中川清徳のブログ

2016年6月の記事一覧

2016年
6月30日
カテゴリー

【CD】『奨学金にサヨウナラ!「学生正社員」制度で卒業まで


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

発行者: 中川清徳  2016年6月28日号 VOL.2726
――――――――――――――――――――――――――――――――――

なぜ日本では肉食はタブーだったのか

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
【CD】『奨学金にサヨウナラ!「学生正社員」制度で卒業まで
                        しっかりバックアップ』
           講師 北見昌朗先生
◆─────────────────────────────────◆

北見昌朗先生は、中川清徳の先生です

中川清徳は世間では「先生」と呼ばれていますので、北見昌朗先生は、
「先生の先生」となります。

 北見先生は、中小企業を知り尽くし、中小企業の経営者の立場からコンサ
ルティングをされています。
 著書も多数出版され、ビジネス書の分野では常に上位にランクアップされ
る人気のある著者です。
また、現役のコンサルタントとして同業者からも注目されている第一人者です。
北見先生の価値ある情報を多くの方に広めるのが門下生としての勤めである
と思い、北見先生の作成された講演セミナーCDを販売します。


セミナーCD『奨学金にサヨウナラ!「学生正社員」制度で卒業までしっかりバックアップ』


主な内容

新しい発想で学生アルバイト不足を解消しやる気を高める具体的な方法をご提案
その1 学生アルバイトを戦力化したいが、突然の欠勤、退職に困っている事業主
その2 イマドキの学生は奨学金による借金地獄でかわいそう
その3 「学生正社員制度」で悩みを解決 正社員と同じ処遇をする
その4 初任給、年休、賞与の支給の方法?
その5 11時開店、23時閉店の飲食店の学生正社員のシフト例
その6 これなら奨学金はもはや不要!?
その7 すぐやめるバイトは求人費用が高い
その8 これなら学生アルバイトが殺到する 求人情報の例?

ご注意:オリジナルかつ秘匿性が高いため、社会保険労務士、コンサルタントの方は対象外。

講師 北見 昌朗 氏
株式会社北見式賃金研究所 所長
昭和34年名古屋市生まれ。
 平成7年独立して株式会社北見式賃金研究所を設立して所長に就任し、
オーナー会社を対象にした賃金・人事コンサルタント業を始める。
 著書は「製造業崩壊」「サービス残業・労使トラブルを解消する就業規則の
見直し方」など多数。    

内容 CD2枚(2016年5月作成)
        レジメ+音声CD 1枚(30分)+資料CD 1枚

注意事項
オリジナルかつ秘匿性が高いため、社会保険労務士、コンサルタントの
方は対象外です。

販売価格10,000円(税別・送料無料)

HPからのお申し込みは下記からお願いします。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-16.html

また、下記のご記入いただきそのまま返信でも申込みができます。

*********** 申込み書***********************************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************



◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

なぜ日本では肉食はタブーだったのか

日本では、明治になるまで、肉食が禁じられていた。おおっぴらに食べられ
るようになったのは、1872年、肉食禁止令が解禁されてからのことだ。

肉食禁止の歴史は、7世紀にはじまる。天武天皇の時代に、犬、猿、牛、馬、
鶏の肉を食べることが禁じられたのだ。肉食を禁じたのは、当時日本でも栄
え始めた仏教が、動物の肉を食べることを罪悪視していたからだ。

加えて、日本の場合、周囲が海に固まれ、魚介類の資額に恵まれている。危
険な狩猟をするより、安全な魚介類を採取して、動物性タンパク質を得たほ
うがいいという考えもあったようだ。

もっとも、肉食を禁じられてからも、日本人は陰ではけっこう肉を食べてい
た。南蛮貿易が盛んな頃は、戦国大名たちは大いに肉を食らい、江戸時代に
も、「くすり食い」などと称して、馬、猪、鹿、狐、熊などの肉を食べさせ
る店があった。

幕末、西洋人との接触が盛んになると、肉を食べる人はさらに増え、解禁を
待たずして、肉食の夕ブーは実質的には破られていた。

(タブーの常識大事典 青春出版社刊より)


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2016年
6月30日

 【出向】出向権の根拠

――――――――――――――――――――――――――――
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日  9月16日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
――――――――――――――――――――――――――――

 ブログ、ツイッター、フェイスブック、スマートホン、iPad
など情報の環境がめまぐるしく変わっています。便利の裏側に
会社のリスクがずいぶんと高くなっています。それらに的確に
対応しなければ倒産の仲間入りをするかもしれません。
 個人情報、企業秘密、パワハラ、セクハラ、反社会的勢力、
マイナンバーへの対応など、労務管理が求められる水準が格段
に高まっています。
 このように難しい時代にしっかりと対応した就業規則が必要
です。御社の就業規則は時代の変化に対応できていますか?

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
→→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html



☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

発行者: 中川清徳  2016年6月30日号 VOL.2728
――――――――――――――――――――――――――――――――――

月曜定休の理容院が多くなった「合理的な理由」

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
 【出向】出向権の根拠
◆────────────────────────────────◆

入社した従業員を他の会社になぜ出向できるのか、その根拠を記載します。

1.一身専属性の原則

民法第625条第1項で「使用者は、労働者の承諾あるに非ざればその権利を
第三者に譲渡することを得ず」と定めています。これは一身専属権といわ
れます。このような雇用契約に基づく労働者のほかに個人間の信用を基礎
とする代理権などがあります。

したがって、出向にみられるように、使用者は労働者の承諾なしに労務請
求権を他の第三者に譲渡することはできません。


2.出向命令権の根拠

出向は、法的には、労働者から労務の提供を受ける権利の一部を譲渡するも
のとみることができます。使用者が労働者に対して出向を命じることができ
るか、つまり使用者の出向命令権の根拠があるかどうかがその第一義的な問
題になります。

この場合、使用者が労働者に対し出向を命じることができるためには、労働
者の同意としてどの程度のものが必要かという問題になります。


3.学説の傾向

こうした点につき、学説ではいろいろな見解がありますが、大別すると、

(1)就業規則や労働協約に規定があることをもって包括的な同意があったとみ
 るか、あるいは労働契約時に労働者が包括的に同意していればよいとする
 包括的同意説

(2)労働者がその都度同意することを必要とする個別的同意説

(3)包括的同意に加え、出向規定等で出向先との関連性、労働条件、出向期間
 等が定められていることを必要とする出向規定説

などに分かれています。


4.判例の傾向

また判例では、労働契約が就業規則に出向を命じる規定があるだけで当然に
出向を命じ得るものではないとする一方で、出向の際に労働者の個別の同意
までは求めていないとする判例もあります。このように、出向に関し個別同
意が判例法理として確立しているとはいえない状況にあります。このため、
個別事案ごとの具体的な事情に応じて個別的に判断される実情にあるといえ
ましょう。

なお、労働契約法第14条では、「使用者が労働者に出向を命ずることができ
る場合において、当該出向の命令が、その必要性、対象労働者の選定に係る
事情その他の事情に照らして、その権利を濫用したものと認められる場合に
は、当該命令は、無効とする」と定めています。

ちなみに、新日本製織(日鉄運輸第2)事件で最高裁第2小法廷は、「本件各
出向命令によってXらの労務提供先は変わるものの、その従事する業務内容や
勤務場所には何らの変更はなく、上記社外勤務協定による出向中の社員の地
位、賃金、退職金、各種の出向手当、昇格、昇進等の査定その処遇等に関す
る規定等を勘案すれば、Xらがその生活関係、労働条件等において著しい不利
益を受けるものとはいえない。そして、本件各出向命令の発令に至る手続に
不相当な点があるともいえない。これらの事情にかんがみれば、本件各出向
命令が権利の濫用に当たるということはできない](平15・4・18)
と判示しています。


(中川コメント)

出向をさせるためには下記のことをしましょう。

1.就業規則に「出向させることがある」と明記する
2.採用時の雇用契約書に「出向させることがある」と明記する
3.出向を命じる前に、本人の同意をえる
   たとえば、介護などで遠隔地へ赴任は困難な場合は出向を見合わせる
   などの配慮の余地を残すためです。
   特別の事情がないのに、出向を拒否する場合は業務命令違反として
   懲戒処分をすることになります。


いざとなったときの転ばぬ先の杖として弊社では下記のサービスを行って
おります。ご検討ください。


 監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
 https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html

 解雇とか賃金の切り下げとか微妙な問題は、労働基準監督署に聞くわけに
もいかない。だいたい、俺は忙しいのだ。本を読んでいる暇はないし、
第一、資金繰りや営業のことで頭がいっぱいでそれどころではない。
誰か、いないのか?

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

月曜定休の理容院が多くなった「合理的な理由」

出かけた先のお店や施設が定休日で、残念な思いをしたという経験は誰に
でもあるだろう。

その点、理容院はたいてい「月曜定休」と決まっているから、うっかり定
休日に無駄足を踏むこともない。

しかし、何の疑問も持たずに"そういうもの" だと思っていたのだが、
なぜ月曜定休に固定されているのだろう。他の曜日ではいけないのか。

全国理容生活衛生同業組合によれば、実は理容院に月曜日定休が多いのは、
戦後の復興期からの古い習慣が残っているからなのだという。

1960年頃までの日本は、渇水や石炭不足によって電力供給が追いついていな
かった。その上、戦争の影響で電力施設が被害を受けていたため、電力不足
が深刻だったのである。

そこで、電力を多く使用する業種ごとに週一回、電力の供給を制限する「休
電日」が設けられた。理容院も対象業種だったため、その休電日に合わせて
月曜日を定休日に設定したというわけだ。

休電日がなくなった後も定休日が月曜日のままなのは、定休日が同じだと講
習会などの理容組合の行事が行ないやすいため。また、週末に結婚式などの
行事がある土日は自然と客が多く、統計的に見ても週の頭は客が少ないから
だ。

当初は電力不足というやむにやまれない事情があったにせよ、同じ組合に所
属するもの同士、同じ日に休んだほうが何かと運営しやすい。月曜定休は営
業的にも採算が合うわけで、合理的な理由が重なって、今も月曜定休の店が
多く残っているというわけである。

(雑学裏事情おもしろ事典 より 王様文庫発行)


◆─────────────────────────────────◆
 【CD】 パワハラといわれないための労務管理       講師 北見昌朗
◆─────────────────────────────────◆

CDの内容 講師は北見先生です。

1.「パワハラで自殺」会社に賠償請求 訴訟実例 会社にとって怖い
2.厚生労働省のパワハラのガイドライン
3.会社は適正な教育・指導のつもりでも、本人はパワハラだと訴える
  事例急増
4.訴えられないためには指導記録を ひな形あり
5.就業規則の見直し方 ひな形あり
6.パワハラといわれな対応策 5つ

対象者 中小企業の経営者、管理職、総務関係の方
価格 1万円(税別) CD+レジメ

残り2セットのみです。
このCDは完売となり次第販売を終了します。
お申し込みは下記に入力しそのまま返信してください。
CDと請求書を郵送しますので請求書に基づきお振り込みください。
HPからのお申し込みはできません。

*********** 申込み***********************************
社名
役職名
氏名
所在地
電話
******************************************************


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 


 

2016年
6月29日

 【助成金】「受動喫煙防止対策助成金」のご案内

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】7月12日(火) 10時~16時30分    
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html



☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

発行者: 中川清徳  2016年6月29日号 VOL.2727
――――――――――――――――――――――――――――――――――

暗いポーランド

(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【助成金】「受動喫煙防止対策助成金」のご案内
◆────────────────────────────────◆

平成27年6月1日から、職場の受動喫煙防止対策(事業者・事業場の実情に
応じた適切な措置)が事業者の努力義務となりました。

事業者の皆さまは、まず、事業場の現状を把握・分析し、実行可能な対策の
うち、最も効果的なものを実施するよう努めてください。

受動喫煙防止対策を行う際には、費用の一部を支援する「受動喫煙防止対策
助成金」があります。

対象となる事業主

次のすべてに該当する事業主が対象です。

(1)労働者災害補償保険の適用事業主
(2)次のいずれかに該当する中小企業事業主
    小売業   50人以下または資本金5,000万円以下
    サービス業 100人以下または資本金5,000万円以下
    卸売業   100人以下または資本金1億円以下
    運輸業、金融業、保険業 300人以下3億円以下
(3)事業場内において、措置を講じた区域以外を禁煙とする事業主


助成内容

喫煙室の設置などにかかる工費、
設備費、備品費、機械装置費など

助成率1/2
上限額 200万円

<助成の対象となる措置>

(1)一定の基準※を満たす喫煙室の設置・改修
  ※喫煙室の入口で、喫煙室内に向かう風速が0.2 m/秒以上
(2)一定の基準※を満たす屋外喫煙所(閉鎖系)の設置・改修
  ※喫煙所での喫煙で、喫煙所の直近の建物の出入口などにおける粉じん
   濃度が増加しない
(3)一定の基準※を満たす換気装置の設置など(宿泊業・飲食店を営んで
   いる事業場のみ)
  ※喫煙区域の粉じん濃度が0.15 mg/m3以下、または必要換気量が
   70.3 ×(席数)m3/時間以上


(中川コメント)

詳しくは厚生労働省の下記をご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049868.html

弊社は助成金の申請手続きを行っておりません。
念のため申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

暗いポーランド

フランス人とロシア人が一緒に旅に出た。
パリ東駅でワルシャワ経由モスクワ行きの夜行列車に乗る。
列車がワルシャワに着いた時、二人は同時に目を覚ました。
あまりの暗さにフランス人が叫ぶ。
「もうモスクワに着いたのか」
ところが、ロシア人は、目をこすりながらつぶやいた。
「まだパリか」

1980年代初めのポーランドは暗かった。
しかしロシアよりは明るかったようだ。

(世界ビジネスジョーク集 おおばともみつ著 中央公論新社刊より)


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆

弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーをほぼ毎月開催していま
すが、各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
東京では定期的に開催していますが、各地の開催は年に数回程度を予定して
います。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。

よろしかったら下記からお申し込みください。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-11.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 


 

2016年
6月28日

 PR【CD】 『「19時までにきちんと帰れる会社」を目指そう!』


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

発行者: 中川清徳  2016年6月28日号 VOL.2726
――――――――――――――――――――――――――――――――――

さらけだすと、愛される マドンナ

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
 PR【CD】 『「19時までにきちんと帰れる会社」を目指そう!』
           講師 北見昌朗先生
◆─────────────────────────────────◆

北見昌朗先生は、中川清徳の先生です

中川清徳は世間では「先生」と呼ばれていますので、北見昌朗先生は、
「先生の先生」となります。

 北見先生は、中小企業を知り尽くし、中小企業の経営者の立場からコンサ
ルティングをされています。
 著書も多数出版され、ビジネス書の分野では常に上位にランクアップされ
る人気のある著者です。
また、現役のコンサルタントとして同業者からも注目されている第一人者です。
北見先生の価値ある情報を多くの方に広めるのが門下生としての勤めである
と思い、北見先生の作成された講演セミナーCDを販売します。


セミナーCD『「19時までにきちんと帰れる会社」を目指そう!』


主な内容

有能な社員を採用することができ、しかも定着する具体的な方法をご提案し
ます。

その1 イマドキの若者のニーズは、ホドホドの仕事とソコソコの給与
その2 「ホドホドの仕事」とは、楽でもないがハードでもない仕事
    =19時までに退社できる仕事
その3 求人難時代を勝ち抜くには休日日数がポイント
    =105日では見劣りする
その4 休日日数を増やしても労働時間は減らさない
    =減らすと企業競争に負ける
その5 コツコツ、モクモク、バリバリ、ガリガリ働いてもらう賃金制度の
    構築
その6 会社の業績が悪化しても耐えられる年収の払い方
その7 (秘)2016年北見式賃金モデル「30歳総合職年収450万円」を開示

講師 北見 昌朗 氏
株式会社北見式賃金研究所 所長
昭和34年名古屋市生まれ。
 平成7年独立して株式会社北見式賃金研究所を設立して所長に就任し、
オーナー会社を対象にした賃金・人事コンサルタント業を始める。
 著書は「製造業崩壊」「サービス残業・労使トラブルを解消する就業規則の
見直し方」など多数。    

内容 CD2枚(2016年4月作成)...レジメ+音声CD 1枚(30分)+資料CD 1枚

注意事項
 1.オリジナルかつ秘匿性が高いため、社会保険労務士、コンサルタントの
   方は対象外です。
  2.賃金データは愛知県のデータです。
   (その他の地域は参考程度となります)

販売価格20,000円(税別・送料無料)

HPからのお申し込みは下記からお願いします。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-15.html

また、下記のご記入いただきそのまま返信でも申込みができます。

*********** 申込み書***********************************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************



◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

さらけだすと、愛される マドンナ

ミュージシャンとして不動の地位を築いたマドンナです
が、アメリカのミシガン州を出てニューヨークに来た
ばかりの頃は生活に困り、ヌードモデルの副業をしたことがあ
りました。そして彼女が大成功すると、多くの週刊誌がそのス
キャンダルを取り上げました。

しかし、取材を受けたマドンナは「当時は痩せていたから
筋肉のふくらみや骨格が見えて、人気モデルだったの。すごく
描きやすかったみたいね」と前向きに語り、記者たちを笑わ
せたのです。記者たちはこの出来事を好意的に書き、その記
事を読んで、マドンナのファンになる人が急増したといいます。
明るく人に伝えること。

自分の弱い部分を隠そうとせず、それが多くの人から愛される
秘訣だと言えるかもしれません。

(「人生はワンチャンス」水野敬也、長沼直樹著 文響社刊より)


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2016年
6月28日

 【就業規則】服務規律について

◆─────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  

       【東京】 平成28年7月11日(月) 13時30分~16時30分

         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆─────────────────────────────────◆
  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

発行者: 中川清徳  2016年6月28日号 VOL.2725
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「サザン」「ユーミン」がなんと俳句の季語になっている

(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【就業規則】服務規律について
◆────────────────────────────────◆

・服務規律は、
  「労務提供の仕方および職場のあり方に関する規律」
  「企業財産の管理・保全のための規律」
  「従業員としての地位・身分による規律」
  に分類できます

・服務規律は、会社の経営方針や社会環境の変化に応じて都度見直しがなさ
 れます


1.服務規律の分類

服務規律は、法令遵守や従業員としての心構えといった一般規定を別とすれ
ば、次のように分類されます(菅野和夫『労働法第9版』409ページ以下参照) 。

(1)労務提供の仕方および職場のあり方に関する規律(狭義の服務規律)

 実際に会社で働く上でのルールです。
  ・入退場の手続き(タイムカードへの打 刻等)
  ・遅刻・早退・欠勤・休暇の手続き
  ・業務中の離席・外出
  ・服装
  ・仕事姿勢
 に至るまで規定します。

 労務提供という労働契約の本質的な部分についての規定です。
 職務専念義務や上司の指示・命令への服従義務、職場秩序の保持、職務上
 の金品受領の禁止、安全衛生の維持(分煙、安全上の規制など)、風紀維
 持(暴力・賭博の禁止など)、職場の整理整頓も服務規律となります。


(2)企業財産の管理・保全のための規律

 会社財産である
  ・事務用品などの消耗品の使い方
  ・会社備品の持ち出し・流用の禁止
  ・会社施設を使つての会合や宣伝活動
  ・政治・宗教活動
 なども服務規律で制限されます。


(3)従業員としての地位・身分による規律

 企業の名誉・信用を段損しではならないといった
  ・信用の保持
  ・兼業・兼職の制限
  ・公職への立候補や公職就任の取り扱い
  ・秘密保持義務、身上異動の届け出
 なども服務規律で規定されます。


2..服務規律の見直し

企業経営や社会環境の変化に応じて服務規律を見直すことは必要です。
例えば、パワハラやいじめが社会問題化していることを受けて、従来のセク
ハラに加えてパワハラを服務規律に加える必要があります。

また、昨今の酒気帯び・飲酒運転厳罰化の流れを受けて、私的行為ではある
が飲酒運転禁止を服務規律化し、懲戒規定を見直す企業も出てきています。

最近の服務規定・懲戒の傾向については、過去の同様事案の処分との均衡な
ど)や処分手続き(処分対象者の弁明を聞いたかどうか等)の適正が求めら
れています。

労働契約法(15条)でも、「懲戒に係る労働者の行為の性質及び態様その他
の事情に照らして、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると
認められない場合は、その権利を濫用したものとして、当該懲戒は、無効と
する」と定められています。


(中川コメント)

弊社が作成販売している下記のDVDが具体的で参考になります。


  【DVD版】 けしからん社員への対応セミナー
               → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-12.html

無断遅刻を繰り返した社員を懲戒解雇して敗訴した入社後1年5ヶ月の間に
180回に及ぶ無断遅刻をした社員を懲戒解雇しました。
経営者からみると懲戒解雇は当然過ぎる処分でしょうが、裁判で会社は敗
訴しました。
信じられないでしょうが。 

問題点は二つあります。
一つは180回も繰り返しながら会社は懲戒処分を一度もしていなかったことです。
二つ目はいきなり懲戒解雇にしたことです。
経営者が当然だと思うことがいざとなったら通用しない事例です。

下記からお申し込みをお待ちしております。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-12.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

「サザン」「ユーミン」がなんと俳句の季語になっている

俳句は「5・7・5」の17文字でつくる世界一短い定型詩であり、季語が入る
ことが特徴のひとつである。

季語は平安時代に成立したといわれるが、現在の俳諧では、季語に対する見
方はさまざまで、季節を表す言葉をかならず入れなければならないという人
もいれば、句全体に季節感が出ていれば、それでよいという人もいる。

また、季語は、『歳時記』に掲載されているものを使わなければならないと
いう人もいれば、季節を感じる言葉なら掲載されていなくてもいいという人
もいる。

その季語に「サザン」や「ユーミン」、「山下達郎」などを積極的に使って
いる人たちがいる。

1962年(昭和37)生まれの黛まどかという俳人が主宰し、女性ばかりがメン
バーの「東京ヘツプバーン」という句会である。

曲のイメージから、サザンは夏、ユーミンは冬、山下達郎は夏と冬、両方の
季語としている。

同会では、昔からの季語を大切にしながら、時代の変化に合わせて新しい季
語を生み出していきたいようだが、「サザン=夏の季語」などという新ルール
に俳句界全体が納得しているわけではなく、俳句世界にはサザンやユーミンを
季語とすることに批判的な人たちもいる。

(退屈知らずのすべらない雑学 河出書房新社刊より)

◆─────────────────────────────────◆
 就業規則見直しをご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆

 毎年のように法律改正が行われており、一年前に作成した就業規則ですら
すでに時代遅れになっています。多忙な経営者や総務関係者がその都度、法
改正に対応するご苦労はいかほどのものかと推察します。
 法改正のスピードが速いので最新情報による弊社主催の就業規則セミナー
にご参加いただくのが良いと思います。できればそうしていただきたいので
すが、セミナーを受けても帰社したら目先の仕事に追われ気づいたらまった
く着手できていない方も少なくありません。
「そのうち、そのうち」と思案中に1年が経ち2年が経ち...。

 中川が御社にお伺いして就業規則の見直しのお手伝いをします。中川がお
手伝いすることで確実に最新版の就業規則を作成できます。就業規則見直し
は下記のステップで行います。
 
 ステップ1 御社の就業規則を弊社に提示いただきます 
 ステップ2 弊社が就業規則の修正案を電子データで作成します
 ステップ3 御社に訪問して修正案をご提示し、ご納得いただけるまで
       ご説明をします(遠隔地の場合は郵送および電話)
 ステップ4 弊社が作成した電子データをお渡しします(遠隔地は郵送)
 ステップ5 修正案をご提示するときに必要な各種ひな形も電子データで
       お渡しします(遠隔地は郵送)
 ステップ5 それを参考に御社で修正します(電子データがあるので容易)

就業規則の見直しコンサルティングをご希望の方は下記にメールをください。
弊社HPからも申込みができます。
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/work_regulations.html


   ◆就業規則見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後のお断りはご自由です)

御社名:
役職名:
お名前:

上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細は
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/work_regulations.html
でご確認ください。



◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆