中川清徳のブログ

2018年7月の記事一覧

2018年
7月31日
カテゴリー

 【就業規則】正社員は5人だが作成義務は?

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
     【東京】10月11日(水)13時30分~16時00分
       http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html
     【Web】10月26日(金)13時30分~16時00分
    http://nakagawa-consul.com/seminar/003_web.html
◆─────────────────────────────────◆
1.賞与原資の決め方が分からない
2.イマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる
などの経営者の悩みを解決し、社員が一丸となって会社業績に取り組
む仕組み作りを提案するセミナーです。
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html
Webセミナーはこちらから
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/003_web.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年7月31日号 VOL.3675
――――――――――――――――――――――――――――――――――
日銀の「量的緩和」って、いったい何をすること?
(続きは編集後記で)

◆──────────────────────────────◆
 【就業規則】正社員は5人だが作成義務は?
◆──────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   支店でも就業規則を作成しなければならないのですか?
中川:支店といいますと?
社長:当社は100キロ離れた場所に支店があります。
   独立した支店だから就業規則を作成しなければならないと
   いうのですが、本当ですか?
中川:従業員は何人ですか?
社長:5人です。
   その他にパートが30人います。
中川:で、経理とかはどうしていますか?
社長:支店の社員がやっています。
   毎月収支報告を本社に提出させていますが。
中川:独立した支店と考えられますね。
社長:完全に独立しているわけではありませんが。
中川:パートを含めると35人です。
   人数も多いし、経理なども処理も独立して行っていますので
   独立した事業所として扱うことになりますね。
社長:しかし、正社員は5人です。
   たしか、就業規則は10人以上の場合は作成義務があると
   聞いていますが。
中川:本社には就業規則はあるのですか?
社長:あります。
   支店を含めて全社では正社員が30人を超えています。
   だから就業規則を作成しています。
   ちゃんと労働基準監督署にも届けていますよ。
   正社員は本社にある就業規則を適用するのですから
   わざわざ支店で作成することはないでしょう。
中川:就業規則は事業所単位で作成しなければなりません。
社長:お言葉を返すようですが、就業規則は10人未満の場合は
   作成義務がないと聞いています。
   なので、支店では就業規則は作成義務はないでしょう?
中川:たしかに正社員は5人です。
   しかし、パートさんが30人もいます。
   法律は常時10人以上の労働者を雇用する使用者は
   就業規則を作成しなければならないと明記しています。
   常時10人以上の中にはパートも含まれています。
社長:でも、パートは正社員の就業規則は適用していません。
   それでも作成義務があるのですか?
中川:作成義務があります。
   ところでパート用の就業規則はありますか?
社長:ありません。
中川:であれば、パートの労働条件は正社員の就業規則を
   適用されますよ。
   パート用の就業規則も作成しましょう。
社長:そうなっているのですか。
   では、早速作成します。

(中川コメント)
就業規則は事業所単位で作成する義務があります。
就業規則の作成義務がある事業所とは独立している事業所です。
数人が常駐しているだけで単なる出張所のようなものは
含まれません。
事業所単位で就業規則を作成する義務があるのは
地域や事業内容によって勤務時間や勤務内容が異なることがあるからです。
従業員が10人未満(パートなどを含む)でも就業規則を作成することが
望ましいですね。
最近の判例(ハマキョウレックス事件)ではパートに就業規則があると
ないとでは天と地ほど違うことが指摘されました。
下記のセミナーが参考になります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】 9/14(金)/10/12(金)/10月24(水)/12/12(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 9/25(火)/9/27(木)/10/9(火)/10/17(水)/10/30(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
日銀の「量的緩和」って、いったい何をすること?
景気の底上げを図るために、中央銀行はさまざまな金融政策を実施するが、
その1つが「量的緩和」だ。
簡単にいうと、これは世の中に出回るお金の量の制限を緩和して増やすと
いうこと。
つまり、中央銀行が民間の銀行が持っている国債などの金融商品を大量に
買うことで、金融市場に大量にお金を供給し、企業や個人がお金を借り
やすいようにするのである。
銀行から借りたお金は、企業であれば設備投資などに使われ、個人なら
住宅などの購入に充てられる。
すると、景気が回復してモノの値段が上がるインフレになり、企業は
儲かって個人の財布も潤うというのが基本的な考え方になっているのだ。
日銀の黒田東彦総裁は、就任早々に「異次元の」と銘打って、2年間で市場の
資金量を倍増させるという大胆な金融緩和を打ち出したが、これがデフレ
脱却のための政策であることはいうまでもない。
だが、あまりにも大胆な量的緩和は、カネ余りにつながりかねず、そうなると
投機が過熱してまたもやバブルを招く危険もある。
たしかに景気は刺激するものの、大きなリスクも伴なう政策なのである。
(大人の常識力大全 青春出版社刊より)

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2018年
7月30日
カテゴリー

   退職金制度の見直し方セミナー


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年7月30日号 VOL.3674
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ほら、こっちおいで」

(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  
       【Webセミナー】平成30年9月11日(火) 13時30分~16時30分
         → http://nakagawa-consul.com/seminar/004_web.html
       【東京】 平成30年10月10日(水) 13時30分~16時30分
         平成30年12月11日(火) 13時30分~16時30分
         → http://nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆────────────────────────────────◆
  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
【東京】 平成30年10月10日(水) 13時30分~16時30分
     平成30年12月11日(火) 13時30分~16時30分
         → http://nakagawa-consul.com/seminar/004.html
【Webセミナー】平成30年9月11日(火) 13時30分~16時30分
         → http://nakagawa-consul.com/seminar/004_web.html
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
***********【 退職金制度の見直し方セミナー 申込み書 】************
希望日 月 日
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
********************************************************************
【Webセミナーについて】
  セミナーは弊社が設定するSkypeforBusinessによるWebセミナーです。 
  特別なソフトはいりません。
  Webセミナーに参加するために必要なもの 
   1.インターネットに接続できるパソコン、タブレット等
   2.マイク、スピーカー、カメラが付属しているか、外づけしていること
  接続方法はお申し込み後、ご連絡します
 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
「コンビニのおばさん、ありがとう」
三重県鈴鹿市の小学校教諭・長岡むつみさんからの便り

 数年前の四月。桜が満開の頃。
ニ時間目の授業の時間帯に、学校から七〇〇メートルくらいのところにある
桜島公園に、六年生の児童たちを連れてクラス写真・個人写真を撮りに
行ったときの話です。
 公園に着くと、そこはなぜかゴミだらけでした。
この後、午後からはニ年生と四年生も写真を撮りに来ることになっていました。
年上の六年生が先に来ていながら、そのままゴミを見て見ぬフリにしておく
わけにはいきません。
子供たちに呼びかけて、みんなで掃除をすることにしました。
しかし、ゴミを入れる袋がありません。
たまたま公園の真向かいに、コンビニのサークルKがあったので、ゴミ袋を
買いに行きました。
ただ、財布を持っていなかったので、レジのパートのおばさんに事情を
説明し、「お昼休みにお金を持って来ますので、先にゴミ袋をいただけません
か?」と頼みました。
すると、そのおばさんは、「先生、申し訳ありません。そのゴミは、きっと
うちの店のお客様が花見をされた際に捨てたものにちがいありません。
いえ、それがほとんどでしょう。本当は私たちが拾わなくちゃいけないのに
すみません」と言い、コンビニのお店の専用のゴミ袋(事業用ゴミ袋)を取り
出して、「これを使ってください」と差し出されました。
さらに、「集めていただいたゴミは、うちの店で引き取らせて下さい」と
までおっしゃいました。
おかげで、六年生100名全員が力を合せて、あっと言う間に公園はキレイに
なりました。
 今の世の中というのは、仕事の枠が決められていて、それ以上のことは
なかなかできないものです。
それ以上のことをすると、「損」だという人も大勢います。
そんな中で、このおばさんは素晴らしいです。
このおばさんの上司である店長さんにお礼とともに報告したくて、何度も
お店を訪ねました。
でも、店長さんは他のお店も掛け持ちしているらしくなかなか会うことが
できませんでした。
そこで、思い切ってインターネットで調べて、サークルKの社長さんに
手紙を書いてお礼の気持ちを伝えました。
半月ほどして、社長さんからご返事が届きました。
そこには、「お便りをいただいた、そのパートさんこそがサークルKが
目指している仕事の姿勢です。全スタッフにも伝えたいと思います」という
趣旨のことが書かれていました。
その後、再びおばさんに会うことができ、改めてお礼を言いました。

(編集長:志賀内) 
 先生も素晴らしいし、子供たちもいいなぁ。
コンビニのおばさんもステキだし、返事をくれた社長さんも好感!
みんな「いい人」ですね。
こういう人たちが、日本という国を良くして行くのだと思いました。         
(プチ紳士からの手紙 より http://giveandgive.com/)

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しようとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2018年
7月30日
カテゴリー

【教育】新人教育のコツ

◆─────────────────────────────────◆
 Webセミナー「奈良県の賃金相場と給料の見直し方セミナー」2018  
  平成30年9月10日(金)13時30分~15時(1.5時間)受講料 1万円(税別)
 うちの給料が世間と比べてどうなっているかを知りたい経営者向け
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
◆─────────────────────────────────◆
人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?
「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
ポイントは
1.世間相場との比較
2.社内バランス
の二つです。
すぐ参考にできるノウハウ満載。
ふるってご参加下さい。
【セミナーの内容】
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 賃金改定はココがポイント
第3部 採用で苦戦しないポイント
【申込み方法】
http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
ご都合が悪い場合は上記サイトで調整可能です。

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年7月28日号 VOL.3673
――――――――――――――――――――――――――――――――――
盲人とゾウの話
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
【教育】新人教育のコツ
◆────────────────────────────────◆
発達障害のある従業員への仕事上の指示の仕方が「ビジネスガイド6月号」
に掲載されていました。
内容は新人教育でも同じと思いましたので一部転載します。
さらに興味のある方は「ビジネスガイド6月号」を購読ください。
発達障害のある人にとって"わかりにくい表現"として,代名詞や省略語が
あります。
日本の職場では
「昨日のあれどうなった?」
「あれやっておいてね」
など,代名詞を多用したやりとりが頻繁になされています。
ところが,発達障害のある人は,突然このような質問や依頼をされても,
「あれ」が何を指すのかがわからず,あたふたしてしまうでしょう。
思考がフリーズしてしまうことも考えられます。
しかし例えば「そこのあれを取って」ではなく,「机の上にあるブルーの
ファイルを取って」と言われれば,理解できます。
代名詞だけでなく,省略語もわかりにくい言葉の1つにあたるかもしれません。
「リモコン」や「スマホ」のように,すでに一般に普及している省略語も
ありますが,「あけおめ,ことよろ」(メールで使用される「明けましておめで
とう,今年もよろしく」の省略語),「ワンチャン」(ワンチャンス)等の
流行の若者言葉などもあります。
現場でよく使われる省略語などを聞いても,おそらく瞬時に直観的に理解する
のは難しいでしょう。
このように,代名詞や省略語をなるべく使用しないことがとても大切です。
発達障害のある人が理解しづらい表現や指示の例をいくつか紹介します。

★「適当にやっておいてよ」
日頃の仕事ぷりから「このくらいならできるだろう」「きっとわかっている
だろう」と上司は判断し「適当にやっておいて」と,部下に仕事を任せること
も多いと思います。
しかし発達障害のある人の特性として"想像力が乏しい""相手の意を汲む
ことが苦手"ということがありますので,「適当に」という暖昧な指示では,
何を,どのように,どのくらい,いつまでにやるのか見当がつかずに困って
しまうでしょう。
自分のやるべきことがわからず,不安さえ感じてしまうかもしれません。
就労経験の長い人であれば「どのようにすればよいのですか?」と質問できる
かもしれませんが,多くの発達障害のある人の場合は,自ら確認することが
難しいと思われます。

★「だいたいでよいから」
物事の要点や数量などを,おおざっぱに捉えるときに「だいたい」という
言葉を使いますが,細部に注意が向いてしまう発達障害のある人は,物事を
大枠で捉えることが苦手です。
「適当に」と同様に, 「だいたい」の範囲を測りあぐねることでしょう。
もちろん,指示を出された本人は,何をどうすればよいのか一生懸命考える
でしょうが,そもそも物事をおおざっぱに捉えることができないので,
上司の求める「だいたい」がどの程度のものなのかは理解できません。
発達障害のある人に指示を出すときは,いつまでに,何を, どうして欲しい
のかを具体的に伝えます。
例えば,資料等の作成を指示する場合,自由な形式とするとかえって悩んで
しまうことがあるので,前回の資料を例示するとよいでしょう。

★「できるだけ早く」
「できるだけ早く」の時間感覚は発達障害のある人には掴むのが難しいため,
"いつまでに"と具体的な日時を伝える必要があります。
発達障害のある人への仕事の指示にあたって,特に気をつけたいのが,
納期と締切りの確認です。
「1週間以内の提出と言われれば, 1週間の期限ぎりぎりに提出するでしょう。
発達障害のある人は言葉を字義通りに受け取り,相手の意を汲むのが苦手な
人が少なくありません。
締切期限までには提出しますが,早く提出すれば, 「相手が喜ぶ」「仕事が
早いと評価される」などの効果は思い浮かびません。
また,ミスがないかを心配し何度も見直すため,提出が間際になってしまう
場合もあります。1人ひとりの特性を握屋し"いつまでに提出して欲しい"のか,
より具体的に伝えます。
電話をかけた際にも「少々お待ちください」と言われたら,就労経験の少ない
発達障害のある人はこの「少々」が示す時間を測りかねるでしょう。

★好きなようにやっていいから
忙しくて手が回らないとき,上司が部下に自分の仕事を振ることがあります。
「好きなようにやっていいから」と言っても,実際のところ,「この位の
レベルや量の仕事であれば,できるだろう」「前回の資料があるから,わから
ないことがあれば聞いてくるだろう」と上司は思っているはずです。
上司の「好きなようにやっていいから」は実は少しくらいなら違ってもよい
けど,前回の資料と同じように作成して欲しいということかもしれません。
一方,発達障害のある人が「好きなようにやっていいから」と言われたら,
その特性から言葉の真意に気づかず,文字通りに受け取れば, 「自分の思う
ままにすればよい」と思い込んで、しまうかもしれません。

★だましだまし
「中古のパソコンをだましだまし使う」というように,手加減しながら,
また調子を見ながら扱うときなどにこの言葉は使われますが,発達障害の
ある人はその意味を捉えにくいでしょう。
「様子を見ながらやってくださいjと伝えるのが親切です。

(中川コメント)
新人と発達障害者を同一に扱うのは疑問が生じますが、新人とベテラン社員との
差は思う以上にあるものです。
新人教育、外国人労働者、部下への指示の仕方を見直すヒントになれば
幸いです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】 9/14(金)/10/12(金)/10月24(水)/12/12(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 9/25(火)/9/27(木)/10/9(火)/10/17(水)/10/30(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
盲人とゾウの話
「盲人とゾウの話』があります。インドの有名な話です。
昔六人の盲目の修行僧がいました。彼らは学ぶためにゾウを観察しようと
出かけました。
最初の男は象に近づき、うっかり大きくてがっしりした脇腹に、ぶつかり、
こう叫びました。「象とは壁のようです」。
二番目の男は、牙に触れて大声をあげました。「これはなんと丸くて滑らか
で、しかも尖っている。わかった。このゾウというものは槍のようだ」。
三番目の男は象に近づき手につかんだのがくねくね動く鼻だったので、
「なるほど、象とはまるでヘピのようだ」。
四番目の男は手を伸ばしてひざのあたりを触って、「この獣は、まったく
でこぼこがない。きっとゾウとは木のようなものだろう」。
五番目の男が触れたのは耳でした。「このゾウという生き物はうちわのよう
なものだ」。
六番目の男はゾウに手を伸ばすと、すぐにゆらゆらゆれるしっぽをつかみ、
「なるほど、象とは縄のようなものだ!」
それから、この男たちは長いこと大声で言い争い、それぞれが自分の意見を
譲らず、言い張るだけだったそうです。
どうでしょうか。人の話を聞いたときに、同様のケースがないでしょうか。
例えば、部下の報告を受けるときも、その情報だけで全体を判断してはなり
ません。
ほとんどの意見が、ゾウのしっぽの状態だからです。
部下は、一部分だけの情報で自分の意見を言っていると認識しておきましょう。
上司自身も、そうならないためには、一般論でわかったとしないで深掘りを
して勉強をすることです。
そして、素直にどのようなことも実践してみるしかありません。
(ムチャぶりで人を育てる23のコツ 藤咲徳朗著 セルバ出版刊)
◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】 そうかぁ!転ばぬ先の杖講座「雇い入れと退職編」セミナー
               → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-17.html
◆─────────────────────────────────◆
ご都合でセミナーにご参加いただけない方のためにDVDを作成しました。
本に書いてあるような通りいっぺんの法律論ではなく、
中川式賃金研究所の豊富な経験に基づく実践的な内容です。
後継者および総務課長への教育にお役立て下さい。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-17.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2018年
7月29日
カテゴリー

【今月のおすすめビジネスリポート】 ご希望者に無料贈呈

◆─────────────────────────────────◆
 「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】 9/14(金)/10/12(金)/10月24(水)/12/12(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 9/25(火)/9/27(木)/10/9(火)/10/17(水)/10/30(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
◆─────────────────────────────────◆
【セミナー副題】
・家族手当をパートにも払う時代がやって来る?
・迫られる「手当」と「基本給」見直し
・働き方改革関連法案が成立したことへの対応

さて、「同一労働同一賃金」を争点にした最高裁判決が出ました。
「定年後の継続雇用の賃金を下げる、非正規従業員の賃金格差」が違法か
どうかの判決です。
争点は諸手当でした。
そこで示された判決から従来の考えを改める必要がでてきました。
正規と非正規との間の「均等待遇」と「均衡待遇」の実現が今後の課題に
なりそうです。
それにより、諸手当の見直しが話題になりそうです。

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年7月28日号 VOL.3671
――――――――――――――――――――――――――――――――――
アンダーマイニング効果
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
【今月のおすすめビジネスリポート】 ご希望者に無料贈呈
◆────────────────────────────────◆
弊所がお届けする"ビジネスリポート"は、経営に役立つ情報が
満載です。
例えば「マネジメント関連」では経営戦略、企画・営業、広報、
生産・物流、人事管理等の情報を、「ビジネス関連」では卸・
小売、食品、製造、不動産、情報・通信等の各業界情報を、
その他「ビジネス以外」では、生活分野、健康、環境、豆知識
など、多岐にわたる経営情報を取り揃えております。
          
今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。
レポートの5テーマの中にはご希望でないテーマとあろうかと思いますが
5テーマすべて送付します。
従来はご希望の資料のみを送付していましたが、多数の方の
お申し込みがあり、弊社の事務処理が大幅に増えております。
そのような理由から、ご希望でないレポートも同送されること
をご承知ください。
そうすることで弊社の事務負担が大幅に軽減されます。
ご理解をお願い申し上げます。
また、弊社の広告も同送されることをご承知ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■ ビジネスリポートお申込フォーム ■■■■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
貴 社 名 : 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
役 職 名 :
ご担当者様 :
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特記事項:(ご要望・ご質問などを記入ください)
今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。
---【マネジメント関連 4本】 ----------------------------
1.2018年版中小企業白書の概要
  ・2018年版中小企業白書の全体像
  ・労働生産性向上の大前提
  ・人材活用面での工夫
  ・IT利活用
    ・設備投資
    ・M&Aを中心とする事業再編・統合
    ・白書を経営に生かす際のポイント
                      (全9ページ)
2."強い中小企業"への転換/これからの中小企業経営の考え方(1)
  ・日本経済と共に変化する中小企業経営
  ・経営学的にみる大企業、中小企業、スタートアップ
  ・"強い中小企業"のビジネスプロセス
                      (全6ページ)
3.部下にイライラしない!上司のセルフコントロール術
  ・「部下万歳!」から一歩踏み込む
  ・アンガーマネジメントを指導に生かす
  ・アサーティブを指導に生かす
  ・ケースで見るイライラを解消する指導方法 
  ・最後に                     
                      (全6ページ)
4.自社の成長の担い手として技能実習生に活躍してもらおう
  ・人材不足対策の側面を持つ技能実習制度
  ・企業が技能実習生を受け入れるには
  ・企業が注目すべき技能実習制度の変更点
  ・技能実習生をサポートする体制を
  ・企業が技能実習生を活用する事例
                       (全6ページ)
---【ビジネス関連 1本】 -------------------------------- 
5.なりすましに注意!ビジネスメール詐欺とは
  ・甚大な被害を及ぼしかねないビジネスメール詐欺
  ・ビジネスメール詐欺の国内事例
  ・ビジネスメール詐欺の手口
  ・ビジネスメール詐欺の対策方法
                       (全4ページ)

(中川コメント)
遠慮は無用です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】 9/14(金)/10/12(金)/10月24(水)/12/12(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 9/25(火)/9/27(木)/10/9(火)/10/17(水)/10/30(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
アンダーマイニング効果
E・L・デシらの研究によれば、内発的、すなわち仕事そのものに動機づけら
れているときに外から報酬が与えられると、内発的なモチベlションが高まる
どころか、かえって低下する場合がある。
外的報酬(外から与えられる報酬)が統制の手段として受け取られた場合に、
内発的モチベーションを低下させるのである。
ここでいう「外的報酬」には、金銭や地位などのほか、広く解釈するなら
ほめ言葉も含まれる。
したがって、「統制されている」という感覚を相手に与えるようなほめ方は、
動機づけに逆効果だということになる。
ほめられるとうれしい反面、期待に応えなければならないという負担を
感じて純粋なやる気が失せることは、多くの入が経験しているだろう。
もう一つは、周囲からのねたみや嫌がらせなどを引き起こす可能性である。
集団の中で特定の者がほめられたとき、集団の人間関係にひびが入り、
ほめられた人自身が不快な思いをしたり、不利益を受けたりする場合がある。
とくに、上司の個人的な好き嫌いや偏見など不合理な要素が入り込む余地の
ある場合、そうした人間関係の問題がいっそう生じやすい。
そのため現場では、特定の部下をほめることをためらう管理職も多い。
(表彰制度 太田肇著 東洋経済新報社刊 より)

◆─────────────────────────────────◆
【CD】営業秘密の保護と競業避止
        講師 北見昌朗先生  ゲスト講師 金森将也弁護士
  http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-20.html
◆─────────────────────────────────◆
そもそも「不正競争防止法」とは?
 ・営業秘密保持義務について
 ・競業避止義務について
 ・引き抜き行為
会社を守る具体的なノウハウ集
 ・誓約書を、入社時および退職時に提出させる
 ・競業避止特約契約書を結ぶ(手当の支給が必要)
【販売価格】2万円(税別)
秘匿性が高いため、社会保険労務士、コンサルタントはお断りします。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-20.html
*********** 申込み書***********************************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2018年
7月28日
カテゴリー

 【法令新着情報】消費者契約法の一部を改正する法律が成立しました

◆─────────────────────────────────◆
 Webセミナー「秋田県の賃金相場と給料の見直し方セミナー」2018  
  平成30年9月20日(木)13時30分~15時(1.5時間)受講料 1万円(税別)
 うちの給料が世間と比べてどうなっているかを知りたい経営者向け
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
◆─────────────────────────────────◆
人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?
「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
ポイントは
1.世間相場との比較
2.社内バランス
の二つです。
すぐ参考にできるノウハウ満載。
ふるってご参加下さい。
【セミナーの内容】
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 賃金改定はココがポイント
第3部 採用で苦戦しないポイント
【申込み方法】
http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
ご都合が悪い場合は上記サイトで調整可能です。

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年7月28日号 VOL.3671
――――――――――――――――――――――――――――――――――
インフレ、失業
(続きは編集後記で)

◆──────────────────────────────◆
 【法令新着情報】消費者契約法の一部を改正する法律が成立しました
◆──────────────────────────────◆
消費者契約法の一部を改正する法律が、平成30年6月8日に参議院
において全会一致で可決され成立しました。この法律は、平成31
年6月15日から施行されます。
<改正の主な事項>
・取り消しうる不当な勧誘行為の追加等
・無効となる不当な契約条項の追加等
・事業者の努力義務の明示
■取り消しうる不当な勧誘行為の追加等について
 1. 社会生活上の経験不足の不当な利用
  (1) 不安をあおる告知
     例:就活中の学生の不安を知りつつ、「このままでは一生
     成功しない、この就職セミナーが必要」と告げ勧誘 
  (2) 恋愛感情等に乗じた人間関係の濫用
   例:消費者の恋愛感情を知りつつ、「契約してくれないと
     関係を続けない」と告げて勧誘

 2. 加齢等による判断力の低下の不当な利用
   例:認知症で判断力が著しく低下した消費者の不安を知り
     つつ「この食品を買って食べなければ、今の健康は
     維持できない」と告げて勧誘
 3. 霊感等による知見を用いた告知 
   例:「私は霊が見える。あなたには悪霊が憑いており、
     そのままでは病状が悪化する。この数珠を買えば
     悪霊が去る」と告げて勧誘
 4. 契約締結前に債務の内容を実施等
   例:注文を受ける前に、消費者が必要な寸法に、さお竹を
     切断し代金を請求
 5. 不利益事実の不告知の要件緩和
   例:「日照良好」と説明しつつ、隣地にマンションが建つ
     ことを故意に告げず、マンションを販売
■無効となる不当な契約条項の追加等について
 1. 消費者の後見等を理由とする解除条項
   例:賃借人(消費者)が成年被後見人になった場合、直ち
     に、賃貸人(事業者)は契約を解除できる」
 2. 事業者が自分の責任を自ら決める条項
   例:「当社が過失のあることを認めた場合に限り、当社は
     損害賠償責任を負う」
■事業者の努力義務の明示について
 1. 条項の作成:
  解釈に疑義が生じない明確で平易なものになるよう配慮
   
 2. 情報の提供:
  個々の消費者の知識及び経験を考慮した上で必要な情報を提供

(中川コメント)
ご参考までに。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】 9/14(金)/10/12(金)/10月24(水)/12/12(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 9/25(火)/9/27(木)/10/9(火)/10/17(水)/10/30(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
インフレ、失業
サミットにおける首脳たちの関心は安全保障と経済成長である。
雇用の増加失業率の減少、財政の赤字の削減は、経済面における最大の
政策課題である。
イギリスの失業率についてのジョークを見てみよう。
サッチャー首相が、大蔵大臣と連れ立って、オックスフオード・ストリートの
ウインド・ショッピングを楽しんでいた。
「なぜ、みんなが物価が高いと文句を言っているのか、私には分からない。
その店をご覧なさい。
スポーツ・ジャケットは一五ポンドだし、ズボンは一〇ポンド。
安いじゃないの」
すかさす、大蔵大臣が口をはさんだ。
「首相、あの店はプティックではありません。洗濯屋です」
サッチャー首相は、失業をなくす決定的な案を持っていたといわれる。
簡単なのだ。
それは、義務教育の期間を大幅に延長すること。
五〇歳にならなければ卒業できないのである。
(世界ビジネスジョーク集 おおばともみつ著 中央公論新社刊より)

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 拍子抜けするほど簡単な中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆
弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーを開催していますが、
各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。
よろしかったら下記からお申し込みください。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-11.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆