中川清徳のブログ

2017年12月の記事一覧

2017年
12月31日

 【求人】求人しても来ない

◆─────────────────────────────────◆
 「ガラッと賃金一新セミナー」2018  
      【東京】平成30年2月13日(火) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年2月23日(金) 13時30分~16時30分
      【東京】平成30年3月 8日(木) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年3月19日(月) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年4月5日 (木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成30年4月13日(金) 13時30分~16時30分
    http://nakagawa-consul.com/000057.html
◆─────────────────────────────────◆
人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?
足で集めた生の情報「ズバリ! 実在賃金」で自社の競争力を再確認
しましよう。
「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
初任給は?
賃上げは? 等々が気になります。
そこで中小企業の生の賃金データを集めている(有)中川式賃金研究所の
中川清徳がセミナーを開催します。
ワークライフバランスを達成しながら一定の年収を実現するべきです。
すぐ参考にできるノウハウ満載。ふるってご参加下さい。
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 今年の賃金改定はココがポイント
詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/000057.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年12月31日号 VOL.3375
――――――――――――――――――――――――――――――――――
"元旦の夜"は間違い 正しくは"元日の夜"

(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【求人】求人しても来ない
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:今年も暮れますね。
中川:そうですね。
   お疲れ様です。
社長:今年は求人で苦しみました。
   求人広告を出しても、なかなか来ないし、やっと来たので
   採用したら3日目から出勤しなくなったとか、仕事を覚えないとか
   さんざんです。
中川:そうですね。
   それで苦しんでいる会社は多いですね。
社長:来年もそれで苦しみそうです。
中川:そろそろ考え方を変えませんか。
   そうでないと、いつまで経っても求人で苦しみますよ。
社長:どういうふうに変えるのですか?
中川:まずは、現状把握です。
   次に求人対策です。
社長:現状把握と言いますと?
中川:御社の従業員の賃金が世間相場と比較して、高いか低いかの
   把握です。
   世間並以上でないと、社員は退職します。
   退職しなければ求人も必要ないでしょう?
社長:それはそうですね。
   どうやって世間相場と比較するのですか?
中川:弊社ではズバリ!実在賃金というデータがあります。
   中小企業(300人未満)の生データを集めています。
   それで、年収、月額、所定内、賞与の世間相場を把握しています。
社長:それでどうするのですか?
中川:御社の賃金データを送信していただければ無料で世間相場と
   比較したグラフを作成します。
   それを見ると、一目で誰が世間相場より高いか低いかが
   分かります。
   それを参考にしながら昇給や賞与を決めます。
社長:それはありがたいですね。
   では、御願いします。
   それで、現状把握の仕方はわかりました。
   
   次に求人対策はどのようにするのですか?
中川:御社の年間休日日数は105日です。
   105日では魅力がありません。
   それが求人で苦戦している原因です。
社長:そうですか。
中川:求人対策の二つ目は、募集の初任給です。
   御社の今の初任給では下位ランクです。
社長:そうですか。
   初任給の見直しが必要ですか。
中川:そうです。
   それからHPの求人ページが貧弱です。
社長:休日日数は少ないは、給料は低いは、HPは貧弱ということですか。
   それでは人は来ないですね。
中川:そうです。
   それで社長の考えを転換する必要があるのです。
社長:つまり、賃金を上げる、休日日数を増やす、HPの充実をする
   ようにということですね?
中川:そうです。
   適正な利益を確保しながら労働条件の見直しをしましょう。
社長:分かりました。
   検討します。

(中川コメント)
弊社では毎年恒例となりました
ガラッと賃金一新セミナーを2月から4月にかけて開催しています。
セミナーでは、世間相場(年収、月額賃金、所定内賃金、実質基本給、賞与、
初任給)を開示しています。
リーマンショック後の賃金水準の推移も発表しています。
それで世の中の動向がくっきりと分かります。
それを知ることで、賃金決定に迷いがなくなります。
また、求人対策や高齢者雇用対策など、経営者が知りたい情報が
満載です。
よろしかったらセミナーにお申し込みください。
─────────────────────────────────
 「ガラッと賃金一新セミナー」2018  
      【東京】平成30年2月13日(火) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年2月23日(金) 13時30分~16時30分
      【東京】平成30年3月 8日(木) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年3月19日(月) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年4月5日 (木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成30年4月13日(金) 13時30分~16時30分
    http://nakagawa-consul.com/000057.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
"元旦の夜"は間違い 正しくは"元日の夜"
「元旦の夜に仲間が集まり、朝まで盛り上がった」などということがあるが、
この言い方は間違い。
このような場合は、「元日の夜」というべきところだ。
「元旦」の「旦」は、「日」すなわち太陽が、「一」で表した地平線から
現れて、夜が明けていくという意味。
つまり、「元旦」というのは、一月一日の朝のことだ。
(間違えると恥ずかしい日本語500 日本語倶楽部編)
◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆
弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーを開催していますが、
各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。
よろしかったら下記からお申し込みください。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-11.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2017年
12月30日

 【副業禁止】夜はキャバクラで働いている

◆─────────────────────────────────◆
 ■「社員が成長する人事考課表の作り方」セミナー
 【東京】  平成30年2月19日(月)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座
    http://nakagawa-consul.com/seminar/084.html
◆─────────────────────────────────◆
人事考課の目的は査定だけではありません。
忘れがちなのが、「人材育成」の視点です。
部下を印象で評価する人事考課表になっていませんか?
現在の人事考課表は会社の目標と一致したものになっていますか?
会社の目的を達成し、そして社員が成長する人事考課表の作り方、運用のし
かたをお話します。
中小企業は人材不足だと嘆く前に、経営者や管理職にはやるべきことがあり
ます。
お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/084.html
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年12月29日号 VOL.3373
――――――――――――――――――――――――――――――――――
元旦に掃除をしてはいけない

(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【副業禁止】夜はキャバクラで働いている
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   A子さんについて相談です。
中川:はい、なんでしょうか?
社長:A子さんがキャバクラで働いていることが分かりました。
   弊社は就業規則に副業禁止としています。
   それで、副業を辞めるようにいいました。
中川:はい。
   どうなりましたか?
社長:与えられた仕事はきちんとしている。
   退社後、どのように過ごすかは個人の自由だと言うのです。
中川:一理ありますね。
社長:しかし、就業規則違反です。
   これを許すと、副業が蔓延しかねません。
中川:副業したら困ることがありますか?
社長:仕事に専念してもらいたいのです。
   副業をすると、疲労がでることもあり得ます。
中川:そうですね。
   では、パチンコをしている人もダメですか?
社長:パチンコは副業ではないでしょう?
中川:実際にパチンコで小遣いを稼いでいる人がいます。
   長時間のパチンコで疲労が蓄積するかもしれませんよ。
社長:それは趣味の範囲です。
   キャバクラとは違うと思います。
中川:では、副業としてコンビニで働いていたら?
社長:うーん、微妙ですね。
中川:キャバクラはダメでコンビニはOKということですか?
社長:どちらも副業ですからダメですね。
   しかし、コンビニであれば許そうかという気持ちになります。
中川:A子さんが風俗で働いているからダメなのですか?
   A子さんがコンビニで働いている場合は微妙なのですか?
社長:そう問い詰められると返答に困ります。
   副業はどう扱えば良いですか?
中川:就労時間外に何をするかは個人の自由です。
   それを禁止することはムリです。
社長:では、そもそも就業規則がおかしいのですか?
中川:そうです。
社長:どうすればいいですか?
中川:許可制にします。
社長:許可制にするということは認めないこともあるということですね。
中川:原則として認めことが前提です。
   ただし、同業者で副業をするなどは認めないとか。
社長:そうですか。
   分かりました。
   早速、就業規則を見直します。
  
(中川コメント)
副業を禁止することはできません。
しかし、副業が会社の仕事に悪い影響を与える場合があります。
許可制にするのが良いでしょう。
[原則として許可制とする規定例]
第〇条(副業・兼業の許可)
1.社員は、副業・兼業を行う場合、事前に会社の許可を
 受けなければならない。
2.前項に基づき社員が許可の申請を求めた場合、会社は以下の
 場合を除き、原則として許可する。
 (1)就業時間等が当社に対する労務提供と重複するもの
 (2)過度な長時間労働が予想されるなど労務提供に支障を来す
   蓋然性があるもの
 (3)競業他社その他競合事業への従事
 (4)当社の営業秘密の使用・開示を伴うもの
 (5)当社の企業秩序や社会的評価を毀損するおそれのあるもの
3.第1項に基づき許可を行った場合であっても、その後前項記載の
 事情が生じた場合、会社は許可を取り消すことができる。
4.社員は、副業・兼業を行うに当たって、この規則を含む社内規則に
 定める義務(競業避止義務、秘密保持義務を含むがこれらに
 限られない)に違反してはならない。

─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月20日(火)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    3月 9日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
元旦に掃除をしてはいけない
元旦の掃除は「福を掃きだす」といって、縁起が悪いとされる。
これには、31日までに大掃除をすませ、新年はゆったりと落ち着いて
迎えよという意味も含まれている。
(タブーの常識大事典 青春出版社刊より)

◆─────────────────────────────────◆
 就業規則見直しをご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆
 毎年のように法律改正が行われており、一年前に作成した就業規則ですら
すでに時代遅れになっています。多忙な経営者や総務関係者がその都度、法
改正に対応するご苦労はいかほどのものかと推察します。
 法改正のスピードが速いので最新情報による弊社主催の就業規則セミナー
にご参加いただくのが良いと思います。できればそうしていただきたいので
すが、セミナーを受けても帰社したら目先の仕事に追われ気づいたらまった
く着手できていない方も少なくありません。
「そのうち、そのうち」と思案中に1年が経ち2年が経ち...。
 中川が御社にお伺いして就業規則の見直しのお手伝いをします。中川がお
手伝いすることで確実に最新版の就業規則を作成できます。

   ◆就業規則見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後のお断りはご自由です)
御社名:
役職名:
お名前:
上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細は
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/work_regulations.html
でご確認ください。


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2017年
12月29日

 【無期転換】無期転換権の告知は? ~規則作成か改訂を検討

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】 平成30年2月14日(水)10時~16時30分
   【東京】 平成30年3月20日(火)10時~16時30分
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
◆─────────────────────────────────◆
中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 
お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年12月29日号 VOL.3373
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「協力はするが介入せず」

(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【無期転換】無期転換権の告知は? ~規則作成か改訂を検討
◆────────────────────────────────◆
Q.無期転換者の就業規則を新たに作成するか、パート就業規則
  を改訂するか悩んでいます。そもそも、転換権に関して説明
  や周知する義務はあるのでしょうか。
  
(中川コメント)
A.就業規則変更で意見聴取も
  期間の定めのない労働契約の締結の申込みに関しては、労働
  契約法18条に定めがあります。同条には「説明をする義務は
  定められていない」と解されています。ただし、1年契約等を
  反復更新していて、厚労省のモデル労働条件通知書を用いて
  いる場合、「その他」の欄に説明文があります。就業規則の
  新規作成、改訂時には過半数代表者等の意見聴取が必要です。
  パート就業規則を見直す企業は、パート代表者から意見聴取
  が望ましいということはあるでしょう。
  なお、定年後に引き続き雇用される方のうち、5年の通算契約
  期間に算入しない方への説明に関しては、省令で定められて
  います。特定有期雇用労働者には、労働基準法施行規則5条
  (労働条件の明示)に関する特例を定める省令があります。
  労働契約の期間に関して、特例の内容に関する事項を明示
  する必要があり、書面明示ということになります。  

─────────────────────────────────
 ■ 直前対策! 「無期転換対策と週4日正社員の導入」セミナー
   【東京】   1月23日(火)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座
   【東京】   2月22日(木)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座
   http://nakagawa-consul.com/seminar/093.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
「協力はするが介入せず」
痛快スペイン・ジョーク2題

陽気なスペインの人々は、ユーモアのセンスも豊富で、いかにもランン系
らしいジョークをたくさん残しています。
ちょっと古いところでは、フランコ政権の時代、スペインが
NATO (北大西洋条約機構)に加盟するかどうかで揺れていたときの
話があります。
アメリカのニクソン大統領から、NATOに加盟する意志があるかどうか、
電報で問い合わせがあったとき、スペイン側の返答は、
「キ××マ」
ニクソンは激怒しましたが、キッシンジャー特別補佐官は、落ち着き払って
言いました。
「閣下、これは、協力はするが入らないという意思表示と思われます」
おわかりいただけたでしょうか?
スペイン人のジョークは、国王にも遠慮しません。
ファン・カルロス一世が、1972年のミュンヘン・オリンピックに
ヨット選手として参加し、15位になったとき、こんなジョークが
生まれました。
「ファン・カルロス一世をどう呼ぶか、知っているか?」
「いや。どう呼ぶんだ?」
「ファン・カルロス、スペイン一世、ミュンヘン15世」
(雑学なんでもBOOK 新星出版社刊)

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 長時間残業対応セミナー
               → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-16.html
◆─────────────────────────────────◆
過労死事件が続発しています。
長時間残業は大きな問題だと思いつつ、その解決を先送りしていませんか?
「ノー残業デー」では効果は一時的なものです。
長時間残業を減らす具体的な方法をご提案します。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-16.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2017年
12月28日

 【始末書】提出しない場合どうしたらいいか?

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 直前対策! 「無期転換対策と週4日正社員の導入」セミナー
   【東京】   1月23日(火)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座
   【東京】   2月22日(木)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座
   http://nakagawa-consul.com/seminar/093.html
◆─────────────────────────────────◆
2018年(平成30年)4月からは無期転換が実質スタートします。
さらに、同一労働同一賃金や長時間残業規制など労働環境が激変しつつあります。
その準備はできていますか?
それらにどう乗り越えるか、どう準備すればよいか具体的な方法を
提案する中小企業のためのセミナーを開催します。
お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/093.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年12月28日号 VOL.3372
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ニューヨーク州の州都はニューヨーク市ではない
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【始末書】提出しない場合どうしたらいいか?
◆────────────────────────────────◆
中川 こんにちは。
社長 こんにちは。
   Aさんには困りました。
中川:何がありましたか?
社長:先日、無断遅刻をしたので始末書を提出するように
   指示したのですが提出しません。
中川:どうしてですか?
社長:とぼけているのです。
中川:始末書の書き方が分からないのでしょうか?
社長:書き方は分かっています。
   どのような項目を書けば良いのかを教えていますので。
中川:それは困りましたね。
社長:で、始末書を出さないことはけしからんということで
   それについて始末書を出させるのは変ですよね?
中川:そうですね。
   その始末書も出さなかったら、またそれに対する始末書を
   提出させるということが永遠に繰り返されます。
社長:どうしたらいいですか?
中川:始末書を出さないことに対して通告をすることですね。
社長:通告ですか。
中川:そうです。
   書面で。
社長:それだけですか?
   始末書の提出を強制できませんか?
中川:それが難しい問題です。
   裁判では強制できるという判決と強制できないという判決が
   あります。
社長:強制できない根拠は何ですか?
中川:始末書は、謝罪、反省、将来同様のことを繰り返さないという
   誓約が含まれます。
   これらは突き詰めると労働者の思想、良心の自由にかかわると
   いうのです。
社長:へえ、そこまで言いますか。
   始末書の提出を強制できないから通告を書面ですると
   いうことですか。
   では、今回は書面で警告をしておきます。
中川:そうですね。
   通告より警告の方がいいですね。

(中川コメント)
始末書を提出させる懲戒処分が就業規則に記載されていれば、始末書を
出さないのは就業規則違反となります。
しかし、それに対してまた懲戒処分をするというのは懲戒処分が重くなる
可能性があります。
初犯であれば警告書を書面で本人に渡すのが現実的な対応でしょう。
もう一つの方法は顛末書を提出させることです。
顛末書は事実の報告のみであり、謝罪の文言は入りません。
したがって、業務命令ができます。
顛末書の提出を拒めば、業務命令違反で懲戒処分が可能です。
本件について各社でいろいろの意見があると思います。
それを否定するのではありません。

─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月20日(火)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    3月 9日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
ニューヨーク州の州都はニューヨーク市ではない
アメリカ合衆国は50の州から成り、首都はワシントンだが、50の州には
それぞれ州都がある。
州都は日本でいえば都道府県庁所在地に相当する。
都道府県庁があるのは、都道府県のなかでもっとも大きな都市である。
たとえば神奈川県の県庁は横浜市に、愛知県の県庁は名古屋市に、
福岡県では福岡市にある。
ところが、アメリカの州都は日本と同じではない。
アメリカのなかで二番目に人口の多いニューヨーク州。
その州のなかでもっとも人口が多い都市はニューヨーク市である。
だが、ニューヨーク市はニューヨーク州の州都ではない。
ニューヨーク市の北、約250キロメートルにオールバニーという町がある。
人口10万人くらいの町だが、この町がニューヨーク州の州都である。
一七九七年、州都になった。
ちなみにオールバニーという地名は、のちに英国王(ジェームスニ世)に
なったヨーク・オールバニー公爵の名にちなんで、名づけられたもので
ある。
(知って得しない話。 北嶋廣敏著 グラフ刊より)

◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の見直をご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆
賃金制度を見直したいが、勉強している時間がない...。
中川式賃金研究所のセミナーに参加したが賃金制度の見直しが後回しに
なっていつの間にか半年が過ぎ、1年が過ぎ...となっている...。
専門家にコンサルティングを依頼した方が良いかもしれません。
よろしければ賃金制度の見直しのお手伝いをさせていただきます。
専門家の力を借りて賃金制度の見直しをしたい方は下記にご記入し
そのままメールをください。
   ◆賃金制度見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後に断ることはご自由です)
御社名:
役職名:
お名前:
所在地:
上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細をご連絡します。

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2017年
12月27日

 【就業規則】前文について

◆────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  
       【東京】 平成30年4月12日(木) 13時30分~16時30分
         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆────────────────────────────────◆
  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年12月27日号 VOL.3371
――――――――――――――――――――――――――――――――――
高まるために捨てる
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【就業規則】前文について
◆────────────────────────────────◆
中川 こんにちは。
社長 こんにちは。
   知り合いの社長の会社の就業規則は前文があると自慢しています。
   前文は書かなくてもいいのでしょう?
中川:はい、労基法違反ではありません。
社長:でも、ある方がいいように思います。
中川:その就業規則の前文はどんな内容ですか?
社長:経営理念とか行動規範のようなものです。
中川:行動規範はどんなものですか?
社長:元気にあいさつするとか、時間厳守5分前とかでした。
   全部は覚えていませんが。
中川:で、社長はどうしたいのですか?
社長:就業規則に書くことによって従業員の自覚が高まると
   思います。
   だから、前文を入れようかと思っています。
中川:就業規則に前文を入れている会社を数社見たことがあります。
   統計を取っていないので何とも言えませんが数パーセント
   程度だと思います。
社長:数パーセントというと100社で1社か2社ということですね。
   で、前文を入れることをどう思いますか?
中川:社長が入れたいと思えば入れてください。
   悪いことではありません。
社長:あれ?
   消極的な発言ですね。
   気乗りしないのですか?
中川:うーん。
   就業規則は誰が一番見ていると思いますか?
社長:従業員でしょう?
中川:従業員の中でも誰ですか?
社長:誰ですかと言われても...。
中川:たぶん、総務の方です。
   他の従業員はめったに見ません。
   見るとすると退職したくなったときに
   退職はどうしたらできるのかと調べるためです。
社長:それが実態かも。
中川:ほとんどの人は普段、就業規則を見ていません。
社長:そう言われると私もほとんど見ていません。
中川:企業理念や行動規範を周知するためとしては有効な
   手段とは思えません。
   それよりは、掲示するとか朝礼などで周知徹底する方が
   有効でしょう。
社長:なるほど。
   では、当社は前文は入れないことにします。

(中川コメント)
就業規則に前文を入れることを否定しているのではありません。
経験上、日常は就業規則の活用が低いので効率が悪いと思っています。

─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月20日(火)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    3月 9日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
高まるために捨てる
人生はそれほど長いものではない。
夕方に死が訪れても何の不思議もない。
だから、わたしたちが何かをなすチャンスは、いつも今この瞬間に
しかないのだ。
そして、その限られた時間の中で何かをなす以上、何かから離れたり、
何かをきっぱりと捨てなくてはならない。
しかし、何を捨てようかと悩んだりする必要はない。
懸命に行動しているうちに、不必要なものは自然と自分から離れて
いくからだ。
あたかも、黄色くなった葉が樹木から離れ去るかのようにだ。
そうしてわたしたちはさらに身軽になり、目指す高みへとますます
近づいていくことになるのだ。
(ニーチェの言葉 ディスカバー・ツゥエンティワン刊より)

◆─────────────────────────────────◆
 【DVD】退職金制度の見直し方セミナー
◆─────────────────────────────────◆
基本給連動型の退職金制度は、リスクが大き過ぎます。
ポイント制退職金制度は、中小企業には合いません。
下記からお申し込みください。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-05.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆