中川清徳のブログ

2012年11月の記事一覧

2012年
11月29日
カテゴリー

【賞与】産前産後休業は欠勤扱いとしたい

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 部下指導 3つのテクニックセミナーのご案内
      12月11日(火)10時~17時 東京にて
◆─────────────────────────────────◆

1. 仕事の目標を素早く確実に達成してくれる           
2. 社長の期待以上の仕事をしてくれる
3. 後輩を一人前にするのが上手

このような社員を育てることができるセミナーです。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/063.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年11月29日号   VOL.1331
――――――――――――――――――――――――――――――――――

シャンパンや炭酸入りジュースの泡などはすぐ消えるのに、ピールの泡
は消えないのはなぜですか。また、どうしてガラスより陶器の方が、き
め細かな泡ができるのですか。

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【賞与】産前産後休業は欠勤扱いとしたい
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   そろそろ賞与時期です。

中川:大変でしょう。

社長:で、今回はA子さんが産前産後休業をとったのですが、
   その休業についてどう扱ったものか悩んでいます。

中川:どんな悩みですか?

社長:当社では出勤率が90%以上の場合に賞与を支給するとしています。
   ところがA子さんは産前産後の休業で欠勤しますので、
   85%の出勤となります。
   今年のA子さんの冬の賞与は支給しないことになります。

中川:それは計算方法が間違っています。

社長:どこが間違っていますか?

中川:産前産後の休業を欠勤として計算しているからです。

社長:産前産後は働いていません。
   ノーワークノーペイですから、給料を支給していません。
   だから、欠勤でしょう?

中川:欠勤であることは間違いありません。
   しかし、労基法では産前産後の休業の権利を認めています。
   その休業を欠勤扱いにすることはダメです。

社長:そうなんですか。
   しかし、働いていないことは事実です。

中川:そうですね。
   だから、欠勤として賞与を減額することはOKです。

社長:はあ?????
   言っていることがわかりません。

中川:たとえば、年休を使い切って欠勤をした場合は
   賞与を減額していますよね?

社長:それは当然です。

中川:産前産後の休業は欠勤として賞与を減額することはOKです。
   しかし、賞与支給基準の出勤率に産前産後の休業日数に欠勤としては
   ダメだと言うことです。

社長:???

中川:もし、出勤率を計算する場合に産前産後の日数を欠勤扱いにすると
   産前産後の休業の権利を保障した労基法の趣旨に反するからです。

社長:そうなんですか。
   わかりました。
   では、産前産後は欠勤扱いとしなければ、A子さんは出勤率は100%
   ですから賞与を支給します。
   しかし、産前産後の休業日数は減額して算定します。

中川:それでOKです。


(中川コメント)

 本日の記事は東朋学園事件(最一小 平成15.12.4判決)を参考にしました。
産前産後の休業は労基法で権利として認められていますので、不利な扱いを
してはいけません。
 ただし、賞与の算定の時に欠勤扱いにすることはOKという判決です。

 

今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  DVDを平成24年11月に作成しました
  最新情報です DVD版「60歳以上の給料の決め方セミナー」 
◆─────────────────────────────────◆

定年延長での悩みは、賃金をどう決めたら良いか、管理職などは役職を
そのままでいいのかということです。
賃金の決め方でやってはいけないのは、定年の時の給料の80%とか70%と
決める方法です。
管理職の給料は、一般社員とは違った決め方をしなければ、労務管理は、
うまくいきません。
法律改正がありました。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方がよいです。


DVDのお申し込みは下記から
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-01.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

シャンパンや炭酸入りジュースの泡などはすぐ消えるのに、ピールの泡
は消えないのはなぜですか。また、どうしてガラスより陶器の方が、き
め細かな泡ができるのですか。

 サントリーに聞きました。ビールも炭酸水もかなり多くの炭酸ガスを含
んでいるため注いだ時にこれらが泡となって出てきます。

 ただ、ピールの場合は成分であるたんぱく質、炭水化物、ホップなどに
粘度や表面張力を高める性質があるので、炭酸ガスを保持する力が強くなり、
泡がなかなか消えにくいのです。

 一方、陶器の方が泡が細かいのは、陶器は内面がざらざらしているために、
ビールを注いだ時に液体と炭酸ガスが分離しやすいからだそうです。なお、
ピールの泡には
 〈1〉中の苦み成分の多くが泡に移るので、飲みやすくなる
 〈2〉泡を立てることで、香りが出てくる
 〈3〉ふたの役目をして、酸化によって昧が変わるのを防ぐ
いった効果があります。

(雑学特ダネ新聞 より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
11月29日
カテゴリー

【採用】面接で見抜けない

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 部下指導 3つのテクニックセミナーのご案内
      12月11日(火)10時~17時 東京にて
◆─────────────────────────────────◆

1. 仕事の目標を素早く確実に達成してくれる           
2. 社長の期待以上の仕事をしてくれる
3. 後輩を一人前にするのが上手

このような社員を育てることができるセミナーです。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/063.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年11月29日号   VOL.1331
――――――――――――――――――――――――――――――――――

シャンパンや炭酸入むジューの泡などはすぐ消えるのに、ピールの泡
は消えないのはなですか。また、どうしてガラスより陶器の方が、きめ細
かな泡ができるのですか。

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【採用】面接で見抜けない
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   採用で悩んでいます・

中川:どんなことで悩んでいるのですか?

社長:面接をしていいなあと思って採用するのですが
   期待外れなことが多いのです。

中川:期待外れとはどんな点ですか?

社長:期待している人物像は
    すなお
    明るい
    協調性がある
    能力がある
    気が利く
   それから...。

中川:あのう、お話しの途中ですがそんなすごい人を探しているの
   ですか?

社長:高望みとはわかっていますが...。

中川:まずはどんな職種に配置するかをはっきりさせることです。
   誰でもできる単純作業をさせるのに
    すなお
    明るい
    協調性がある
    能力がある
    気が利く
   人を配置するのですか?

社長:それはもったいない。
   他の部署に配属させます。

中川:でしょう?
   まずはどのような職種に配置するかを決めることです。

社長:それはそうです。
   しかし、実際は仕事をさせてみないとわかりません。
   仕事をさせる前、つまり採用面接で応募者の素の姿を
   見たいのです。

中川:応募者は採用面接の準備をしてきていまず。
   簡単に本性を現しませんよ。
   ひょっとしたら
    1.当社に応募した理由はなんですか?
    2.前の会社の退職理由はなんでしか?
    3.あなたの夢は何ですか?
   などと質問していませんか?

社長:え?
   どうしてわかるのですか?

中川:ありきたりな質問です。
   多分そうだと思っただけです。
   そのような質問は応募者には想定内です。
   答えを準備していますよ。

社長:なるほど。

中川:応募者の素がでるのは面接の時以外です。

社長:たとえば?

中川:来社時と退社時です。

社長:ほう。

中川:来社時は受付が対応しますね?

社長:そうです。
   総務担当者、主に女性事務員です。

中川:そのときは応募者は油断しています。
   退社時もそうです。

社長:何が言いたいのですか?

中川:応対する事務員に指令を出すのです。
   応対した直感でいいから「A B C」の
   評価をするようにと。

社長:「A B C」とは?

中川:A=良い
   B=普通
   C=悪い

   感じたままをメモさせます。
   退社時も同じように評価させます
   できれば来社時と退社時の評価者は別にしたほうが
   良いでしょう。

社長:それで?

中川:C評価の人は面接で良いと思っても不採用にするのです。

社長:へえ。

中川:二人の事務員からC評価の人は入社後も期待できない可能性が
   高いからです。

社長:なるほど。
   事務員の前では本性を出す可能性が高いと言うことですね。
   試してみます。


(中川コメント)

 経験上、採用は難しいと思っています。お見合いの場ではお互いに
気取るからです。
相性が悪ければ入社後、お互いに苦しみます。
 本日、ご紹介した方法でうまくいくとは保証できませんが
試してみる価値があると思います。

なお、採用についてのほかの具体的な方法を弊社で発行している
月刊「ピカイチ情報通信」の12月号の記事としています。
月刊のニュースレターは無料です。
また、受け取っていない方は下記よりお申し込みください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士、税理士の方はお断りします。

 


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  DVDを平成24年11月に作成しました
  最新情報です DVD版「60歳以上の給料の決め方セミナー」 
◆─────────────────────────────────◆

定年延長での悩みは、賃金をどう決めたら良いか、管理職などは役職を
そのままでいいのかということです。
賃金の決め方でやってはいけないのは、定年の時の給料の80%とか70%と
決める方法です。
管理職の給料は、一般社員とは違った決め方をしなければ、労務管理は、
うまくいきません。
法律改正がありました。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方がよいです。


DVDのお申し込みは下記から
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-01.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

シャンパンや炭酸入むジューの泡などはすぐ消えるのに、ピールの泡
は消えないのはなですか。また、どうしてガラスより陶器の方が、きめ細
かな泡ができるのですか。

 サントリーに聞きました。ビールも炭酸水もかなり多くの炭酸ガスを含
んでいるため注いだ時にこれらが抱となって出てきます。

 ただ、ピールの場合は成分であるたんぱく質、炭水化物、ホップなどに
粘度や表面張力を高める性質があるので、炭酸ガスを保持する力が強くなり、
泡がなかなか消えにくいのです。

 一方、陶器の方が泡が細かいのは、陶器は内面がざらざらしているために、
ビールを注いだ時に液体と炭酸ガスが分離しやすいからだそうです。なお、
ピlルの泡には
 〈1〉中の苦み成分の多くが泡に移るので、飲みやすくなる
 〈2〉泡立てることで、香りが出てくる
 〈3〉ふたの役目をして、酸化によって昧が変わるのを防ぐ
いった効果があります。

(雑学特ダネ新聞 より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
11月28日
カテゴリー

【安全衛生】安全衛生の管理体制について

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 部下指導 3つのテクニックセミナーのご案内
      12月11日(火)10時~17時 東京にて
◆─────────────────────────────────◆

1. 仕事の目標を素早く確実に達成してくれる           
2. 社長の期待以上の仕事をしてくれる
3. 後輩を一人前にするのが上手

このような社員を育てることができるセミナーです。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/063.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年11月28日号   VOL.1330
――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本人の知らない日本のよさ

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【安全衛生】安全衛生の管理体制について
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   安全管理者とはなんですか?

中川:とつぜん、どうしてそんな質問をするのですか?

社長:50人を超えると安全管理者と衛生管理者を選任しなければなら
   ないと言われました。

中川:御社は製造業です。
   製造業の場合で10人以上50人未満の場合は安全衛生推進者を選任
   することになっています。
   御社は今までは安全衛生推進者を選任していました。

社長:どう違うのですか?

中川:安全と衛生の業務を行うことで、実行することは同じです。

社長:同じだったら50人を超えたからと言ってわざわざ名称を変える
   必要はないでしょう。

中川:安全衛生推進者を選任した場合は労働基準監督署に届け出る
   必要はありません。
   安全管理者や衛生管理者を選任した場合は労働基準監督署に
   報告する義務があります。

社長:それから産業医も選任しなければならないのですか?

中川:そうです。


(中川コメント)

 安全管理体制は業種や労働者の人数により細かく定められています。
このメルマガでは説明しきれません。
わかりやすく図(PDF)にしましたので、ご希望の方は「安全管理体制」
と記載し下記の項目をメールで送信ください。
メールの添付ファイルで無料にて送付します。

氏名:
役職名:
会社名:
所在地:
メールアドレス:

不完全あるいは記載漏れがある場合は送付できません。
期限は11月30日までです。
このメルマガで返信しても弊社には届きません。
下記のメールアドレスに送信ください。

info@nakagawa-consul.com

では、お申し込みをお待ちしてます。

 

今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  DVDを平成24年11月に作成しました
  最新情報です DVD版「60歳以上の給料の決め方セミナー」 
◆─────────────────────────────────◆

定年延長での悩みは、賃金をどう決めたら良いか、管理職などは役職を
そのままでいいのかということです。
賃金の決め方でやってはいけないのは、定年の時の給料の80%とか70%と
決める方法です。
管理職の給料は、一般社員とは違った決め方をしなければ、労務管理は、
うまくいきません。
法律改正がありました。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方がよいです。


DVDのお申し込みは下記から
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-01.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

日本人の知らない日本のよさ

ヨーロッパから来た日本語学校に通う外国生徒と日本語先生の会話

生徒A 「皆、約束を守るのがすばらしい」
先 生 「...」
生徒A 「電車も約束を守るでしょう」
先 生 「...」(電車...? ダイヤを守るって約束か...?)

生徒B 「僕が感動したのは自販機。人気のないところに沢山あって
     びっくり!
     だって、中にはお金が入っているんだよ!? 誰も盗らない
     なんて」
先生  「うーん」

生徒C 「私も日本の国も日本人も大好きです。日本人は皆優しい。
     駐車場まで優しい」
先生  「駐車場?」
生徒C 「励ましてくれるでしょう『前向きに』って」
先生  「それは違うから」

(日本人の知らない日本語 蛇蔵&海野凪子著より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
11月27日
カテゴリー

【退職金】退職金規程の変更を届けていない

◆─────────────────────────────────◆
  ■ 就業規則の見直しをしましょう  
        【東京】セミナー開催日 12月11日(火)10時~16時30分
◆─────────────────────────────────◆

 ブログ、ツイッター、フェイスブック、スマートホン、iPadなど情報の
環境がめまぐるしく変わっています。便利の裏側に会社のリスクがずい
ぶんと高くなっています。それらに的確に対応しなければ倒産の仲間入
りをするかもしれません。
 個人情報、企業秘密、パワハラ、セクハラ、反社会的勢力への対応など、
労務管理が求められる水準が格段に高まっています。
このように難しい時代にしっかりと対応した就業規則が必要です。
御社の就業規則は時代の変化に対応できていますか?

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html

 


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年11月27日号   VOL.1329
――――――――――――――――――――――――――――――――――

当時、世界一清潔だった江戸の町の『リサイクル法」

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【退職金】退職金規程の変更を届けていない
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   あのう...。

中川:なんですか?
   まずいことがあったようですね。

社長:退職金でもめています。

中川:どうしましたか?

社長:Aさんが退職金の計算がおかしいと言ってきたのです。

中川:間違っていたのですか?

社長:間違っていなかったのですが、退職金規程を変更したときに
   労働基準監督署に届け出ていなかったのです。
   それでAさんは古い退職金規程を引っ張り出して、それで
   自分の退職金を計算していました。
   それで金額が合わないからおかしいと言ってきたのです。

中川:退職金は減額したのですか?

社長:経営が苦しくなったので退職金の減額をしまいた。

中川:で、減額したことは従業員に説明をしましたか?

社長:しました。
   全員から減額の同意書もとりました。

中川:Aさんも同意したのですか?

社長:はい、同意書は保管してあります。
   Aさんは労働基準監督署に届けていない退職金規程は無効だから
   旧退職金で払うべきだと主張するのです。
   それでまずいことになっています。

中川:Aさんの主張はもっともですね。

社長:では、Aさんには旧退職金規程で計算した退職金を払わなければ
   ならないのですか?

中川:退職金規程はどうなっていますか?

社長:修正箇所をメモ程度で鉛筆書きしています。
   それが総務になあります。

中川:全員が同意した証拠があります。
   だから、新退職金制度で計算した退職金でよいです。

社長:しかし、Aさんが納得しないと思います。

中川:同意書を見せればよいです。

社長:それでも納得しなければ?

中川:Aさんが訴訟を起こすことになります。

社長:会社は負けますか?

中川:弁護士の話では訴訟というものはやってみないとわからない
   そうです。
   だから負けるかもわかりませんが、同意書が証拠としてある
   ので会社の不利はあまりないと思います。

社長:そうですか。

中川:もめたくなければ、Aさんの退職金は旧退職金規程で計算した
   退職金を払い退職金規程を労基署の届け出なかった総務担当者と
   その上司を懲戒処分する方法もあります。

社長:なるほど。
   今度の役員会でAさんの退職金をどうするかを議題にします。


(中川コメント)

 退職金規程は就業規則の一部ですから労基署に届け出が必要です。
労基署に退職金規程を届け出ていなければただちに無効になるとは限りません。
今回の事例は従業員に説明をし同意を得ています。
 したがって、新退職金制度で退職金を計算しても違法とはいわれないと
思われます。ただし、実際に訴訟になったらどうなるかは保証できません。
担当者が労基署への届け出を怠ることがないように指示しておきましょう。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
◆─────────────────────────────────◆

 解雇とか賃金の切り下げとか微妙な問題は、労働基準監督署に聞くわけに
もいかない。だいたい、俺は忙しいのだ。本を読んでいる暇はないし、
第一、資金繰りや営業のことで頭がいっぱいでそれどころではない。
誰か、いないのか?

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

当時、世界一清潔だった江戸の町の『リサイクル法」

 昔は、大きな都市から大量に供給されるし尿が、近郊の農家にとっての
貴重な肥料資源でした。このし尿を畑に利用した農家は、都市に新鮮な野
菜を供給していたため、立派なクリサイクル が完成していたわけです。
江戸時代には、この下肥を集めるための肥桶が発明され、人口100万都市の
江戸の町へは、下肥を買う農民が、今の千葉や埼玉から荷車に肥桶と野菜
を山のように積んで出かけていきました。

 江戸の下肥に関する資料によると、畑から収穫したダイコンの売上げの
うち、40%近い額が肥料代として使われていました。このため、江戸の町が
し尿に汚されることはなく、むしろ、お宝としての貴重な町の収入源と
なっていました。

 落語でおなじみの八つつあん・熊さんの住む長屋の共同雪隠(便所)は、
大家さんの大事な稼ぎ場所でもありました。店子を相手に風流話をしなが
らも、雪隠はよそで使わず帰ってからするようにと注意していたのも、
このためです。
 このようなシステムは戦後まで続き、物資不足に悩まされていた家々で
は、し尿と引き換えに立派に太ったダイコンを汲み取り代としていただい
ていたのです。

(時間を忘れるほど面白い雑学の本 竹内均編 知的生き方文庫より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
11月26日
カテゴリー

【退職金】中小企業の退職金が減額される?

◆─────────────────────────────────◆
  ■ 就業規則の見直しをしましょう  
        【東京】セミナー開催日 12月11日(火)10時~16時30分
◆─────────────────────────────────◆

 ブログ、ツイッター、フェイスブック、スマートホン、iPadなど情報の
環境がめまぐるしく変わっています。便利の裏側に会社のリスクがずい
ぶんと高くなっています。それらに的確に対応しなければ倒産の仲間入
りをするかもしれません。
 個人情報、企業秘密、パワハラ、セクハラ、反社会的勢力への対応など、
労務管理が求められる水準が格段に高まっています。
このように難しい時代にしっかりと対応した就業規則が必要です。
御社の就業規則は時代の変化に対応できていますか?

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html

 


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年11月26日号   VOL.1328
――――――――――――――――――――――――――――――――――

バイアグラの別の使用法


(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【退職金】中小企業の退職金が減額される?
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   11月21日の日経新聞に「中小の退職金減額」という見出しが
   ありました。
   あれはどういうことですか?

中川:御社は退職金の外部積み立てとして「中小企業退職金共済」
   (以下 中退共)を使っています。
   その場合は減額となるかもという記事です。

社長:どうして減額になるのですか?

中川:中退共を御社で預かったお金を運用しています。
   運用は金利1%保証です。

社長:へえ、1%ならよい利回りですね。

中川:しかし、1%の運用はプロが行っても難しい時代です。

社長:どうして難しいのですか?

中川:銀行の定期預金の利回りはいくらですか?

社長:さあ、いろいろでしょうが話にならないくらい低い利回りですよね。

中川:そうですね。
   金利は0.2%~0.3%程度です。
   そのくらいお金の価値が下がったからです。

社長:それで?

中川:中退共の運用利回り1%が無理になっていますが、1%を保証していますので
   積み立て不足が起きています。

社長:積み立て不足が起きるとどうなるのですか?

中川:中退共が退職金を払えなくなるのです。

社長:どうして払えなくなるのですか?

中川:運用利回りとして1%を保証しているが実際は1%未満でしか運用できて
   いないからす。

社長:しかし、払えないという通知が中退共から来ていませんが。

中川:まだ、お金があるからです。
   しかし、このままだとお金が底をつき、退職金をもらえない人が
   発生します。

社長:では、今すぐに退職金が減額になる訳ではなく将来の話ですね。

中川:そうです。
   このままだともらえなくなる人が発生しますから、利回りを0.8%程度に
   することで検討されています。

社長:そうするとどうなるのですか?

中川:たとえば利回り1%として退職金が100万円であったものが
   利回り0.8%となると100万円未満となります。
   だから、その分退職金が減額されるということです。

社長:減額されると社員が文句を言いますよね。

中川:御社の場合は退職金規程で退職金を払う金額が決まっています。
   したがって、中退共で減額となった退職金分は御社が負担しなければ
   なりません。

社長:ということは従業員は中退共からもらう退職金は減額されても
   その分を会社が負担するのですから、従業員が損をすることはないのですね。

中川:しかし、会社の負担が増えます。

社長:どうしたらいいでしょう?

中川:複雑なのでメルマガでは限界があります。
   退職金制度の見直しが必要になるかもしれません。


(中川コメント)

 中退共の利回りが下がると会社負担が増える場合があります。
会社負担が増えない会社は退職金を中退共のみとしている場合です。
退職金制度が中退共の利回りに振り回されてコロコロ変わるのは本来の趣旨
から逸脱しています。

 中小企業は確定給付がよいと考えています。
(本日な確定給付とは何かの説明は割愛します)

 今後の国の動きも意識しながら退職金制度をどうすべきかバージョンアップ
したセミナーを開催します。


http://nakagawa-consul.com/seminar/004.html


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
◆─────────────────────────────────◆

 解雇とか賃金の切り下げとか微妙な問題は、労働基準監督署に聞くわけに
もいかない。だいたい、俺は忙しいのだ。本を読んでいる暇はないし、
第一、資金繰りや営業のことで頭がいっぱいでそれどころではない。
誰か、いないのか?

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

バイアグラの別の使用法

 ある老人が、かかりつけの医者に、バイアグラの処方箋を書いてほしい
と頼みに行った。医者はその老人に尋ねた。
「いいですとも。何錠ほど処方しておきましょうか」
「ちょっとでいいんです。そうね、4錠ほどいただきたい。それで、1錠を
4つに割ってもらえないですか」
「そんなことしたらあまり効果はありませんよ」
「いいんじゃよ。わしゃもう90を越えてるからセックスのために必要なわ
けじゃないんだ。ただ、オシッコがちゃんと便器に届くようになればいい
んじゃよ。今までみたいに、靴にオシッコしなくともいいようにね」

(HIROSのジョーク集より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆