HOME > 中川清徳のブログ > 【PR】「ガラッと賃金一新セミナー」2018
中川清徳のブログ
2018年
1月09日

【PR】「ガラッと賃金一新セミナー」2018


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る
作者: 中川清徳  2018年1月10日号   VOL.3383
◆─────────────────────────────────◆
駅伝競技はいつできたの?
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
人が採れない、定着率が低いと悩んでいませんか?
人が採れない、定着が低いのは賃金が他社と比べて低いからです。
賃金決定のポイントは
1.世間相場と比べて高いか低いか
2.社内バランス
の二つです。
具体的にどうしら良いかがスッキリと分かるセミナーのご案内です。
◆─────────────────────────────────◆
【PR】「ガラッと賃金一新セミナー」2018  24,000円(税別)
      【東京】平成30年2月13日(火) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年2月23日(金) 13時30分~16時30分
      【東京】平成30年3月 8日(木) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年3月19日(月) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年4月5日 (木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成30年4月13日(金) 13時30分~16時30分
  → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/057.html
◆─────────────────────────────────◆
 下記よりお申し込みください。
  → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/057.html
または、下記の申込書欄にご記入のうえ、そのままご返信ください。
受講票と請求書を郵送します。
複数のご参加は連名でご記入ください。
********************************************************************
    「ガラッと賃金一新セミナー」2017申込書 24,000円(税別)
1.社名
2.役職名
3.お名前
4.会社所在地
5.ご希望日程 ご希望の日程の(  )内に○をしてください。
   ( )【東京】平成30年2月13日(火) 13時30分~16時30分    
      ( )【東京】平成30年2月23日(金) 13時30分~16時30分
      ( )【東京】平成30年3月 8日(木) 13時30分~16時30分    
      ( )【東京】平成30年3月19日(月) 13時30分~16時30分    
      ( )【東京】平成30年4月5日 (木) 13時30分~16時30分
      ( )【東京】平成30年4月13日(金) 13時30分~16時30分
   ( )Webセミナーを希望 
            遠隔地でもその場で受講できます
      日程が合わないなどの事情で参加できない方に朗報です。
      お申し込み後、弊社より日程調整のご連絡を差し上げます。
      インターネットに接続でき、マイク、スピーカが接続できる 
      パソコンがあれば特別なソフトは不要です。
********************************************************************
セミナー参加者の声
匿名希望「出勤奨励、生産性向上(業績手当)、決算賞与について
     即検討を行いたいと実感しました」
T社Y様「知りたかったことや考え方が分かって良かった」
匿名希望「3時間判りやすいお話ありがとうございます。
     帰りましたら早速世間相場との比較をしてみたいと思います。
     私が若い時に較べ、現在の若い人達は自分の給与について
     本当に細かく聞いてきます。(保険、時間外手当等)
     また、他社に較べてどうなのかということも気にしている
     様子もあります。
     とても参考になりました。ありがとうございます。」
K社S様「中途相場、業績給などの情報が大変有効でした。
     また、現状のトレンド、マスコミからの情報からは見えてこな
     い中小企業のリーマン後の賃金実態がわかりやすく整理され
     他では入手できない情報であったと感じました。
     また、優良企業の労務のお話なども大変役立ちました。」
匿名希望「生の数字が出ているので、とても説得力があるセミナーでした。
     新しい提案があり、社内で検討していきたい」
※他のご参加者からの声も頂戴しておりますが、メルマガ掲載は不可の
 ご意向により割愛します。
       
賃金改定の時期がやってきました。
賃金問題は人材採用・定着などのヒトの問題と大きく関係し、頭を悩ませて
いる経営者は多いことでしょう。
このセミナーでは、中小企業の給与問題に精通した中川が、自らの足で集め
た生の給与データの統計「ズバリ! 実在賃金」に基づき、来年度の給与改定
を行う際のポイントを解説します。
10年間コツコツと中小企業の生データを集めています。
今年はさらにパワーアップし、目玉は年齢別の中途採用初任給相場を
上、中、下に分けてご提示できることです。
これほどのデータは他にないと自負しています。
これほど具体的な賃金改定を提案できるセミナーはないと自負しております。
経営者の立場から、経営に生きる提案をいたします。
セミナーの内容 ※内容は講師の都合で変更することがあります
第1部 コレが現実! 最新の賃金情報
 ・世間の動向
 ・講師は実際の給与明細を集めた「ズバリ!実在賃金」という統計を毎年
  作成している最新情報を提供。
 ・年収は?
 ・給与の総支給額(残業込み)は?
 ・所定内の給与は?
 ・基本給は?
 ・幹部の給与は?
 ・役員の給与は?
第2部 今年の賃金改定はココがポイント
その1 従業員が集まるようにする
  「応募者に初任給を呈示したら辞退されてしまった」経験は
  ございませんか?
 ・年齢別中途採用初任給の最新情報でヨソに負けない初任給決定できる
  資料開示(独自調査結果)→今年の目玉です
 ・「スマホで就活時代」に対応した求人サイトの見本
 ・求人票を出す際に求められる「みなし時間外手当」の明確化
 ・募集は初任給と休日日数で決まる 休日日数を見直すコツ
 ・求人票の書き方 事例
その2 従業員が定着するようにする
 ・世間相場を意識した賃上げができる「19時までにきっかり退社。
  30歳の総合職で年収450万円」の新賃金モデルを紹介
その3 従業員がやる気を起こすようにする
  「課長になりたがらない30代」が増えていませんか?
 ・課長に残業代を払う新時代の賃金制度
 ・家族手当当の見直し
 ・配偶者手当廃止
 ・子供分を増額
 ・配偶者がなくて子供を養育する人には加算
 ・新賃金モデルを紹介
その4 中高年の従業員にもっとがんばってもらう
 ・中高年の賃金は職務能力に応じてメリハリをつける
 ・やる気のある人はふさわしい賃金にする
その5 従業員が業績向上に協力するようにする
 ・会社の業績は「1 人あたり粗利益」がポイント
 ・業績手当と連動させる
 ・賞与と連動させる
当日配布する資料
 (1)リーマン前と後との給与変化がバッチリわかる最新給与グラフ
 (2)中小企業の給与相場がわかるグラフ(年収・給与総額・所定内給与・
   年間賞与)→世間相場と比較した自社の水準を知ることが
   給与改定の第一ステップです。
   グラフは首都圏版(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)です。
   セミナーに参加される会社には、所在地別に都圏版と同じ構成の
   ズバリ!実在賃金データを配布します。
    ・関西圏(京都、大阪、兵庫)
    ・愛知県、岐阜県、群馬県、静岡県、福井県
    ・福島県、北海道
   上記以外の地域からご参加の会社には、厚生労働省のデータを
   独自に解析した最新グラフを別途配布します。
 (3)レジメと関係資料
 ※いずれも他では手に入らない貴重な資料です。

(中川コメント)
 賃金データは首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の中小企業
(300人未満)のものです。
 他の地域の方はそれぞれの県別の相場をご提供しますが、首都圏版ほどは充
実していないことをご承知ください。(それでも多数のご参加があります)
 このセミナーは首都圏の中小企業の経営者向けに作成しておりますが、
他の地域の会社でも賃金決定の考え方が参考になります。
他地域の会社からもお申し込みが多数あります。
 満席が予想されます。お申し込みは早めがよいでしょう。
 同業者のお申し込みは不可です。
セミナー参加のお申し込みは下記から
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/057.html

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
駅伝競技はいつできたの?
駅伝レースは、コースを複数区間に分け、布製のたすきをバトンがわりに
走りつないでいくリレー競技。
今や、日本のお正月の風物詩ともなった、東京箱根間往復大学駅伝。
1920年に始まり、東京・大手町~箱根・芦ノ湖間の往復216.4キロメートル
を10区間に分け、一日に五区間ずつリレーして競技されています。
実は、この駅伝、日本発祥の競技なのです。
もともと「駅伝」には、古代の交通制度としての意味があります。
中国の秦漢帝国時代に全国的に施行された制度で、これが奈良時代
日本にも伝来。
公用の旅行や通信のために街道の30里(約16キロメートル)ごとに
「駅」を設置しました。
この「駅」というのは、馬を休ませたり、水を飲ませたりする場所の
ことで、駅制といって、書類や手紙を運ばせる馬を、この「駅」に配置
していました。
この駅制が、「駅伝」の名前の由来になっています。
1992年には、「ロードリレー」という名前で、国際陸上競技連盟の
正式種目として登録されました。
(絶対にすべらない無敵の雑学より 角川学芸出版)
◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆