HOME > 中川清徳のブログ >   【賃金】たばこ休憩は賃金をカットしたい
中川清徳のブログ
2018年
4月13日

  【賃金】たばこ休憩は賃金をカットしたい

◆─────────────────────────────────◆
 ■「新人教育を見える化してグングン成長するツール」セミナー
   新人が育たないのはその仕組みがないからかもしれません
 【Webセミナー】 平成30年5月11日(金)13時30分~15時00分(1.5時間)
        1万円(税別) 
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/097.html
◆─────────────────────────────────◆
セミナーの内容
1.新人教育計画を見える化するコツ
2.新人が励みになるしかけ
3.多能工化のコツ
4.トレーナー制度の導入の仕方
お申し込みは下記からお願いします。
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/097.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年4月13日号 VOL.3514
―――――――――――――――――――――――――――――――――
「おうむ返し」では議論にならない
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
  【賃金】たばこ休憩は賃金をカットしたい
◆─────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   喫煙について相談です。
中川:はい、なんでしょうか?
社長:喫煙者はその分、働いていないのだから給料をカットすべきだと
   いう声があります。
中川:喫煙場所を定めてるのですか?
社長:はい、屋外に設置しています。
   それで往復すると15分くらいは仕事から離れます。
   それを一日に数回するのですから、非喫煙者から不満がでるのは
   ムリもありません。
   このような場合、賃金をカットですますか?
中川:賃金カットの時間はどのように把握するのですか?
社長:一回15分として4回喫煙と想定して60分ですね。
中川:では、喫煙者は一律60分のカットをするのですね?
社長:そうですが...。
中川:それはまずいですね。
   実際は15分かからない場合もあるでしょう。
   一日4回ではなく5回とか3回とかバラバラでしょう?
社長:それはそうですね。
中川:賃金カットをするのであれば、もっと厳密に管理する必要があります。
社長:といいますと?
中川:何時から職場を離れ何時に職場に復帰したかを記録ととります。
   それを集計して、賃金カットをするのであればOKです。
社長:めんどうですね。
中川:でも、現実に仕事を離れているのですから、きちんと把握すべきです。
社長:そんなことをしたら職場の雰囲気が悪くなりそうです。
中川:喫煙タイムを快く思っていない同僚がいるのでしょう?
   その人たちは密やかに拍手喝采するかも。
社長:そうですね。
   他の会社はどうしていますか?
中川:喫煙時間をカットしている中小企業は少ないと思います。
   中川が関与している会社では聞いたことがありません。
社長:知り合いの社長は、昼休み以外の喫煙を禁止していると言っていました。
中川:そのような会社はありますね。
社長:喫煙タイム分を賃金カットしたら生活に困るかも...。
中川:それはあるでしょうね。
   その分、残業をしてもらったらいかがですか?
   たとえば、60分の喫煙タイム分を残業で補うのです。
社長:それはおかしいでしょう。
   残業代は25%割増になりますよ。
中川:労働基準法では8時間を超えたら25%の割増を払えとなっています。
   したがって、残業をしても25%の割増はありません。
   もっとも、それ以上残業をすると8時間を超えますので25%割増の
   支払が必要になります。
社長:わかりました。
   部長会で審議します。
  
(中川コメント)
喫煙への風当たりが気の毒なくらい強くなりましたね。
大人=たばこ、酒、という昭和で育った中川からしたら、びっくりする
くらい環境が変化しています。
喫煙タイムを記録し、その分は賃金カットするのが良いかと思います。
ノーワークノーペイの原則は貫いたほうが良いでしょう。
─────────────────────────────────
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】 平成30年5月18日(金)10時~16時30分
   【東京】 平成30年8月 7日(火)10時~16時30分
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
「おうむ返し」では議論にならない
「A君のことばが終わると、B君はおうむ返しに反論した」
これでは議論にならず、ましてや反論などできません。
なぜなら、B君は、A君のいったことを繰り返しただけにすぎないからです。
「おうむ返し」の「おうむ(鵬鵡)」は、九官鳥とならんで物まねが
得意な鳥のことです。
つまり「おうむ返し」といえば「人から言いかけられたことばをまねて、
そっくりそのまま返答すること」です。
「いい天気ですね」
「ええ。いい天気ですねえ」
「おや、きれいな月ですなあ」
「はあ、きれいな月ですなあ」
これでは、議論にも反論にもなるわけがありません。
(間違いことばの本 講談社より)

◆─────────────────────────────────◆
 【出前社内研修】パワハラ・セクハラ防止社内研修
◆─────────────────────────────────◆
パワハラ・セクハラ防止社内研修を承ります。
ご希望の方は下記よりお申し込みください。
お申し込みは下記から
→ https://nakagawa-consul.sslserve.jp/seminar/089.html
お申し込み前の確認はメールにてお願い申し上げます。
確認方法 
 1.このメルマガの返信として確認内容を記載していただく
 2.メール info@nakagawa-consul.com 宛てに送信していただく
 3.電話 0299-85-1475で確認していただく
 4.FAX 0299-85-1474に送信する

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆