HOME > 中川清徳のブログ >  【今月の経営格言】衣笠祥雄(元プロ野球選手)
中川清徳のブログ
2018年
5月14日
カテゴリー

 【今月の経営格言】衣笠祥雄(元プロ野球選手)

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 「けしからん社員への対応」セミナー
  【Webセミナー】 7月14日(土)13:30~16:30 
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/059_web.html
◆─────────────────────────────────◆
無断遅刻をする。無断欠勤をする。指示に従わないで作業ミスをして納期
遅れになる。交通事故を繰り返す。タイムカードを不正打刻する。定期健
康診断を受診しない。上司が部下に適切に業務指示をしない。会社の備品
を窃盗する。社内不倫をする。インターネットで会社の中傷をする。会社
の機密情報を漏洩する。個人情報を漏洩する。刑事事件を起こす。セクハ
ラをする。パワハラをする。権利ばかり主張し、まともに義務を果たさな
い。配置転換を拒否する。勤務成績不良。
さて、どうしますか?
お申し込みは下記から
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/059_web.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年5月14日号 VOL.3558
―――――――――――――――――――――――――――――――――
世の中にはお酒に強い人、弱い人、全く飲めない人がいますが、

(続きは編集後記で)

◆──────────────────────────────◆
 【今月の経営格言】衣笠祥雄(元プロ野球選手)
◆──────────────────────────────◆
◆今月の経営格言
 『私に野球を与えてくださった神様に感謝します』
           
   衣笠祥雄(元プロ野球選手)
   出所:「朝日新聞 朝刊(1987年6月14日付)」
         (朝日新聞社)
      
――――――――――――――――――――――――――――
冒頭の言葉は、
「自分が活躍できる場をつかむためには、努力だけでなく、
 自分を盛り立ててくれる周囲の協力が欠かせない」
ということを表しています。
現役時代、"鉄人"の愛称で知られた衣笠氏。衣笠氏が残した
2215試合連続出場という日本記録は、今もまだ破られていない
偉業です。この偉業を支えたのは、野球に対する情熱と、「ス
ター選手は毎日ファンに姿を見せるもの」というプロ意識でした。
衣笠氏は捕手としてカープへ入団後、当時の花形投手からホーム
ランを放ち、華々しいデビューを飾りました。しかし、直後に
肩をけがしたことから捕手としての活躍の場を失い、試合に出
られない苦しい時代を経験することになります。
衣笠氏は、試合に出るために自分は何をすべきか、自分がアピ
ールできる特徴は何かについて考えました。そして、長打力が
自分の武器であると考え、それに磨きをかけることでレギュラー
の座をつかみ取ったのです。
とはいえ、衣笠氏は長打だけに固執していたわけではありません。
詰まった当たりでも安打で出塁すること、安打数よりも打率を残
すことなど、キャリアを積むごとにプレースタイルを変化させて
いきました。例えば、衣笠氏は打率を意識したことで、次のよう
な気付きがあったとしています。
「以前のおれは大差がついたりして勝負が決まってしまうと、
 あとは気が乗らず、雑になっていた。無駄にしていた打席が
 多かったんだよ」
球場を沸かす長打と、詰まった当たりでも出塁することとは、
対極のプレースタイルのように思えます。しかし、衣笠氏の中
には、「試合に出たい」「野球をもっと深く知りたい」という
譲れないこだわりがあり、それを貫くためにプレースタイルを
変化させてきたのです。
経営者には、衣笠氏がプレースタイルを変えてきた気持ちがよく
分かるのではないでしょうか。経営者は経営のプロであり、会社
を成長させ、従業員や顧客を幸せにするために、経営スタイルを
変えなければならない局面があるからです。
特に現在は、経営者がこれまで信じてきた価値観(例えば、働き
方)でさえ、覆されることがあります。新しい流れを否定するだ
けでは"時代遅れの頑固者"に陥ってしまいますが、単に流され
るだけでは自己がないといえます。
経営者は「不易流行」の感覚を持って従業員や顧客に伝えるべき
ものと、変えるべきものを決めなければなりません。そのために
は、一つ一つの局面に正面から向き合い、真剣に判断する必要が
あります。こうしたことによって、新しい経営スタイルが生まれ
てくるでしょう。

【本文脚注】
本稿は、注記の各種参考文献などを参考に作成しています。本稿
で記載している内容は作成および更新時点で明らかになっている
情報を基にしており、将来にわたって内容の不変性や妥当性を
担保するものではありません。また、本文中では内容に即した
肩書を使用しています。加えて、経歴についても、代表的と思わ
れるもののみを記載し、全てを網羅したものではありません。
【経歴】
きぬがささちお(1947~2018)。京都府生まれ。
平安高等学校(現龍谷大学付属平安高等学校)卒。
1965年、広島東洋カープ入団。
1987年、当時の米大リーグ記録を破り、2215試合連続出場記録
を樹立。
同年、現役を引退し、国民栄誉賞受賞。
【参考文献】
「朝日新聞 朝刊(1987年6月14日付)」
(朝日新聞社、1987年6月)
「朝日新聞 朝刊(1999年9月30日付)」
(朝日新聞社、1999年9月)
「朝日新聞 朝刊(2004年8月3日付)」
(朝日新聞社、2004年8月)
「公益財団法人野球殿堂博物館ウェブサイト」
(公益財団法人野球殿堂博物館) 

(中川コメント)
 本日の記事は弊社が有料会員となっている「中小企業福祉事業団」
のビジネスリポートの記事を転載しました。
─────────────────────────────────
 ■ パワハラ・セクハラ撲滅セミナー
   【東京】 6月7日(水) 13時30分~16時30分 
      http://nakagawa-consul.com/seminar/088.html  
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
世の中にはお酒に強い人、弱い人、全く飲めない人がいますが、
日本人はヨーロッパ系やアフリカ系の人に比べてお酒に弱いと
言われています。
大昔、人類が三大人種(黒人、白人、黄色人種)に分岐した後、
日本人を含む黄色人種の中に突然変異的に、お酒を飲んだ時に
発生する有害物質「アセトアルデヒド」を分解する酵素である
「ALDH2」の活性を無くしてしまった人が出現し、時代を経るに
つれて、お酒に弱い人が次第に増えていったそうです。
一方、欧米人などは大半が「ALDH2」の活性を有することが知ら
れています。
日本人の遺伝情報の研究によると、子孫に遺伝情報が受け継が
れる際に、アルコールに弱い体質が失われずに蓄積され、過去
100世代ほど、数千年をかけて「進化」してきたということだ
そうです。
アルコールに弱い体質が、環境への適応に有利に働いたとみら
れていますが、それが何故なのか、詳しい原因は分かっていま
せん。
お酒に弱い人は少量のアルコールでも悪酔いしやすくなります。
これは体質の問題ですので、強くなろうと無理な努力をするよりも、
自分の体質を知り、また周囲にも知ってもらい、自分に合った
飲み方を守っていくことが大切です。

◆─────────────────────────────────◆
 【無料プレゼント】
 従業員の給料が高いか低いか一目で分かるグラフが無料です
◆─────────────────────────────────◆
うちの従業員の給料が高いか低いか分からないのでは、給料の決めようが
ありません。高いか低いかをまず把握することです。
従業員300人未満の会社に対して御社の賃金データ(社員名は不要です。
記号で処理します)をご提供いただきますと、
一目で世間相場と比較できる「ズバリ!実在賃金」グラフを無料で差し上げ
ます。
「ズバリ!実在賃金」のグラフは、年齢別の世間相場(取締役、管理職、一
般男性、一般女性)を描いたライン(曲線に近い)のグラフに御社の同年齢
の従業員の年収・残業代を含む月額・所定内賃金(残業なし)・賞与をプ
ロット(点)表示します。
プロットは御社の従業員が分かるように番号で表示します。
そのグラフがあれば、御社の従業員の給料が世間相場と比較して誰が高いか
誰が低いかが一目で分かります。
ズバリ!実在賃金のデータがない地域(首都圏、関西圏以外)は厚生労働省
のデータを元に弊社で独自に加工した世間相場の管理職を推測して、管理職、
一般男性、一般女性の年齢別のグラフを作成します。
厚生労働省の賃金相場は管理職の相場が不明なので、そのままでは参考にな
らないから加工しています。正確性には欠けますが、そのほうがより実態に
近づくと思うからです。
よろしければお申し込みください。
→ http://form.mag2.com/cestuuoudr
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆