中川清徳のブログ

2016年4月の記事一覧

2016年
4月30日

【労務管理】妊娠中の通院休暇について

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
     【東京】5月17日(火)13時30分~16時00分
     【東京】6月 2日(木)13時30分~16時00分
       http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html
◆─────────────────────────────────◆
1.賞与原資の決め方が分からない
2.イマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる
などの経営者の悩みを解決し、社員が一丸となって会社業績に取り組
む仕組み作りを提案するセミナーです。
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html 



☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2016年4月30日号 VOL.2660
――――――――――――――――――――――――――――――――――

コンビーフの缶詰はなぜ台形?

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【労務管理】妊娠中の通院休暇について
◆────────────────────────────────◆

1.事業主における妊産婦への通院時間確保義務

 すべての事業主は、女性労働者が妊産婦(妊娠中の女性及び産後I年を
経過しない女性)である場合は、
 ・母子健康法による保健指導
 ・健康診断
のために必要な時間を確保できるようにすることを義務づけられています。

 妊産婦における通院必要回数

  23週まで   4週間に1回
  24週~35週  2週間に1回
  36週~出産  1週間に1回


2.通院休暇における就業規則等の規定例

(母性健康管理の措置)
第〇条 妊娠中または出産後1年を経過しない女性労働者から、所定労働時
間内に、母子保健法(昭和40年法律第141号)に基づく保健指導または健康
診査を受けるために申し出があったときは、次の範囲で時間内通院を認める。

 (1)産前の場合
    妊娠23週まで4週に1回
    妊娠24週から35週まで2週に1回
    妊娠36週から出産まで1週に1回
    ただし、医師または助産師(以下「医師等」という。) がこれと異
    なる指示をしたときには、その指示により必要な時間

 (2)産後( 1年以内)の場合
    医師等の指示により必要な時間

2 妊娠中または出産後1年を経過しない女性労働者から、保健指導または健康
診査に基づき勤務時間等について医師等の指導を受けた旨申し出があった場
合、次の措置を講ずる。

(1)妊娠中の通勤緩和措置として、通勤時の混雑を避けるよう指導された
   場合は、原則として1時間の勤務時間の短縮または1時間以内の時差出
   勤を認める。

(2)妊娠中の休憩時間について指導された場合は、適宜休憩時間の延長や
   休憩の回数を増やす。

(3)妊娠中または出産後の女性労働者が、その症状等に関して指導された
   場合は、医師等の指導事項を遵守するための作業の軽減や勤務時間の
   短縮、休業等の措置を取る。


(中川コメント)

 あなたの会社の就業規則に通院休暇に関する規定が記載されていますか?
確認しましょう。
なお、就業規則等に通院休暇に関する規定を設けていない場合でも、法令
に基づく事業主の義務であるため、妊産婦が申請すれば、定められている
一定回数の通院休暇を認めなければなりません。

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

コンビーフの缶詰はなぜ台形?

 コンビーフの缶詰は、中身を缶に充填してつくるが、その際に缶詰内
に空気が残っていると酸化しやすく変質してしまう。その点、台形の小
さい側を下にして肉を詰めていけば、空気の際聞ができにくい。

(色鉛筆は丸いのに鉛筆はなぜ6角形? 知的生活推進版編より)


◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間(ときどき休刊あり)で発行しています。
郵送とメール送信により無料でお届けしています。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。



◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
     
◆─────────────────────────────────◆
2016年
4月29日

【賃金】育児短時間勤務の場合は諸手当を減額したい


◆─────────────────────────────────◆
 ■ 経営者、管理職のための信頼される人事考課のしかた
      【東京】 5月16日(月)13時30分~16時30分
         http://nakagawa-consul.com/seminar/072.html
◆─────────────────────────────────◆

弊社は「人事考課は主観でよい!」と提唱しています。
人事考課は主観でしか評価ができません。
しかし、それに甘えて、自分の好みだけ、自分の好き嫌いだけで人事考課を
されては、従業員はたまったものではありません。
主観で決めるとしても評価にはルールがあるのです。
そのルールを知らないで主観で人事考課をしては不信感ばかり募(つの)り
結果的に労務管理がギクシャクすることになります。
人事考課の基礎を身につけることで従業員との信頼関係をよくしていきま
しょう。 


詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)
→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/072.html



☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2016年4月29日号 VOL.2659
――――――――――――――――――――――――――――――――――

インスタントコーヒーの発明者は日本人だった!

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【賃金】育児短時間勤務の場合は諸手当を減額したい
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   Aさんについて質問です。

中川:はい、なんでしょうか・

社長:Aさんは現在育児中です。
   それで当分、6時間勤務に変更して欲しいと申し出がありました。

中川:育児は大変ですからね。

社長:そうです。
   8時間勤務のところ6時間勤務にするのですから、基本給はその分
   減額したいのですが、問題ありませんか?

中川:問題ありません。

社長:家族手当や職務手当は月額です。
   これは減額できますか?

中川:はい、できます。

社長:通勤手当は?

中川:はぁ?

社長:通勤手当も月額で払っています。
   だから減額できますよね?

中川:あのう、Aさんは短時間勤務にはなりますが、出勤日は8時間勤務の
   ときと同じ日数でしょう?

社長:ああ、そうですね。
   通勤手当を減額するのはおかしいですね。

中川:社長は隙あらば経費を削ろうとしていますね。

社長:それは当然のことです。
   いつもそれを考えています。
   しかし、道理のないものまで経費を削減しようとは思いません。
   通勤手当の削減は失言です。
   まぁ、一種の職業病ですね。

中川:へえ、それも職業病ですか...。

社長:これって、労災にならなの?

中川:社長は労災保険の対象外です。
   
社長:そうでした。

中川:...

(中川コメント)

 短時間勤務(例 育児のため本人が8時間勤務を6時間勤務に変更と希望)
に変更した場合は基本給の他に諸手当も減額してもOKです。
ただし、手当の中には通勤手当や食事手当など出勤日数に応じて支給する
ものがあり、それらの減額は対象外です。


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

インスタントコーヒーの発明者は日本人だった!

 インスタントラーメンは日本で発明されましたが、インスタントコーヒー
の発祥は、コーヒーの消費大国アメリカかヨーロッパだろうと思ったら大間
違い。加藤了(さとり)さんという、れっきとした日本人の発明なのです。

 彼は、明治三二年(一八九九)に今の製法と向じ真空乾燥方式のインスタ
ントコーヒーを発明しました。一九〇一年にニューヨーク州で関かれたパン
アメリカン博覧会で「ソリュブル・コーヒー」(=溶けるコーヒー)という
名前で発表しましたが、商品として出回ることはなかったそうです。

(時間を忘れるほど面白い雑学の本 竹内均編 知的生き方文庫より)


◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の診断をいたします
◆─────────────────────────────────◆

賃金制度の診断をいたします。ご希望の方は下記からお申し込みください。

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/wage_system.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
     
◆─────────────────────────────────◆
2016年
4月28日

【退職】退職申し出の期限について 読者からのご質問

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】7月12日(火) 10時~16時30分    
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2016年4月28日号 VOL.2658
――――――――――――――――――――――――――――――――――

深い谷間にいる者が山頂の素晴らしさを知る

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【退職】退職申し出の期限について 読者からのご質問
◆────────────────────────────────◆

4月23日のメルマガ記事「【雇用期間】期間の途中で退職の申し出」につ
いて読者からご質問を頂戴しました。匿名とします。


(引用開始)

何時も有難うございます。
今回の中で「従業員は少なくとも2週間前、月給者であれば1ヵ月前に
退職を申し出る義務があります。」とありますが、
従業員と月給者の違いはどこにあるのでしょうか、自分の認識では分類なく
2週間前と記憶しておりました。
ご指導願います。

(引用終わり)

ご質問をありがとうございます。ご質問を頂戴し、記事に誤解を招きかねない
表現があることに気づきました。すみません。

この記事でいう「従業員」とは月給日給制の方のことです。それが分かる表現
にすべきでした。

日給月給制とは、月額で給料が決まっているが、欠勤や遅刻をすると給料が
減らされるものです。中小企業はほとんどの従業員は日給月給制です。
したがって、2週間前までに退職を申し出る義務があります。
それはご存じのとおりです。

ここで話がややこしくなるのですが
1.日給月給制
2.月給日給制
の二つの名称があります。
この違いを明確に使い分けられていない風潮にあります。
その違いは本日の主題ではありませんから割愛します。

月給制とは遅刻をしても欠勤(年休等でない)しても給料が減額されない
ことです。
月給制はまたの名を完全月給制とも言います。
一般的には管理職(部長、課長)がそれに該当します。
しかし、中小企業の場合は月給制(=完全月給制)が適用されている人は
ほとんどいませんね。
中川が以前勤務していた上場会社では現場の労働者も完全月給制でした。
完全月給であればずる休みをしても給料は減らないのです。
読者は、完全月給制であれば、欠勤する人が続々でるのではという懸念を
お持ちかと思いますが、そのような懸念はありませんでした。
完全月給を悪用して欠勤を繰り返す人は、なくはないですが、ごくごく少数
です。

本題の戻ります。
完全月給は一ヶ月分の給料が確定しています。
したがって、契約解約(=退職願いを出す)をするには翌月以降となります。
したがって一ヶ月前に申し出なければなりません。厳密に言えば当月の前半に
申し出る必要があります。


(中川コメント)

 上記の法的根拠は次のとおりです。
 
民法第627条第1項(日給、日給月給、時給制)

「期間の定めのない労働契約については、各当事者はいつでも解約の申し入れ
をすることができ、解約の申し入れから2週間を経過することによって終了す
る。」と規定されています。
また、労働契約の解約の申入れを相手方が承諾しない場合は、その解約の申入
れから2週間を経過したときに申入れの効力が生じるとしています。


民法第627条第2項(完全月給制)

完全月給制の場合は、「期間によって報酬を定めて場合は、解約の申入れは、
次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは当期の前半
にしなければならない。」と規定されています。
この規定は、完全月給制の場合に適用されるもので、月の前半に解約を申し入
れなければ、その月には退職(解約)できず、月の後半に申入れると翌月の末日に
解約が成立ことになるということです。


民法第627条第3項(年俸制等)

年俸制などで契約している場合は、「6ヶ月以上の期間によって報酬を定めた
場合には、前項(第2項)の解約の申入れは3ヶ月前にしなければならない。」
と規定されています。
すなわち、年俸で労働契約を締結している者が退職する場合は、退職予定月の
3ヶ月前までに退職の申入れをしなければならないということになります。

以上です。


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

深い谷間にいる者が山頂の素晴らしさを知る 評論家 孫崎享

 ニクソン、周恩来の両者は、おのおの一時政治的に抹殺され、後、大
統領と首相になる。ニクソン大統領は自伝の中で両者の出会いについて、
冒頭の表現を行なった。

 人は時に突然、谷間に落ちることがある。そして苦しむ。苦しみは自ら
求めたいものでない。しかし人は苦しみの過程を経て、人生の素晴らしさ
が多く存在していることに気付く。

 素晴らしさは山頂のみでない。谷間の清い水、人知れず咲く草花、突然
開ける眺望等。


◆─────────────────────────────────◆
 【無料プレゼント】
 従業員の給料が高いか低いか一目で分かるグラフが無料です
◆─────────────────────────────────◆

うちの従業員の給料が高いか低いか分からないのでは、給料の決めようが
ありません。高いか低いかをまず把握することです。

従業員300人未満の会社に対して御社の賃金データ(社員名は不要です。
記号で処理します)をご提供いただきますと、
一目で世間相場と比較できる「ズバリ!実在賃金」グラフを無料で差し上げ
ます。

「ズバリ!実在賃金」のグラフは、年齢別の世間相場(取締役、管理職、一
般男性、一般女性)を描いたライン(曲線に近い)のグラフに御社の同年齢
の従業員の年収・残業代を含む月額・所定内賃金(残業なし)・賞与をプ
ロット(点)表示します。
プロットは御社の従業員が分かるように番号で表示します。

そのグラフがあれば、御社の従業員の給料が世間相場と比較して誰が高いか
誰が低いかが一目で分かります。

ズバリ!実在賃金のデータがない地域(首都圏、関西圏以外)は厚生労働省
のデータを元に弊社で独自に加工した世間相場の管理職を推測して、管理職、
一般男性、一般女性の年齢別のグラフを作成します。
厚生労働省の賃金相場は管理職の相場が不明なので、そのままでは参考にな
らないから加工しています。正確性には欠けますが、そのほうがより実態に
近づくと思うからです。

よろしければお申し込みください。

→ http://form.mag2.com/cestuuoudr


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2016年
4月27日

【今月のおすすめビジネスリポート】 ご希望者に無料贈呈

◆─────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  

       【東京】 平成28年7月11日(月) 13時30分~16時30分

         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆─────────────────────────────────◆
  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2016年4月27日号 VOL.2657
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[孫正義の名言格言|日本の経営者は従業員との関係を変える時期に来ている]

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【今月のおすすめビジネスリポート】 ご希望者に無料贈呈
◆────────────────────────────────◆

弊所がお届けする"ビジネスリポート"は、経営に役立つ情報が
満載です。

例えば「マネジメント関連」では経営戦略、企画・営業、広報、
生産・物流、人事管理等の情報を、「ビジネス関連」では卸・
小売、食品、製造、不動産、情報・通信等の各業界情報を、
その他「ビジネス以外」では、生活分野、健康、環境、豆知識
など、多岐にわたる経営情報を取り揃えております。
          
今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。
レポートの5テーマの中にはご希望でないテーマとあろうかと思いますが
5テーマすべて送付します。
従来はご希望の資料のみを送付していましたが、多数の方の
お申し込みがあり、弊社の事務処理が大幅に増えております。
そのような理由から、ご希望でないレポートも同送されること
をご承知ください。
そうすることで弊社の事務負担が大幅に軽減されます。
ご理解をお願い申し上げます。
また、弊社の広告も同送されることをご承知ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■ ビジネスリポートお申込フォーム ■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貴 社 名 : 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

役 職 名 :

ご担当者様 :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特記事項:(ご要望・ご質問などを記入ください)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※上記事項をご入力の上、そのままご返信ください。

※期限:3月25日まで。期限を越えた場合は対応しかねます。

※ご希望のリポートはPDFファイルです。添付ファイルにて折り
返してお送りします。

※リポートの他に弊社のセミナーなどの案内も同送されることを
ご了承ください。

今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。

---【マネジメント関連 3本】 ----------------------------

1.社長の発信力 ~「相手の立場になって話すこと」を極める~
  ・入社式のメッセージ、伝わりましたか?
  ・相手に伝わる言葉で話す
  ・人を動かすプロ 日本電産・永守重信社長のメッセージ
   の伝え方
  ・"歌う市長"に学ぶ テクニックではなく、思いを伝える
   方法を考え抜く
                      (全4ページ)

2.社長のための情報活用術
  ・情報活動で認識しておきたいこと
  ・社長が行う"高度"な情報活動
  ・良質・多様・大量な入口情報の提供元を持つ
  ・情報を正しく取捨選択する"選球眼"を持つ
  ・情報の加工・活用を手伝ってくれる人を持つ
                      (全7ページ)

3.生産性を上げるオフィスレイアウト
  ・広がるオフィス改革
  ・なぜ、今オフィス改革が広がるのか?
  ・オフィス改革のために経営者がやるべきこと
  ・オフィス改革で実現したい3つのこと
  ・オフィス改革は社員のためのものである
                      (全6ページ)

---【ビジネス関連 2本】---------------------------------

4.新規事業を後押しする「グレーゾーン解消制度」
                 と「企業実証特例制度」
  ・グレーゾーン解消制度と企業実証特例制度の概要
  ・グレーゾーン解消制度の利用手続きの流れ
  ・企業実証特例制度の利用手続きの流れ
  ・グレーゾーン解消制度活用の留意点
  ・企業実証特例制度活用の留意点
  ・グレーゾーン解消制度活用の具体例
  ・企業実証特例制度活用の具体例
                      (全10ページ)

5.海外向け電子商取引 ~越境ECのポイント~
  ・拡大する越境EC
  ・中小企業が越境ECに取り組むメリットと課題
  ・越境ECを行う際のポイント
  ・企業事例
                      (全6ページ)


(中川コメント)

ご遠慮は無用です。



◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[孫正義の名言格言|日本の経営者は従業員との関係を変える時期に来ている]

日本特有の慣行ややり方は従業員が生活に困らなければいいというものでは
ないでしょうか。
経営者はただ自分が財産を稼げればいいという考え方です。
これではいけないんじゃないか、そろそろ目を覚ますべきだと思います。

◆─────────────────────────────────◆
 【CD】 パワハラといわれないための労務管理       講師 北見昌朗
◆─────────────────────────────────◆

CDの内容 講師は北見先生です。

1.「パワハラで自殺」会社に賠償請求 訴訟実例 会社にとって怖い
2.厚生労働省のパワハラのガイドライン
3.会社は適正な教育・指導のつもりでも、本人はパワハラだと訴える
  事例急増
4.訴えられないためには指導記録を ひな形あり
5.就業規則の見直し方 ひな形あり
6.パワハラといわれな対応策 5つ

対象者 中小企業の経営者、管理職、総務関係の方
価格 1万円(税別) CD+レジメ

残り4セットのみです。
このCDは完売となり次第販売を終了します。
お申し込みは下記に入力しそのまま返信してください。
CDと請求書を郵送しますので請求書に基づきお振り込みください。
HPからのお申し込みはできません。

*********** 申込み***********************************
社名
役職名
氏名
所在地
電話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2016年
4月27日
カテゴリー

再送【今月のおすすめビジネスリポート】 ご希望者に無料贈呈

◆─────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  

       【東京】 平成28年7月11日(月) 13時30分~16時30分

         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆─────────────────────────────────◆
  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html



☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2016年4月27日号 VOL.2657
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[孫正義の名言格言|日本の経営者は従業員との関係を変える時期に来ている]

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
再送【今月のおすすめビジネスリポート】 ご希望者に無料贈呈

すみません、申込期限を3月25日としておりますが、5月2日に修正します。
すでにお申し込みされた方は再申込みは不要です。
◆────────────────────────────────◆

弊所がお届けする"ビジネスリポート"は、経営に役立つ情報が
満載です。

例えば「マネジメント関連」では経営戦略、企画・営業、広報、
生産・物流、人事管理等の情報を、「ビジネス関連」では卸・
小売、食品、製造、不動産、情報・通信等の各業界情報を、
その他「ビジネス以外」では、生活分野、健康、環境、豆知識
など、多岐にわたる経営情報を取り揃えております。
           
今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。
レポートの5テーマの中にはご希望でないテーマとあろうかと思いますが
5テーマすべて送付します。
従来はご希望の資料のみを送付していましたが、多数の方の
お申し込みがあり、弊社の事務処理が大幅に増えております。
そのような理由から、ご希望でないレポートも同送されること
をご承知ください。
そうすることで弊社の事務負担が大幅に軽減されます。
ご理解をお願い申し上げます。
また、弊社の広告も同送されることをご承知ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■ ビジネスリポートお申込フォーム ■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貴 社 名 :  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

役 職 名 :

ご担当者様 : 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特記事項:(ご要望・ご質問などを記入ください)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※上記事項をご入力の上、そのままご返信ください。

※期限:5月2日まで。期限を越えた場合は対応しかねます。

※ご希望のリポートはPDFファイルです。添付ファイルにて折り
返してお送りします。

※リポートの他に弊社のセミナーなどの案内も同送されることを
ご了承ください。

今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。

---【マネジメント関連 3本】 ----------------------------

1.社長の発信力 ~「相手の立場になって話すこと」を極める~
  ・入社式のメッセージ、伝わりましたか?
  ・相手に伝わる言葉で話す
  ・人を動かすプロ 日本電産・永守重信社長のメッセージ
   の伝え方
  ・"歌う市長"に学ぶ テクニックではなく、思いを伝える
   方法を考え抜く
                      (全4ページ)

2.社長のための情報活用術
  ・情報活動で認識しておきたいこと
  ・社長が行う"高度"な情報活動
  ・良質・多様・大量な入口情報の提供元を持つ
  ・情報を正しく取捨選択する"選球眼"を持つ
  ・情報の加工・活用を手伝ってくれる人を持つ
                      (全7ページ)

3.生産性を上げるオフィスレイアウト
  ・広がるオフィス改革
  ・なぜ、今オフィス改革が広がるのか?
  ・オフィス改革のために経営者がやるべきこと
  ・オフィス改革で実現したい3つのこと
  ・オフィス改革は社員のためのものである
                      (全6ページ)

---【ビジネス関連 2本】---------------------------------

4.新規事業を後押しする「グレーゾーン解消制度」
                 と「企業実証特例制度」
  ・グレーゾーン解消制度と企業実証特例制度の概要
  ・グレーゾーン解消制度の利用手続きの流れ
  ・企業実証特例制度の利用手続きの流れ
  ・グレーゾーン解消制度活用の留意点
  ・企業実証特例制度活用の留意点
  ・グレーゾーン解消制度活用の具体例
  ・企業実証特例制度活用の具体例
                      (全10ページ)

5.海外向け電子商取引 ~越境ECのポイント~
  ・拡大する越境EC
  ・中小企業が越境ECに取り組むメリットと課題
  ・越境ECを行う際のポイント
  ・企業事例
                      (全6ページ)


(中川コメント)

ご遠慮は無用です。




◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[孫正義の名言格言|日本の経営者は従業員との関係を変える時期に来ている]

日本特有の慣行ややり方は従業員が生活に困らなければいいというものでは
ないでしょうか。
経営者はただ自分が財産を稼げればいいという考え方です。
これではいけないんじゃないか、そろそろ目を覚ますべきだと思います。 

◆─────────────────────────────────◆
 【CD】 パワハラといわれないための労務管理       講師 北見昌朗
◆─────────────────────────────────◆

CDの内容 講師は北見先生です。

1.「パワハラで自殺」会社に賠償請求 訴訟実例 会社にとって怖い
2.厚生労働省のパワハラのガイドライン
3.会社は適正な教育・指導のつもりでも、本人はパワハラだと訴える
  事例急増
4.訴えられないためには指導記録を ひな形あり
5.就業規則の見直し方 ひな形あり
6.パワハラといわれな対応策 5つ

対象者 中小企業の経営者、管理職、総務関係の方
価格 1万円(税別) CD+レジメ

残り4セットのみです。
このCDは完売となり次第販売を終了します。
お申し込みは下記に入力しそのまま返信してください。
CDと請求書を郵送しますので請求書に基づきお振り込みください。
HPからのお申し込みはできません。

*********** 申込み***********************************
社名
役職名
氏名
所在地
電話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
     
◆─────────────────────────────────◆