中川清徳のブログ

2017年2月の記事一覧

2017年
2月28日

【PR】「ガラッと賃金一新セミナー」2017  24,000円(税別)


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る
作者: 中川清徳  2017年2月28日号   VOL.3033
◆─────────────────────────────────◆
[渋沢栄一の名言・格言|人づきあいの奥義]
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
人が採れない、定着率が低いと悩んでいませんか?
人が採れない、定着が低いのは賃金が他社と比べて低いからです。
賃金決定のポイントは
1.世間相場の比較
2.社内バランス
の二つです。
具体的にどうしら良いかがスッキリと分かるセミナーのご案内です。
◆─────────────────────────────────◆
【PR】「ガラッと賃金一新セミナー」2017  24,000円(税別)
【東京】3月6日(月)/4月11日(火)
  → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/057.html
◆─────────────────────────────────◆
 下記よりお申し込みください。
  → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/057.html
または、下記の申込書欄にご記入のうえ、そのままご返信ください。
受講票と請求書を郵送します。
複数のご参加は連名でご記入ください。
********************************************************************
    「ガラッと賃金一新セミナー」2017申込書 24,000円(税別)
1.社名
2.役職名
3.お名前
4.会社所在地
5.ご希望日程 ご希望の日程の(  )内に○をしてください。
   ( )3月 6日(月)13時30分~16時30分
   ( )4月11日(火)13時30分~16時30分
   ( )Webセミナーを希望 
            遠隔地でもその場で受講できます
      日程が合わないなどの事情で参加できない方に朗報です。
      お申し込み後、弊社より日程調整のご連絡を差し上げます。
      インターネットに接続でき、マイク、スピーカが接続できる 
      パソコンがあれば特別なソフトは不要です。
********************************************************************
セミナー参加者の声
匿名希望「出勤奨励、生産性向上(業績手当)、決算賞与について
     即検討を行いたいと実感しました」
T社Y様「知りたかったことや考え方が分かって良かった」
匿名希望「3時間判りやすいお話ありがとうございます。
     帰りましたら早速世間相場との比較をしてみたいと思います。
     私が若い時に較べ、現在の若い人達は自分の給与について
     本当に細かく聞いてきます。(保険、時間外手当等)
     また、他社に較べてどうなのかということも気にしている
     様子もあります。
     とても参考になりました。ありがとうございます。」
K社S様「中途相場、業績給などの情報が大変有効でした。
     また、現状のトレンド、マスコミからの情報からは見えてこな
     い中小企業のリーマン後の賃金実態がわかりやすく整理され
     他では入手できない情報であったと感じました。
     また、優良企業の労務のお話なども大変役立ちました。」
匿名希望「生の数字が出ているので、とても説得力があるセミナーでした。
     新しい提案があり、社内で検討していきたい」
※他のご参加者からの声も頂戴しておりますが、メルマガ掲載は不可の
 ご意向により割愛します。
       
賃金改定の時期がやってきました。
賃金問題は人材採用・定着などのヒトの問題と大きく関係し、頭を悩ませて
いる経営者は多いことでしょう。
このセミナーでは、中小企業の給与問題に精通した中川が、自らの足で集め
た生の給与データの統計「ズバリ! 実在賃金」に基づき、来年度の給与改定
を行う際のポイントを解説します。
10年間コツコツと中小企業の生データを集めています。
これほどのデータは他にないと自負しています。
これほど具体的な賃金改定を提案できるセミナーはないと自負しております。
経営者の立場から、経営に生きる提案をいたします。
セミナーの内容 ※内容は講師の都合で変更することがあります
第1部 コレが現実! 最新の賃金情報
 ・世間の動向
 ・講師は実際の給与明細を集めた「ズバリ!実在賃金」という統計を毎年
  作成していて最新情報を提供。
 ・給与はリーマンショック前と比較して、どう変わったのか?
 ・年収は? 給与の総支給額は?
 ・所定内の給与は? 基本給は?
 ・幹部の給与は? 役員の給与は?
第2部 今年の賃金改定はココがポイント
その1 従業員が集まるようにする
 ・初任給の最新情報(独自調査結果)
 ・求人票を出す際に求められる「みなし時間外手当」の明確化
 ・募集は初任給と休日日数で決まる 休日日数を見直すコツ
その2 従業員が定着するようにする
 ・新賃金モデルを紹介
その3 従業員がやる気を起こすようにする
 ・家族手当当の見直し
 ・配偶者手当廃止
 ・子供分を増額
 ・配偶者がなくて子供を養育する人には加算
 ・新賃金モデルを紹介
その4 中高年の従業員にもっとがんばってもらう
 ・中高年の賃金は職務能力に応じてメリハリをつける
 ・やる気のある人はふさわしい賃金にする
その5 従業員が業績向上に協力するようにする
 ・会社の業績は「1 人あたり粗利益」がポイント
 ・業績手当と連動させる
 ・賞与と連動させる

(中川コメント)
 賃金データは首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の中小企業
(300人未満)のものです。
 他の地域の方はそれぞれの県別の相場をご提供しますが、首都圏版ほどは充
実していないことをご承知ください。(それでも多数のご参加があります)
 このセミナーは首都圏の中小企業の経営者向けに作成しておりますが、
他の地域の会社でも賃金決定の考え方が参考になります。
他地域の会社からもお申し込みが多数あります。
 満席が予想されます。お申し込みは早めがよいでしょう。
セミナー参加のお申し込みは下記から
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/057.html

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
[渋沢栄一の名言・格言|人づきあいの奥義]
交際の奥の手は至誠である。
理にかない調和がとれていればひとりでにうまくいく。
◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2017年
2月28日
カテゴリー

 【雑談】駐車は奥にする

人に何か言われて傷ついた場合の対処法
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【雑談】駐車は奥にする
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
   駐車は奥にしましょう。
社長:はあ?
   なんですかそれ!
中川:車を駐車場に止めるときは入り口から遠い場所に止めましょうと
   いうことです。
社長:近くがいいでしょう。
   どうしてわざわざ遠くに?
   
   ははぁん、中川さんは最近駐車場で接触され車が傷つけられた
   からでしょう?
中川:ブーです。
社長:あ、分かった!
   遠くに止めて少しでもたくさん歩こうということですね。
   健康的でいいですね。
中川:ブーです。
社長:ありゃ、またブーですか。
   では、どうして奥に止めるのですか?
中川:立派な人間になるためです。
社長:はあ?
   駐車場と立派な人間はどういう関係にあるのですか?
中川:社長は立派な人間とはどういう人だと思いますか?
社長:人類に貢献するような業績を残す人です。
中川:他には?
社長:尊敬できるような人です。
中川:尊敬できる人とは?
社長:立派な人。
中川:堂々巡りになりましたね。
社長:うーん。
   実はよく分からない。
中川:中川も実は分からない。
社長:(ドドド...)
中川:ある人が言うのです。
   立派な人とは人に迷惑を掛けない人。
社長:はあ?
   ひとに迷惑を掛けなければいいのですか?
中川:だそうです。
   普通は駐車する場合は入り口に近い場所に
   しますよね?
社長:それは当然です。
中川:だからそういう人がいるので、自分は遠いところに
   駐車するのです。
社長:それが迷惑を掛けないことになるのですか?
中川:中には妊娠中だとか体が不自由な方もいらっしゃいます。
   そういう人が入り口近くを探しているかもしれない。
   そうでない自分は遠くに止めて助けたい。
社長:気持ちは分かりますが、ほとんどの人はそういうことを
   考えないで入り口近くに止めますよ。
   1人くらい遠くに止めたって意味がないですよ。
中川:立派な人はそういうことを考えないのです。
   自分さえ良ければという発想がなくなる。
   そういう人が立派な人だというのです。
社長:ふーん。
   たしかに立派な人ですね。
中川:でしょう?
   で、遠くに止めていることを自慢げに話さない。
社長:それは立派な人ですね。
中川:ということで、駐車場は遠くに止める。
社長:なるほど。
   今日から遠くに止めます。
中川:社長は素直ですてきですね。

(中川コメント)
伊那食品工業株式会社の専務からお聞きしたのが本日の
駐車場は遠くに止めるです。
従業員は出社時で車が混んでいる場合は右折をしない。
理由は後続車の迷惑になるから。
わざわざ直進して左折できる路線に方向を変えて左折して
出社するのです。
伊那食品工業の立派な人とは他人に迷惑を掛けないという
定義だそうです。
伊那食品工業はマスコミでも多数取り上げられていますし
本でも紹介されています。
ご存じの方も多いと思います。

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
他人に何か言われて傷ついた場合の対処法
同じように他人に何かを一言われて傷つくといっても、
「中傷」と「批判」は全くの別物です。
「中傷」は事実無根ですが「批判」は少なくとも何らかの事実や現象に
基づいています。
受けたものが「批判」だった場合には、自分に直すべき点があるかもし
れず、私は「プラスになるのでラッキー」と思うようにしています。
「中傷」だった場合には、相手が自分に対して何らかのコンプレックス
なり嫉妬なりを感じている証拠ですので、逆に自分の利点や強みが分かり
ます。そういう考え方をすれば、別に傷つく必要もないのではないでしょ
うか。
(心を思いどおりにするテクニック サプライズBOOKより)

2017年
2月27日

 【通災】任意参加の研修への移動中

さなことを継続して徹底的に行え
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【通災】任意参加の研修への移動中
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   今日はA君のことで相談です。
中川:はい、なんでしょうか?
社長:土曜日に社内研修をしました。
   A君が会社に来る途中で交通事故に遭い、ケガをしました。
   これは通勤災害になりますか?
中川:土曜日は会社の休みだったのですか?
社長:そうです。
   月に1回、午前中社内研修を行っています。
中川:そうですか。
   すばらしいことですね。
社長:やる気のある社員を伸ばすのが私の役目だと思っています。
   
中川:そうですか。
   通災になるかとのご質問ですが、ポイントはその社内研修が
   強制参加か任意参加かということです。
社長:やる気のある社員だけでやっていますので、任意参加です。
   任意参加は通災にならないのですか?
中川:もう一つのポイントは賃金が払われているかどうかです。
社長:賃金は払っていません。
   任意参加ですし、自分のためですから。
中川:そうですか。
   その研修に参加しない場合は賞与や昇給の査定に影響が
   ありますか?
社長:結果的にはあります。
   そりゃあ、勉強している人は伸びますので、貢献度も
   高くなりますから。
中川:間接的には影響があるが、賞与や昇給に直接響くことは
   ないということですか?
社長:直接的な影響はありません。
中川:自主参加の研修に参加する場合は、往復は通災になりません。
   また、社内で研修を行っていても、そこで起こった事故は
   労災とはなりません。
社長:法律は冷たいですね。
中川:たまたま会社で研修をするから労災と重ね合わせますが
   もし、本人が外部のセミナーに自腹で参加した場合は
   通災も労災も関係ありませんよね?
   そのように整理しましょう。
社長:なるほど。

(中川コメント)
社内研修は実質的に自由参加であれば通災になりません。
たとえ、その研修が仕事に直結していても。
ポイントは実質的に自由参加であることです。
自由参加の美名のもとの強制参加は通災になる可能性が
あります。

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
小さなことを継続して徹底的に行え
何事によらず、終始一貫さえしていれば、それがいかに些細なことで
あっても、それを行う人に偉大な効果をもたらすことができる。
「善良な癖をつけよ」と私がいうのも、それは一見つまらないと思える
ような小さなことでも、それをどこまでも徹底して行えば、いずれ、そ
れがその人の身につくからだ。
それによって、一時的には人の物笑いになることがあったとしても、
それを乗り越えて継続していけば、必ず意志強固になり、結果的に多く
の利益を得ることができるのだ。
(新渡戸稲造の言葉 三輪裕範翻訳  ディスカヴァー刊より)

2017年
2月26日
カテゴリー

 【退職金】執行役員は労働者ではない

力のてんぷらを電子レンジで温めていたら、突然破裂してしまい
ました。どうしてなのでしょうか
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【退職金】執行役員は労働者ではない
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   何か面白い話はないですか?
中川:執行役員とは何かご存じですか?
社長:取締役の中から選任されると思っています。
中川:そういう場合もありますが、商法上の取締役では
   ないことが多いのです。
   今回ご紹介する判例は取締役ではない執行役員です。
社長:ということは従業員ですか?
中川:それも違います。
   従業員と取締役の間に位置します。
   労基法では労働者ではない執行役員です。
社長:微妙な立場ですね。
中川:労基法は適用されませんから、いつ解雇されるかも
   分からない不安定な身分です。
社長:実質的には取締役ですね。
中川:そうとも言えます。
   それが裁判で争われました。
社長:へえ、どんな裁判だったのですか?
中川:執行役員に就任して4年間勤務しました。
社長:ほう。
中川:今までであれば退職慰労金が支給されていたのですが、
   関連会社の業績悪化のために見送ることを
   取締役会で決定しました。
   それで、もらえるはずだった退職慰労金をもらえなくなったのは
   おかしいと訴訟したのです。
社長:お気の毒ですね。
   急に退職金慰労金を支給しないというのは
   不利益変更ですよね。
   それは会社が負けたでしょう。
中川:ところが裁判では会社が勝ったのです。
社長:それは意外ですね。
   どうしてその人は負けたのですか?
中川:執行役員だからです。
社長:つまり、労働者ではないからですか?
中川:そうです。
   それに、退職慰労金は過去の例からもらえると期待するのは
   ムリもないが、必ず支給するという合意や慣習があるとは
   言えないから、もらえる根拠がないというのです。
社長:つまり、訴訟を起こした人は今までもらえたのに
   なんで自分はもらえないのか、それはおかしいではないか
   ということですね。
中川:そうです。
社長:しかし、裁判所は執行役員には必ず退職慰労金を
   支給すると決まっているわけではないから、
   もらえなくてもしょうがないとうのですね。
中川:そうです。
社長:なんだか、退職金慰労金の不支給は
   このひとだけを狙い撃ちしているような感じですね。
   いじめでは?
中川:そうではないのです。
   関連会社の業績悪化で経営が危機に直面しており
   他の取締役や執行役員も報酬を大幅減額して
   しのいでいるのです。
   お金がないのです。
社長:苦しいのだから退職金慰労金を払わなくても
   よいだろうということですか。
中川:そういうことです。
社長:ところで、この人はいくら欲しいと言っているのですか?
中川:4年間の勤務で6000万円の支払を求めました。
社長:...。
中川:社長、どうかしましたか?
社長:...。
中川:じゃあ、また。
   失礼します。

(中川コメント)
本日は三菱自動車工業事件(平成19年11月16日 差二小判)を
参考にしました。
執行役員は委任関係にあり、労働者ではないので労基法は適用されません。
今回のようにきちんとしたルールがない場合は
退職金慰労金の支給を直前になって見送ったとしても
がまんしなさいということです。
もし、部長の退職金であれば、退職金規程がありますので
ルール通りに払わなければ会社は敗訴します。
弊社は中小企業も執行役員を導入するよう提唱していますが、
それは労働者である執行役員です。
つまり労基法が適用される執行役員ということです。
そのほうがお互いにメリットがあります。
詳細を知りたい場合は下記のセミナーが良いです。
http://nakagawa-consul.com/000045.html

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
イ力のてんぷらを電子レンジで温めていたら、突然破裂してしまい
ました。どうしてなのでしょうか
電子レンジを製造しているシャープに聞きました。
イカのように表面が膜で覆われているものは、加熱した際に、膨張した
内部の水蒸気などの抜け場がなくなり、破裂することがあります。
イカだけでなくタラコや卵、加工食品ならウインナなども同じように
なるそうです。
そうならないためには、切れ目を入れたりして水蒸気などを逃がす道を
作るのが良いでしょ。
(雑学特ダネ新聞 より)

2017年
2月25日

 【労働時間】時間の把握はどうするのか?

動改札機のタッチ面は平ちではなく、ちょっと傾いて
いるって知ってた?
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【労働時間】時間の把握はどうするのか?
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   当社はタイムカードを使っていますが、最近はICカードが
   流行しているようですね。
   ICカードに変更したほうがいいのでしょうか?
中川:ICカードもタイムカードとたいした違いはありません。
   大企業の場合は、部屋ごとにICカードをかざさないと入室が
   できない仕組みになっていることが多いです。
   それで、ついでに出退勤の記録もICカードで記録しています。
   タイムカードが不要なので場所もとらないし、カード購入費も
   不要になります。
   その記録が人事部につながっているので賃金計算も
   それを元に行います。コストダウンになっています。
社長:そうですか。
   首からカードをぶら下げている人が多くなったのは
   ICカードなのですね。
中川:そうですね。身分証明も兼ねますので便利ですね。
社長:うーん。当社はそんなことは不要ですね。
   タイムカードでいいです。
中川:そうですね。
   ところで、厚生労働省が発表している労働時間の把握の基準は2つです。
   1.使用者が現認する
   2.タイムカードまたはICカード
社長:へえ、そうなんですか。
   ところで、現認とはなんですか?
中川:現場で確認をするので現認です。
社長:え?
   出退勤を現場で確認するというイメージが湧かないのですが。
中川:従業員の出退勤を経営者や管理者が自分の目で確認するのです。
   
社長:ああ、上司が何時に出勤した、何時に退勤したと確認すること
   ですか。上司がタイムレコーダーの身代わりですね。
   そんなことをやってられません。
   やはりタイムカードが一番いいですね。
中川:タイムカードの弱点は実際の出退勤と実労働時間に差が
   生じることです。
   たとえば9時出勤であっても打刻は8時45分とか。
社長:それは当然でしょう。
中川:しかし、その差が残業代だと主張されて払わされている事例が
   少なくないのです。
社長:へえ、そんな理不尽な。
中川:退職した営業マンがタイムカードをコピーして労基署に
   残業代を払ってもらっていないと訴えることがよくあります。
   記録が残っているので抗弁が難しいのです。
   
社長:うーん。
   どうしたらいいですか?
中川:それらの対策の一つが現認です。
   現認をしてその出退勤時間を記録すれば差が生じません。
   だから残業未払いでもめることが少なくなります。
社長:へえ、それは検討の価値がありますね。
   記録の方法はどうしたらいいですか?
中川:メルマガでは説明に限界があります。
   宣伝となり恐縮ですが弊社のセミナーに参加されれば
   ひな形をお見せできます。
社長:そのセミナーはいつあるのですか?
中川:下記のHPで確認、お申し込みください。
   http://nakagawa-consul.com/000005.html
社長:実務担当がいいですか?
中川:経営者向けのセミナーです。
   経営者がいいです。
   もちろん、実務担当者も役立ちますが
   実務的なことはあまり触れていません。
   一番いいのは社長と担当者の2人が参加することです。
社長:都合をつけて参加します。
中川:お待ちしています。

(中川コメント)
労働時間の把握はタイムカードだけに頼るのは賃金未払い問題が
生じやすいので現認を推奨しています。