HOME > 中川清徳のブログ >  【採用】男性のみとできるか?
中川清徳のブログ
2018年
10月11日
カテゴリー

 【採用】男性のみとできるか?

――――――――――――――――――――――――――――
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    10月16日(火)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    2月15日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
――――――――――――――――――――――――――――
 ブログ、ツイッター、フェイスブック、スマートホン、iPad
など情報の環境がめまぐるしく変わっています。便利の裏側に
会社のリスクがずいぶんと高くなっています。それらに的確に
対応しなければ倒産の仲間入りをするかもしれません。
 個人情報、企業秘密、パワハラ、セクハラ、反社会的勢力、
マイナンバーへの対応など、労務管理が求められる水準が格段
に高まっています。
 このように難しい時代にしっかりと対応した就業規則が必要
です。御社の就業規則は時代の変化に対応できていますか?
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
→→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年10月11号 VOL.3779
――――――――――――――――――――――――――――――――――
新聞の拡張員は、なぜすぐに引っ越してきた家がわかるのか?
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【採用】男性のみとできるか?
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   採用について質問があります。
中川:はい、何でしょうか?
社長:当社は3交代勤務をしています。
   交代勤務は男性ばかりなのです。
   力仕事がありますし、深夜時間がありますので、女性には
   不向きなのです。
中川:そうですね。
社長:しかし、求人をするときは男性のみとすることができません。
   ときどき、女性から応募があるのです。
   それで困っているのです。
中川:どうして困るのですか?
社長:だって、応募した人に「あなたは女性だから対象外です」とは
   言えないでしょう?
   形式的に採用面接をするのはお互いにムダです。
   だから、男性に限ると求人したいのですが本当にダメなのですか?
中川:ダメです。
   本当に女性ではダメなのですか?
社長:だって、女性は深夜働かせてはダメでしょう?
中川:それは昔のことです。
   今は女性も深夜労働をさせることはOKです。
   妊婦や家庭の事情がある場合はダメですが、大幅に緩和されています。
社長:でも、力仕事があります。
中川:今は女性消防士もいますよ。
社長:うーん。
   では、応募に来たら不採用にするしかないですね。
中川:たしかに、事業主は採用の自由があります。
   しかし、採用条件を満たす者の中から男性だけを優先して
   採用することはダメなのです。
社長:でも、採用する自由があるのでしょう?
   
中川:はい、あります。
社長:だったらそうします。
   それでは違法なのですか?
中川:はい、違法です。
社長:違法だったら牢屋に入れられるのですか?
中川:いいえ、牢屋には入れられません。
社長:では、罰金があるのですか?
中川:それもありません。
社長:では法律違反してもOKなのですか?
中川:いいえ、ダメです。
社長:だって、違反しても牢屋も罰金もないのですよ?
   それは違反してもOKということではないですか?
中川:それは極端です。
   最悪の場合は差別扱いをされたということで訴訟になる
   可能性があります。
社長:そうなったらどうなるのですか?
中川:違法が認められ慰謝料の請求がされる可能性があります。
社長:うーん。
   交代勤務を女性で...。
   考えたこともなかったが、消防士も女性がいる時代なのですね。
中川:そうです。
   職場が活性化するかもしれませんよ。
社長:幹部会で検討します。

(中川コメント)
性別による求人は原則として許されません。
例外は次のような場合です。
1.芸術、芸能で男女のいずれかを従事させることが必要
2.守衛、警備員等、防犯上の要請
3.宗教上、風紀上、スポーツにおける競技の性質上
4.風俗、風習で男女のいずれかが能力を発揮しがたい海外勤務

─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    10月16日(火)10時~16時30分
    【東京】セミナー開催日    2月15日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
新聞の拡張員は、なぜすぐに引っ越してきた家がわかるのか?
新聞社の使命は、事実の報道と部数の拡大といわれることがある。
部数を増やさないことには、新聞社の売上は頭打ちだ。
そこで、拡張員と呼ばれる人たちが「ウチの新聞をとってください」と
家々を回ることになる。
彼らは、新聞社から給料をもらっているわけではなく、報酬として一軒で
一年の契約が取れたら5OOO円とか、再契約を交わせば2000円といった具合の
歩合給をもらっている。
契約を取れば取るほど収入が伸びるため、彼らは懸命に契約を取ろうとする。
そのため往々にして強引な勧誘がおこなわれて、苦情がでることもある。
しかし不思議なのは、引っ越しをすると、彼らが新居を真っ先に訪ねてくる
こと。
どうやって彼らが引っ越しを嘆ぎつけるかというと、新聞の各販売所には
「全戸台帳」なるものがあり、これに近隣一帯の全居住者がリストされて
いるからだ。
そして、その台帳を元に拡張員はマンションやアパートなどを定期的に訪ね
ているので、居住者が入れ替わったことにすぐに気づくというわけだ。
(ねえねえ、教えて!日本人の総疑問 河出書房新社刊より)

◆─────────────────────────────────◆
  賃金制度の診断をいたします 20万円(税別)+交通費等
◆─────────────────────────────────◆
賃金制度の診断をいたします。ご希望の方は下記からお申し込みください。
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/wage_system.html
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆