HOME > 中川清徳のブログ >  【労務管理】ウソ・不正
中川清徳のブログ
2018年
10月09日
カテゴリー

 【労務管理】ウソ・不正

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
     【東京】企画中 13時30分~16時00分
       http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html
     【Web】10月26日(金)13時30分~16時00分
    http://nakagawa-consul.com/seminar/003_web.html
◆─────────────────────────────────◆
1.賞与原資の決め方が分からない
2.イマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる
などの経営者の悩みを解決し、社員が一丸となって会社業績に取り組
む仕組み作りを提案するセミナーです。
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html
Webセミナーはこちらから
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/003_web.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年10月9号 VOL.3776
――――――――――――――――――――――――――――――――――
クリアファイルの下のほうにある三角形の切れ込みは何のため?
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【労務管理】ウソ・不正
◆────────────────────────────────◆
1.退職した元従業員が,競合他社に転職し,取引先に接触している
  [調査内容]
   月曜日~金曜日の5日間の行動調査(勤務先の特定。その後,勤務時間
   帯の行動を確認する)
  [調査結果]
   出勤先が同業他社であることが,調査初日に判明しました。また,
   勤務時間帯の行動を調査すると, Aが担当していた取引先(最近,
   受注がなかった)に立ち寄っていること,さらに, Aの担当では
   なかった取引先にも立ち寄っていることが判明しました。
   5日間の調査で.Aが前職の取引先を優先して営業している様子が
   確認できました。

2.従業員が次々に辞めていく。何が起きているのか調べたい
  [調査内容]
    行動調査1日(現在の勤務先の確認とそこに出入りする人物の確認)
  [調査結果]
    元従業員の現在の勤務先がわかり,張込みを続けると,退職した
    元従業員が続々と出勤していることが判明しました。
    その会社の商業登記を調べると,依頼会社と同業種で,設立時期は
    従業員が辞め始めた頃と重なっており,代表取締役には,依頼
    会社の取締役を務めている人物が就任していました。
    依頼会社の取締役を務めながら,着々と独立の準備を進めていた
    ことが発覚しました。

3.社内不倫の噂が広まっている。会社としても事実関係を把握して対策を
  とりたい
  [調査内容]
    会社帰りの調査,社内の飲み会後の調査,有給休暇時の男性の
    行動調査
  [調査結果]
    (平日の会社帰り)男性は自宅とは反対方向の電車に乗り,女性の
    自宅の最寄駅で下車,飲食店で先に会社を出た女性と合流。
    その後,手をつないで駅まで戻り,女性と別れ帰宅。
    月曜日から金曜日のうち, 4日は同じような行動をしており,
     1日だけ真っ直ぐ帰宅していました。
    (会社の飲み会後)事前に会場がわかっているため,会場から調査を
    開始。飲み会終了後, 2人は別々に行動するも, 2駅先で合流し,
    ラブホテルへ。
    2時間後に別々に出て,そのまま男性は帰宅。
    (有給休暇時)男性の自宅から調査を開始。
    男性がスーツ姿で自宅を出るのを確認。電車で女性宅の最寄駅
    まで行き, レンタカーを借りて,女性と観光デートに出かける。
    その後, 2時間ほど女性宅で過ごし帰宅。社内での噂通り,頻繁に
    2人で、会っていることが調査で判明しました。


(中川コメント)
本日の記事は、ビジネスガイド10月号の「続・現役探偵が調査で見つけた
ウソ・不正」記事を抜粋しました。
そのほか、興味深い事例が掲載されています。
社内のウソ・不正は素人では対応が難しいことがあります。
費用はかさみますが、場合によっては探偵に依頼することは選択肢の
一つです。
ウソ・不正が判明したら懲戒処分をすることになります。
懲戒処分をするには、就業規則に具体的な服務規定と懲戒規定が
必要です。
多くの会社が不十分です。
就業規則の見直しをしましょう。
下記のセミナーが参考になります。
─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    10月16日(火)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    2月15日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
クリアファイルの下のほうにある三角形の切れ込みは何のため?
クリアファイルの右上にある半円の切れ込みは、めくって膏類を入れやすく
するためとわかる。
でも、よく見ると、右下に三角形の謎の切れ込みが...。
これは何のためにあるの?
クリアファイルを開いたときに、開く力をここで受け止めるため。
つまり、一定以上開きにくいようにしている。
この切れ込みがなかったころのクリアファイルは、下の圧着部分に直接力が
かかって、よくはがれてしまった。
(色鉛筆は丸いのに鉛筆はなぜ6角形? 知的生活推進版編より)

◆─────────────────────────────────◆
 【無料プレゼント】
 従業員の給料が高いか低いか一目で分かるグラフが無料です
  → http://form.mag2.com/cestuuoudr
◆─────────────────────────────────◆
うちの従業員の給料が高いか低いか分からないのでは、給料の決めようが
ありません。高いか低いかをまず把握することです。
従業員300人未満の会社に対して御社の賃金データ(社員名は不要です。
記号で処理します)をご提供いただきますと、
一目で世間相場と比較できる「ズバリ!実在賃金」グラフを無料で差し上げ
ます。
「ズバリ!実在賃金」のグラフは、年齢別の世間相場(取締役、管理職、一
般男性、一般女性)を描いたライン(曲線に近い)のグラフに御社の同年齢
の従業員の年収・残業代を含む月額・所定内賃金(残業なし)・賞与をプ
ロット(点)表示します。
プロットは御社の従業員が分かるように番号で表示します。
そのグラフがあれば、御社の従業員の給料が世間相場と比較して誰が高いか
誰が低いかが一目で分かります。
ズバリ!実在賃金のデータがない地域(首都圏、関西圏以外)は厚生労働省
のデータを元に弊社で独自に加工した世間相場の管理職を推測して、管理職、
一般男性、一般女性の年齢別のグラフを作成します。
厚生労働省の賃金相場は管理職の相場が不明なので、そのままでは参考にな
らないから加工しています。正確性には欠けますが、そのほうがより実態に
近づくと思うからです。
よろしければお申し込みください。
→ http://form.mag2.com/cestuuoudr
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆