HOME > 中川清徳のブログ > 【川柳】イクメン川柳
中川清徳のブログ
2018年
6月13日
カテゴリー

【川柳】イクメン川柳

◆─────────────────────────────────◆
 Webセミナー「神奈川県の賃金相場と給料の見直し方セミナー」2018  
  平成30年7月10日(火)13:30~15:30(2時間)受講料 1.5万円(税別)
 うちの給料が世間と比べてどうなっているかを知りたい経営者向け
http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_1.html
◆─────────────────────────────────◆
人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?
「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
ポイントは
1.世間相場との比較
2.社内バランス
の二つです。
すぐ参考にできるノウハウ満載。
ふるってご参加下さい。
【セミナーの内容】
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 賃金改定はココがポイント
第3部 採用で苦戦しないポイント
【申込み方法】
http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_1.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年6月13日号 VOL.3602
―――――――――――――――――――――――――――――――――
ライフスタイル(=性格)とは、
人生の設計図であり、
人生という舞台の脚本である。
フイフスタイルが変われば、
人生はガラリと変わるだろう。
(続きは編集後記で)
◆────────────────────────────────◆
【川柳】イクメン川柳
◆────────────────────────────────◆
愛知県のイクメン川柳
最優秀賞
 お迎えのパパの笑顔に ダイビング 安江寛子(豊橋市)
優秀賞
 楽しいな パパと背中の 流しっこ 長井清治(武豊町)
佳作
 読み聞かせ しながらパパも 夢の国 内田彰子(武豊町)

大分県のイクメン川柳
最優秀賞
 子育ては いつでもできる ことじゃない 有田沙奈恵
優秀賞
 イケメンも やがてイクメン イクボスに  ばあちゃんブー
特別賞
 不器用な パパの頑張り 知っているよ 児玉佳奈子

(中川コメント)
サラリーマンの男性の育児休業取得は2%(H25 配偶者の出産で)と
大変低いですね。
中川は高度成長時代のサラリーマンでした。
あのころは、男が育児のために会社を休むという発想すら浮かびません
でした。
今頃になって、妻よりそのころのことをチックと言われ、
冷や汗をかいています。
妻の苦労を知り、子育てに協力すべきだったと...。
後悔先に立たず...。

─────────────────────────────────
  ノー残業デーでは残業は減りません
   【長時間残業対策セミナー】受講料 24,000円(税別)  
   【web】  7/12(木)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座 
        http://nakagawa-consul.com/seminar/087_web.html
   【東京】  8/6(月)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座 
        受講料 24,000円(税別)  
        http://nakagawa-consul.com/seminar/087.html
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
ライフスタイル(=性格)とは、
人生の設計図であり、
人生という舞台の脚本である。
フイフスタイルが変われば、
人生はガラリと変わるだろう。
友人・知人による集まりの中で、会話の中心となる人もいれば、一言も
話さない引っ込み思案の人もいます。
アドラーはこうした行動の違いはライフスタイル(=性格) の違いに
よるものである、と言いました。
「世の中の人は自分を受け容れてくれる」
「自分は人から好かれている」
というライフスタイルを持っている人は、自ら会話の中心になるでしょう。
それとは逆に
「世の中の人は自分を拒絶するに違いない」
「自分は人から好かれるはずがない」
というライブスタイルを持っている人は、一言も話さないことでしょう。
ライフスタイルとは、生き方のクセであり、どのように行動すればうまく
いくか、という信念であり、一般的には性格、人格と呼ばれているものです。
しかし、性格というと一般的に変えられないものというイメージが強いため
アドラーはあえてライフスタイルという言葉を使いました。
そして、それは「原因論」的に生まれつき決まっているものではなく、
自分の意思で決めたものであるため、いつでも変えることは司能だ、と
考えました。
友人の中で一言も話さない性格の人は「おとなしい性格」なのではなく、
「人を信用していない性格」
「自分は好かれるはずがないと思っている性格」
なのです。
このように「おとなしい」という表層のさらに奥にある、核となる信念を
見つけ、それを変えることで行動や感情は大きく変わっていく。
それがライフスタイルを変える、ということなのです。
(アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
 小倉広箸 ダイヤモンド社刊)
◆─────────────────────────────────◆
 【DVD】退職金制度の見直し方セミナー
◆─────────────────────────────────◆
基本給連動型の退職金制度は、リスクが大き過ぎます。
ポイント制退職金制度は、中小企業には合いません。
下記からお申し込みください。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-05.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆