HOME > 中川清徳のブログ >   【試用期間】遅刻が多いが解雇できるか
中川清徳のブログ
2018年
4月11日

  【試用期間】遅刻が多いが解雇できるか

◆─────────────────────────────────◆
 ■そうかぁ!転ばぬ先の杖講座「雇い入れと退職編」セミナー 2万円税別
   後継者、総務課長への教育にピッタリ
   【Webセミナー】 4月30日(火)13時30分~16時 
   【Webセミナー】 5月29日(火)13時30分~16時 
    http://nakagawa-consul.com/seminar/085_web.html
◆─────────────────────────────────◆
本に書いてあるような通りいっぺんの法律論ではなく、
中川式賃金研究所の豊富な経験に基づく実践的な内容です。
後継者および総務課長への教育にお役立て下さい。
※ Webセミナーはネットにつながるパソコン等があればOK 
  設定は弊社が接続マニュアルを事前に送信しますから安心です。
お申し込みは下記からお願いします。
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/085_web.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年4月11日号 VOL.3511
―――――――――――――――――――――――――――――――――
「ノーサイド」はもう死語?
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
  【試用期間】遅刻が多いが解雇できるか
◆─────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   Aさんについて相談です。
中川:はい、なんでしょうか?
社長:Aさんを採用して現在試用期間中です。
   ところが遅刻が多くて困っています。
中川:何時間の遅刻ですか?
社長:数分です。
   タイムカードで証拠があります。
中川:上司は注意していますか?
社長:その都度注意しています。
   入社して2ヶ月になりますが、10回以上は遅刻をしています。
   いくら注意をしても、「すんません」といいながら悪びれた様子が
   ないのです。
中川:なにか事情があるのでしょうか?
社長:事情を聞きましたが、「朝に弱いんで」というだけです。
   解雇したいのですができますか?
中川:試用期間中は解雇しやすいですが、いきなり解雇すると
   不当解雇だと訴えられる可能性があります。
   解雇は会社に分が悪いです。
社長:しかし、このまま放置しておくと示しがつきません。
中川:上司が何度注意しても遅刻がなくならないのであれば
   始末書の提出や減給処分などの懲戒処分をしましょう。
   遅刻を許さないことの本気度を本人に分からせるのです。
社長:分かりました。
   しかし、Aさんはそれにくじけず(笑い)遅刻をすると
   思いますよ。
中川:何回か懲戒処分をして、それでも遅刻を繰り返すのであれば
   次に遅刻をしたら解雇すると伝えましょう。
社長:それでも遅刻をしたら?
中川:当然ですが解雇しましょう。
社長:せっかく採用できたのにもったいない...。
中川:では、解雇しないことですね。
社長:...。
   やはり毅然とした態度で臨むべきですね。
   分かりました。
   Aさんをきちんと指導します。
   
(中川コメント)
試用期間といえども解雇をするには相当の理由が必要です。
単に気にくわないとかで解雇することはできません。
しかし、たとえば今回の事例のような遅刻は、正社員であればそれを理由に
解雇は難しいですが、試用期間中であれば解雇が可能です。
ただし、一回遅刻をしたらという理由で解雇することは不当解雇となります。
何度も注意をしても改善の見込みがないことが条件となります。
解雇されると本人は前歴に傷がつきますので、円満退職をするのが
良いでしょう。
つまり、退職届を提出させて自己都合退職扱いとすることを推奨します。
解雇は訴訟になると会社の分が悪いことが多いです。
自己都合退職であれば訴訟になることはありません。

─────────────────────────────────
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】 平成30年5月18日(金)10時~16時30分
   【東京】 平成30年8月 7日(火)10時~16時30分
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
「ノーサイド」はもう死語?
ラグビーには男のロマンをかき立てるような逸話や言葉がたくさんあります。
「ワン・フォア・オール、オール・フォア・ワン(一人は全てのために、
全ては一人のために)」
とか「ノーサイド精神」などが、よくその例にあげられます。
「ノーサイド」は、ラグビー独特の用語で、「激しく戦った敵同士も
いったんゲームが終わってしまったら敵味方(つまりサイド)なく友情を
はぐくもう」という意味です。
しかし、この「ノーサイド」という言葉、ラグビーの本場イギリスや
ニュージーランドでは、ほとんど使われていません。
単に試合の終わりは「タイム・アップ」とか「ゲームズ・オーバー」と
表現されています。
ルールブック(英語でLaw) には残っていますが、もはや一般的な英語では
ないようです。
同じような言葉に、ボールを前に投げる反則「スローフォワード」が
あります。
こちらも単純に「フォワードパス」と表現されることが多く、
「スローイング・フォワード」と呼ぶ人は少ないとのこと。
「ノーサイド」「スローフォワード」といったおなじみの言葉が本場では
死語になっていることは驚きです。
少し意味が違いますが、ラグビーでは、敵が支配しているボールを
「ヤンボ」といいますが、これは「ユアーボール」を略したものだ
そうです。
(絶対にすべらない無敵の雑学より 角川学芸出版)

◆─────────────────────────────────◆
【CD】もう年金を気にせずに働こう!「60歳 残業なし 年収350万円」
           講師 北見昌朗先生
  http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-19.html
◆─────────────────────────────────◆
60歳以降の継続雇用は、年金を多くもらう賃金設計から方針転換をしました。
その1 60歳はゴールではなく通過点
その2 60歳以降の諸手当の支給は?
その3 バリバリ組とゆったり年金組 手取りの損得勘定は?
【販売価格】1万円(税別)
秘匿性が高いため、社会保険労務士、コンサルタントはお断りします。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-19.html
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆