HOME > 中川清徳のブログ >  【残業】拒否して帰宅する場合
中川清徳のブログ
2018年
1月13日

 【残業】拒否して帰宅する場合

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催
  【東京】    3月22日(木)13時30分~16時30分
   http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html
◆─────────────────────────────────◆
60歳以上の給料の決め方をほとんどの会社が間違っています    
60歳以降の給料は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。
また、法律が65歳までの義務化されました。
新しい法律改正による60歳以上の給料の決め方をお話しします。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方が良かったのですが
それを実施していない会社の対応策もご提案します。
詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年1月13日号 VOL.3392
――――――――――――――――――――――――――――――――――
自分の仕事は人々に感動を与えている
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
 【残業】拒否して帰宅する場合
◆─────────────────────────────────◆
中川 こんにちは。
社長 こんにちは。
   Aさんには困りました。
中川:何がありましたか?
社長:納期の関係で3日間残業が必要でした。
   しかし、Aさんは残業ができないと言ってさっさと帰るのです。
中川:どうして残業ができないのですか?
社長:言わないのです。
   他の社員からも不満が出ています。
   懲戒処分にしたいと思いますが違法ですか?
中川:それは単純な話ではありません。
社長:そうですか。
中川:まず、36協定(残業をしても良いという協定)を締結していますか?
社長:はい、毎年労基署に提出しています。
中川:次に就業規則には残業してもらうこともあると書かれていますか?
社長:はい、書かれています。
中川:では、残業を命じそれに従う環境は整っています。
社長:では、懲戒処分はOKですね?
中川:問題はAさんが残業をしない理由です。
   それが分からないと何とも言えません。
社長:それはおかしいでしょう。
   仕事を優先すべきではないですか?
   
中川:そうですね。
   経営者としては当然のお考えでしょう。
   しかし、残業ができない事情があるかもしれませんよ。
   その事情を無視して残業に協力しないから懲戒処分に
   するというのは権利の乱用と言われますよ。
社長:残業をしないことに理由が必要なのですか?
中川:たとえば、介護が必要な家族がいたらどうですか?
社長:ムムム...。
中川:たとえば、奥さんが入院しており子供の世話をしなければ
   ならないとしたらどうですか?
   懲戒処分をしますか?
社長:ムムム...。
   なるほど。
   残業ができない理由もあるのですね。
中川:そうです。
   プライベートなことなので語りたがらない人もいるのです。
社長:うーん。
   事情を確認しましょう。

(中川コメント)
残業をさせるには36協定の締結と就業規則への明記が必要です。
その上で残業に協力しない場合は事情を聞きましょう。
いきなり懲戒処分は権利の乱用となりかねません。

─────────────────────────────────
 「ガラッと賃金一新セミナー」2018  
      【東京】平成30年2月23日(金) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年2月27日(火) 13時30分~16時30分
      【東京】平成30年3月 8日(木) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年3月19日(月) 13時30分~16時30分    
      【東京】平成30年4月5日 (木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成30年4月13日(金) 13時30分~16時30分
    http://nakagawa-consul.com/000057.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
自分の仕事は人々に感動を与えている
一隅(いちぐう)を照らす、これすなわち国の宝なり
 平安時代の僧・天台宗の開祖 最澄
一隅を照らすとは、「社会の片隅にいながら、社会に役立つ仕事をする」
という意味です。
わかりやすく言うと、「社会から注目されるような仕事をしていなくても、
やるべき仕事に熱心に打ち込んでいる人は、国にとって欠かすことの
できない大切な財産である」ということを表しています。
あるとき、お釈迦様が弟子たちと田舎道を歩いていると、
一人の舟漕ぎと出くわしました。
お釈迦様はその舟漕ぎに深々と一礼し、合掌しました。
次に、一人の木こりと出くわしました。
ここでもお釈迦様は木こりに深々と一礼し、合掌しました。
「偉くもないあの人たちに、なぜ?」と不思議に思った弟子が理由を
尋ねると、お釈迦様は次のように答えたのです。
「あの舟漕ぎのおかげで、私たちは安心して川を渡ることができる。
あの木こりが木を切ってくれるおかげで、私たちは家に住むことができる。
私たちがこうして生活できるのは、あの人たちが陰日向で支えてくれて
いるからなのだよ」
どんな仕事でも例外ではありません。
地味であっても、目立たなくても、単調でも、私たちが毎日行っている
仕事は、世の中のため、人のために大いに役立っているのです。
自分では気づいていないだけで、大勢の人に喜びと感動を与えているのです。
豊かで便利な生活が送れるように貢献しているのです。
そう思えば、今の自分の仕事に誇りが持て、前向きな気持ちになれますし、
マイナスに傾いていた感情だって、プラスに移行していくことでしょう。
(もやもやした感情を整理する8つのコツ 植西聰 水玉舎刊より)
◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の見直をご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆
賃金制度を見直したいが、勉強している時間がない...。
中川式賃金研究所のセミナーに参加したが賃金制度の見直しが後回しに
なっていつの間にか半年が過ぎ、1年が過ぎ...となっている...。
専門家にコンサルティングを依頼した方が良いかもしれません。
よろしければ賃金制度の見直しのお手伝いをさせていただきます。
専門家の力を借りて賃金制度の見直しをしたい方は下記にご記入し
そのままメールをください。
   ◆賃金制度見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後に断ることはご自由です)
御社名:
役職名:
お名前:
所在地:
上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細をご連絡します。

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆