HOME > 中川清徳のブログ > 「無料 らくらく退職金制度診断」
中川清徳のブログ
2018年
7月07日
カテゴリー

「無料 らくらく退職金制度診断」

◆─────────────────────────────────◆
 Webセミナー「沖縄県の賃金相場と給料の見直し方セミナー」2018  
  平成30年7月25日(水)13時30分~15時(1.5時間)受講料 1万円(税別)
 うちの給料が世間と比べてどうなっているかを知りたい経営者向け
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
◆─────────────────────────────────◆

人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?

「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
ポイントは
1.世間相場との比較
2.社内バランス
の二つです。

すぐ参考にできるノウハウ満載。
ふるってご参加下さい。

【セミナーの内容】
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 賃金改定はココがポイント
第3部 採用で苦戦しないポイント

【申込み方法】

http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html

上記日程でご都合が悪い場合はご希望の日程をご記入ください。
調整いたします。

第一希望  月  日  時~
第二希望  月  日  時~
第三希望  月  日  時~


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2013年11月16日号   VOL.3637
――――――――――――――――――――――――――――――――――

長期雇用・年功序列・タイトな職場関係がそろえば勝手に育つ

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

「無料 らくらく退職金制度診断」

◆────────────────────────────────◆


     「無料 らくらく退職金制度診断」

 貴社の現状の退職金制度について無料で診断します。
以下のアンケートにご回答のうえそのまま返信してください。

 退職金制度診断書は、財団法人中小企業福祉事業団の提供するソフト
(会員限定)で作成しますので診断内容が弊社の提唱している内容と異
なることもあることをご了承ください。


 貴社名(ご記入がない場合は応じかねます)


 所在地


 お名前(フルネームで)


 役職名

 

1 現在の退職金制度はいつ導入したものですか   西暦  年  月  日頃 
 
2 退職金規程はありますか 
 
   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
3  退職年金制度や厚生年金基金を導入していますか。または導入予定がありますか  

   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ

4  希望者につき、退職金を給与や賞与の中で前払いする制度を導入されていますか  

   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ

5  退職金は退職直前の最終基本給をもとに計算していますか  

   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ

6  退職金支給額は個人の成果を反映したものとしたいですか  

   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ

7  自己都合退職の場合の退職金の支給水準は、定年退職の場合と比べて十分な差がついていますか  

   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ

8  退職金規程には退職金を支給しない場合の理由が明記されていますか  

   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ

9  退職金の支給時期は退職日より1ヶ月以上あとですか  

   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ

10  退職時の競業避止の規定がありますか  

   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ

11  嘱託社員やパート社員にも退職金を支給しますか(したいですか)  

   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ

12 パート社員の雇入れ時に退職金支給の有無を明示していますか  

   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ


13  役員退職慰労金制度(規程)はありますか  

   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ

14  上記「13.」でYESと回答された方へ
   役員退職慰労金の算出にあたり功労加算がありますか  

   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ

15  従業員の退職金や役員退職慰労金の資金手当は十分ですか
 
   お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
以上です。


入力が終わりましたらそのまま返信してください。
簡易退職金制度診断書を作成し、PDFファイルにてメール添付でお届けします。
添付ファイルには弊社のセミナー案内なども同送されることをおよび、
退職金制度診断書は、財団法人中小企業福祉事業団の提供するソフト
(会員限定)で作成しますので診断内容が弊社の提唱している内容と異なる
こともあることをご了承ください。

なお、御社の情報が財団法人中小企業福祉事業団に漏洩することはありません。

 

(中川コメント)

 ご遠慮は無用です。お申し込みをお待ちしています。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
【CD】営業秘密の保護と競業避止

        講師 北見昌朗先生  ゲスト講師 金森将也弁護士
  http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-20.html
◆─────────────────────────────────◆

そもそも「不正競争防止法」とは?
 ・営業秘密保持義務について
 ・競業避止義務について
 ・引き抜き行為

会社を守る具体的なノウハウ集
 ・誓約書を、入社時および退職時に提出させる
 ・競業避止特約契約書を結ぶ(手当の支給が必要)

【販売価格】2万円(税別)
秘匿性が高いため、社会保険労務士、コンサルタントはお断りします。

http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-20.html

*********** 申込み書***********************************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

長期雇用・年功序列・タイトな職場関係がそろえば勝手に育つ

実は、「長期雇用」「年功序列」「タイトな職場関係」の3つの要素が揃
うと、部下は勝手に育つ可能性が高まります。

第1に、「長期雇用」だと、すぐに結果が出なくても長い目で見てもら
えます。人が大きく育っときというのは、「成功体験」をしたときよりも、
「大きな失敗」をしたときなのです。長期雇用なら、それが許されます。
だから、若い社員は失敗を恐れず何度も学ぶ機会を得られました。今の時
代、なかなかそういう会社は多くありません。

第2に、「年功序列」だと、上司や先輩を見れば自分の数年後、数十年
後の仕事の様子が、自然とわかります。定年までの道筋が一定で単純なの
で、部下から見て、上司や先輩は「自分の将来像」を示すロールモデルと
して機能するのです。彼らの待遇や給与が高ければ、それに魅力を感じる
人も少なくなかったでしょう。年功序列賃金は、このように長期にわたっ
て一つの会社で仕事をし続けるモチベーションを、社員に提供していまし
た。

第3に、「タイトな職場関係」だと、上司や先輩が部下と職場で長い時
間を一緒に過ごすので、部下は上司や先輩の仕事ぶりをじっくりと観察で
きます。また、上司や先輩の方も、若手社員のことを長時間見ていたので、
特に意識しなくても、改善すべき点を的確に指摘できました。
今の多くの企業では皆が皆忙しく、上司も部下も昔ほどに時間的にも精
神的にも余裕がありません。そのような状態では、たまに指導の時聞をと
ってもトンチンカンな指摘ばかり...という職場も少なくないでしょう。
失敗がある程度許され、自分が何をすべきかも明確で、何か間違ったこ
とをしていても上司がすぐに指摘・改善してくれる一一このような環境が
揃っていれば、職場に放り込みさえすれば、人が勝手に育っていくのも納
得でしょう。その様子を、当時の人々は「OJT(On the Job Training)が
うまくいった」と表現していたのです。

(実践フィードバック 中原淳著 PFHP刊より)


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆