中川清徳のブログ

2017年10月の記事一覧

2017年
10月31日

 【ハラスメント】マタハラで許される言動

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催
  【東京】    3月22日(木)13時30分~16時30分
   http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html
◆─────────────────────────────────◆
60歳以上の給料の決め方をほとんどの会社が間違っています    
60歳以降の給料は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。
また、法律が65歳までの義務化されました。
新しい法律改正による60歳以上の給料の決め方をお話しします。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方が良かったのですが
それを実施していない会社の対応策もご提案します。
詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年10月31日号 VOL.3290
――――――――――――――――――――――――――――――――――
彼氏にたいしては甘えた声で。
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【ハラスメント】マタハラで許される言動
◆────────────────────────────────◆
マタハラとは、妊娠、出産、育児休業などを理由とする
解雇、雇い止め、降格などの不利益な取扱をすることです。
マタハラは違法です。
しかし、会社は仕事をする場所です。
マタハラと言われるかもと、腫れ物に触るよなことは避けたいですね。
仕事に関係することで、下記の言動はマタハラとはなりません。
Ⅰ「制度等の利用」に関する言動の例
 (1) 業務体制を見直すため、上司が育児休業をいつからいつまで
   取得するのか確認すること。
 (2)業務状況を考えて、上司が「次の妊婦検診はこの日は避けて
   ほしいが調整できるか」と確認すること。
 (3) 同僚が自分の休暇との調整をする目的で休業の期間を尋ね、
   変更を相談すること。
 ※ (2)や(3)のように、制度等の利用を希望する労働者に対する
    変更の依頼や相談は、強要しない場合に限られます。

Ⅱ「状態」に関する言動の例
 (1)上司が、長時間労働をしている妊婦に対して、「妊婦には長時間
   労働は負担が大きいだろうから、業務分担の見直しを行い、
   あなたの残業量を減らそうと思うがどうか」と配慮する。
 (2) 上司・同僚が「妊婦には負担が大きいだろうから、もう少し楽な
   業務にかわってはどうか」と配慮する。
 (3) 上司・同僚が「つわりで体調が悪そうだが、少し休んだ方が良い
   のではないか」と配慮する。
 ※ (1)から(3)のような配慮については、妊婦本人にはこれまで通り
   勤務を続けたいという意欲がある場合であっても、客観的にみて、
   妊婦の体調が悪い場合は業務上の必要性に基づく言動となります

(中川コメント)
セクハラ、パワハラ、マタハラなどのハラスメント(いやがらせ)に対して
事業主は防止措置を実施する義務があります。
上司を含めて従業員は、悪意がなくハラスメントを行っていることが
あります、
それを防止するために、社内研修や周知などをしましょう。
弊社ではセクハラ、パワハラ等の防止のための社内研修を承ります。
社内研修は、ご依頼の会社にカスタマイズして行います。
社内研修は2時間から3時間程度です。
詳しくは下記からお申し込みください。
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/seminar/089.html

    
─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月20日(火)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    3月 9日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
彼氏にたいしては甘えた声で。
若い女性が電話で甘え声を出しています。
「ええっ本当!嬉しい! 海に行きたいと思っていたの。やったあ!
 楽しみ!」
おそらく、彼に対して甘えているのでしょう。
そこへ、ピンポーンとチャイムが鳴りました。
どうやら宅配便が届いたようです。
ガチャ、と玄関の扉が開き、配達員が荷物を玄関に置きました。
彼女は電話の向こうの彼氏に向かって
「ちょっと待っててね」と優しく話した後、電話を保留にして、配達員に
こう言いました。
「なあに?荷物?えっ?ハンコ?早くしてよ!急いでるんだから!」。
追い出すように配達員を見送ると、電話の保留を解除して、再び別人の
ような猫なで声でこう言いました。
「ごめんね。待った?早く話したかった...」
彼女は決して特殊ではありません。
なぜならば、あらゆる人の行動には「相手」があり、そしてその相手に
対してどのように思われたいか、という「目的」があるからです。
彼女は、彼氏という「相手」に対して、かわいい女の子と思われたい、
という「目的」があって猫なで声を出しています。
そして、配達員という「相手」に対しては、荷物の受け取りをとっとと
終わらせたい、という「目的」を持って厳しい言葉で対応したのです。
あらゆる行動は「相手」と「目的」があります。
それを推測しながら観察すると相手の気持ちが見えてきます。
「相手」は誰で「目的」は何か?
 興味深い結果が見えてくることでしょう。
(アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 
                 小倉広箸 ダイヤモンド社刊)

◆─────────────────────────────────◆
 【無料プレゼント】
 従業員の給料が高いか低いか一目で分かるグラフが無料です
◆─────────────────────────────────◆
うちの従業員の給料が高いか低いか分からないのでは、給料の決めようが
ありません。高いか低いかをまず把握することです。
従業員300人未満の会社に対して御社の賃金データ(社員名は不要です。
記号で処理します)をご提供いただきますと、
一目で世間相場と比較できる「ズバリ!実在賃金」グラフを無料で差し上げ
ます。
「ズバリ!実在賃金」のグラフは、年齢別の世間相場(取締役、管理職、一
般男性、一般女性)を描いたライン(曲線に近い)のグラフに御社の同年齢
の従業員の年収・残業代を含む月額・所定内賃金(残業なし)・賞与をプ
ロット(点)表示します。
プロットは御社の従業員が分かるように番号で表示します。
そのグラフがあれば、御社の従業員の給料が世間相場と比較して誰が高いか
誰が低いかが一目で分かります。
ズバリ!実在賃金のデータがない地域(首都圏、関西圏以外)は厚生労働省
のデータを元に弊社で独自に加工した世間相場の管理職を推測して、管理職、
一般男性、一般女性の年齢別のグラフを作成します。
厚生労働省の賃金相場は管理職の相場が不明なので、そのままでは参考にな
らないから加工しています。正確性には欠けますが、そのほうがより実態に
近づくと思うからです。
よろしければお申し込みください。
→ http://form.mag2.com/cestuuoudr
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2017年
10月30日

 【賃金】マイナス昇給を導入したい

◆─────────────────────────────────◆
 「ガラッと賃金一新セミナー」2018  
      【東京】平成30年2月13日(火) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年2月23日(金) 13時30分~16時30分
      【東京】平成30年3月 8日(木) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年3月19日(月) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年4月5日 (木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成30年4月13日(金) 13時30分~16時30分
    http://nakagawa-consul.com/000057.html
◆─────────────────────────────────◆
人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?
足で集めた生の情報「ズバリ! 実在賃金」で自社の競争力を再確認
しましよう。
「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
初任給は?
賃上げは? 等々が気になります。
そこで中小企業の生の賃金データを集めている(有)中川式賃金研究所の
中川清徳がセミナーを開催します。
ワークライフバランスを達成しながら一定の年収を実現するべきです。
すぐ参考にできるノウハウ満載。ふるってご参加下さい。
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 今年の賃金改定はココがポイント
詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/000057.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年10月30日号 VOL.3289
――――――――――――――――――――――――――――――――――
冷蔵庫に人れると、がえって腐る野菜があるって?
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【賃金】マイナス昇給を導入したい
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   経営状態が厳しいです。
   それで昇給制度の見直しをしたいと思います。
中川:どんな見直しですか?
社長:頑張った社員には昇給をしますが、成績不良者は
   マイナス昇給、つまり基本給を下げたいのです。
   今の昇給は年功序列的なもので成績不良者も自動的に
   昇給することになるので、おかしいのです。
中川:そのとおりですね。
   
社長:で、マイナス昇給をする場合の注意点を教えてください。
中川:昇給の仕組みをまず作ることです。
社長:はい。
中川:今まではマイナス昇給はなかったのですから
   従業員から見ると不利益変更となります。
社長:そうですね。
   でも、全員が不利益になるわけではありませんが。
   ちゃんと仕事をしておれば給料を下げようとは思っていません。
中川:それでも不利益変更となります。
   昇給の仕組みを変えるのですから。
社長:そうですか。
   では、昇給の仕組みを作った後はどうしらいいですか?
中川:幹部会議で審議しましょう。
社長:それは絶対にしなければならないのですか?
   意見が出そうにありません。
中川:出ても出なくても審議しましょう。
社長:時間の無駄です。
中川:盲点を指摘してくれる可能性があります。
   それから、昇給の人事考課は幹部が行っています。
   その人たちに相談しておいたほうが運用が円滑に
   いきます。
社長:なるほど。
   では、幹部会議で結論が出たらOKですね?
中川:結論がでたら従業員に説明します。
社長:幹部だけではダメですか?
中川:不利益変更は対象者の同意が必要です。
   同意を得るためには説明が必要でしょう?
社長:説明はどうやってするのですか?
中川:全員を集めて説明をするのがいいでしょう。
社長:同意は挙手ですか?
中川:できれば同意書を各人からとるのがいいです。
社長:大変ですね。
中川:そうですね。
   でも、不利益変更ですから確実に行ってください。
社長:同意をとればOKですね?
中川:賃金規程を改定して労基署に届け出なければなりません。
社長:わかりました。

(中川コメント)
マイナス昇給を初めて導入する場合は不利益変更となります。
従業員に十分説明して同意を得ることが必要です。

    
─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月20日(火)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    3月 9日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
冷蔵庫に人れると、がえって腐る野菜があるって?
たいていの野菜は、冷蔵庫に入れて保存するものだが、なかにはそう
すると、かえって腐りやすくなる野菜がある。
キュウリ、ピーマン、なす、サツマイモなどだ。
これらはいずれも、暖かい場所で栽培されたものなので、低い温度で
保存すると、かえって早く傷んでしまう。
これを「低温障害」という。
したがって、暖かい地域で育った野菜は、冷やしすぎないことが肝心。
10度前後が適温といわれている。
(おいしい雑学 博学こだわり倶楽部編 河出書房社刊 より)

◆─────────────────────────────────◆
【CD】もう年金を気にせずに働こう!「60歳 残業なし 年収350万円」
           講師 北見昌朗先生
  http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-19.html
◆─────────────────────────────────◆
60歳以降の継続雇用は、年金を多くもらう賃金設計から方針転換をしました。
その1 60歳はゴールではなく通過点
その2 60歳以降の諸手当の支給は?
その3 バリバリ組とゆったり年金組 手取りの損得勘定は?
【販売価格】1万円(税別)
秘匿性が高いため、社会保険労務士、コンサルタントはお断りします。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-19.html
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2017年
10月29日

 【退職金】規程の半額にしたい

◆─────────────────────────────────◆
 ■「社員が成長する人事考課表の作り方」セミナー
 【東京】  平成30年2月19日(月)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座
    http://nakagawa-consul.com/seminar/084.html
◆─────────────────────────────────◆
人事考課の目的は査定だけではありません。
忘れがちなのが、「人材育成」の視点です。
部下を印象で評価する人事考課表になっていませんか?
現在の人事考課表は会社の目標と一致したものになっていますか?
会社の目的を達成し、そして社員が成長する人事考課表の作り方、運用のし
かたをお話します。
中小企業は人材不足だと嘆く前に、経営者や管理職にはやるべきことがあり
ます。
お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/084.html
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年10月29日号 VOL.3288
――――――――――――――――――――――――――――――――――
[ピーター・ドラッカーの名言・格言|流行は自分を変化させない]
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【退職金】規程の半額にしたい
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   退職金について相談です。
中川:はい、なんでしょう?
社長:当社は業績が落ち込んでいます。
   今後も厳しい経営環境です。
   それで人件費にも手をつけざるをえません。
中川:会社が生き残るためには人件費を削ることもやむを得ませんね。
社長:退職金の支払いができそうもありません。
中川:退職金はどこも悩みの種です。
社長:で、退職金を半額にしたいのです。
   
中川:それはすごい削減ですね。
社長:退職金を基本給連動にしていたこともあり予期しないほど
   高額の退職金になる人がいます。
中川:定着の良いのが裏目にでますね。
社長:退職金を半額にする場合に注意することはなんですか?
中川:まず、本当に半額にしなければならないかの検討を
   しましょう。
社長:と、言いますと?
中川:半額の削減はとても大きな不利益変更です。
   できればもっと穏やかな削減ができないかです。
社長:どうやって検討するのですか?
中川:今後の退職金の支払いの予想をします。
   それで経営的にどうかという検討です。
社長:うーん。
   難しそうですね。
   中川さん、コンサルティングをしてもらえますか?
中川:はい、喜んで。
   で、検討した後で従業員の同意を得ます。
社長:同意しないでしょうね。
   退職金が半額になるのですから。
中川:まだ、半額にすると決まっていませんが
   仮に半額にするとしましょう。
   
社長:同意はどのようにしてとるのですか?
中川:社員を集めて説明会を開くのがいいでしょう。
社長:でも、納得しないでしょうね。
中川:そこが正念場です。
   会社が危機的な状態のあることを丁寧に説明しましょう。
社長:でも、総論賛成各論反対はよくあることです。
   自分の退職金が減ると分かれば納得しないでしょうね。
中川:そうですね。
   緩和策なども提案すると同意を得やすいでしょう。
社長:緩和策とはなんですか?
中川:たとえば、3年以内に退職する人は30%減額とか。
社長:なるほど。
   で、説明会をすれば、それでいいですか?
中川:とても大きな不利益変更ですから、各人の同意をえましょう。
社長:どうやって?
中川:同意書に署名捺印をしてもらうのです。
社長:うーん。
   署名捺印をしない人がでたら?
中川:でないように丁寧に、一所懸命に説明をするのです。
社長:それでも署名捺印しない人がいたら?
中川:しょうがないですね。
   訴訟覚悟です。
社長:うーん、茨の道ですね。
中川:いずれ乗り越えなければならないものです。
   がんばってください。
社長:がんばります。

(中川コメント)
退職金規程を見直して減額することは不利益変更となりますので、
従業員の同意が必要です。
同意は書面をとることであとあともめないようにしましょう。
    
─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月20日(火)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    3月 9日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
[ピーター・ドラッカーの名言・格言|流行は自分を変化させない]
本物の変化とは人が行うことであり、流行とは人が言うことである。

◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】 そうかぁ!転ばぬ先の杖講座「雇い入れと退職編」セミナー
               → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-17.html
◆─────────────────────────────────◆
ご都合でセミナーにご参加いただけない方のためにDVDを作成しました。
本に書いてあるような通りいっぺんの法律論ではなく、
中川式賃金研究所の豊富な経験に基づく実践的な内容です。
後継者および総務課長への教育にお役立て下さい。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-17.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2017年
10月28日

 【派遣】女性への不利益取扱い

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】 11月22日(水)10時~16時30分
   【東京】 平成30年2月14日(水)10時~16時30分
   【東京】 平成30年3月20日(火)10時~16時30分
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
◆─────────────────────────────────◆
中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 
お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年10月28日号 VOL.3287
――――――――――――――――――――――――――――――――――
またぞろ 嫌味な感じがよくでています
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【派遣】女性への不利益取扱い
◆────────────────────────────────◆
Q.派遣先の会社に、女性スタッフの妊娠や出産を理由として、
  派遣契約を途中で打ち切れない旨を説明したのですが、
  「均等法で規制しているのはスタッフを直接雇用している
  派遣元で、雇用関係のない派遣先は対象外では」といわれ
  ました。確かに均等法には派遣先向けの規定が見当たり
  ませんが、では派遣先は妊娠等を理由に契約解除できる
  のでしょうか。

(中川コメント)
A.法で雇用主とみなして適用
  男女雇用機会均等法9条3項は、事業主に「雇用する女性
  労働者」の「妊娠または出産に関する事由」を理由とした
  解雇等の不利益取扱いを禁じています。文言上は女性労働者
  の雇用主、すなわち派遣労働者なら派遣元が対象です。
  しかし労働者派遣法47条の2に「読み替え規定」があり、
  「労働者派遣の役務の提供を受ける者もまた、当該派遣
  労働者を雇用する事業主とみなして」前記均等法の規定を
  適用するとあります。「差別の禁止等に関する指針」でも、
  派遣先が派遣の役務の提供を拒むことを禁止事項に挙げて
  いますので、結局妊娠等を理由とした契約解除は許されない
  ことになります。
  昨年厚生労働省が調査したところ、就業先でマタハラを
  経験した派遣労働者は50%近くに上り、正社員の倍以上
  でした。派遣労働者を受け入れている派遣先事業主の姿勢
  が問われるところです。
                    提供:労働新聞社   
    
─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月20日(火)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    3月 9日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
またぞろ 嫌味な感じがよくでています
「またぞろ」は、同じようなことが、もう一度くり返されるさま。
多くの場合、あきれた気持ちや、ある種のおかしみを込めて用いる。
もとは「またぞうろう」といった。
これは、再びを意味する「また」に「そうろう(候)」がついたもので、
それが短縮されて「またぞろ」となった。
このうち、「そうろう」は、「ある」「いる」の語として使われていた
言葉。
昔は重々しい文章にも使われていたが、その反動で一種の冷やかしの表現
としても使われるようになった。
「ぞろ」には、そんな冷やかしの意味が込められ、呆れたとき、
からかいたいときに使うようになった。
(語源の謎 日本語倶楽部編より)

◆─────────────────────────────────◆
【CD】営業秘密の保護と競業避止
        講師 北見昌朗先生  ゲスト講師 金森将也弁護士
  http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-20.html
◆─────────────────────────────────◆
そもそも「不正競争防止法」とは?
 ・営業秘密保持義務について
 ・競業避止義務について
 ・引き抜き行為
会社を守る具体的なノウハウ集
 ・誓約書を、入社時および退職時に提出させる
 ・競業避止特約契約書を結ぶ(手当の支給が必要)
【販売価格】2万円(税別)
秘匿性が高いため、社会保険労務士、コンサルタントはお断りします。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-20.html
*********** 申込み書***********************************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2017年
10月27日

 【深夜割増】管理監督者は不要?

◆─────────────────────────────────◆
突然の申込を受けても慌てないために、「無期転換制度への備え方」セミナー
平成30年4月1日になってからでは遅い
    【東京】 平成29年11月16日(木)13時30分~16時
        http://nakagawa-consul.com/seminar/086.html
◆─────────────────────────────────◆
平成25年4月1日に労働契約法第18条(無期転換制度)が施行されました。
同制度は、有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えたときは、
その労働者の申込により、無期労働契約に転換できるというルールです。
施行日から5年となる平成30年4月1日以降、パートやアルバイトを含む
契約社員を雇用する企業では、無期転換申込権の権利行使が予想されます。
今から準備しましょう。
 講師:濱田勝則(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/086.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年10月27日号 VOL.3286
――――――――――――――――――――――――――――――――――
アカデミー賞が「オスカー」と呼ばれる理由
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【深夜割増】管理監督者は不要?
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   管理監督者も深夜(22時から5時)の勤務は割増賃金を
   払わなければならないと教えてもらいました。
中川:そのとおりです。
社長:しかし、裁判では深夜割増を払う必要がないと判決が
   でたそうですね。
   中川さんが言っていたことは間違いですか?
中川:ああ、それはコトブキ事件の判決ですね。
   平成20年11月の高等裁判所の判決です。
社長:では、管理監督者には深夜割増は払わなくてもよいのですね?
中川:コトブキ事件は上告され、最高裁で争われました。
   で、最高裁は深夜割増を払えと判決しました。
社長:ありゃ、では高等裁判所が間違っていたのですか。
中川:そういうことです。
社長:やはり中川さんの言うとおりなのですね。
中川:なんだか残念そうですね。
社長:管理監督者たるものは深夜時間は割増の対象だという感覚で
   仕事をして欲しくないのです。
   深夜割増を請求する管理監督者は情けないです。
中川:そうかもしれませんが、法律を曲げてまで
   払いたくないと考える経営者では情けないです。
社長:ありゃ、それはそうですね。
   

(中川コメント)
コトブキ事件で最高裁は管理監督者といえでも深夜割増賃金を
はらう義務があると判決しました。
(平成21年12月18日 第二小判)
    
─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日   10月27日(金)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    2月20日(火)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    3月 9日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
アカデミー賞が「オスカー」と呼ばれる理由
アメリカ映画界最大のイベントであるアカデミー賞は、通称「オスカー」
とも呼ばれるが、その理由はこうだ。
アカデミー賞を選ぶ監督や俳優たちが加盟しているアメリカ映画芸術科学
アカデミー。
その図書館に勤務していたある女性職員が、アカデミー賞に贈られる
ブロンズ像を初めて見て、こう言った。
「あら、オスカー叔父さんにそっくり!」
オスカー・ピアースというこの叔父さん、じつは映画とは縁もゆかりも
ないテキサスの農場主だったが、以来、映画人たちは、このブロンズ像を
オスカーと呼ぶようになった。
いかにもアメリカらしい話だが、実際の映画人の中にも、このブロンズ像に
似ている俳優が二人いるといわれている。
一人は『戦場にかける橋』のアレック・ギネス、もう一人は『王様と私』の
ユル・ブリンナーである。
(雑学全書 光文社刊より)

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆
弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーを開催していますが、
各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。
よろしかったら下記からお申し込みください。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-11.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆