中川清徳のブログ

2013年6月の記事一覧

2013年
6月30日

「大変な目標だ だからこそ、チャレンジするんだ」

◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間で発行しています。
貴重は情報をありがとうと言われ、ついつい張り切ってしまいます。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士、税理士の方はお断りします。

 


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2013年6月30日号   VOL.1551
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[ジャック・ウェルチの名言・格言|
             会社での仕事は結局2つの目的に分けられる]

(続きは編集後記で)

 

◆────────────────────────────────◆

 「大変な目標だ だからこそ、チャレンジするんだ」(*)  
  出所:「本田宗一郎語録」(小学館)

◆────────────────────────────────◆

「どんなときも、自分を鼓舞し、あえて大きな目標に挑戦しなくてはなら
ない」ということを表しています。


 1946年、小さな町工場としてスタートした本田技研は、1951年には初の
本格的なオートバイ「ドリームE型(1949年に発売された「ドリームD型」
を改良したもの)」を、翌1952年には、自転車の小型軽量エンジン「カブ
F型」を発売しました。この2つの製品は、発売直後から爆発的に売れまし
た。ドリームE型とカブF型の大ヒットを受け、本田氏は海外から最新鋭の
工作機械を購入することにしました。

その工作機械は、当時の金額で4億円を超える非常に高額なものでしたが、
本田氏はさらなる製品の品質向上を図るべく、購入を決断しました。


 こうして、飛躍していた本田技研の前に、やがて大きな試練が立ちはだ
かります。改良によって生じた不具合から、本田技研を支えてきた主力製
品ドリームE型とカブF型の売れ行きがぴたりと止まってしまったのです。
この影響で、本田技研の業績は大きく低迷してしまいました。その上に、
高額な工作機械の代金の支払いも重なり、本田技研は深刻な経営危機に直
面することとなります。


 このため、社内には、会社の将来を不安視する雰囲気が蔓延しました。
しかし、こうした中、本田氏は、英国で開催されるオートバイレース「マン
島TTレース」への出場を宣言しました。マン島TTレースは、欧米各国のトッ
プレーサーが出場する世界最高クラスのレースです。


 本田技研の存続さえ危ぶまれる状況でのこの宣言に、多くの人々が驚愕
しました。しかし、本田氏は「世界的なレースで優秀な成績を上げない限
り、本田技研の技術の優秀さを広く知らしめ、世界のオートバイ市場のシ
ェアを奪えない」と考え、専門の研究部を設け、マン島TTレース出場に向
けて技術開発に本格的に取り組みました。


 本田氏がマン島TTレースの出場に専念できた陰には、本田氏の唯一無二
のパートナーである藤澤武雄(ふじさわたけお)氏の助力もありました。
技術を担当する本田氏に対し、藤澤氏は経営・営業面で本田氏をサポート
していました。藤澤氏は、本田技研が苦境に立たされている中、資金繰り
に奔走し、会社を支えていたのです。


 その後、本田技研はなんとか危機を脱することができ、本田氏はさらに
レース出場に向けての研究に専念しました。そして、1959年、本田技研は
ついにマン島TTレースに出場することとなります。本田技研チームは健闘
し、初出場ながら「チーム賞(チームのタイムの合計が最も低いチームに
与えられる賞)」を獲得するという快挙を成し遂げました。その後も本田
技研は世界のオートバイレースに出場を重ね、1961年のマン島TTレースで
は2クラスで1位から5位を独占するという圧倒的な勝利を収めました。こう
して、本田技研は名実ともにオートバイの世界でトップの座を獲得するこ
ととなりました。

 1954年、マン島TTレース出場宣言を行った際、本田氏は次のように語って
います。

「全従業員諸君!本田技研の全力を結集して栄冠を勝ちとろう。本田技研
の将来は一にかかって諸君の双肩にある」(**)


 本田氏がマン島TTレースへの出場を宣言したとき、本田技研は世界では
まだ無名のアジアの一メーカーにすぎませんでした。しかも、当時本田技
研は大きな苦境に立っていました。こうした中、本田氏は「会社が苦境に
立たされているこのときこそ、あえて高い目標を掲げ、それを目指して全
社を挙げて危機を乗り切ろう」と考え、従業員を鼓舞するべくマン島TTレ
ース出場を宣言したのです。


 人は、苦境に陥ったとき、ともすれば気分が沈み、「ずっとこの状況が
続くのではないか」「もうここから立ちあがれないのではないか」など後
ろ向きの発想にとらわれがちです。しかし、後ろを向いていたら、そこか
ら立ちあがることはできません。苦境に陥ったときこそ前を向き、さらな
る高みを目指さなくてはなりません。苦境にあって昂然(こうぜん)と顔
を前に向けるしたたかさこそが、経営者には必要なのです。

【本文脚注】
本稿は、注記の各種参考文献などを参考に作成しています。本稿で記載し
ている内容は作成および更新時点で明らかになっている情報を基にしてお
り、将来にわたって内容の不変性や妥当性を担保するものではありません。
また、本文中では内容に即した肩書を使用しています。加えて、経歴につ
いても、代表的と思われるもののみを記載し、全てを網羅したものではあ
りません。

【経歴】
ほんだそういちろう(1906~1991)。静岡県生まれ。二俣尋常高
等小学校卒。1946年、本田技術研究所(現本田技研工業株式会社。本稿で
は「本田技研」)設立。

【参考文献】
(*)「本田宗一郎語録」(本田宗一郎研究会(編)、小学
館、1998年8月)(**)「一冊でわかる!本田宗一郎 『世界のホンダ』
を創り上げた男の
『挑戦の軌跡』」(梶原一明(編著)、PHP研究所、200
9年10月)
「定本本田宗一郎伝 飽くなき挑戦 大いなる勇気」(中部博、
三樹書房、2001年5月)「本田宗一郎 夢を力に 私の履歴書」(本田宗
一郎、日本経済新聞社、2001年7月)

以上(2013年6月作成)

※上記内容は、本文中に特別なことわりがない限り、2013年5月時点のもの
であり、 将来変更される可能性があります。


(中川コメント)

 本日の記事は弊社が有料会員となっている「中小企業福祉事業団」の
ビジネスリポートの記事を転載しました。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー

 7月23日(火) 10時~16時30分 東京開催
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[ジャック・ウェルチの名言・格言|
             会社での仕事は結局2つの目的に分けられる]

我々の行動のすべては、顧客の獲得か、顧客の維持を目的としている。


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2013年
6月29日

【教育】職業能力評価基準の活用

◆─────────────────────────────────◆
 【無料プレゼント】 賞与決定の参考資料になります!
 従業員の給料が高いか低いか一目で分かるグラフが無料です
◆─────────────────────────────────◆

うちの従業員の給料が高いか低いか分からないのでは、給料の決めようが
ありません。高いか低いかをまず把握することです。

従業員300人未満の会社に対して御社の賃金データ(社員名は不要です。
記号で処理します)をご提供いただきますと、
一目で世間相場と比較できる年収グラフを無料で差し上げます。

年収グラフは、年齢別の世間相場(管理職、一般男性、一般女性)を描いた
ライン(曲線に近い)のグラフに御社の同年齢の従業員の年収をプロット
(点)を記入し、該当する社員が分かるように番号が入ります。

そのグラフがあれば、御社の従業員の給料が世間相場と比較して高いか低い
かが一目で分かります。

ズバリ!実在賃金のデータがない地域は厚生労働省のデータを元に弊社で
独自に加工して管理職を推測したデータで作成します。


よろしかったらお申し込みください。

→ http://form.mag2.com/cestuuoudr

 

 


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2013年6月29日号   VOL.1550
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[ジャック・ウェルチの名言・格言|
             会社での仕事は結局2つの目的に分けられる]

(続きは編集後記で)

 

◆────────────────────────────────◆

【教育】職業能力評価基準の活用

◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   社員の育成で悩んでいます。

中川:といいますと?

社長:新人教育は現場で行っています。
   しかし、行き当たりばったりの教育なので、本人の資質により
   差が出ます。

中川:そうですか。

社長:しかし、なんといいますか、本人の資質は重要な要素だとは
   思いますが、先輩や上司がしっかりと教育すれば、もっと仕事の
   レベルが上がるのではないでしょうか。

中川:そうですね。
   きちんと教育をすれば早く戦力になりますね。

社長:当社の弱点は体系的な教育をしていないことです。
   なにか、いい方法はありませんか?

中川:まずは目指す社員像をつくることです。

社長:といいますと?

中川:たとえば、パン製造であれば
    1.仕込み,発酵
    2.分割、成形
    3.焼成、仕上げ
   の仕事があります。
   それぞれの工程で求められるスキルがあります。

   そのスキルは低いものから高いものまでレベルがあります。
   そのレベルを整理して、新人には何ヶ月でそのレベルに育てる
   というような基準を作成するのです。

社長:ええ、そんなめんどうなことは当社にはできません。

中川:できなければ現状のまま、新人の資質まかせとなります。

社長:それで困っているのです。

中川:厚生労働省が「職業能力評価基準」を作成しています。
   これを参考にすると教育体系を作るのが容易になります。

社長:「職業能力評価基準」はどんなものなのですか?

中川:御社はパン製造販売ですが、それにズバリのものがあります。
   初歩的なスキルから店舗経営に関する項目まで体系的に
   作成されています。

社長:では見ます。

   (HPを見る)

   これはすごいですね。
   これを参考にすると体系的な教育ができそうです。


(中川コメント)

 厚労省が作成した「職業能力評価基準」は下記で見ることができます。

http://www.hyouka.javada.or.jp/user/sheet.html

 百聞は一見にしかず、内容の充実ぶりに驚かれると思います。
これを無料で活用できるのです。

 あなたの会社は教育体系ができていますか?


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー

 7月23日(火) 10時~16時30分 東京開催
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[ジャック・ウェルチの名言・格言|
             会社での仕事は結局2つの目的に分けられる]

我々の行動のすべては、顧客の獲得か、顧客の維持を目的としている。


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2013年
6月28日

【労務管理】私用メールについて


◆─────────────────────────────────◆
 【CD】 パートタイマーを戦力化する秘訣 講師:北見昌朗
◆─────────────────────────────────◆

パートタイマーを戦力化するためには?
相手の立場になって考える、定着率を良くすれば戦力化できる、
いくらもらえれば、長年勤務したがるか?等々。
画期的な提案です。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-02.html

 

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2013年6月28日号   VOL.1549
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「財界の一人者」はひとりもの?

(続きは編集後記で)

 

◆────────────────────────────────◆

【労務管理】私用メールについて

◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   Aさんの私用メールについて相談します。

中川:はい、なんでしょうか?

社長:Aさんは勤務中に私用メールをしています。

中川:どうして私用メールをしていると分かったのですか?

社長:サーバーの記録からです。

中川:どのくらいの頻度ですか?

社長:1日、数回程度です。
   禁止すべきかと考えています。
   禁止できますか?

中川:御社の就業規則を拝見します。

   (拝見)

   私用メールをしてはいけないと書いてありますよ。

社長:書いてありましたか。
   では、禁止できますね。

中川:禁止できます。

社長:でも、個人メールを会社が見たことで逆に、プライバシーの侵害
   だと言われませんかね?

中川:御社の就業規則では「メールの確認をすることがある」と明記され
   ています。
   したがって、メールの内容を把握することは可能です。

社長:分かりました。


(数日後)

社長:Aさんに注意しました。
   そしたら、携帯やスマホで勤務中にメールをしている人がいるので
   自分だけ注意を受けるのはおかしいと反論してきました。

中川:Aさんの主張はもっともですね。
   携帯やスマホのメールも就業規則で禁止していますから
   禁止できますよ。

社長:でも、個人の携帯やスマホは個人メールをしたかどうかは
   調べようがありません。

中川:携帯やスマホを職場に持ち込ませなければいいでしょう。

社長:そんなことができますか?

中川:勤務中は職務専念義務があります。
   就業規則に明記しましょう。
   
社長:わかりました。

 

(中川コメント)

 勤務時間中の私用メールや私用電話は禁止することを就業規則に明記
しましょう。
あなたの会社の就業規則は明記していますか?


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
 物覚えが悪い? 実は脳の使い方を知らないだけなのです。
 中川が体験して本物だと確信したセミナーです。
   7月14日(日)、15日(祝日)の二日間
◆─────────────────────────────────◆

「人の名前を覚えられない・・・」
「最近物忘れが・・・」

もう歳だから・・・とあきらめていませんか?
ハッキリ申し上げます!ポイントは脳の使い方にあります。
生まれつきの能力ではありません。

ラクラク記憶術(アクティブ・ブレイン・セミナー)では
ほんの少し脳の使い方をカエルだけで、記憶力に劇的な変化をもたらします。

内容に満足がいかない場合には、安心の全額返金保証をさせて頂いております。
下記からセミナーのお申し込みをしてください。

→ http://nakagawa-consul.com/seminar/062.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

「財界の一人者」はひとりもの?

「財界の一人者となられたA氏」これでは、妻に先立たれた財界人と思われ
同情されることはあっても「財界のトップ」と思われないかもしれません。

 書く人は「いちにんしゃ」と考えて「一入者」と書くのでしょうが、読む
ほうは「ひとりもの」と誤読するおそれがあります。「第一人者」と、必ず
「第」を落とさないようにしなければなりません。

(間違いことばの本 講談社より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2013年
6月27日

【休日】出張のため休日に移動する場合の取り扱い

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆

弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーをほぼ毎月開催していま
すが、各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
東京では定期的に開催していますが、各地の開催は年に数回程度を予定して
います。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。

よろしかったら下記からお申し込みください。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-11.html

 

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2013年6月27日号   VOL.1548
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[藤田田の名言・格言|お金が集まる店舗作りに重要なこと]

(続きは編集後記で)

 

◆────────────────────────────────◆

【休日】出張のため休日に移動する場合の取り扱い

◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   Aさんについて質問です。

中川:はい、なんでしょうか?

社長:Aさんを出張させるのですが、休日である日曜日に移動しな
   ければなりません。
   休日に出張のため移動する場合は休日出勤としなければダメですか?

中川:仕事はいつからですか?

社長:翌日の月曜日です。

中川:日曜日(休日)は単なる移動日なので休日出勤扱いにしなくても
   良いです。

社長:休日に仕事のために移動してもらうので「すまない」という気持ちに
   あります。
   しかし、休日出勤扱いにすることもどうかと疑問に思っていました。
   それを聞いて安心しました。

中川:どうして、休日出勤扱いにしなくても良いかわかりますか?

社長:さぁ...。

中川:労働時間ではないからです。

社長:...。

中川:移動中は寝ていても、本を読んでもOKです。
   もし、労働時間であればそのようなことは許されません。

社長:そういうことですか。
   分かりました。

 

(中川コメント)

 休日に出張のために移動するのみであればその時間は労働時間とはなりません。
したがって、休日出勤扱いにすることはありません。
しかし、休日出勤扱いにしても違法ではありません。

 あなたの会社は休日に出張のために移動だけする場合の取り扱いはどうなて
いますか?


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
「賃金決定の急所は世間相場と社内バランスです!」セミナー

   7月9日(火)13時30分~16時30分 東京銀座にて
     http://nakagawa-consul.com/seminar/058.html

◆─────────────────────────────────◆

賃金を決める急所は世間相場と社内バランスです。
いくらりっぱな賃金制度があっても、実際に払う金額が妥当かどうかは
別問題です。
あなたの会社はどうやって賃金額を決定されていますか?
このセミナーは300人以下の中小企業を対象としています。

セミナーの内容

第1部 コレが現実! 「ズバリ!実在賃金」による最新の賃金相場 
第2部 世間相場と比較した賃金改善の具体的な方法
第3部 社内バランスが一目で分かるグラフの作成方法と賃金改善の方法
第4部 「ズバリ!実在賃金」からみた「取締役・管理職・一般社員別の
    賃金モデル」の作り方
第5部 諸手当の見直し方

 

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/058.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[藤田田の名言・格言|お金が集まる店舗作りに重要なこと]

健全なる肉体に健全なる精神が宿るように、笑顔の店には金が宿る。


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2013年
6月26日

【残業】80時間未満であっても過労死になる

◆─────────────────────────────────◆
 就業規則見直しをご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆

 毎年のように法律改正が行われており、一年前に作成した就業規則ですら
すでに時代遅れになっています。多忙な経営者や総務関係者がその都度、法
改正に対応するご苦労はいかほどのものかと推察します。
 法改正のスピードが速いので最新情報による弊社主催の就業規則セミナー
にご参加いただくのが良いと思います。できればそうしていただきたいので
すが、セミナーを受けても帰社したら目先の仕事に追われ気づいたらまった
く着手できていない方も少なくありません。
「そのうち、そのうち」と思案中に1年が経ち2年が経ち...。

 中川が御社にお伺いして就業規則の見直しのお手伝いをします。中川がお
手伝いすることで確実に最新版の就業規則を作成できます。就業規則見直し
は下記のステップで行います。
 
 ステップ1 御社の就業規則を弊社に提示いただきます 
 ステップ2 弊社が就業規則の修正案を電子データで作成します
 ステップ3 御社に訪問して修正案をご提示し、ご納得いただけるまで
       ご説明をします(遠隔地の場合は郵送および電話)
 ステップ4 弊社が作成した電子データをお渡しします(遠隔地は郵送)
 ステップ5 修正案をご提示するときに必要な各種ひな形も電子データで
       お渡しします(遠隔地は郵送)
 ステップ5 それを参考に御社で修正します(電子データがあるので容易)

就業規則の見直しコンサルティングをご希望の方は下記にメールをください。
弊社HPからも申込みができます。
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/work_regulations.html


   ◆就業規則見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後のお断りはご自由です)

御社名:
役職名:
お名前:

上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細は
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/work_regulations.html
でご確認ください。

 


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2013年6月26日号   VOL.1547
――――――――――――――――――――――――――――――――――

社会面をなぜ三面というの?

(続きは編集後記で)

 

◆────────────────────────────────◆

【残業】80時間未満であっても過労死になる

◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。

中川:過労死の認定基準をご存じですか?

社長:えーと、たしか、100時間以上だと過労死となるような。

中川:そうですね。
   発症前の2ヶ月ないし4ヶ月において1ヶ月当たりおおむね80時間
   でも過労死となる可能性が高いという基準があります。

社長:そうでしたね。

中川:80時間以上の残業は過労死と認定される可能性が高いということ
   です。
   しかし、最近の裁判では80時間未満でも過労死となったのです。

社長:80時間というのは絶対的な基準ではないのですね。
   どのような判例なのですか?

中川:経理のAさんは、通常業務の他に会計システム統合プロジェクト
   のメンバーにもなりました。
   発症前の1ヶ月間に72時間強、発症前の2ヶ月間ないし4ヶ月間に
   で1ヶ月当たり65時間の残業でした。

社長:つまり、基準の80時間を超えていないのですね。
   それでも過労死と認定されたのですか。

中川:実は、労働基準監督署は80時間を超えていないので過労死では
   ないということで労災扱いにしませんでした。
   しかし、Aさんの父親が訴訟を起こしたのです。

社長:どうして労働基準監督署は労災扱いにしなかったのですか?

中川:死亡にいたる時間的および場所的に明確にし得る「異常なでき
   ごと」に遭遇していないこと、それから仕事の量は通常の負荷
   程度だと認定したからです。

社長:で、裁判所はどう判断したのですか?

中川:発祥の1ヶ月間ないし4ヶ月間にわたって相当長時間の残業を
   していること、定められた期限のある2つプロジェクトによる
   精神的緊張を伴う業務が相次いだこと、そして、死亡のわずか
   2日前から3日前にかけて沼津出張(会社は茨城県)による長距
   離の夜間運転をしたことは、過重な負担であったと。

社長:Aさんは何歳ですか?

中川:35歳でした。
   Aさんの死亡は、くも膜した出血である可能性が高いが、
   Aさんは喫煙の習慣や高血圧はなかったし、特別に疾患が
   なかったので、業務の負荷によることが死亡の原因だと
   しました。

社長:とにかく長時間労働はさけるべきなのですね。


(中川コメント)

 本日の判例は常総労基署長(和光電気)事件(平成25年2.28判決 東京地裁)
を参考にしました。

 過労死となると経営者は
1.遺族補償(労災適用)
2.慰謝料(億単位を覚悟しなければならない)
3.書類送検(前科ものとなるかも)
を覚悟しなければなりません。

 長時間労働を甘く見ない方がいいです。
あなたの会社は長時間労働を放置していませんか?


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
     7月9日(火)10時~   東京開催
◆─────────────────────────────────◆


1.賞与原資の決め方が分からない
2.イマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる

などの経営者の悩みを解決し、社員が一丸となって会社業績に取り組
む仕組み作りを提案するセミナーです。

http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

社会面をなぜ三面というの?

 新聞が届くと、真っ先にどのぺージを読みますか。一面ですか、それとも
テレビ欄でしょうか。最初に目を通すのがどこにせよ、社会面を読まないと
いう人はいませんよね。

 ところで、この社会面は三面ともいわれます。現在発行されている三大新
聞を調べてみると、よほどの大事件でもないかぎり朝刊は40ページだて、夕
刊は16ページだてになっており、社会面はそれぞれ38面、14面にきています。
それなのになぜ社会面のことを三面というのでしょうか?

 裏から数えて第三ページ目にあるからと答えたあなた、残念ながらハズレ
です。実はこれ、大昔の新聞の名残なのです。日本初の日刊紙「横浜毎日新
聞」が発行されたのは明治3(1870)年でした。それから明治30年頃までの新
聞は、一枚の紙を半分に折っただけという、とても薄っぺらなものでした。
 第一面と第二面には政治・経済記事が、そして第三面に社会記事が掲載さ
れていました。つまり、三面=社会面は、この時代のぺージ構成からきてい
る言葉だったのです。

(つい他人に自慢したくなる無敵の雑学 角川ソフィア文庫より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆