中川清徳のブログ

2014年8月の記事一覧

2014年
8月31日

【就業規則】就業規則はめんどうです

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
      
     【東京】10月16日(木)10時00分~12時30分
     【東京】11月 5日(水)10時00分~12時30分
    ★【新潟】11月14日(金)10時00分~12時30分

       http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html
◆─────────────────────────────────◆


1.賞与原資の決め方が分からない
2.イマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる

などの経営者の悩みを解決し、社員が一丸となって会社業績に取り組
む仕組み作りを提案するセミナーです。

http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年8月31日号   VOL.1991
――――――――――――――――――――――――――――――――――

織田信長はどんな声をしていたのか?

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【就業規則】就業規則はめんどうです

◆────────────────────────────────◆


中川: こんにちは。

社長: こんにちは、今日は就業規則について教えてください。

中川: はい、何を知りたいのですか?

社長: 法律が変わった場合に就業規則を変更しなければなりませんが
 細かなことまで気が回りません。

中川: 面倒なんでしょう?

社長: そう、何年もほったらかしです。

中川: 顧問の社会保険労務士さんは何も言ってこないのですか?

社長: ええ、なにも。

中川: 社長は顧問契約をしている社会保険労務士さんとお話をされま
    すか?

社長: 総務にはたまに来ているようです。

中川: 一度社会保険労務士とお会いになり就業規則を見直ししてほし
    いと依頼されたらいかがですか?

社長: 別途、費用が発生するでしょう?

中川: それは、当然です。普通は顧問契約の料金に含まれませんから。

社長: それで、何も言ってくれないのですね。
 こちらは素人なんだから、提案してくれればいいのにね。

中川: そのとおりです。でも、自分からは言いにくいようです。

社長: 社会保険労務士って、楽な商売だね。
 うちらは、お客様に何度も何度もお願いしてやっと仕事をも
    らっているのに。

中川: そうですね。社会保険労務士は「士」という文字があるように
 さむらい業なので、頭を下げてはいけないと思い込んでいる人が
    多いです。

社長: うーん、実は、今の就業規則はその社会保険労務士に頼んで
 作ってもらったのです。
 どこかからひな形を手に入れてちょこっと修正しただけでしょう。

中川: 中川だって、ひな形を持っています。
 それをその会社に合うように、ちょこちょこっと修正するだけ
    です。

社長: 中川さんの就業規則はセミナーで聞いたからいいのです。
 あのような就業規則であれば、ひな形から修正してもらっても
 役に立ちます。

中川: おほめいただき、ありがとうございます。
 御社の就業規則を拝見できますか?

社長: はい、これがそうです。

中川: 拝見しました。法律違反がありますね。

社長: どうしたらいいですか?

中川: 顧問契約をしている社会保険労務士に依頼することです。

社長: ええ! また、作成費用をとられる。
 第一、どこからかのおもしろくもなんともないひな形を修正し
    ただけの仕事にお金を払いたくありませんよ。

中川: でも、めんどうなんでしょう?
 専門家はやはり、専門家です。
 専門家のレベルまで勉強することを考えるとその報酬は安いとも
 いえますよ。
 
社長: なるほど、そういう見方もありますね。

中川: その社会保険労務士の作成する就業規則が気に入らなければ
 先日参加された中川のセミナーの資料をもとに、自分のところで
    作成したらいかがですか?
 総務の方は見直すことで勉強になるでしょう。

社長: そうですね。この際、総務に作らせるか。

中川: それがいいですよ。それなら修正はパソコンで簡単にできますか
    ら。
 

【中川のコメント】

 一般に流布されている、特にインターネットで流布されている就業規則は
経営者の視線で作成されておりません。
そのため、トラブルが生じたときに、経営者が悔しい思いをされている
事例を見てきています。

 弊社が提唱する就業規則に基づいて作成された会社が悪質な従業員に
たいしてきちんと対応できた事例が多くあります。トラブルで悔しい思いを
しなくなります。

 最近、就業規則の見直しコンサルティングのお申し込みが増えています。
現在2ヶ月待ちとなっています。

お急ぎの会社は、弊社が開催している就業規則のセミナーにご参加され
セミナーで提供されるひな形を参考に見直しをされれば手っ取り早く
作成できます。

よろしければ下記よりお申し込みください。

→ http://nakagawa-consul.com/000005.html


今日はここまでです。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

織田信長はどんな声をしていたのか?

 当時のさまざまな記録は、織田信長の声が甲高く、遠くからでもひじよう
によく聞こえたと伝えている。たとえば、宣教師のルイス・フロイスは「快
い声、だが、人並み外れた大声を出すことがある」と書き残している。

 また、俳人で歌学者の松永貞徳は、三条衣棚(現在の京都市中京区)の自宅
にいるときに信長の大声を聞いたという。それによると、天正9年(1581)、
信長は本能寺から内裏へ移動するさい、隊列に向かって怒鳴り声をあげたと
いう。そのとき、貞徳は遠く離れた場所にいたのだが、それでも信長の声が
届いたというから、信長の声はひじようによく通ったのだろう。

(話題のツボをおさえる本より)


◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の見直をご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆

賃金制度を見直したいが、勉強している時間がない...。
中川式賃金研究所のセミナーに参加したが賃金制度の見直しが後回しに
なっていつの間にか半年が過ぎ、1年が過ぎ...となっている...。

専門家にコンサルティングを依頼した方が良いかもしれません。
よろしければ賃金制度の見直しのお手伝いをさせていただきます。

賃金制度の見直しは次のステップで行います。

 ステップ1 世間相場との比較 
 ステップ2 社内バランスの検討
 ステップ3 人事制度の構築
 ステップ4 諸手当の見直し
 ステップ5 基本給の決定
 ステップ6 昇給(減給を含む)システムの構築
 ステップ7 人事考課の見直し
 ステップ8 賃金規程の見直し
 ステップ9 従業員への周知、同意

専門家の力を借りて賃金制度の見直しをしたい方は下記にご記入し
そのままメールをください。

   ◆賃金制度見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後に断ることはご自由です)

御社名:
役職名:
お名前:

上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細をご連絡します。


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
8月30日

【退職金】退職金制度の自己都合と会社都合について

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
      
     【東京】10月16日(木)10時00分~12時30分
     【東京】11月 5日(水)10時00分~12時30分
    ★【新潟】11月14日(金)10時00分~12時30分

       http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html
◆─────────────────────────────────◆


1.賞与原資の決め方が分からない
2.イマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる

などの経営者の悩みを解決し、社員が一丸となって会社業績に取り組
む仕組み作りを提案するセミナーです。

http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年8月30日号   VOL.1990
――――――――――――――――――――――――――――――――――

質問人間から人は遠ざかる

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【退職金】退職金制度の自己都合と会社都合について

◆────────────────────────────────◆


中川: 今日は、退職金制度の自己都合と会社都合について
 お話しします。

社長: はい。

中川: 退職金制度はどうなっていますか?

社長: A表とB表があります。
 A表が会社都合で、B表が自己都合です。

中川: これはだれが作成しましたか?

社長: 銀行です。結構なコンサルティング料を払いました。

中川: 会社都合と自己都合の違いはお分かりですよね?

社長: ええ、会社都合は、定年退職とか、会社の都合で解雇するとかの
 ことです。
 自己都合というのは、社員が勝手に辞めた場合のことです。

中川: そのとおりですね。

社長: 会社都合と自己都合のことで何か問題がありますか?

中川: どうして、自己都合は会社都合の90%になっているのですか?

社長: 銀行のコンサルタントがそうするように提案しました。
 私はそんなものなんだと思いました。

中川: 退職金制度の本質は何だと思いますか?

社長: このあいだ、中川さんが言ってましたね。
 えーと、辞めるなという制度だと...

中川: そのとおりです。
 自己都合で辞めると10%カットされるのですよね?
 中川なら10%程度、カットされるならたいしたことないから
 辞めちゃえと辞めるでしょうね。

社長: そうですね。意味がありませんね。

中川: そう、意味がありません。
 自分の会社の退職金をどうするかは、他人任せではいけません。
 その意味を考えるべきです。

社長: うーん

中川: 社長は経営者ですね。従業員との違いはなんですか?

社長: え? また難しいことを聞くねえ。考えたこともない。

中川: 言いにくいですけど、だからコンサルタントのいいなりになるのです。
 経営者は、会社の戦略を考える人です。
 会社の戦略のひとつとして退職金制度があるのです。
 そう言う視点で人事制度を検討すべきです。

社長: コンサルタントは役に立たないというのですか?
 中川さんはコンサルタントですよ。自分で自分の首を絞めていますよ。

中川: 私は、経営者のお手伝いをするという姿勢です。
 経営者のお考えを大事にします。
 コンサルタントが役に立たないのではなく、一方的な押しつけコンサル
 は役に立たないと言いたいのです。

社長: それで、質問を良くするのですね!

中川: 経営者の考えが分からなければお手伝いのしようがありません。
 たしかに、専門知識は持っていますが、
 それを押しつけるべきではありません。

社長: でも、私は退職金制度の専門家ではないので、質問をされても
 どう考えたらいいか答えようがありません。

中川: そのとおりですね。
 だから、中川は質問に工夫をしています。
 たとえば、「御社は従業員に定着してもらいたいですか?」という
 質問です。
 
社長: なるほど、それだったら答えられる。

中川: それと、会社の経営状態や、今後どのように会社を経営するかを
 お聞きしていますよね。
 それは、御社の状態を知らないとお手伝いができないからです。

社長: それはごもっともです。

中川: 何も聞かないで薬を出す医者がいますかね?
 黙って座ったら「あなたは胃腸炎です」とか言って。
 
社長: そりゃあ、そうだ。そんな医者がいたら怖い。

中川: でしょう?
 退職金制度はどこが不具合なのかをきちんと把握しないと
 処方ができません。

社長: そうですね。そういえば、そのコンサルタントは自信たっぷりに
 こうですというもんですから、
 そうなんだろうなと成り行き任せにしました。


(中川のコメント)

 退職金制度には会社都合と自己都合があります。
ほとんどの会社がなんとなく決めています。
自分の会社は従業員に何を求めているのかを明確にしないと
会社都合と自己都合の係数は決められません。

退職金制度の本質は雇用を引っ張る制度、つまり
辞めないでいたらいいことがあるよという制度です。

そのような視点で見直しましょう。

退職金制度の見直しは下記のセミナーが参考になります。

◆─────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  

       【東京開催】 平成26年11月5日(水)13時30分~16時30分

         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆─────────────────────────────────◆

  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html


今日はここまでです。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

質問人間から人は遠ざかる

 人に質問すること自体は、けっして悪いことではない。
ところが驚くなかれ、世の中には、口から出る言葉がすべて「質間」形式に
なっている人がいる。

 こういう人種の話相手になったら地獄の苦しみだ。それはまさに、昔のス
ペインの宗教裁判に引き出され、審問の矢を浴びせられるようなもので、悲
惨きわまりない。

(1日「ひと粒」の黄金の知恵 森鴎外著 齋藤孝訳 イープレスト刊より)


◆─────────────────────────────────◆
 退職金制度の見直をご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆

基本給に連動した退職金制度は高額の退職金になる可能性があり危険です。
また、漫然と大手企業の退職金制度をまねしている会社は危険です。その
理由は、中小企業は中途採用、中途退職が常態であり、定期採用、定年退
職する大手企業とは事情が違うからです。

退職金制度の見直しをお勧めします。
退職金制度の見直しは次のステップで行います。

 ステップ1 退職金の隠れ債務の見える化
 ステップ2 貢献度に応じた退職金額の設定
 ステップ3 自己都合減額の設定(単純に減額するのは疑問です)
 ステップ4 忙しい時にわざと退職するようなけしからん社員への対応策
 ステップ5 新退職金制度を従業員に説明する
 ステップ6 不利益変更になる場合は従業員の同意を得る
 ステップ7 退職金規程を改定して労働基準監督署に届ける

退職金制度問題を専門家の力を借りて解決したい会社は下記にメールをくだ
さい。
ご注意:ステップ5,6,7はアドバイスをしますが実行するのは会社です。

退職金制度見直しコンサルティングの仮申込み
(正式依頼ではありません。お申込み後に断ることは自由です)

御社名:
役職名:
お名前:

上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細をご連絡します。


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川::式賃金研究所 所長 中川::清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
8月29日

【労務管理】人が育たない

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー

  ★【札幌】 9月11日(木) 10時~16時30分 ★札幌開催★
   【東京】10月17日(金) 10時~16時30分  東京開催
  ★【新潟】11月12日(水) 10時~16時30分 ★新潟開催★

      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html



☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年8月29日号   VOL.1989
――――――――――――――――――――――――――――――――――

二十世紀梨の生まれ故郷は鳥取県?

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【労務管理】人が育たない

◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   人材不足で悩んでいます。

中川:どんな人材が不足しているのですか?

社長:気が利かないのです。
   私がいちいち指示をしないと動かないのです。
   困ったものです。
   学校教育が悪いのでは...。

中川:学校教育はともかく、社長はイライラ度が高くなりますね。

社長:よその会社はどうですか?

中川:社長と同じ悩みを抱えています。

社長:だからといって手を打たないわけにはいきません。

中川:人事考課はしていますか?

社長:一応しています。
   最終的には私が決めていますが。

中川:人事考課の結果は部下に伝えていますか?

社長:え?
   伝えなければならないのですか?

中川:いいえ、別に労働基準法で決められいるわけではありません。
   したがって違法ではありません。

社長:そのくらいは知っていますよ。

中川:人事考課をするときにどのような基準で考課をしていますか?

社長:当社の期待に応えているかどうかで考課しています。

中川:その結果を従業員に伝えなくても、従業員は自分なりに
   がんばるでしょう。
   自分なりにがんばったと思っているのに、評価が低いと
   がっかりしますよね。

社長:それは自業自得です。
   ちゃんと期待どおりにがんばってくれれば高い評価をします。

中川:人事考課結果を伝えなければ期待どおりかどうかは従業員は分か
   りませんね。

社長:そうかもしれませんが、結果を伝えても悪い評価の人は逆恨み
   しそうです。
   評価結果を伝えるのはいやですね。

中川:であれば、人材不足とは言わないことです。

社長:え?

中川:社長が従業員に期待している内容を伝えないで、人材不足とは
   おかしくなりませんか?
   人事考課は
    1.査定(昇給や賞与など)
    2.部下育成
   の二つも目的があるのです。

   査定結果だけを伝えると逆恨みされることもあるでしょう。
   しかし、部下の成長の方向性も示すと、上司は自分のことを
   考えてくれていると受け止め、査定結果も受け入れいるのでは
   ないでしょうか。

社長:部下育成の目的もあるのですね。
   当社はそのような考えがありませんでした。

中川:多くの会社がそうです。

社長:しかし、人事考課の結果を伝えるのは難しいのでは?

中川:そうですね。
   弊社主催のセミナーに幹部全員が参加されることをお勧めします。

社長:検討します。


(中川のコメント)

 人事考課は正解がなく難しいものです。しかし、難しいからといって
あきらめることはできません。
 人事考課には査定の他に人材育成の目的があります。
 詳しくは下記のセミナーでお話をしています。
体験型のセミナーです。この体験を通じてご自分のクセを体感していただき
ます。
 そして人事考課を通じて大切な部下育成をどのようにしたら良いかが
分かります。好評のセミナーです。ご参加をお待ちしてます。

詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/072.html


今日はここまでです。



◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

二十世紀梨の生まれ故郷は鳥取県?

 鳥取県といえば梨の産地として有名で、もちろん二十世紀梨も鳥取県が
最大の産地です。ですから、二十世紀梨の生まれ故郷も鳥取県、かと思っ
たら、実はこれが千葉県松戸市、出身地は意外な所にあったのです。

 松戸の松戸寛之助という人が、白然交配の新種を発見したのがそもそも
の始まりで、その後の改良によって明治31年(1898年)に新品種として完成
されました。

(おもしろ雑学552 刑部澄徹編著より)


◆─────────────────────────────────◆
 【DVD】退職金制度の見直し方セミナー
◆─────────────────────────────────◆

基本給連動型の退職金制度は、リスクが大き過ぎます。
ポイント制退職金制度は、中小企業には合いません。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-05.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川:式賃金研究所 所長 中川:清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
8月28日

【改正パートタイム労働法に係わる省令について】

◆─────────────────────────────────◆
  ■ 就業規則の見直しをしましょう  
       
        ★【札幌】セミナー開催日  9月10日(水)10時~16時30分
        ★【新潟】セミナー開催日 11月13日(木)10時~16時30分
          【東京】セミナー開催日 12月 8日(月)10時~16時30分

      →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html

◆─────────────────────────────────◆

 ブログ、ツイッター、フェイスブック、スマートホン、iPadなど情報の
環境がめまぐるしく変わっています。便利の裏側に会社のリスクがずい
ぶんと高くなっています。それらに的確に対応しなければ倒産の仲間入
りをするかもしれません。
 個人情報、企業秘密、パワハラ、セクハラ、反社会的勢力への対応など、
労務管理が求められる水準が格段に高まっています。
このように難しい時代にしっかりと対応した就業規則が必要です。
御社の就業規則は時代の変化に対応できていますか?

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html



☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年8月28日号   VOL.1988
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[本田宗一郎の名言・格言|人間の持つ可能性]

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【改正パートタイム労働法に係わる省令について】

◆────────────────────────────────◆


本年4月に成立した改正パートタイム労働法を受け、関連する
省令及び指針案が労働政策審議会から答申され、厚生労働省では
省令等の作業を進めてきました。そして、7月24日、通勤手当を
一律に均衡確保の努力義務の対象とすること等を盛り込んだ省令
及び告示が公布されました。


~改正パートタイム労働法のポイント~

●正社員と差別的取扱いが禁止されるパートタイム労働者の対象
 範囲の拡大
 
 正社員と差別的取扱いが禁止されるパートタイム労働者につい
 ては、これまで、(1)職務内容が正社員と同一、(2)人材活用の
 仕組み(人事異動等の有無や範囲)が正社員と同一、(3)無期
 労働契約を締結しているパートタイム労働者であることとされ
 ていました。

 改正後は、(1)、(2) に該当すれば、有期労働契約を締結して
 いるパートタイム労働者も正社員と差別的取扱いが禁止され
 ます。

●「短時間労働者の待遇の原則」の新設

 事業主が、雇用するパートタイム労働者の待遇と正社員の待遇
 を相違させる場合は、その待遇の相違は、職務の内容、人材
 活用の仕組み、その他の事情を考慮して、不合理と認められる
 ものであってはならないとする、広く全ての短時間労働者を
 対象とした待遇の原則の規定が創設されます。

 改正後は、パートタイム労働者の待遇に関するこうした一般的
 な考え方も念頭に、パートタイム労働者の雇用管理の改善を
 図っていくこととなります。

●パートタイム労働者を雇い入れたときの事業主による説明義務
 の新設

 事業主は、パートタイム労働者を雇い入れたときは、実施する
 雇用管理の改善措置の内容について、説明しなければならない
 こととなります。

●パートタイム労働者からの相談に対応するための事業主による
 体制整備の義務の新設
 
 事業主は、パートタイム労働者からの相談に応じ、適切に対応
 するために必要な体制を整備しなければならないこととなり
 ます。

●施行日
 平成27年4月1日


~厚生労働省令及び告示ついて~
 
 労働政策審議会から答申された省令・告示案要綱案に基づき、
 厚労省は、7月24日付官報で改正省令及び改正告示を公布しま
 した。

●短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律施行規則の一部
 を改正する省令
 (平成26年7月24日厚生労働省令第八十五号)

・短時間労働者に対して明示しなければならない労働条件に関する
 事項に「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する事項に係る
 相談窓口」が追加されました。

・通勤手当のうち「職務の内容に密接に関連して支払われるもの」
 については、均衡確保の努力義務の対象となる賃金に含まれる
 ものとされました。

●事業主が講ずべき短時間労働者の雇用管理の改善等に関する
 措置等についての指針の一部改正
 (平成26年7月24日厚生労働省告示第293号)

・事業主は、短時間労働者が、待遇の決定に当たって考慮した
 事項の説明を求めたことを理由として不利益な取扱いをしては
 ならないこと。また、短時間労働者が、不利益な取扱いをおそ
 れて、当該説明を求めることができないことがないようにする
 こと。

・短時間労働者が、親族の葬儀等のために勤務しなかったことを
 理由として解雇等が行われることは適当でないものであること。
 


(中川のコメント)

 本日の記事は弊社が有料会員となっている「中小企業福祉事業団」
が提供する情報を転載しました。


今日はここまでです。



◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[本田宗一郎の名言・格言|人間の持つ可能性]

やろうと思えば人間はたいていのことができると私は思っている。


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 全社員が一丸となる賞与の払い方
◆─────────────────────────────────◆

1.賞与原資の決め方が分からない
2.パットしないイマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っ
 ている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる

方はクリックしてください

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-02.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川:式賃金研究所 所長 中川:清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
8月27日

【労災】休職期間満了直前に労災だと言い出した

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催
              
       ★【札幌】   9月 9日(火) 9時30分~12時30分
       ★【新潟】  11月14日(金)13時30分~16時30分
                【東京】  12月 9日(火)13時30分~16時30分

         http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html
◆─────────────────────────────────◆

60歳以上の給料の決め方をほとんどの会社が間違っています    
60歳以降の給料は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。
また、法律が65歳までの義務化されました。
新しい法律改正による60歳以上の給料の決め方をお話しします。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方が良かったのですが
それを実施していない会社の対応策もご提案します。

詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年8月27日号   VOL.1987
――――――――――――――――――――――――――――――――――

慎重居士

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【労災】休職期間満了直前に労災だと言い出した

◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   Aさんについて相談です。

中川:はい、何でしょうか?

社長:Aさんは現在うつ病で休職中です。
   今月末に休職期間が満了になります。
   それで休職期間満了による雇い止めの手続をしていました。

中川:お気の毒ですがしょうがないですね。

社長:Aさんはうつ病になったのは労災だと言出したのです。
   どうしたらいいですか?

中川:本当に労災なのですか?

社長:うつ病で休職になる前に労災というべきでしょう。
   わざと休職期間満了をねらって労災だと言い出したんだと
   思います。

中川:それは推測です。
   先入観念で扱わない方がいいですよ。

社長:わかりました。
   どうしましょう?

中川:Aさんに労災の根拠を確認しましょう。
   その結果で労災扱いにするかどうかを見極めましょう。

社長:その結果労災と感じたら?

中川:労災申請をすることになります。

社長:もし、労災ではないと感じたら?

中川:それなら規程通り休職期間満了で取り扱いましょう。

社長:労災扱いにしないとAさんは納得しないのでは?

中川:ではAさんに労災申請をしてもらうことです。

社長:会社が申請しなくても良いのですか?

中川:本来はAさんが申請するものです。

社長:もし、労災となったら?

中川:そのときは労災の取扱をすればいいです。

社長:労災と認定されるのにどのくらいの期間が必要ですか?

中川:半年はかかるようです。

社長:では、労働基準監督署の判断がでるまでは退職させられないのです
   か?

中川:会社では労災とは思っていないことをAさんに伝えましょう。
   いったん休職期間満了で退職とするが、Aさんが労災申請をして労
   災になったら職場復帰をさせるということで対応すればいいです。

社長:本当にそれで大丈夫ですか?

中川:Aさんが労災であると主張している根拠を早急に社内で調査を
   して見極めましょう。
   それで労災ではないと判断すればそれでよいです。

社長:わかりました。


(中川のコメント)

 うつ病は労災と主張されると取扱が難しい案件です。
労災かどうかは慎重に対応しましょう。


今日はここまでです。



◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

慎重居士

空港のロビーで、スピーカーから呼び出し声が響いた。
「マンデスポンデンさん、お近くの受話器をお取りください」
マンデスポンデン氏は椅子から立ち上がり、受話器を取り上げて言った。
「いま呼び出しがあったのはマンデスポンデンですか、それともナンデス
ポンデンですか?」

(これが本当のジョーク世界一 より 天満龍行編著 アカデミー出版)


◆─────────────────────────────────◆

 監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
 https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html

◆─────────────────────────────────◆

 解雇とか賃金の切り下げとか微妙な問題は、労働基準監督署に聞くわけに
もいかない。だいたい、俺は忙しいのだ。本を読んでいる暇はないし、
第一、資金繰りや営業のことで頭がいっぱいでそれどころではない。
誰か、いないのか?

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川:式賃金研究所 所長 中川:清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆