中川清徳のブログ

2012年10月の記事一覧

2012年
10月31日
カテゴリー

【労災】漏電の安全対策

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
     11月12日(月) セミナー 東京開催
◆─────────────────────────────────◆

そろそろ冬の賞与を考える時期ですね。

1.賞与原資の決め方が分からない
2.イマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる

などの経営者の悩みを解決し、社員が一丸となって会社業績に取り組
む仕組み作りを提案するセミナーです。

http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年10月31日号   VOL.1301
――――――――――――――――――――――――――――――――――

捨てる人は「捨てられる」


(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【労災】漏電の安全対策
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。

中川:ある会社で漏電による労災が発生しました。

社長:どの程度のケガですか?

中川:死亡です。

社長:お気の毒に。
   どんな状況だったのですか?

中川:配水管の漏水を修理する作業中に起きました。
   原因は地下水がわき上がったので、それを水中ポンプで
   排水しようとしてです。

社長:水中ポンプが漏電したのですか?

中川:そうです。

社長:水中ポンプに欠陥があったのですか?

中川:そうです。
   漏電していたのです。
   そのポンプを水中に入れたのが原因で作業者に感電したのです。
   200ボルトです。
   突然、「ギャー」と悲鳴を上げて仰向けに倒れました。

社長:いやぁ...。

中川:救出しようとした現場監督はビリッと来たので感電と気づき
   水中ポンプの電源を引き抜き救出しましたが死亡しました。

社長:二次災害も起きかねない状態だったのですね。

中川:そうです。

社長:これはどのような対策を打てばよかったのですか?

中川:漏電していないか点検をすることです。

   今回の水中ポンプは200ボルトの可動式であり、水中に入れるので
   感電による危険防止のために感電防止用漏電遮断装置を
   を接続することが法的に義務づけられています。
   漏電遮断装置を接続していませんでした。

社長:今回だけ接続しなかったのですか?

中川:過去にも同じような作業があっても漏電遮断装置を接続して
   いませんでした。

社長:違法状態でしたか。
   それはまずいですね。

中川:そうですね。
   安全衛生法違反で刑事告訴されるでしょう。
    また、遺族から損害賠償請求がされるでしょう。

社長:早速社内で総点検を指示します。

中川:そうですね。


(中川コメント)

労働安全衛生規則はつぎのように定められています。

(漏電による感電の防止)
第三百三十三条  事業者は、電動機を有する機械又は器具(以下「電動機械
器具」という。)で、対地電圧が百五十ボルトをこえる移動式若しくは可搬
式のもの又は水等導電性の高い液体によつて湿潤している場所その他鉄板上、
鉄骨上、定盤上等導電性の高い場所において使用する移動式若しくは可搬式
のものについては、漏電による感電の危険を防止するため、当該電動機械器
具が接続される電路に、当該電路の定格に適合し、感度が良好であり、かつ、
確実に作動する感電防止用漏電しや断装置を接続しなければならない。

2  事業者は、前項に規定する措置を講ずることが困難なときは、電動機械
  器具の金属製外わく、電動機の金属製外被等の金属部分を、次に定める
  ところにより接地して使用しなければならない。

一  接地極への接続は、次のいずれかの方法によること。
  イ 一心を専用の接地線とする移動電線及び一端子を専用の接地端子と
    する接続器具を用いて接地極に接続する方法
  ロ 移動電線に添えた接地線及び当該電動機械器具の電源コンセントに
    近接する箇所に設けられた接地端子を用いて接地極に接続する方法
二  前号イの方法によるときは、接地線と電路に接続する電線との混用及び
  接地端子と電路に接続する端子との混用を防止するための措置を講ずること。
三  接地極は、十分に地中に埋設する等の方法により、確実に大地と接続すること。


本日の記事は「労働災害事件ファイル」 森井博子他著を参考にしました。
あなたの会社は対策ができていますか?

 

今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
◆─────────────────────────────────◆

 解雇とか賃金の切り下げとか微妙な問題は、労働基準監督署に聞くわけに
もいかない。だいたい、俺は忙しいのだ。本を読んでいる暇はないし、
第一、資金繰りや営業のことで頭がいっぱいでそれどころではない。
誰か、いないのか?

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

捨てる人は「捨てられる」

人から見限られたくなかったら、あなたがまず、人を見限らないことだ。
世間のつきあいをうまくやっている人は、なんといっても「世話好き」
な人種、だ。こういう人間だからこそ世間のお役に立ち、喜ばれるので
ある。

 世を捨てているわけでもないのに人に背を向け、人からも見捨てられ
ている人聞がいる。こういう連中には、利害関係にうるさい人が多いが、
これは仲間を捨て、堕落への道に向かっている人たちである。

(1日「ひと粒」の黄金の知恵 森鴎外著 齋藤孝訳 イープレスト刊より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
10月30日
カテゴリー

【リストラの功罪】人件費削減が裏面に出るかも

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
    11月13日(火) 10時~16時30分 東京開催
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年10月30日号   VOL.1300
――――――――――――――――――――――――――――――――――

捨てる人は「捨てられる」


(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【リストラの功罪】人件費削減が裏面に出るかも
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   先日、経営者セミナーに出席しました。

中川:勉強熱心ですね。
   
社長:そのセミナの講師は、今は売上が上がる時代ではないので内部に
   目を向けるべきである。内部は宝の山だというのです。

中川:ほう。
   ポイントはなんですか?

社長:不採算部門の廃止と人員の見直しというのです。

中川:はい。

社長:要はリストラをすべきだというのです。
   それから経費の見直しをすべきだと。

中川:それで?

社長:経費の見直しはそうとう深く取り組んでいるつもりです。
   気になるのは不採算部門の廃止と人員の見直しです。

中川:不採算部門は廃止できないのですか?

社長:不採算部門でも将来の飯の種があります。
   その部門を廃止したら将来がありません。
   だから単純に不採算部門の廃止をすべきではないのではと
   思うのです。

中川:そうですね。
   不採算部門でもそれなりに価値がある場合もありますよね。
   ある会社で、不採算部門の責任者を交代させたら大化けして
   今ではその部門が大黒柱になっているという話を聞いたことが
   あります。

社長:そうでしょうね。
   やり方次第ではそうなる可能性がありますよね。

中川:そうですね。

社長:それから、人員の見直しです。
   仕事は山谷がありますから、ピーク時に合わせて要員を
   抱えるのはムダなことは分かっています。
   仕事の谷を基準としたら確かに社員数が多いと思います。
   しかし、急な受注があった場合、ギリギリの人員だと
   対応できません。
   大きな機会損失になる可能性があります。

中川:そうですね。
   リストラは避けるべきです。

社長:あの講師は大企業の出身のようです。
   大企業向けのセミナーのような気がします。

中川:そうですか。
   内部の経費ばかり目を向けていても経営は良くならないでしょう。

   リストラをしたら優秀な社員から希望退職に応じてきたという
   話があります。

社長:優秀な社員が先に辞めたらますます困るのでしょう。

中川:経営は粗利の確保です。
   粗利を確保することに知恵を絞るべきです。

社長:それが難しいのです。
   分かっていますが...。

中川:だからこそ勉強すべきでしょう。

社長:なにか良い教材ありますか?

中川:そうですね。
   手始めに歯科医院の事例をおすすめします。

   http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-07.html

社長:はあ?
   当社は製造業です。
   歯科医院では参考になりません。

中川:経営の基本は同じだと思います。
   
社長:わかりました。
   ではそれで勉強します。

 

(中川コメント)

 リストラは手っ取り早い経費削減方法です。
しかし、一時的に人件費が下がっても肝心な粗利が下がっては何のための
リストラかわかりません。
また、人件費削減のために経営者や管理職が現場で仕事をしていては会社
の将来は...。

 経営の事例として下記の教材をおすすめします。

(引用開始)
 戦術を担当するスタッフの数を増やし、院長は戦略を考える時間を増やす。
院長はできるだけ戦術実行のウエイトを抑え、お客に喜んでもらえる歯科医
院経営のあり方を考える──。

"杉田流"の経営は、歯科業界においては異例です。

 杉田院長の考え方は、ほかの歯科医師には理解しがたいことと映っている
ようです。しかし、猛烈な競争が繰り広げられている歯科医院こそ「経営」
に真剣に取り組むべき業種のひとつ。杉田基(もとい)院長が考える「お客
が増える仕組み」と「実行力」は、お客を増やしたいすべての中小企業に
とって大きなヒントを与えてくれます。
(引用終わり)


 よろしければ下記からお申し込みください。

  http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-07.html


注)最近当メルマガで売り込みが続いて恐縮ですが、お役に立つと思って
いますのでご容赦ください。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆

弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーをほぼ毎月開催していま
すが、各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
東京では定期的に開催していますが、各地の開催は年に数回程度を予定して
います。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。

よろしかったら下記からお申し込みください。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-11.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

捨てる人は「捨てられる」

人から見限られたくなかったら、あなたがまず、人を見限らないことだ。
世間のつきあいをうまくやっている人は、なんといっても「世話好き」
な人種、だ。こういう人間だからこそ世間のお役に立ち、喜ばれるので
ある。

 世を捨てているわけでもないのに人に背を向け、人からも見捨てられ
ている人聞がいる。こういう連中には、利害関係にうるさい人が多いが、
これは仲間を捨て、堕落への道に向かっている人たちである。

(1日「ひと粒」の黄金の知恵 森鴎外著 齋藤孝訳 イープレスト刊より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
10月29日
カテゴリー

【賃金】賃金制度のポイント

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
    11月13日(火) 10時~16時30分 東京開催
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年10月29日号   VOL.1299
――――――――――――――――――――――――――――――――――

山の芋がウナギになるってホント?


(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【賃金】賃金制度のポイント
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   賃金制度で悩んでます。

中川:どんな点が悩みですか?

社長:賃金制度が納得できないのです。

中川:納得できないと言いますと?

社長:年齢給、勤続給、基本給、職能給などがあります。
   その他に家族手当などの諸手当です。
   年齢給と勤続給は決まっていますので自動的に昇給します。

中川:年齢給と勤続給はどうして自動的に昇給するのですか?

社長:だって、本にそう書いてあります。
   また、セミナー講師もそう言っています。
   
中川:それで自動的に昇給をしているのですね。

社長:年齢給は55歳になったら減額することになっています。
   その点は気に入っています。

中川:では、悩むことはないでしょう?

社長:それはいいのですが、毎年昇給しなければならないのが
   負担です。
   その分人件費が上がりますからね。
   セミナーの講師は高い給料の人が定年退職し、給料の低い人を
   採用するので、人件費の総額は変わらないと言っています。

中川:そういう講師がいますね。

社長:当社は定年になっても働いてもらっています。
   中途採用なので若い社員の採用は少ないです。
   だから人件費は増えるのです。

中川:そのセミナー講師は大企業の出身でしょう。
   大企業のように大勢の社員がいる場合は人件費が変わらないという
   論法でも通用するかもしれません。
   そうともいえませんが...。
   しかし、中小企業は人数が少ないのでその論法はムリがあります。

社長:でしょうね。
   もう一つの悩みは年功序列になるのです。
   給料は高いが仕事はイマイチ社員が増えるのです。

中川:それは年齢給や勤続給があるからです。
   一年経てば自動的に給料があがるから自然に年功序列になります。
   一年経って本人の実力がその分上がるのであれば、給料を上げても
   いいでしょうが、現実は。

社長:そうです。
   当社は3年もすると一人前の仕事ができます。
   それ以上、経験を積んでも能率は変わりません。
   それでも給料を上げるのは変だと思います。

中川:そうですね。
   そこに疑問を持つことは良い気づきです。

社長:どうしたらいいのですかね?

中川:給料は仕事に応じて払えばいいのです。
   年齢や勤続は関係ないでしょう。

社長:そう、そうなんですよ。

中川:年齢給や勤続給は時間軸で決める賃金です。
   昔はそれでも良かったのですが、今は年齢や勤続が仕事の成果に
   比例していません。
   だから、時間軸中心の賃金制度は問題です。

社長:そうか。
   時間軸で決めているからか!
   では、年齢給や勤続給を廃止すればいいですね。

中川:ピンポーン!

社長:その後どうしらいいですか?

中川:それはセミナーに参加するのがいいでしょう。

社長:セミナーでは年齢給がどうの勤続給がどうのという話になるので
   意味がありませんが...。

中川:中川が講師のセミナーに参加してください。
   目からウロコでしょう。

社長:そうですか。
   いつあるのですか?

中川:直近では11月13日(火)です。

社長:まだ席は空いていますか?

中川:空いています。
   賃金制度セミナーは人気セミナーなのですが、11月13日はまだ
   少数の申込みです。
   それで集客目的も有り本日のメルマガにしました。(本音)

社長:そうですか。
   では参加します。

中川:お待ちしています。

 

(中川コメント)

 弊社の賃金制度セミナーは中小企業向きの簡単な賃金制度を提案して
います。

 よろしければ下記からお申し込みください。

  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆

弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーをほぼ毎月開催していま
すが、各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
東京では定期的に開催していますが、各地の開催は年に数回程度を予定して
います。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。

よろしかったら下記からお申し込みください。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-11.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

山の芋がウナギになるってホント?

「山の芋が鰻になる」とは妙なことわざもあったものです。これは「世の
中にはありえないことが起こることもある」という意味なのですが、実際
には意見が分かれるところで、「山の芋鰻とならず」ということわざもあ
ります。

 しかし、目を魚の世界に転じてみると、ありえないと思っていたことが、
くつがえされることがしばしばあります。例えば、ウナギやドジョウやナ
マズなどは、体が乾燥さえしなければ、水中以外でも生きていけます。魚
は水中に棲むものという一般的な常識は、簡単にひっくり返ってしまうの
です。

 呼吸法も、エラ呼吸ばかりではありません。ハイギョやアロワナ、デン
キウナギのようにウキブクロを肺のように使って呼吸できる魚もいれば、
キノボリウオのように口の奥の方が特殊な呼吸器官になっているものもい
ます。

 さらに、ドジョウは腸で呼吸することが知られていますし、トピハゼの
ようにエラ呼吸をしながら、必要な酸素は皮膚呼吸によって大半を大気か
ら取り入れている魚もいます。昔の人が、山芋がウナギになると考えたく
なった気持ちも、わかるような気がします。

(絶対にすべらない無敵の雑学より 角川学芸出版)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
10月28日
カテゴリー

【残業】法内残業と法外残業

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 部下指導 3つのテクニックセミナーのご案内
      11月13日(火)10時~17時 東京にて
◆─────────────────────────────────◆

1. 仕事の目標を素早く確実に達成してくれる           
2. 社長の期待以上の仕事をしてくれる
3. 後輩を一人前にするのが上手

このような社員を育てることができるセミナーです。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/063.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年10月28日号   VOL.1298
――――――――――――――――――――――――――――――――――

大昔の自本人はカタツムリをおいしく食べていた!?


(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【残業】法内残業と法外残業
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   残業代が減りません。
   ムダな残業をしていると思うのですが...。

中川:御社の所定労働時間は何時間ですか?

社長:7時間30分です。

中川:労働基準法では1日8時間までは残業代を払わなくてもいいのです
   よ。

社長:それは知っています。

中川:本当に知っていますか?

社長:質問の仕方が意味深ですね。
   私の知っているはウソと言いたげですね。

中川:いいえ。
   でも、残業代が減らないからと嘆いていらっしゃいますので...。

社長:ますます、意味深ですね。

中川:割り増し賃金は8時間を超えた場合に125%以上払うのです。

社長:残業をしたら125%ではないですか?

中川:そこです。
   残業には法内残業と法外残業があるのです。

社長:え?

中川:御社の場合は所定労働時間が7時間30分ですから
   30分の残業は法内残業となるのです。

社長:では、8時間を超えたら法外残業となるのですか?

中川:ピンポーン!

社長:で、法内残業と法外残業で何か違うのですか?

中川:労基法では8時間を超えたら割増し賃金を払わなければ
   ならないとなっています。
   だから法内残業、つまり御社の場合では30分ですが
   これは割り増し賃金は不要なのです。

社長:え?
   残業代を払わなくていいの?

中川:そうではありません。
   30分の残業代は払います(100%)が、割り増し賃金の25%は
   払わなくてもいいのです。
   
社長:払ったら違法ですか?

中川:違法ではありません。
   従業員にとってはありがたいことです。

社長:そうですか。
   では、来月から法内残業は25%の割り増し賃金を払わないことに
   します。

中川:あのう、いままでズーと払っていたのですから、いきなり
   払わないのはダメです。

社長:だけど、労基法違反ではないでしょう?

中川:そうとも言えません。
   長年良い条件で払っていたらそれが既得権となります。
   ですから、従業員の同意が必要です。

社長:そうですか。
   わかりました。
   同意を得ます。

 

(中川コメント)

 従業員にたいして所定労働時間を超えて働かせることを一般的に
残業(時間外労働)といっていますが、「残業」が法定労働時間(1日8時間)
内に収まれば「法内残業」、法定労働時間を超えると「法外残業」と
なります。
 法内残業は割り増し賃金の支払いが不要です。
 法外残業は割り増し賃金の支払いが必要です。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
◆─────────────────────────────────◆

 解雇とか賃金の切り下げとか微妙な問題は、労働基準監督署に聞くわけに
もいかない。だいたい、俺は忙しいのだ。本を読んでいる暇はないし、
第一、資金繰りや営業のことで頭がいっぱいでそれどころではない。
誰か、いないのか?

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

大昔の自本人はカタツムリをおいしく食べていた!?

 嫌いな人は見るのも嫌だというエスカルゴ。食べるなんてとんでもない、
と思う人もいるでしょうが、一度そのおいしさに目覚めたらヤミツキに
なってしまうようです。
 フランス料理でよく食べられるエスカルゴは日本のカタツムリとは違う
種類、むしろ貝の一種と理解したほうがいいようです。

 では、日本のカタツムリの味はどうなのでしょう。
 誰も料理していないところを見ると、たぶん日本人の口には合わないの
でしょう。といっても、それは現代日本の話、古代の人たちはちゃんと食
べていたのです。
 なぜそんなことがわかったかというと、石器時代の古代遺跡から出土し
た糞石からカタツムリの殻が出てきたのです。糞石は腸の中で石のように
固くなった糞がそのまま残されたもの。早い話が便秘症の人のそれです。
考古学ではこの糞石を根気よくお湯に溶かし、どんなものが含まれている
かを詳しく分析するのです。

 昆虫の甲殻や魚の骨なども出てくるので、おそらく当時は、殻ごと、骨
ごとまるまる食べていたと思われます。それが現代のエスカルゴほどおい
しいものだったかどうか、昔の人に聞いてみなくてはわかりません。

(雑学の本 竹内均編 知的生きかた文庫より)

では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
10月27日
カテゴリー

【残業】減らす方法

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 部下指導 3つのテクニックセミナーのご案内
      11月13日(火)10時~17時 東京にて
◆─────────────────────────────────◆

1. 仕事の目標を素早く確実に達成してくれる           
2. 社長の期待以上の仕事をしてくれる
3. 後輩を一人前にするのが上手

このような社員を育てることができるセミナーです。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/063.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年10月27日号   VOL.1297
――――――――――――――――――――――――――――――――――

北海道と沖縄では重さが違う

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【残業】減らす方法
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   残業が減りません。
   ムダな残業をしていると思うのですが...。

中川:減らすのは簡単ですよ。

社長:ほんとうですか?
   どうすればいいですか?

中川:残業を禁止すればいいです。

社長:禁止したら社員から反発が起きそうです。

中川:どうしてですか?

社長:必要だから残業をしているはずですから。

中川:必要なら残業が減らないという社長の悩みはおかしいですね。

社長:ムムム...。
   必要な残業ならしょうがないですが、ダラダラと残業をしている
   ような気がするのです。

中川:ある会社では社長が残業禁止命令を出しました。
   そしたら、社員から「そんなのムリですよ。仕事が間に合わな
   かったらお客さんに叱られます」と反発がありました。
   それに対して社長が「かまわん。そのときは社長の俺が
   謝りに行く!」と宣言。

   その言葉に社員は何も言えなくなったそうです。

    (引用「社長!御社の人件費もう見て見ぬふりはできません」
     スバル舎刊より)

社長:へえ、そういう方法があるのか。
   で、効果はどうでした?

中川:10%くらいは残業が減ったようです。

社長:なるほど。
   効果があるのですね。
   でも、それは一時的な効果に終わるのではないですか?

中川:そうかもしれませんね。
   でも、ショック療法にはなるでしょう。

社長:他に方法はありませんか?

中川:管理職がしっかりすることです。
   部下の残業をしっかり把握させることです。

社長:具体的には?

中川:残業は許可制にするのがいいでしょう。

社長:なるほど。
   他には?

中川:勤務時間の見直しです。

社長:たとえば?

中川:一年間で仕事に繁閑があるばあいは
   1年単位変形労働時間制を導入するのです。
   1ヶ月の間で繁閑があるばあいは
   1ヶ月単位の変形労働時間制を導入するのです。

   それから、休日日数の見直しです。

社長:え?
   休日日数を見直すのですか?

中川:そうです。
   1日8時間勤務の会社は年間で105日の休日でよいですが
   多くの会社がそれ以上の休日を設定しています。

社長:つまり、会社が損をしていると?

中川:従業員にとって休日が多いのはありがたいことですが、
   その分、労働時間が少なくなります。
   そのため残業が増えている可能性もあります。

社長:いやあ、いろいろな方法があるのですね。

中川:そうですね。
   弊社主催の「社員ともめごとを起こさない就業規則の作り方」
   セミナーに参加していただければより詳しく分かります。

   http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html

社長:では、参加を申しこみます。

中川:ありがとうございます。

 

(中川コメント)

 残業削減は経営者がその気にならないと難しいです。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
◆─────────────────────────────────◆

 解雇とか賃金の切り下げとか微妙な問題は、労働基準監督署に聞くわけに
もいかない。だいたい、俺は忙しいのだ。本を読んでいる暇はないし、
第一、資金繰りや営業のことで頭がいっぱいでそれどころではない。
誰か、いないのか?

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

北海道と沖縄では重さが違う

 わずかであるが、北海道ではかったほうが重くなる。ただし、それは
デジタル式や目盛式の、パネのたわみではかる秤を用いた場合である。
同じものなのに、どうして場所によって重さが違うのか。それは北海道
と沖縄とでは緯度が20度ほど遠い、ものを下へ引っ張るカ(重力)が異な
るからである。日本列島では北海道で重力がもっとも大きく、沖縄県でも
っとも小さい。北海道と沖縄における重力の差は約0・1%。したがって、
同じものでも北海道は重くなり、沖縄では軽くなるというわけである。

(話のネタ・雑学の本 幻冬舎文庫より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆