HOME > 中川清徳のブログ >  ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催
中川清徳のブログ
2018年
4月11日
カテゴリー

 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る
作者: 中川清徳  2018年4月11号   VOL.3512
◆─────────────────────────────────◆
もう一つ「いい話」のオマケです
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催
  【Webセミナー】 5月9日(水)13時30分~16時30分 
  【Webセミナー】 5月19日(土)13時30分~16時30分 
   → http://nakagawa-consul.com/seminar/051_web.html
  【東京】   9月14日(金)13時30分~16時30分
   → http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html
◆─────────────────────────────────◆
60歳以上の給料の決め方をほとんどの会社が間違っています    
60歳以降の給料は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。
また、法律が65歳までの義務化されました。
新しい法律改正による60歳以上の給料の決め方をお話しします。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方が良かったのですが
それを実施していない会社の対応策もご提案します。
詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)
Webセミナー → http://nakagawa-consul.com/seminar/051_web.html
東京セミナー →  http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html
お申し込みをお待ちしております。

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
もう一つ「いい話」のオマケです
 (特集企画)
心にビタミンいい話
ホテルのコンシェルジュみたいな病院の駐車場係員の話(その4)
   ~もう一つ「いい話」のオマケです~
       志賀内泰弘

★ 男の子にいきなり手をギュ~ッと握られて

 ある夏の日のことでした。
駐車場の仕事は一日中屋外です。
猛暑で、原さんも全身汗でびっしょりです。

 駐車場へ入った車から、一人の男の子が飛び出して来ました。
以前から顔見知りの子で、お母さんから自閉症だと聞いていました。
足が不自由でゆっくりしか歩けません。

 その子は、原さんのところまで走って来ると、いきなり手をギュ〜ッと
握ったのだそうです。
原さんは、いきなりのことでびっくりしました。
さらに、握った手を離さず、病院の中へと引っ張って行かれました。

 (どうしたんだろう)
 会話ができないので、理由を尋ねることが
できません。
お母さんが後を追い駆けて来て、何度も「ごめんなさい、ごめんなさい」と
謝られました。

 その時、原さんは天に諭されたかのようにピーンと来ました。
 (ああ、そうか! この子は、私が暑い炎天下で汗をかいて立っている
から、涼しい院内へ連れて来てくれたんだ)

 その想像の答えは、この母子との長いお付き合いの中で、間違いない
ことがわかりました。

 いつもは何もしません。
でも、暑い日の他、雨がザーザー降っている日、さらに寒くて凍える日に
限って、手をギュ〜ッと握って院内へと連れて行ってくれるからです。

 「ジーンと来ました。心に病のある人は、健康な人よりも人にやさしく
できるのだと、
仕事を通して気付きました」
笑っている人ほど、悲しみを抱えている

 続けて原さんは、この後、こんな話を聴かせてくれました。
「この子のお母さんだけでなく、障がい者のご家族はたいへんな苦労を
しています。
誰もが言います。
『何度も死のうかと思いました』と。
別に、苦しそうな顔をしているわけではありません。
面倒を看ているお母さんたちは笑顔なのです。
でも、私は思うのです。
『笑っている人ほど、悲しみを抱えている』のだと。
それは、ちゃんと向き合って話をしてみないとわからないのです」
繰り返します。

 「笑っている人ほど、悲しみを抱えている」
 名言です。


プチ紳士からの手紙 134号より

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆