中川清徳のブログ

2013年2月の記事一覧

2013年
2月28日

【残業時間】1ヶ月45時間の限度に休日労働が含まれるのか?

◆─────────────────────────────────◆
 「平成25年の給与改定 ここがポイント!」セミナー 
   3月 7日(木)13時30分~16時30分 東京銀座にて
◆─────────────────────────────────◆

給与改定の時期を迎えます。
給与を引き上げることができる経済状況ではありませんが、
昇給ナシというだけでは、良い会社になることはできません。
最新情報に基づく平成25年の給与改定について新たな提案をします。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/000057.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2013年2月28日号   VOL.1426
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ストレス尺度『ストレス・マグニチュード』

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【残業時間】1ヶ月45時間の限度に休日労働が含まれるのか?
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   残業時間について質問です。

中川:はい、なんでしょうか?

社長:36協定(残業協定)を締結するときに限度時間が決められてい
   るのですよね?

中川:そうです。
   1週間 15時間
   1ヶ月 45時間
   1年  360時間

  となっています。

社長:その時間には休日労働が含まれるのですか?

中川:労働基準法では1週間に1日の休日を与えなければならないことに
   なっています。
   その休日に労働させると休日労働となり35%以上の割増し
   賃金を払わなければなりません。

   しかし、休日に労働した時間は上記の労働時間に含まれません。

社長:当社は1ヶ月で80時間する従業員がいます。
   もし、これが労働基準監督署にばれたらどうなるのですか?

中川:1ヶ月45時間をはるかに超えていますね。
   ばれたら「困ります」と言われるかもしれませんが、それだけの
   話です。

社長:え?
   なにか罰則はないのですか?

中川:罰則はありません。
   上記の限度時間には強制力はありません。

社長:では、ほっておいていいのですね?

中川:ほっておくことはリスクが大きすぎます。

社長:どんなリスクがあるのですか?

中川:過労死の認定基準があります。
   発症前の2ヶ月ないし6ヶ月にわたって、1ヶ月当たり
   おおむね80時間をこえる残業がある場合は
   過労死と認定される可能性が高いのです。

社長:過労死と認定されたらどうなるのですか?

中川:遺族補償は労災保険でされますので会社は安心です。
   しかし、慰謝料は労災保険がききません。
   労災の死亡の場合は遺族補償とは別に慰謝料を
   請求されることが多いのです。

社長:慰謝料ですか。
   どのくらいですか?

中川:数千万円は覚悟してください。
   医師の過労死で1億円以上の慰謝料を払うような
   判決がでました。

社長:え?
   裁判になるのですか?

中川:慰謝料でもめたら裁判沙汰になります。
   多くの過労死は示談だと思いますが...(中川の推測です)

社長:80時間だと危ないのですね。

中川:100時間であれば1ヶ月だけでも過労死と認定される可能性が
   あります。

社長:過労死の判定は誰がするのですか?

中川:労働基準監督署です。
   先ほどの残業の基準を無視して長時間残業をさせると
   労働基準監督署の心証が良くないですよね?

社長:厳しい判定をされるかもというととですか?

中川:そうです。

社長:わかりました。
   長時間残業を見直します。


(中川コメント)

 月80時間以上の時間外労働をさせると過労死と認定される可能性が
高いです。
あなたの会社は80時間を超えていませんか?
過労死となると数千万円以上の慰謝料を覚悟してください。


今日はここまで。では、またあした。

 

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
 【CD】 従業員代表の選出  講師 北見昌朗
◆─────────────────────────────────◆

ご存じでしたか? 従業員代表の選出は労基法で義務づけられています。
退職金を減額したので退職金規程を変更したが、いい加減な従業員代表の
選出で無効。その結果、高い退職金を払うことになります。
従業員代表はきちんと選出しましょう。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-06.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

ストレス尺度『ストレス・マグニチュード』

 われわれが日常生活で受けているストレスは一体どれくらいなのか?
1967年、アメリカの心理学者・ホームズとラiは、生活上の変化が与え
るストレスの大きさを「ストレス・マグニチュード」で表した。
 これは、社会生活を送る上で起こるさまざまな出来事を乗り越えるた
めには、どれくらいの時間やエネルギーを必要とするかを計算し、マグ
ニチュードに換算したものである。

ストレスの大きい順のランキング上位は次の通り。

{ストレス・マグニチュード}

1位 配偶者の死    マグニチュード 100
2位 離婚       マグニチュード  73
3位 夫婦別居     マグニチュード  65
4位 刑務所への収容  マグニチュード  63
4位 近親者の死    マグニチュード  63
6位 本人の病気やケガ マグニチュード  53
7位 結婚       マグニチュード  50
8位 解雇       マグニチュード  47
9位 夫婦の和解    マグニチュード  45
9位 退職、引退    マグニチュード  45

(本当は怖い心理学 齋藤勇監修 イーストプレスト刊より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2013年
2月27日

経営に役立つビジネスリポートご紹介編

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催
      3月5日(火)13時30分~16時30分 東京にて
◆─────────────────────────────────◆

60歳以上の給料の決め方をほとんどの会社が間違っています    
60歳以降の給料は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。
また、法律が65歳までの義務化されました。
新しい法律改正による60歳以上の給料の決め方をお話しします。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方が良いですよ。
その理由も説明します。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2013年2月27日号   VOL.1425
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ハー卜・アタックを予防する

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
経営に役立つビジネスリポートご紹介編
◆────────────────────────────────◆

弊所がお届けする"ビジネスリポート"は、経営に役立つ情報が
満載です。

例えば「マネジメント関連」では経営戦略、企画・営業、広報、
生産・物流、人事管理等の情報を、「ビジネス関連」では卸・
小売、食品、製造、不動産、情報・通信等の各業界情報を、
その他「ビジネス以外」では、生活分野、健康、環境、豆知識
など、多岐にわたる経営情報を取り揃えております。

以下のリポートの中からご興味があるテーマがございましたら、
弊所宛てにお電話をいただくか、下記フォーム(最下段)に必要
事項をご入力のうえ、ご返信下さい。

ご希望のリポートを"無料"にてお届けいたしますので、お気軽に
お申し込み下さい。


――――――――――――――――――――――――――――
◆ 今月のおすすめビジネスリポート 無料です         
――――――――――――――――――――――――――――

今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。
お申し込み締め切り日は3月10日までです。

---【マネジメント関連 3本】 ----------------------------

1.販売力強化につながる販売代理店制度の概要と「販売代理店
  契約書(仲介型)」のひな型
    ・販売代理店制度について
  ・主な販売代理店契約の内容
  ・仲介型販売代理店の販売手数料
  ・販売代理店契約書(仲介型)のひな型
                      (全9ページ)

2.新たなビジネスチャンスが広がる!商談会参加を成功させる
 ための処方せん
   ・商談会を効果的に活用するための基礎知識
  ・商談会への参加準備のポイント
  ・事前マッチング制を上手に活用する
  ・商談会参加チェックシート例
                      (全10ページ)

3.問われる「事業継続」への対応とISO22301
  ・はじめに
  ・ISO22301の概要
  ・ISO22301の認証取得を検討する
  ・おわりに
                      (全8ページ)

---【ビジネス関連 1本】---------------------------------

4.コイン洗車場を開業する際の留意点
  ・はじめに
  ・コイン洗車場の市場動向
  ・コイン洗車場を開業する際の留意点
  ・洗車機器メーカーによる開業支援と開業モデル
  ・コイン洗車場の関連企業
                      (全8ページ)

---【ビジネス関連以外 1本】-----------------------------

5.個人が賃貸住宅を借りるときの留意点
    ・賃貸住宅の契約までの流れ
  ・希望条件・予算の決定
  ・情報収集
  ・物件の下見ポイント
  ・入居の申し込み
  ・契約書のチェック項目
  ・入居時、入居後に注意したいポイント
                      (全9ページ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■ ビジネスリポートお申込フォーム ■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貴 社 名 : 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

所在地 :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

役職名(ない場合はなしと) :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご担当者様(必須) :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

e-mail(必須) :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
希望レポート番号(ご希望の番号を記載/複数可):


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特記事項:(ご要望・ご質問などを記入ください)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※上記事項をご入力の上、このメルマガでご返信ください。

※お申し込みの資料をメールの添付ファイル(PDF)でお送りします。


(中川コメント)

 上記ビジネスレポートは無料です。ただし、期限は3月10日です。
レポートの他に弊社の業務のご案内も同送されます。


今日はここまで。では、またあした。

 

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
 杉田歯科医院の増客・増益事例 CD
◆─────────────────────────────────◆

歯科医の2割は年収200万円を切るワーキングプア。"儲からない商売"の
歯医者なのにお客が増える歯科医院。

杉田基(もとい)院長が考える「お客が増える仕組み」と「実行力」は、
お客を増やしたいすべての中小企業にとって大きなヒントを与えてくれます。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-07.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

ハー卜・アタックを予防する

{事例]

1 フランス人は、赤ワインをよく飲む。その結果、ハートアタックで
  死ぬ人は、アメリカ人やイギリス人より少い・

2  イタリア人は、赤ワインのほかに白ワインもよく飲む。しかし、八
  ート・アタックで死ぬ人は、アメリカ人やイギリス人より少ない。

3  日本人は、淡泊な食事を好む。したがって、ハートアタックで死ぬ
  人は、アメリカ人やイギリス人より少ない。

4  ドイツ人は、ソーセージ、サラミなど油っこい食事をよく摂る。し
  かし、ハート・アタックで死ぬ人は、アメリカ人やイギリス人より少
  ない。


{問題]

以上の事例から、ハート・アタックで倒れないためには、どうしたらよいか。


{結論}

1  飲みたいものを欽み、食べたいものを食べること。
2  英語をなるべく使わないようにすること。

(世界ビジネスジョーク集 おおばともみつ著 中央公論新社刊より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2013年
2月26日

【継続雇用】労使協定の締結を急ぎましょう

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 退職金制度の見直し方セミナー

       【東京開催】 平成25年1月21日(月)13時30分~16時30分
◆─────────────────────────────────◆

  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
  厚生年金基金問題も解説、対応策を提案します。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2013年2月26日号   VOL.1424
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「落ち込んだとき元気になる」言葉の第一位は?

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【継続雇用】労使協定の締結を急ぎましょう
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   今年の4月から65歳まで雇用する義務が生じますが
   会社として何か準備しておくことがありますか?

中川:再雇用基準の労使協定は締結してありますか?

社長:労使協定とはなんですか?

中川:今年の4月からは60歳に定年になる従業員が希望すれば
   無条件で65歳まで雇用しなければなりません。
   しかし、労使協定を締結すれば雇用を断ることが
   できるのです。

社長:え?
   そんなことができるのですか

中川:たとえば、今年の6月に60歳の定年になる人が継続雇用を希望
   すれば65歳までの雇用義務があります。
   しかし、その方は61歳になると厚生年金(報酬比例年金)が
   もらえますので、基準に満たない場合は雇用を断ることが
   できるのです。

社長:そうなんですか。

中川:厚生年金の受給開始年齢は次第に下がる、つまり62歳から
   とか63歳からとかになり最終は65歳からとなります。
   その年金が受給できる年齢に達した場合は断ることが
   できるのです。

社長:年金がらみは複雑で分かりにくいですね。

中川:そうですね。
   厚生年金は10年くらい後になりますと60歳で定年退職する人は
   65歳まで1円も年金がもらえない状態になります。
   そうなるまでは経過措置として、労使協定があれば
   年金が受給できる年齢に達すると雇用を断ることができるのです。

社長:たとえば、どんな基準ですか?

中川:たとえば営業成績が悪い人、製品の作成ミスが多く不良率が
   平均以下の場合とかです。

社長:その労使協定があれば今年の4月以降に60歳の定年となる
   人に適用してよいのですか?

中川:それはダメです。
   今年60歳になる人が希望すれば61歳までは雇用しなければ
   なりません。61歳になったら基準を適用して雇用を断る
   ことができるのです。

社長:それはいいですね。
   じゃあ、労使協定を締結します。

中川:そうですね。
   急いでくださいね。

社長:え?
   急がなければならないのですか?
   実際に適用するのは今年ではなく来年のことですよ。

中川:今年の3月31日までに労使協定を締結している場合に
   その基準により雇用を拒否できるのです。

社長:では、4月1日に労使協定を締結したらどうなるのですか?

中川:その労使協定は無効となり、希望する人は全員65歳まで
   雇用しなければなりません。

社長:わかりました。
   残り日数が少ないですね。
   大至急締結します。


(中川コメント)

 労使協定を締結しておれば、その基準に適合しない人は今後も
継続雇用を拒否することができます。
その労使協定は今年の3月31日までに締結しておかなければ
なりません。

 あなたの会社は継続雇用の労使協定を締結していますか?

3月31日まで残りわずかです。

具体的な労使協定の作り方、60歳以降の給料の決め方の
セミナーを3月5日に開催します。これが3月31日に間に合う弊社の
最終セミナーとなります。まだ準備ができていない方は参加ください。
分かりにくい年金の話も分かりやすく説明します。

「60歳以上の給料の決め方」セミナー  3月5日(火)3時30分から
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html


今日はここまで。では、またあした。

 

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  【CD】  「社長用 1位作りの営業戦略」 製作 竹田陽一
◆─────────────────────────────────◆

業績を良くするには自分の会社の規模に合った、全社的営業方法の営業戦略
が必要になります。

いきあたりばったりの営業はやめましょう。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-05.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

「落ち込んだとき元気になる」言葉の第一位は?

人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている   伊集院静(作家)

(日経新聞プラスワンより)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2013年
2月25日

【継続雇用】私傷病休職で定年を迎える場合

◆─────────────────────────────────◆
 物覚えが悪い? 実は脳の使い方を知らないだけなのです。
 中川が体験して本物だと確信したセミナーです。
2月23日(土)、24日(日)の二日間
◆─────────────────────────────────◆

「人の名前を覚えられない・・・」
「最近物忘れが・・・」

もう歳だから・・・とあきらめていませんか?
ハッキリ申し上げます!ポイントは脳の使い方にあります。
生まれつきの能力ではありません。

ラクラク記憶術(アクティブ・ブレイン・セミナー)では
ほんの少し脳の使い方をカエルだけで、記憶力に劇的な変化をもたらします。

内容に満足がいかない場合には、安心の全額返金保証をさせて頂いております。
下記からセミナーのお申し込みをしてください。

→ http://nakagawa-consul.com/seminar/062.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2013年2月25日号   VOL.1423
――――――――――――――――――――――――――――――――――

本人のいないところで「陰口」は厳禁

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【継続雇用】私傷病休職で定年を迎える場合
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   Aさんのことで相談します。

中川:はい、なんでしょう?

社長:Aさんは私傷病により現在休職中です。
   今年の4月末に定年を迎えます。
   定年になっても職場復帰はムリだと思います。

中川:そうですか。
   お気の毒ですね。

社長:で、今年の4月からは本人が希望すれば全員65歳まで雇用する
   ことが義務となりました。
   Aさんの場合でも雇用しなければならないのですか?

中川:御社の就業規則を拝見します。

   就業規則に次のように書かれていますね。

   「心身の故障により業務の遂行に絶えられないときは解雇する」

社長:そうですね。

中川:この条文を適用して定年で退職してもらうことは可能です。

社長:しかし、法律では本人が希望すれば65歳までとなっていますが
   それとの兼ね合いはどうなるのですか?

中川:65歳まで雇用する前提は労務が提供できることです。
   労務が提供できないのに労働すると言えば、Aさんは契約違反
   となります。

社長:しかし、休職期間は5月末で満了となります。
   だから、そこまでは雇用の義務があるのではないでしょうか?

中川:休職期間中に定年を迎えた場合は定年が優先します。
   Aさんの場合は定年のときに継続して労務が提供できる場合は
   雇用義務があります。
   しかし、労務の提供ができないことが明らかですから定年で
   終了でも構いません。

社長:しかし、5月末でであれば職場復帰できる可能性があります。
   何とかしてあげたいですね。

中川:法的には定年で雇用契約を終了することは有効だと思います。
   しかし、それは法律のことです。
   社長がAさんを救済してあげたいとお考えであれば
   継続雇用をして職場復帰を待てばいいですよ。

社長:なるほど。
   Aさんは長年まじめに働いていただいた方です。
   継続雇用を前提に考えます。

 

(中川コメント)

 休職中に60歳の定年を迎えた方は継続雇用の対象からはずしても良いと
考えています。
「考えている」と主観的な表現をしているのは、裁判などになった場合に
継続雇用をするべきだという判決が出る可能性がないとも言えないからです。

 

今日はここまで。では、またあした。

 

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

 

◆─────────────────────────────────◆
 新作【DVD】退職金制度の見直し方セミナー
◆─────────────────────────────────◆

基本給連動型の退職金制度は、リスクが大き過ぎます。
ポイント制退職金制度は、中小企業には合いません。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-05.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

本人のいないところで「陰口」は厳禁

本人のいないところでの陰口は、情けないものである。
この種の話題に耳をそばだてて聞くのは、愚劣な下品な人種にき
まっているが、社会的地位の高い人たちの中にもけつこういるもの
だ。
あなたが、この連中に交わって陰口をたたいていたら、あなたも
同類と見なされて、誰からも相手にされなくなってしまうだろう。
そして、まず最初にあなたから離れていくのが、あなたのもっと
も信頼する親友であることを覚えておくことだ。

(1日「ひと粒」の黄金の知恵 森鴎外著 齋藤孝訳 イープレスト刊より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2013年
2月23日

【給与支払い"一丁目一番地"を押さえよう】

◆─────────────────────────────────◆
  ■ 就業規則の見直しをしましょう  
        【東京】セミナー開催日 3月14日(木)10時~16時30分
◆─────────────────────────────────◆

 ブログ、ツイッター、フェイスブック、スマートホン、iPadなど情報の
環境がめまぐるしく変わっています。便利の裏側に会社のリスクがずい
ぶんと高くなっています。それらに的確に対応しなければ倒産の仲間入
りをするかもしれません。
 個人情報、企業秘密、パワハラ、セクハラ、反社会的勢力への対応など、
労務管理が求められる水準が格段に高まっています。
このように難しい時代にしっかりと対応した就業規則が必要です。
御社の就業規則は時代の変化に対応できていますか?

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2013年2月23日号   VOL.1421
――――――――――――――――――――――――――――――――――

酢を飲むと骨が柔らかくなる

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【給与支払い"一丁目一番地"を押さえよう】
◆────────────────────────────────◆

恒例の川越さんのメルマガを全文転載します。

(引用開始)
 
  いつもお読みいただきありがとうございます。

さて、ちょっと前までは政治家の方が"一丁目一番地"
と言っておられましたが最近あまり耳にしませんね。

この言葉、国語辞典にはまだ出てきませんが、最優先課
題とか言う意味があるようです。
その意味からすると、労務における給与、特に経営者が
枕を高くして寝られるように、合法的な給与支払いは、
まさに"一丁目一番地"ですね。

第220号は、そんな給与支払いのお話です。

 

【給与支払い"一丁目一番地"を押さえよう】

 たしかに、成果に応じた給与支払いや福利厚生を充実
させて人間関係をつくることは重要である。

しかし、それは優先順位2番3番であり、まず合法的な
給与支払いができてから取り組むことだ。
だから、今、会社が押さえておくべき"一丁目一番地"
は合法的な給与支払いである。


1.先ずは法律を知る
 法律と言うのは良くも悪くも、健康診断で言うところ
の"基準値"のようなもので、それを知らずして対策の
打ちようがない。

1)法律は法律...「何が法律だ!」と労働者保護の法律
  なんぞ敵対視したくもなるが、敵対視するにしても
  先ずは法律そのものを知らなければ対峙のしようが
  ない。特に、今は何事も黒白つけたがる風潮があり、
  もめ事が起きると人情が引っ込み法律が幅を利かせる。
  もし、法律を無視した対応をしていると、赤子の手
  をねじるが如く、戦う前に負けてしまう。

2)時は金なり...従業員が勝手に残業した分も、はっき
  り断らなければ"黙認"、つまり黙って認めたこと
  になる。法律上、給与は労働時間とリンクするよう
  になっているので、要領悪く時間をかけて仕事をす
  るほうが高給になるしくみだ。だから、仕事のでき
  ない人には定時に帰っていただき、ムダな残業代が
  発生しないようにしておくことが得策である。

3)自社の許容範囲を知る...もちろん、法律を100%守る
  のが一番いいが、経営上やむを得ない事もある。
  これは、何かあったら金で解決すると言う割り切り点
  だが、会社として許容できる範囲だ。例えば1億円ぐ
  らいまでなら何とかなる会社もあれば、百万円でもき
  びしい会社もある。要は、自社の屋台骨に影響のない
  範囲(額)を心得ておくことである。
  

2.合法的に支払う
 たとえ給与総額が相場以上の高額であっても、支払い
方が合法的でないと、いざというときに会社を守れない。

1)時間内分と時間外分を分けて払う...現行法は、週40
  時間・1日8時間労働制であり、それを超えた時間は
  割増の残業代が必要だ。週40時間を月に換算すると
  約170時間だから、基本給や手当は170時間分だ
  と割り切る。「とても170時間じゃ無理だ」と言う会
  社は別途30時間分の残業代を払って200時間働いて
  もらえばいい。仮に200時間分で20万円払うつもり
  なら、つぎのように分けて払う。
   ・基本給 163,800円は170時間分
   ・残業代  36,200円は30時間分

2)残業単価は間違いを指摘されやすい...残業代の計算式
  は残業時間×残業単価だが、間違いが多く、指摘され
  やすいのが残業単価である。
  残業代単価の計算式は、(計算対象となる給与÷1カ月
  平均所定労働時間)×割増率だ。
   ・対象となる給与を基本給のみで行っていないか。
   ・1カ月平均所定労働時間が週48時間時代の200
    時間となっていないか。
   ・法定休日労働の割増率も1.25になっていないか。

3)支払いの順番を守る...法律で義務付けられている給与
  よりも、会社に裁量の幅が大きい賞与で払いたいと言う
  経営者の気持ちもわかる。しかし、賞与を払える原資が
  あるのなら毎月の給与をきれいに払っておくべきだ。
  そもそも、賞与は会社業績(利益)に基づくもので、毎
  月の給与をまっとうに払っても利益が出る場合に支給す
  るものである。また、退職金も規程や慣習があれば、給
  与に準じて考えておく。


3.記録を残して会社を守る
 証拠がないと"うやむや"にできるメリットもある。
しかし、従業員からケチをつけられ、それに反論するには、
やはり証拠としての記録が必要だ。

1)手当の意味合いは契約書に...「残業代は営業手当で
  払っている」と主張する場合、第三者を納得させる
  証拠がいる。雇用契約書につぎのように盛り込んで
  あれば会社の主張は通りやすい。仮に、「50時間の
  残業があった」と言われても「30時間は支払い済
  みだから20時間分払う」と主張できる。
   ・基本給 18万円
   ・営業手当 4万円 
    ただし、営業手当は残業代30時間分とする。

2)時間管理簿が会社を救う...法律は会社に労働時間管理
  義務を課しているが、管理だからPDCAが必要だ。

   P:所定労働時間が何時間で
   D:実際に何時間働いて
   C:なぜ残業が発生したのか
   A:どうしたら時間内に収められるか

  そして、後になって何だかんだ言われるのはいやだ
  から、時間管理簿に従業員のサインをさせて毎月ケリ
  をつけておく。

3)給与明細書が信頼関係の原点...給与明細と言うのは
  1カ月の働きぶりを表す通信簿のようなものだ。
  だから、出勤日数、労働時間、残業時間など、盛り
  込むべき項目がキッチリ盛り込んであると、それだ
  けで信頼は高まる。信頼と言うような目に見えない
  ようなものほど、カタチにして伝える事が大事だ。


 成果主義云々と言う人は多いが、雇用関係の基本であ
る給与が合法的に支払われていなければ、しょせんは
砂上の楼閣(ろうかく)である。
せっかく苦労して払う給与なら、何があってもびくと
もしない払い方をしておきたいものだ。


※次回は【採用日に経営者の真剣さを伝えよう】の
 予定です。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ありがとうございます。

 平成27年2月27日(来週の水曜日)開催の
 川越事務所・経営者向け労務セミナー は
 お陰様で定員に達しました。

 "社長の会社は社長でしか守れません!"

第1部 元・労働組合幹部が語る
    「ここが危ない!中小企業の労務」

第2部 「枕を高くして寝られるような給与の
     払い方をしよう」

 

 

 


---------------------------------------------
【フェイスブック】
http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506715221

川越の日記帳  http://blog.livedoor.jp/kawagoeyu/
【ブログ】  毎日更新しています!
---------------------------------------------
■中小企業の賃金相場をつかむサイトが
 できました!
★「ズバリ!実在賃金統計ドットコム」
 http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=1355
--------------------------------------------
■川越事務所は、キッチリした労災・雇用・社会保険
 事務手続きをベースに、地に足のついた給与・労務
 相談を得意とする、社会保険労務士事務所です!
---------------------------------------------
*** 経営者と一緒に喜び、一緒に涙を流す! ****

川越社会保険労務士事務所
〒880-0053
宮崎県宮崎市神宮2丁目3番11号 1F 
TEL0985-31-1231(代) FAX0985-31-1447
Mail info@kawagoe-roumu.jp
ホームページ http://www.kawagoe-roumu.jp
川越の日記帳  http://blog.livedoor.jp/kawagoeyu/
【ブログ】  毎日更新しています!
-------------------------------------------------

(引用終わり)


(中川コメント)

 経営者は法律を知らなかったという言い訳が許されないのです。
最低限法令遵守です。
社会保険労務士である中川は最近の急ピッチな法改正についていく
のは当然の責務ですが、専門家でない総務関係者や経営者では
厳し過ぎるように感じます。専門家の力に頼るのが良いと思います。

 手始めに最新情報にともづく就業規則のひな形を提案している
弊社主催の就業規則セミナーがよいかもしれません。

 http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html


今日はここまで。では、またあした。

 

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  【CD】  社長が変われば会社が変わります 竹田陽一
◆─────────────────────────────────◆

経営者が知っておかなければならない、経営の8大要因を知ることです。
そうすると、経営者は何から研究しなければならないかズバリと
分かります。

いきあたりばったりの勉強はやめましょう。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-03.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

酢を飲むと骨が柔らかくなる

 このほかにも「酢を飲むとシャツクリが止まる」「双子ができる」「や
せる」「にきびが治る」「身体が柔軟になる」など、酢に関する言い伝え
は数多くあります。

 酢には酢酸、乳酸、クエン酸などの有機酸が含まれ、梅干しやレモンと
同じように、人間の唾液と混じるとアルカリ性に変わって、体質を健康的
な弱アルカリ性に保つ性質があります。

 酢は、疲労回復や不眠症に役立ち、人体に有効な働きをしてくれる食品
であることは確かですが、人間の骨を柔らかくしたり、身体を柔軟にする
力はありません。これは、魚などを長く酢につけておくと、骨まで柔らか
くなることから生まれた俗信といえるでしょう。

(おもしろ雑学552 刑部澄徹編著より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆