HOME > 中川清徳のブログ >  【今月の経営格言】星野仙一 (元東北楽天ゴールデンイーグルス監督)
中川清徳のブログ
2018年
2月12日

 【今月の経営格言】星野仙一 (元東北楽天ゴールデンイーグルス監督)

◆─────────────────────────────────◆
 ■「社員が成長する人事考課表の作り方」セミナー
 【東京】  平成30年2月19日(月)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座
    http://nakagawa-consul.com/seminar/084.html
◆─────────────────────────────────◆
人事考課の目的は査定だけではありません。
忘れがちなのが、「人材育成」の視点です。
部下を印象で評価する人事考課表になっていませんか?
現在の人事考課表は会社の目標と一致したものになっていますか?
会社の目的を達成し、そして社員が成長する人事考課表の作り方、運用のし
かたをお話します。
中小企業は人材不足だと嘆く前に、経営者や管理職にはやるべきことがあり
ます。
お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/084.html
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年2月11日号 VOL.3426
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ニンニクの芽って、じつは茎のことって知ってた?
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【今月の経営格言】星野仙一 (元東北楽天ゴールデンイーグルス監督)
◆────────────────────────────────◆
 『ずっと野球と恋愛をしてきてよかった
          もっともっと、野球に恋をしたい』
   星野仙一 (元東北楽天ゴールデンイーグルス監督)
   出所:「朝日新聞 朝刊(2018年1月7日付)」(朝日新聞社)
      
――――――――――――――――――――――――――――
冒頭の言葉は、
「好きなものに熱中することが、成功を引き寄せる」
ということを表しています。
中日ドラゴンズ、阪神タイガース、東北楽天ゴールデンイーグルス
の各球団をリーグ優勝に導いた星野氏。3球団でのリーグ優勝は
監督として史上3人しか成し遂げていない偉業です。
名将とされる監督の中には、驚くような妙手を繰り出すことで
勝利を引き寄せるタイプの人がいる一方、星野氏は奇をてらう
のではなく、オーソドックスな采配を振るってきたとされます。
星野氏の監督としての特徴とは、"闘将"という愛称に表れて
いるように、勝負に熱く、選手を叱咤(しった)激励しながら
けん引する姿勢だといえます。星野氏は、誰にも負けない熱烈な
ほどの心を持って物事に対峙することを自身の信条としており、
監督としても自分が燃えることで、選手の心に火をつけることが
できると信じていました。
このような星野氏の情熱は、冒頭の「ずっと野球と恋愛をして
きてよかった」という言葉にも表れています。ちなみに、この
言葉は、2017年11月に開催された星野氏の野球殿堂入りを記念
したパーティーの場で発せられたものです。このときの星野氏は
「子どもたちが野球のできる環境を整えていきたい」という夢に
ついても語っていました。プロ野球球団の監督として十分な実績
を残した後であっても、夢を持ち続けていた星野氏からは、野球
に対する飽くなき情熱を感じることができます。
星野氏は夢を持ち続けたからこそ、プロ野球という厳しい世界で
成功を収めることができたといえるかもしれません。星野氏は夢
について、次のような言葉を残しています。
「ひと口だけでもいいから自分の夢をかじってみようや」
組織が結果を出していくためには、リーダーが組織の夢を示し、
それに共感したメンバーが役割を全うしていくことが欠かせま
せん。リーダーに求められるのは、メンバーが「ひと口かじって
みよう」と思える、魅力的な夢を示すことだといえます。
プロ野球の場合であれば、「優勝しよう」という監督が示す夢に
対して、各選手の共感は得やすいといえるでしょう。
一方、ビジネスの場合、「優勝しよう」といった、多くの従業員
から共感を得られる、分かりやすい夢を示すのは困難です。例え
ば、自動車メーカーであれば、「いいクルマをつくろう」などの
夢を掲げることがありますが、プロ野球における「優勝しよう」
という夢に比べて抽象的であり、各従業員にとって受け取り方も
異なるでしょう。
経営者はさらに一歩踏み込んで、「いいクルマをつくろう」という
夢を達成するために、「自動運転の実現を見据えて、2018年度まで
に自動緊急ブレーキの全車装備を達成する」など、何をやるべきか、
どのような行動に移すべきなのかについて、具体例を示すことも
必要です。
また、夢に向かって、実際に行動を起こしている従業員を評価する
仕組みを整えます。夢は簡単にかなうものではないため、困難な
道のりを乗り越えていかなければなりません。適正な評価は、行動
を起こした従業員の励みになることに加え、経営者が本気で夢を
実現しようというメッセージとなるはずです。

【本文脚注】
本稿は、注記の各種参考文献などを参考に作成しています。本稿
で記載している内容は作成および更新時点で明らかになっている
情報を基にしており、将来にわたって内容の不変性や妥当性を
担保するものではありません。また、本文中では内容に即した
肩書を使用しています。加えて、経歴についても、代表的と思わ
れるもののみを記載し、全てを網羅したものではありません。
【経歴】
ほしのせんいち(1947~2018)。岡山県生まれ。明治大学卒。
1969年、中日ドラゴンズ入団。
1982年、現役引退。
2011年、東北楽天ゴールデンイーグルス監督就任。
2017年、野球殿堂入り。
【参考文献】
「朝日新聞 朝刊(2018年1月7日付)」
(朝日新聞社)
「改訂版 星野流」
(星野仙一、世界文化社、2011年2月)
「サンデー毎日97(5)」
(毎日新聞出版、2018年1月)
「公益財団法人野球殿堂博物館ウェブサイト」
(公益財団法人野球殿堂博物館)

(中川コメント)
 本日の記事は弊社が有料会員となっている「中小企業福祉事業団」の
ビジネスリポートの記事を転載しました。
─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月20日(火)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    3月 9日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
ニンニクの芽って、じつは茎のことって知ってた?
中華料理などにつかわれるニンニクの芽。
ただし、名前と違って、その正体はニンニクの芽ではなく、ニンニクの茎だ。
ニンニクは、春になると地上ては葉や茎がのび、地下では球が大きくなって
くる。
このとき、のびてきた若い茎を刈り取ると、球に栄養がたくさん行き渡り、
まるまると太ったニンニクができあがる。
中国では古くから、この刈り取った若い茎を「茎ニンニク」、葉を
「葉ニンニク「として食用にしてきた。
この茎ニンニクが中国から日本へ入ってきたときにつけられたのが、
「ニンニクの芽」 という名前。
以来、日本ではこの名で親しまれている。
ニンニクの芽には、ニンニク特有の強いにおいはなく、カロチンや
ビタミンCを多く含んでいる。
炒め物に手軽につかえることから一般家庭での需嬰がのび、近年、
中国南部や台湾からの輸入が増えている。
(おいしい雑学 博学こだわり倶楽部編 河出書房社刊 より)

◆─────────────────────────────────◆
 退職金制度の見直をご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆
基本給に連動した退職金制度は高額の退職金になる可能性があり危険です。
また、漫然と大手企業の退職金制度をまねしている会社は危険です。その
理由は、中小企業は中途採用、中途退職が常態であり、定期採用、定年退
職する大手企業とは事情が違うからです。
退職金制度の見直しをお勧めします。
退職金制度の見直しは次のステップで行います。
 ステップ1 退職金の隠れ債務の見える化
 ステップ2 貢献度に応じた退職金額の設定
 ステップ3 自己都合減額の設定(単純に減額するのは疑問です)
 ステップ4 忙しい時にわざと退職するようなけしからん社員への対応策
 ステップ5 新退職金制度を従業員に説明する
 ステップ6 不利益変更になる場合は従業員の同意を得る
 ステップ7 退職金規程を改定して労働基準監督署に届ける
退職金制度問題を専門家の力を借りて解決したい会社は下記にメールをくだ
さい。
ご注意:ステップ5,6,7はアドバイスをしますが実行するのは会社です。
退職金制度見直しコンサルティングの仮申込み
(正式依頼ではありません。お申込み後に断ることは自由です)
御社名:
役職名:
お名前:
上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細をご連絡します。

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆