中川清徳のブログ

2018年10月の記事一覧

2018年
10月21日
カテゴリー

 【賞与】払う義務があるのか

◆─────────────────────────────────◆
 Webセミナー「熊本県の賃金相場と給料の見直し方セミナー」2018  
  平成30年11月15日(木)13時30分~15時(1.5時間)受講料 1万円(税別)
 うちの給料が世間と比べてどうなっているかを知りたい経営者向け
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
◆─────────────────────────────────◆
人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?
「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
ポイントは
1.世間相場との比較
2.社内バランス
の二つです。
すぐ参考にできるノウハウ満載。
ふるってご参加下さい。
【セミナーの内容】
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 賃金改定はココがポイント
第3部 採用で苦戦しないポイント
【申込み方法】
http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
ご都合が悪い場合は上記サイトで調整可能です。

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年10月21号 VOL.3803
――――――――――――――――――――――――――――――――――
職業がくれる―つの恵み
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【賞与】払う義務があるのか
◆────────────────────────────────◆
賞与とは、一般に、月例賃金とは別に、会社業績、部門業績、個人業績
などを査定した上で、一時金として支給されるものを指す。
しかし、賞与が労働の対償である賃金としての側面を有するものなのか、
使用者の利益の分配や任意的・思恵的な側面を有するものなのか、その
性格は必ずしも一義的に説明できるものではない。
わが国では、通常、労働協約・就業規則等により、夏季と冬季(年末)の
2回に分けて賞与の支給時期が定められ、その額については、社内の労働
組合と交渉して定める、あるいは、会社の業績等を勘案して会社が定める
とする例が多い。
また、就業規則等において、支給日や一定の基準日に在籍する者にのみ
賞与を支給する旨が定められていることもある。
さらに、明文の規定が存在しなくても、例えば「毎年7月と12月に基本給の
2カ月分が賞与として支給される」という取り扱いが、長年にわたり
反復・継続して行われ、その結果労使慣行として労働契約の内容になって
いると認められることもある。
このように、労働協約・就業規則等で賞与の支給時期と額の決定方法などの
定めがあり、これに基づいて支給されている場合には、労働基準法上の
賃金として保護の対象となる(昭22.9.13 発基17)。
しかし、その支給の有無や額などが専ら使用者の裁量に委ねられている
場合には、任意的・思恵的な給付となるため、労基法上の賃金には
該当しない。

(中川コメント)
労働協約・就業規則等において 支給条件等が定められている場合には、
労働基準法上の賃金に該当します。
同一労働同一労働同一賃金の法律が成立しました。
正規従業員に賞与を支給している場合、パートや嘱託は非正規従業員
だからといって賞与を支給しないのは違法の可能性がでてくることに
なります。
詳しくは下記にセミナーが参考になります。

─────────────────────────────────
「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】 10月24(水)/12/12(水)/1/17(木)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 10/30(水)/12/5(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
職業がくれる―つの恵み
自分の職業に専念することは、よけいな事柄を考えないようにさせて
くれるものだ。
その意味で、職業を持っていることは、―つの大きな恵みとなる。
人生や生活上の憂いに襲われたとき、慣れた職業に没頭することに
よって、現実問題がもたらす圧迫や心配事からそっぽを向いて引きこも
ることができる。
苦しいなら、逃げてもかまわないのだ。
戦い続けて苦しんだからといって、それに見合うように事情が好転するとは
限らない。
自分の心をいじめすぎてはいけない。
自分に与えられた職業に没頭することで心配事から逃げているうちに、
きっと何かが変わってくる。
(ニーチェの言葉 ディスカバー・ツゥエンティワン刊より)

◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の見直をご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆
賃金制度を見直したいが、勉強している時間がない...。
中川式賃金研究所のセミナーに参加したが賃金制度の見直しが後回しに
なっていつの間にか半年が過ぎ、1年が過ぎ...となっている...。
専門家にコンサルティングを依頼した方が良いかもしれません。
よろしければ賃金制度の見直しのお手伝いをさせていただきます。
賃金制度の見直しは次のステップで行います。
 ステップ1 世間相場との比較 
 ステップ2 社内バランスの検討
 ステップ3 人事制度の構築
 ステップ4 諸手当の見直し
 ステップ5 基本給の決定
 ステップ6 昇給(減給を含む)システムの構築
 ステップ7 人事考課の見直し
 ステップ8 賃金規程の見直し
 ステップ9 従業員への周知、同意
専門家の力を借りて賃金制度の見直しをしたい方は下記にご記入し
そのままメールをください。
   ◆賃金制度見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後に断ることはご自由です)
御社名:
役職名:
お名前:
上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細をご連絡します。

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2018年
10月20日
カテゴリー

 【年休】年休5日の強制付与について 読者からのご質問

◆─────────────────────────────────◆
 「オーナー会社のM&Aのキホン」セミナー
    【東京】 平成30年11月9日(金)13時30分~16時
        http://nakagawa-consul.com/seminar/110.html
◆─────────────────────────────────◆
事業承継対策や成長戦略のためのM&Aのキホンをできるだけわかりやすく
お伝えします。
M&Aの法務や税務は?
社員の雇用はどうなる?
複雑といわれるM&A法務を解説します。
 講師:濱田勝則(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/110.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年10月20号 VOL.3802
――――――――――――――――――――――――――――――――――
人はライフスタイルを10歳くらいまでに自分で決めて完成させる。
そして、それを一生使い続けるのだ。
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【年休】年休5日の強制付与について 読者からのご質問
◆────────────────────────────────◆
匿名ご希望の読者からご質問を頂戴しました。
(引用開始)
質問です。
強制付与する有休は、繰り越した有休を引き当ててもよいのですか?
新しく発生した有休から引き当てると繰り越し有休日数が減るため、
社員には不利になると思うのですが・・・
(引用終わり)

(中川コメント)
ご質問をありがとうございます。
強制付与の年休は基準日に付与した年休でカウントします。
繰り越し分ではありません。
繰り越し年休が減ることは不利になりますが、それでも強制付与の
法律を作らなければならないほど、年休の消化率が低いからです。
年休は使うことが第一の目的です。

─────────────────────────────────
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】 平成30年11月27日(火)10時~16時30分
   【東京】 平成31年2月26日(火)10時~16時30分
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
人はライフスタイルを10歳くらいまでに自分で決めて完成させる。
そして、それを一生使い続けるのだ。
ライフスタイル(=性格) は赤ん坊が言葉を覚える前、0歳の頃からすでに
作り始められています。
そして多くの場合、10歳くらいまでの聞にそれを完成させます。
私たちは子供時代に家庭を中心とした社会の中で、自らが望む地位を手に
入れようとします。
そのために相手の注目や愛を得ようと様々な試行錯誤を繰り返します。
最初は親にストレートに注目を求めることでしょう。
しかし、それがうまくいかないとなると、怒りを表すことで無理矢理、
愛情を手に入れようとするかもしれません。
もしくは自分が弱い存在であることをアピールして哀れみや保護を求める
かもしれません。
また、つとめて陽気に振る舞い注目を集めようとする子供もいることでしょう。
このようにして私たちは試行錯誤を繰り返しその中で「こうすると、相手は
こう反応するのか」「これはうまくいった」「これはうまくいかなかった」と
学習していくのです。
そして、できごとに対する対処方法の指針を少しずつ蓄積していきます。
例えば「自分は陽気に振る舞ってもうまくいかないな。そんなことをする
よりもメソメソと泣くことで弱さのアピールをした方がうまくいくぞ」
「自分は守られるべき弱い存在なのだ」などと考えを固定化させていきます。
そして、その結果、先に挙げたライフスタイルの中核となる自己概念や
世界像、自己理想が形作られていくのです。
(アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 小倉広箸
 ダイヤモンド社刊)

◆─────────────────────────────────◆
 【DVD】退職金制度の見直し方セミナー
◆─────────────────────────────────◆
基本給連動型の退職金制度は、リスクが大き過ぎます。
ポイント制退職金制度は、中小企業には合いません。
下記からお申し込みください。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-05.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2018年
10月19日
カテゴリー

 【年休】年休5日の強制付与はパートは対象外?

◆─────────────────────────────────◆
 Webセミナー「秋田県の賃金相場と給料の見直し方セミナー」2018  
  平成30年11月8日(木)13時30分~15時(1.5時間)受講料 1万円(税別)
 うちの給料が世間と比べてどうなっているかを知りたい経営者向け
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
◆─────────────────────────────────◆
人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?
「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
ポイントは
1.世間相場との比較
2.社内バランス
の二つです。
すぐ参考にできるノウハウ満載。
ふるってご参加下さい。
【セミナーの内容】
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 賃金改定はココがポイント
第3部 採用で苦戦しないポイント
【申込み方法】
http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
ご都合が悪い場合は上記サイトで調整可能です。

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年10月19号 VOL.3800
――――――――――――――――――――――――――――――――――
唐辛子によく似た形をしているのに、シシトウはそれほど辛くない。
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【年休】年休5日の強制付与はパートは対象外?
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   いよいよ来年から年休5日強制付与となります。
   現在、その準備を進めています。
中川:はい、いまから準備しておいたほうがよいですね。
社長:これはパートも対象になりますか?
中川:はい、対象になります。
社長:しかし、パートに年休を与えていません。
中川:どうしてですか?
社長:同業者も与えていないからです。
中川:そのような理屈は通用しません。
   違法は違法です。
社長:しかし、年休を与えるとしても、年休の5日強制付与は10日以上の
   従業員が対象ですよね?
   パートさんは週の出勤日数が3日とか4日なのでそもそも10日の
   年休がありません。
中川:たしかに、週3日勤務だと半年後に5日、週4日勤務だと半年後に
   7日の年休付与となっています。
   しかし、週3日勤務のパートが勤続5.5年になると10日与えることに
   なります。
   週4日勤務のパートの場合は勤続3.5年で10日の年休を付与しなければ
   なりません。
社長:ということは、入社して半年後は年休の強制付与をしなくても
   よいが、勤続年数が長くなると5日は強制付与しなければならないの
   ですね。
中川:どのとおりです。
社長:まいったなぁ。
   弊社はパートは年休をそもそも与えていないし、...。
中川:パートさんに正直に話をすることです。
   今まで、年休を使わせなかったをわびることが第一です。
   そして、各人の年休付与日数を通知します。
社長:そうすると、バンバン年休を使われて、仕事が回りません。
中川:仕事に支障があれば、年休取得日を調整することはOKです。
社長:パートさんが年休を使うとその分、残業が増えて人件費が増えます。
   ますます、経営が苦しくなります。
   なにか特例がありませんか?
中川:特例はありません。
   最低5日は社員に休暇を取らせないと労働基準法違反となりますので、
   6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられます。
社長:わかりました。
   パートさんに年休を与えないことは後ろめたい気持ちがありました。
   今月中にパートさんに伝えます。
中川:そうしましょう。

(中川コメント)
年休5日付与は10日以上となったパートさんにも与えなければなりません。
もし、パートさんに年休を使わていないのであれば、そもそも労働基
準法違反です。
法律が改正されたので、労働基準監督署は重点的に調査するでしょう。
早めに準備をしましょう。

─────────────────────────────────
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】 平成30年11月27日(火)10時~16時30分
   【東京】 平成31年2月26日(火)10時~16時30分
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
唐辛子によく似た形をしているのに、シシトウはそれほど辛くない。
これは、シシトウが唐辛子の辛味成分である、カプサイシンをあまり多く
含んでいないから。
もともとシシトウは、唐辛子を日本で品種改良して、できたもの。
辛味成分が強すぎて、実を食べることができない唐辛子を、なんとか
食べられないかと開発されたのが、シシトウたったのだ。
シシトウと唐辛子の形が、よく似ているのもうなずける。
(おいしい雑学 博学こだわり倶楽部編 河出書房社刊 より)
◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】「新人教育を見える化してグングン成長するツール」セミナー
   新人が育たないのはその仕組みがないからかもしれません
  録画時間(DVD) 1時間5分
    レジメ等46ページ(PDFファイルをCDにて配布) 1万円(税別) 
 → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html
◆─────────────────────────────────◆
セミナーの内容
1.新人教育計画を見える化するコツ
2.新人が励みになるしかけ
3.多能工化のコツ
4.トレーナー制度の導入の仕方
お申し込みは下記からお願いします。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2018年
10月19日
カテゴリー

     【経営戦略】上手な生命保険の活用方法は


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る
作者: 中川清徳  2018年10月19日号   VOL.3801
◆─────────────────────────────────◆
「できる」を
 口ぐせにすると
 やる気が出てくる

(続きは編集後記で)

◆──────────────────────────────◆
     【経営戦略】上手な生命保険の活用方法は
◆──────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   今月は決算でバタバタしております。
   
中川:そうですか。業績はいかがですか?
社長:おかげさまで増収増益の見込みです。
中川:素晴らしいですね。
社長:ありがとうございます。
   嬉しい反面、税金の問題で悩みます・・・・。

中川:そうですか。嬉しい悲鳴といったところでしょう。
社長:決算月になると、どこで調べたのか保険会社からのセールスが
   増えます。
   
中川:決算対策の売り込みでしょう。よく聞く話ですね。
社長:はい。最近は銀行も生命保険の取り扱いを始めたようで、
   決算時期になると必ずと言っていいほど保険を勧められます。
中川:社長のところは保険はどうしているのですか?

社長:顧問税理士が生命保険の代理店をやっているので、いくつか
   入っています。それと、学生時代の友人が保険の仕事をして
   いるため付き合いもあり入っているなあ。
中川:社長ともなれば、顔も広いのでお付き合いも大変ですね。
社長:そういえば、商工会議所とロータリークラブの関係でも入って
   います・・・
   正直何が何だかわかりませんね・・・
中川:保険に加入している目的はなんですか?
社長:目的?
中川:はい、目的です。
   何のために加入しているかということです。
社長:・・・・・・・・

中川:色々とお付き合いもあり、保険に入る目的もよくわからなく
   なりがちですよね。
社長:本当ですね。
   それに、素人には複雑で良くわかりづらいです。
中川:弊社では、オーナー経営者向けに生命保険の活用セミナーを開催
   していますので、ご参加されてみてはいかがですか?
   生命保険会社の現役20年以上の営業マンが講師です。
社長:そうですか。
   でもセミナー会場でセールスされるなんて事にはなりませんかね?
中川:セミナー講演では、講師が所属している生命保険会社の具体的な
   商品は案内しないことにしています。
   ご参加をお待ちしています。

(中川コメント)
下記のセミナーが参考になります
 
◆─────────────────────────────────◆
 「オーナー経営者のための上手な生命保険の活用のしかた」セミナー
    【東京】 平成30年11月1日(木)13時30分~16時
        http://nakagawa-consul.com/seminar/080.html
◆─────────────────────────────────◆

オーナー経営者のための「法人保険」と「個人保険」の生命保険活用
ポイントがわかります。
複雑化する保険商品と生命保険税制への対応と見直しのコツは?
このセミナーでは、一般に複雑でわかりづらいと言われる生命保険の
基本や、生命保険税制についてわかりやすくお伝えします。

講師:プルデンシャル生命保険(株)多摩支社 
ライフプランナー濱田勝則
    【国家資格等】 
社会保険労務士(神奈川県社会保険労務士会登録)
      1級ファイナンシャル・プランニング技能士
      1級DCプランナー(企業年金総合プランナー)
M&Aシニアエキスパート
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/080.html

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
「できる」を
 口ぐせにすると
 やる気が出てくる
「ああ、......しないと」
「......しなきゃいけない」
と言うと義務感で気持ちが沈みます。
「......できる」「......ができる」
と言い換えると、気持ちが上向きます。
自分がすることは権利でもあり、
可能性でもあることに気づきます。
「これもできる」「あれもできる」
実際、あなたにはできることが
多いのです。

これでハッピー!
難しそうでも「できる」と言おう


(プチ紳士からの手紙 より http://giveandgive.com/)

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2018年
10月18日
カテゴリー

 【採用】中小企業に秘められた人材確保の可能性!

◆─────────────────────────────────◆
 ■「社員が成長する人事考課表の作り方」セミナー
 【東京】 平成30年11月7日(水)13時30分~16時30分(3時間) 
 【東京】 平成31年1月18日(金)13時30分~16時30分(3時間) 
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/084.html

◆─────────────────────────────────◆
人事考課の目的は査定だけではありません。
忘れがちなのが、「人材育成」の視点です。
部下を印象で評価する人事考課表になっていませんか?
現在の人事考課表は会社の目標と一致したものになっていますか?
会社の目的を達成し、そして社員が成長する人事考課表の作り方、運用のし
かたをお話します。
中小企業は人材不足だと嘆く前に、経営者や管理職にはやるべきことがあり
ます。
お申し込みは下記からお願いします。
→ 【東京】 http://nakagawa-consul.com/seminar/084.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年10月18号 VOL.3799
――――――――――――――――――――――――――――――――――
今年度のインフルエンザの予防接種の予約はお済みでしょうか。
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【採用】中小企業に秘められた人材確保の可能性!
◆────────────────────────────────◆
去る9月10日に「2013年1月の調査開始以来、人材不足で倒産した
企業が45件と過去最多となった」という記事が公開されました
(株式会社東京商工リサーチ調べ)。
現在の人材不足の水準は、バブル景気時の状況に匹敵するほど
深刻なレベルといわれています。実際、中小企業の約74%が
人手不足だと回答し、うち約20%は「かなり深刻」、約33%は
「深刻」と回答しているというデータもあります(中小機構調べ)。
「うちは中小企業だから(必要な投資をすることができず)、現状
は向かい風だ...」との声も多く聞かれますが、視点を変えてみる
と、一概にそうとも言えない状況が見えてきます。
現在、国を挙げての働き方改革が進められているなかで、雇用の
流動性を高めようという機運があります。その際に、働き手に
対して中途採用の道を開き、受け皿となっているのは、実は中小
企業であり、新卒採用重視の大企業ではないのです。
これは、雇用の流動性が高まるほど、より魅力ある職場を提供
できる中小企業が、より良質な人材を採用し定着させることが
できるようになる可能性が秘められていることを意味します。
それでは、就業・定着・離職に係る従業員の意識について確認
するとともに、それに対する中小企業ならでは取り組みについて、
そのポイントと実例を見てみましょう(日本政策金融公庫総合
研究所調べ)。
■就職する際に重視する点
(1位)正社員として採用される(30.5%)
(2位)希望に合った業種(25.4%)
(3位)入社時の給与・賞与(23.7%)
■現在勤務している企業で働き続けたくない理由
(1位)収入・昇給に対する不満(21.3%)
(2位)労働条件・労働時間・休暇に対する不満(8.3%)
(3位)昇進・昇格などの人事評価に対する不満(7.7%)
■現在勤務している企業で働き続けたい理由
(1位)不満な点は多いが、辞めるまでにはいかない(28.7%)
(2位)多少不満な点はあるが、満足のほうが多い(25.5%)
(3位)転職先そのものが容易には見つからない(21.8%)
■人材定着への方策【企業が取組んでいること】
(1位)労働時間短縮・残業削減(27.9%)
(2位)賃金水準の引上げ(18.9%)
(3位)休暇の拡大・利用促進(13.1%)
■人材定着への方策【従業員が効果的だと思うこと】
(1位)賃金水準の引上げ(29.1%)
(2位)労働時間短縮・残業削減(18.2%)
(3位)適正な評価(11.2%)
データを見るに、金銭面の不満を満たすことが大きなポイント
であることは間違いありません。ただし企業の立場としては、
なかなか踏み出しにくい場合も多いことでしょう。ここで、
アンケートに目を向けてみると、「賃金が上がっても辞めたい
人は辞めた」という言葉もあります。賃上げで引き留めたと
しても、より賃金水準が高い他社があれば転職してしまう可能
性が残ります。それ以外の方策も総合的に検討することが肝要
といえそうです。
離職者のアンケートには「話を聞く時間を設けてもらえていれば」
「ビジョンやキャリアパスが明確に示されていれば」といった
声が散見されるように、労使間のコミュニケーション、すなわち、
『説明する』『話を聞く』『明確に示す』ことが重要なキーワード
になっています。
そのような点を踏まえた企業側の対策として
【1】従業員一人ひとりに配慮し、反応する組織体制
【2】従業員間のチームワークを促す仕掛けづくり
【3】組織内を縦横に走るコミュニケーション
が挙がっています。
具体例としてはそれぞれ、
【1】オープンな評価制度・キャリアパス、メンター制度等
【2】コンテストの開催(チーム・店舗毎)、部門報奨金等
【3】社内SNS、社長との直接面談、誕生日会等
が挙げられています。
上記を見ると、規模がコンパクトな中小企業だからこそ、労使
間の距離が近く、比較的軽い負担で実現できる施策も多いこと
が分かります。ここでポイントとなるのは、経営トップや従業員
各人の自発性に依存した取り組みではなく、日常的に自走する
継続的なシステムとして構築を行うことです。
お互いに理解し、納得しながらコミュニケーションができる
仕組みを軌道に乗せることができれば、意思疎通の不足が引き
金となる離職は、確実に減らすことができるはずです。
貴社におかれましても、既存の従業員、さらには求職者に訴求
できる魅力ある職場づくりを進める仕組みについて考えてみて
はいかがでしょうか。

(中川コメント)
賃金制度は下記にセミナーが参考になります。
─────────────────────────────────
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】 平成30年11月27日(火)10時~16時30分
   【東京】 平成31年2月26日(火)10時~16時30分
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
今年度のインフルエンザの予防接種の予約はお済みでしょうか。
「ワクチン」という言葉は、ラテン語の雌牛を意味するvacaが
語源です。ワクチンの発見により対策が進み、ついには
根絶宣言が出された「天然痘」は、紀元前から伝染力が強く
死に至る疫病として人々から恐れられていました。
この天然痘根絶に尽力したのが、ジェンナーというイギリス人
です。彼は、乳牛の放牧が盛んな酪農地帯に生まれ、「ウシの
乳しぼりをしている人の中で牛痘(ぎゅうとう)にかかった人は
天然痘にはかからない」という話を聞いたことがありました。
牛痘とは、牛の伝染病から人間に感染する病気で、水疱が手に
できる程度で深刻な病気ではありません。ジェンナーは、牛痘に
かかった人のウミを、まだ天然痘にかかっていない人に注射して
抗体をつくり、天然痘から予防することに成功しました。その後
ジェンナーは、その功績から近代免疫学の父とも呼ばれています。
免疫療法の話題は、京都大学の本庶佑特別教授がノーベル医学・
生理学賞を受賞することになり、一挙に注目を浴びるように
なりました。
今後のがん治療技術の発展にもますます期待が高まります。

◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】 慶弔見舞金規程つくり方セミナー 1万円(税別)
               → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-18.html
◆─────────────────────────────────◆
「うちの会社は社員を大切にするホワイト企業だ」と、つい自慢したくなる
慶弔見舞金規程つくり方をご紹介します。
ご都合でWebセミナーにご参加いただけない方のためにDVDを作成しました。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-18.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆