HOME > 中川清徳のブログ >  【同一労働同一賃金】正社員とパートで割増の計算が異なる
中川清徳のブログ
2018年
7月11日
カテゴリー

 【同一労働同一賃金】正社員とパートで割増の計算が異なる

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】 平成30年8月 7日(火)10時~16時30分
   【東京】 平成30年11月27日(火)10時~16時30分
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
◆─────────────────────────────────◆
中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 
お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年7月11日号 VOL.3644
――――――――――――――――――――――――――――――――――
国旗を粗末に扱うと禁固刑になる恐ろしい国
(続きは編集後記で)

◆──────────────────────────────◆
 【同一労働同一賃金】正社員とパートで割増の計算が異なる
◆──────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   最近、働き方改革の一つとして同一労働同一賃金が
  浮かび上がっていますね。
中川:そうですね。
   弊社では9月にセミナーを開催します。
社長:その前に、確認したいのですが。
中川:はい、どんなことですか?
社長:弊社では、正社員は1日7時間30分が所定内です。
   パートは4時間~7時間程度となっています。
中川:はい。
社長:残業代、つまり、割増賃金ですが、正社員は所定内の
   7時間30分を超えた時間に25%割増で計算しています。
中川:はい、違法ではありません。
社長:パートは一日8時間を超えたら25%割増の残業代を払っています。
   これは同一労働同一賃金に違反しますか?
中川:なぜ、計算方法が違うのですか?
社長:そのほうが計算しやすいからです。
中川:正社員とパートは同じ仕事をしていますか?
社長:はい、ラインに入っている正社員とパートは同じ仕事をしています。
中川:パートさんと正社員の違いはなにかありますか?
社長:パートは配転をしませんが、正社員はします。
   配転には他店への転勤もあります。
中川:そうですか。
   であれば、正社員は今はパートと同じ仕事をしていますが
   一時的なことであるから割増賃金に差があってもよいです。
社長:それを聞いて安心しました。
中川:あのう、安心しないでください。
社長:どうしてですか?
中川:残業代の計算が面倒だからと言う理由では認められません。
   たしかし、正社員とパートでは配転等が異なりますので、一定の
   賃金差はOKですが、割増賃金の計算方法はダメです。
社長:どうしてですか?
中川:残業代の計算が面倒だからという理由には合理性がないからです。
社長:そうですか。
   では、弊社はパートも一日7時間30分を超えた労働時間は
   25%の割増を払うようにします。
中川:そうしましょう。
   
(中川コメント)
働き方改革の法案が成立しました。
実務的には、
 ・同一労働同一賃金
 ・残業上限規制
に取り組まなければなりません。
多くの会社がそれへの対応が必要になります。
あなたの会社は準備ができていますか?
下記のセミナーが参考になります。
弊社はこの問題に集中的に取り組みます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「同一労働賃金と残業規制強化対策への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】 9/14(金)/10/12(金)/10月24(水)13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 9/25(火)/9/27(木)/10/9(火)/10/17(水)/10/30(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
国旗を粗末に扱うと禁固刑になる恐ろしい国
インドは、サウジアラビアなどとともに、国旗の扱いについて、ルールが
厳しい国として知られる。
国家名誉法や国旗規則で、国旗の使用法が厳密に定められており、それ
以外の場所や目的では使用できない。
そればかりか、違反すると、罰金どころか、実刑にも処せられる。
たとえば、1990年(平成2)には、包丁を国旗で包んでいた精肉店の店主が、
国旗を侮辱した罪で禁固3ヵ月に処せられたことがある。
当時20歳だった店主は、「いつ、どのように国旗を使用できるか、
法律で制定されているとは知らなかった」と訴え、無罪を主張したが、
聞き入れられなかった。
なお、その店主は収監後、脱獄したが、19年後の2009年(平成21)、
警察に隠れ家を発見され、再逮捕されている。
また、インドでは、服に国旗のデザインをあしらったファッション・デザイ
ナーが、国旗を侮辱したとして拘束されたこともある。
インドでは、国旗を地面につけたり、カーテンやテーブルクロスのように
使うことも禁じられている。
デモなどにも、国旗を持って参加する人は少ないので、地面にじかにおく
など、粗末に扱われることはまずない。
(退屈知らずのすべらない雑学 河出書房新社刊より)

◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】「新人教育を見える化してグングン成長するツール」セミナー
   新人が育たないのはその仕組みがないからかもしれません
  録画時間(DVD) 1時間5分+レジメ等46ページ(CDにて) 1万円(税別) 
 → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html
◆─────────────────────────────────◆
セミナーの内容
1.新人教育計画を見える化するコツ
2.新人が励みになるしかけ
3.多能工化のコツ
4.トレーナー制度の導入の仕方
お申し込みは下記からお願いします。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆