社長:それで、辞めて欲しいのです。
   解雇は難しいと聞いていますので、Aさんと雇用契約の見直しを
   しようと考えています。
   我ながらよいアイディアだと悦に入っています。

中川:どんな雇用契約にするのですか?

社長:ノルマが達成できない場合は解雇するという雇用契約書にします。
   Aさんが同意すれば可能でしょう?

中川:Aさんの給料はいくらですか?

社長:月額20万円くらいです。
   がんばったら30万円くらいになるのですが。

中川:たしかに、契約は双方が同意したら成立します。
   しかし、Aさんの給料は普通の水準の給料です。
   それで、ノルマを達成しない場合は解雇は過酷すぎます。
   訴訟されたら会社は負けますよ。

社長:Aさんが同意してもダメなのは給料が低いからですか?

中川:低いとはいいませんが、普通の給料水準です。
   
社長:普通の給料だと解雇はできないのですか?

中川:そうです。
   給料と仕事のバランスです。
   給料がよほど高ければ話は別ですが、これでは無理があります。

社長:では、どうやって辞めてもらったら良いですか?

中川:本人が自主的に辞めてもらうように話をすることです。

社長:それができれば苦労はありません。

中川:では、訴訟覚悟でノルマを達成できない場合は解雇という契約書を
   作成しますか?

社長:うーん、そこまでは...。

中川:雇用した以上は会社にも教育をするなどの努力が必要です。
   まずは、そこからスタートしてそれでもダメならAさんも
   御社には合わないからと退職するでしょう。

社長:そういまくいけばいいですが。

中川:Aさんと話し合うことが先決ですね。
   Aさんは自覚していると思いますが、会社としては改めてきちんと
   伝えましょう。

社長:わかりました。


(中川コメント)

 労働基準法に似た法律で労働契約法があります。
労働契約法は解雇について細かく書かれています。

解雇は過去の判例の積み重ねで、ほぼ定着した解雇要件を法律にしました。

 解雇は社会通念上相当な理由があるときに限られてきました。
今回のAさんの場合、ノルマを達成しない場合に解雇するのは常識的には
ひどすぎるといえます。
 解雇することはAさんの生活を脅かす重大なことだからです。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
 監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
◆─────────────────────────────────◆

 解雇とか賃金の切り下げとか微妙な問題は、労働基準監督署に聞くわけに
もいかない。だいたい、俺は忙しいのだ。本を読んでいる暇はないし、
第一、資金繰りや営業のことで頭がいっぱいでそれどころではない。
誰か、いないのか?

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

5月~7月生まれは早死にしやすい!?

 5月~7月生まれの人は早死にする傾向があるという。これは帝京大学
医学部の三浦悌二教授の調査・研究による。

 三浦教授の調査によれば、5月~7月生まれの人、そのなかでもとくに
男性では、老年に達してからの死亡率が他の月に生まれた人に比べ高い
そうである。

 三浦教授は老人ホームの付属病院に入院した怠者をはじめ、たくさん
の調査を行なっているが、いずれも5月から7月に生まれた人は他の月に
生まれた人より早死にであるという結果を得ている。

 どうして生まれ月によって寿命に差が出るのだろうか。ある季節に生
まれた人は、内分泌の機能とその季節的な変動に他の人と違いがあるた
めに、老人になるとその差が老化の速さの違いとなり、ひいてはガンや
脳卒中の死亡率にも影響して、寿命の違いになるのではないかと三浦教
授はいう。

(話のネタ・雑学の本 幻冬舎文庫より)

 

では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
6月25日

【採用】コース別採用の注意点

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 「けしからん社員への対応」セミナー
    7月11日(水) セミナー 東京開催 
◆─────────────────────────────────◆

無断遅刻をする。無断欠勤をする。指示に従わないで作業ミスをして納期
遅れになる。交通事故を繰り返す。タイムカードを不正打刻する。定期健
康診断を受診しない。上司が部下に適切に業務指示をしない。会社の備品
を窃盗する。社内不倫をする。インターネットで会社の中傷をする。会社
の機密情報を漏洩する。個人情報を漏洩する。刑事事件を起こす。セクハ
ラをする。パワハラをする。権利ばかり主張し、まともに義務を果たさな
い。配置転換を拒否する。勤務成績不良。

さて、どうしますか?

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/059.html

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年6月25日号   VOL.1174
――――――――――――――――――――――――――――――――――

トンネル灯はなぜオレンジ色?

(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
【採用】コース別採用の注意点
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   コース別採用とは何ですか?

中川:よくある例は「総合職」「一般職」というコースを設定し
   募集をするものです。

   「総合職」は基幹業務、総合的な判断を要する業務、転居を
   伴うものなどとして
   「一般職」は定型的業務で転居と伴わないというものです。

社長:どうしてそんな面倒なことをするのですか?

中川:男女雇用機会均等法が成立し、女性のみとか男性のみとか
   の募集ができなくなりました。(例外はあります)
   また、女性だからということで賃金に差をつけることは
   できなくなりました。

社長:たしかに、時代が変わりましたね。

中川:以前は女性だからという理由で賃金が男性より低くても
   よいのだという風潮がありました。
   実際、賃金統計をとりますと女性は男性より賃金が低い
   ことが多いでが、この傾向は現在も続いています。

社長:そうですね。

中川:法律では性別による賃金格差は認めていません。
   しかし、仕事による賃金格差は認めています。
   たとえば、仕事ができる社員や管理職は賃金が高いなど
   の格差です。

社長:それは当然です。

中川:それで、「総合職」「一般職」というコースは
   「総合職」の場合は高い賃金、「一般職」の場合は低い
   賃金設定をしているのです。
   
社長:それでどうなるのですか?

中川:結果的に「総合職」には男性が多くなり、「一般職」には
   女性が多くなることがあります。
   一般職の賃金は総合職に比べて低いのですが、それは
   女性だから低くしているのではなく、仕事内容に応じた
   賃金設定をしているからとなるのです。

社長:ふーん。
   ということは「総合職」に女性がいる場合もあれば
   「一般職」に男性が含まれることもあるのですね?

中川:そうです。
   本人が希望し、会社がその職務を与えるのがふさわしいと
   判断すればそのコースに配置するのですから
   性別による格差はありません。

社長:結果として男性は全員「総合職」となり女性は全員「一般職」
   となってもよいのですか?

中川:法律の精神からすると望ましくありません。
   意図的に男女格差をしていると言われかねません。

社長:当社は部長や課長も女性がいます。
   ある意味当社は実力主義ですね。

中川:中小企業は男女格差が少ないように感じますね。
   ある会社では男性中心の製造業ですが、女性を積極活用して
   います。
   海外での会社設立まで任せています。

社長:そうかもしれませんね。


(中川コメント)

 均等法では性別による差別扱いを禁止しています。
しかし、仕事による差別扱いは禁じていません。

 一般的に運用されている事例は「総合職」は職務の内容が高い、転居と伴う
転勤がある場合とし「一般職」は職務内容が定型的で転居を伴う転勤がない
としています。

 転居を伴う事業所がない会社が転居を伴う転勤がある場合は総合職、
そうでない場合は一般職とするのは無理があります。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  CD版「スマホ時代の労務管理ココがポイント」講師 北見昌朗
◆─────────────────────────────────◆

スマホ、iPadが当たり前の時代、便利と裏腹に思わぬ落とし穴が待ち構えています。
一度流失した機密情報はどうすることもできません。
それが会社の致命傷になりかねません。

1.フェイスブックの落とし穴
2.転職会議で就職してはいけない会社にされた
3.iPhoneで機密メールが社外に転送される落とし穴
4.機密の入ったiPadを電車に忘れる
5.退職者の携帯電話に顧客の機密メールがそのまま残る
6.USBの怖さ
7.会社がいますぐ実施すべき情報漏洩の防止のためのチェックシート
8.社員からもらう誓約書


→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-04.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

トンネル灯はなぜオレンジ色?

 これは、信号機の色と、ほぽ同じ理由である。オレンジ色は波長が長い
ため、より遠くまで見える。なおかつ、その色に照らされた前を行く車も
はっきり見える。

 たとえば、虹を考えてみると、オレンジ色にした理由がさらによくわか
る。七色といわれる虹も、肉眼ではオレンジ、紫、育、黄など、波長の長
い色しか見えない。

 波長の短い黒、グレーなどを交通の案内灯に採用すると、事故激増は間
違いない。

(雑学全書 光文社刊より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆