HOME > 中川清徳のブログ >  【採用】犯罪歴の調査ができるか
中川清徳のブログ
2017年
6月12日
カテゴリー

 【採用】犯罪歴の調査ができるか

◆────────────────────────────────◆
 【採用】犯罪歴の調査ができるか
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   最近、Aさんを採用しました。
   ところが犯罪歴があることが判明しました。
   事前にそれが分かっていれば採用しなかたのですが、今後の
   こともあるので、犯罪歴を事前に知りたいです。
   何か方法はありますか?
中川:Aさんはどの程度の犯罪歴だったのですか?
社長:刑務所に入っていたようです。
中川:どうして分かったのですか?
社長:ある社員がAさんの名前をなんとなく覚えていたようです。
   それで、ネット検索をして犯罪が分かったのです。
中川:Aさんは、入社後何か問題を起こしていますか?
社長:普通です。
   問題行動はありません。
中川:では、犯罪歴をことさら意識をすることはないのではありませんか?
社長:そうかもしれません。
   しかし、ある日豹変するかもしれません。
中川:犯罪歴を調査するには二つの方法があります。
   一つはネット検索です。
   
社長:そうですね。
   便利な世の中になりました。
中川:二つ目は本人に確認するのです。
社長:はぁ?
   本人に確認するのですか?
   そんなことはできないでしょう?
中川:そうですね。
   犯罪歴は個人情報です。
   本人の同意なしで収集してはいけません。
社長:ですよね。
   選考時に聞いていけないことがいろいろありますよね。
   はやり確認はできませんね。
中川:個人情報保護法では、本人の同意なく情報収集をすることは
   ダメだと書いてあります。
   逆にいいますと、本人が同意すればよいのです。
社長:どうやって同意をとるのですか?
中川:採用時に知りたい項目を質問票にして、本人に回答させます。
   その質問票には
   「回答は任意です。お答えになりたくない質問にはお答え
    いただかなくて結構です」
   と記載しましょう。
社長:その質問票に書いてくれない場合は?
中川:書いてくれないことでの採否については御社のご判断です。
社長:分かりました。

(中川コメント)
犯罪歴のある人を採用したくないのは人情です。
そのため、犯罪歴に有無を任意で回答を求めることはできます。
たとえば、「直近5年の賞罰(刑事罰を含む)はありますか?
ある場合はその内容」というように書面で行うのがよいでしょう。
ある会社は、犯罪歴があることを承知で採用しています。
犯罪歴を本人の同意をうえで社内で告知しています。
その会社では勤務態度がまじめで問題を起こしていません。
犯罪歴のある人を採用したときに、社長は従業員に次のような話を
しました。
「今後はいままで以上に、自分の貴重品の管理をきちんとするように
しなさい。
それは、今回採用する犯罪歴のある人が盗難する可能性があるから
言っているのではありません。
もし、貴重品を紛失したら真っ先に疑われるのはこの人だからだ」
と。