HOME > 中川清徳のブログ >  【法令新着情報 】行政手続コストを平成32年までに20%削減
中川清徳のブログ
2018年
1月07日

 【法令新着情報 】行政手続コストを平成32年までに20%削減

◆─────────────────────────────────◆
 ■「社員が成長する人事考課表の作り方」セミナー
 【東京】  平成30年2月19日(月)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座
    http://nakagawa-consul.com/seminar/084.html
◆─────────────────────────────────◆
人事考課の目的は査定だけではありません。
忘れがちなのが、「人材育成」の視点です。
部下を印象で評価する人事考課表になっていませんか?
現在の人事考課表は会社の目標と一致したものになっていますか?
会社の目的を達成し、そして社員が成長する人事考課表の作り方、運用のし
かたをお話します。
中小企業は人材不足だと嘆く前に、経営者や管理職にはやるべきことがあり
ます。
お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/084.html
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年1月7日号 VOL.3382
――――――――――――――――――――――――――――――――――
知的な職業に従事している人でも、同じ誤りをおかす。
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【法令新着情報 】行政手続コストを平成32年までに20%削減
◆────────────────────────────────◆
【行政手続コストを平成32年までに20%削減するための
                    基本計画を公表】
 
厚生労働省は、「平成29年度規制改革実施計画(平成29年6月
9日閣議決定)」及び「行政手続部会取りまとめ~行政手続
コストの削減に向けて~」(平成29年3月29日規制改革推進
会議行政手続部会決定)を踏まえ、民間事業者の皆様が行う
行政手続コストを2020年までに20%削減するため、行政手続
コスト削減のための基本計画を策定・公表しました。

<基本計画のポイント>
●社会保険に関する手続関係
社会保険等の手続の行政コスト削減にあたっては、「行政手続の
電子化の徹底(デジタルファースト)」、「同じ情報は一度だけ
(ワンストップ)」、「書式・様式の統一(ワンスオンリー)」
の三原則に沿って見直しを行う。具体的には、社会保険等の手続
について、3年間(一部5年間)で以下の対策を実施し、社会
保険等の手続全体として手続コストを20%削減。
・手続のオンライン化の推進......電子的申請の義務化など
・バックヤード連携の徹底......マイナンバー連携による手続廃止など
・従業員本人の押印・証明の省略
・「ワンストップ化」の実現......次のとおり
    厚生年金保険、健康保険、労働保険及び雇用保険の各手続に
    おいて届出契機が同じ次の4種の手続の届出様式を統一化し、
    事業主の申請負担の軽減を図る。
・「新規適用届(適用事業所設置届、労働保険関係成立届)」
・「適用事業所全喪届(適用事業所廃止届)」
・「被保険者資格取得届」
・「被保険者資格喪失届」
統一様式による運用は平成31年度からとし、新様式に対する
システム改修が生じることから、平成33年度末までの5か年で
取り組む。統一様式については、受付窓口も統一化し、年金
事務所、労働基準監督署及びハローワークにおいてそれぞれ
一括して受け付けることを可能とする。

●従業員の労務管理に関する手続関係
以下の対策を平成31年度までに実施し、行政手続コストを20%削減。
【例】社労士が提出代行する際の使用者の電子署名及び電子証明書
の省略(要省令改正)、時間外労働・休日労働に関する協定届の
本社一括届手続の簡素化(要通達発出)など。
また、各助成金に応じて以下の対策を平成31年度までに実施。
【例】一定の雇用関係助成金について、郵送やオンラインによる
申請の受付、書類作成補助ツール(記入マニュアル等)の作成、
申請様式の簡素化、ダウンロード用の申請様式のHP掲載など。

(中川コメント)
お役所の手続きが簡素化に向かいそうですね。
電子申請の導入の検討を推奨します。
─────────────────────────────────
 「ガラッと賃金一新セミナー」2018  
      【東京】平成30年2月13日(火) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年2月23日(金) 13時30分~16時30分
      【東京】平成30年3月 8日(木) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年3月19日(月) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年4月5日 (木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成30年4月13日(金) 13時30分~16時30分
    http://nakagawa-consul.com/000057.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
知的な職業に従事している人でも、同じ誤りをおかす
ある時、私は、フィラデルフィアで、有名な耳鼻咽喉科医の門をくぐった
ことがある。
その医者は私の扁桃腺を見もしないうちに、私の験業をたずねる。
彼は私の扁桃腺のぐあいよりも私の懐ぐあいに関心があったのだ。
人助けよりも金もうけのほうに興味を持っている。
その結果、彼はもうけそこなった。
彼の人格を軽蔑して、私は、そのまま帰ってきてしまったのだから。
世間には、こういう我利我利亡者がうようよしている。
だから、自分よりも他人のために奉仕しようとする少数の人々にとって、
世の中は、おそろしく有利にできている。
つまり、競争者がほとんどないわけだ。
「他人の立場に自分を置くことができ、他人の心の動きを理解できる人は、
将来を心配する必要などはない」
これは、オウエン・ヤシグのことばである。
(「人を動かす」より D・カーネギー 山口博訳 創元社)

◆─────────────────────────────────◆
  賃金制度の診断をいたします 20万円(税別)+交通費等
◆─────────────────────────────────◆
賃金制度の診断をいたします。ご希望の方は下記からお申し込みください。
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/wage_system.html
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆