HOME > 中川清徳のブログ
中川清徳のブログ
2017年
10月13日

 【残業】本人が勝手にする残業

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
     【東京】10月20日(金)13時30分~16時00分
     【東京】11月21日(火)13時30分~16時00分
       http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html
◆─────────────────────────────────◆
1.賞与原資の決め方が分からない
2.イマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる
などの経営者の悩みを解決し、社員が一丸となって会社業績に取り組
む仕組み作りを提案するセミナーです。
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年10月13日号 VOL.3272
――――――――――――――――――――――――――――――――――
やりくりするのがマネジメント
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
 【残業】本人が勝手にする残業
◆─────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   A君の事で相談します。
中川:はい、なんでしょうか?
社長:A君は遅くまで仕事をしています。
   しかし、残業時間は30時間くらいです。
   A君は自分が好きで残業をしているだから30時間以上の
   残業代はいらないというのです。
   どう対処したものかと。
中川:A君の残業は必要なものですか?
社長:こだわる性格です。
   たとえば、文字の段落がずれたり、表の罫線が汚いと
   許せないのです。
   そこまでこだわる必要はないと言っているのですが、
   自分が納得したいのですといって残業をします。
   だから、その分は残業代はいらないというのです。
中川:で、早く帰るように注意しましたか?
社長:そこなんです。
   A君は残業代を請求しない残業だからいいだろうという考えです。
   本人が勝手に残業をする場合はそのまま残業代を
   払わなくてもいいのでしょうか?
中川:払う払わないの前にやっておくことがあります。
   残業は本人が勝手にするのではなく、会社の指示でする
   というルールを明確にすることです。
社長:残業を許可制にするというものですね。
   それは実施しています。
   だからA君は残業は許可した時間しか請求しないのです。
   でも、実際は許可した時間を超えて仕事をしています。
   それが、問題にならないかと心配です。
中川:必要でない仕事をしているのでから、しかも上司が
   許可制で残業を指示しているのですから残業代を
   払わないことは問題ありません。
社長:では、いまのまま放置して良いですね?
中川:ダメですね。
社長:では、どうしたらいいですか?
中川:必要でない仕事は認めないので時間になったら
   退社するようにさせましょう。
社長:それではせっかく本人がヤル気になっているのに
   ヤル気がなくなるのではと心配です。
中川:でも、必要以上に残業をされたら事務所の経費も
   嵩みます。
   また、警備の問題もあります。
   断固とした姿勢で臨むべきです。
社長:そうですか。
   A君が好きで仕事をするならそれでもいいかと
   思います。
   他に問題ありますか?
中川:長時間労働の問題があります。
   好きで残業をしていても労働時間とみなされる
   おそれがあります。
社長:本人が勝手に仕事をしてもですか?
中川:そうです。
   最悪、過労死と認定されかねません。
社長:ええ!!
   そんなことを言われてかなわないなぁ。
中川:事業主は労働時間を把握する義務があります。
   本人が勝手残業をしていることを知りつつ
   その時間を把握しないと適切な管理が
   されていないということで会社の責任になります。
社長:そこまでいいますか。
中川:そこまで言われます。
社長:分かりました。
   A君には会社が認めた残業時間が経過したら
   退社するように指示します。

(中川コメント)
会社が許可していない勝手残業をしたとしても、勝手残業は労働時間であると
認定される可能性が高いです。
労働時間の把握は事業主の義務です。
残業時間が多すぎると健康を害したり死亡した場合に
安全配慮義務違反で訴訟になる可能性もあります。
従業員の労働時間の実態を把握しましょう。
許可した残業以外の労働時間であっても
会社が関知しないことは許されません。
    
─────────────────────────────────
 ■長時間残業対策セミナー
   【東京】  10/26(木)
  13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座 
        受講料 24,000円(税別)  
    http://nakagawa-consul.com/seminar/087.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
やりくりするのがマネジメント
中小企業は、人・物・金・情報など、大企業に比べてはるかに不足して
います。
一流企業に比べて人材のレベルも低いかもしれませんし、資金力も弱い
のが実情でしょう。
大企業のマネジメントのマネをして実行しようとしても机上の空論に
なります。
不足するものを何とか"やりくり" するのが中小企業のマネジメント
なのです。
その"やりくり" をするためにとても重要なコツが2つあります。
1つは「あらかじめ」、2つ目は「やめられないか、(減らせないか)」の
2つです。
1つ目の「あらかじめ」ですが、目の前のやらなくてはいけない仕事に目を
奪われ、重要な仕事を後回しにしてしまいがちです。
そこで「あらかじめ」を活用して"やりくり" するのです。
本当にやりたいこと、やるとさらに飛躍できることを、スケジュールに
予定として入れておいて実行に移していくわけです。
(ムチャぶりで人を育てる23のコツ 藤咲徳朗著 セルバ出版刊)

◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】 そうかぁ!転ばぬ先の杖講座「雇い入れと退職編」セミナー
               → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-17.html
◆─────────────────────────────────◆
ご都合でセミナーにご参加いただけない方のためにDVDを作成しました。
本に書いてあるような通りいっぺんの法律論ではなく、
中川式賃金研究所の豊富な経験に基づく実践的な内容です。
後継者および総務課長への教育にお役立て下さい。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-17.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2017年
10月12日

 【健康診断】パート、派遣社員は?

◆────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  
       【東京】 平成29年10月19日(木) 13時30分~16時30分
         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆────────────────────────────────◆
  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年10月12日号 VOL.3271
――――――――――――――――――――――――――――――――――
標準化
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
 【健康診断】パート、派遣社員は?
◆─────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   パートさんも健康診断を受けさせなければなりませんか?
中川:はい、一年に1回は受診させる必要があります。
      ただし、1週間の労働時間が通常の4分の3以上が条件です。
社長:当社では1週間の所定労働時間が40時間ですから
   40時間×4分の3=30時間となりますね。
   週30時間以上の場合は受診の義務があるのですね。
中川:そうです。
   ただし、有害業務に従事しているパートは労働時間が短くても
   健康診断を実施しなければなりません。
   
社長:では、契約社員は?
中川:受診させる義務があります。
   契約社員もパートと同じ条件です。
社長:アルバイトは?
中川:臨時の場合であれば受診させる必要はありません。
社長:どうしてパートは受診の義務があり、アルバイトの場合は
   ないのですか?
中川:雇用期間の定めがある場合は1年以上が予定されているか
   1年以上勤務している場合がもう一つの条件です。
   一般的にはパートは1年以上雇用することが多いです。
   しかし、アルバイトは数ヶ月程度の雇用が多いです。
   それを前提に申し上げました。
   もし、アルバイトでも1年以上勤務している場合は
   受診させなければなりません。
   
社長:雇用期間が1年を超える場合は受診させ、1年未満の場合は
   受診させなくても良いのですね。
   それがパート、契約社員、アルバイトでも受診しなければ
   ならない場合の条件なのですね?
中川:そうです。
社長:では、パートでも勤続年数が1年未満の場合は受診させなくて
   良いのですね?
中川:1年以上の勤務が見込まれる場合は受診しなければなりません。
社長:出向社員はどうなりますか?
中川:出向社員は出向元で受診させるか出向先で受診させるかは
   会社同士で取り決めます。
   一般的には出向先で受診することが多いような気がします。
社長:派遣社員はどうなりますか?
中川:派遣社員は派遣元が健康診断をします。
   ただし、有害業務に関する特殊健康診断は派遣先が
   行います。
社長:複雑ですね。

(中川コメント)
パート、契約社員などが1年以上勤務する場合(予定も含む)は
定期健康診断を受診させる義務があります。
ただし、一週間の所定労働時間の4分の3以上の場合です。
また、おおむね2分の1以上であるときは受診させることが
望ましいとなっています。
違反をしたら罰金刑に処せられます。
    
─────────────────────────────────
 ■長時間残業対策セミナー
   【東京】  10/26(木)
  13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座 
        受講料 24,000円(税別)  
    http://nakagawa-consul.com/seminar/087.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
標準化
報連相は、フォーマットを決めてしまえばいいのです。
ポイントを組織内のルールにしてしまいましょう。
私の以前の勤務先では、外資系コンサルティング会社からの転職者が多く
活躍していました。
彼らは忙しい上司をつかまえるのもお手のもの。
よくよく観察してみると、話しかけ方がフォーマット化されているのです。
「すみません。〇〇の件についてご相談があります。2点。3分、時間を
ください」
こんな感じで。
彼らいわく、「そういう報連相ルールを前職で叩き込まれていたから」。
なるほど、ルールがあったからこそ、反復によって報連相スキルが鍛えられ
たのですね。
うまくできていないのであれば、標準化してしまう。
それが業務品質向上と効率化の近道です。
(職場の問題地図 沢渡あまね 技術評論社刊より)

◆─────────────────────────────────◆
【CD】営業秘密の保護と競業避止
        講師 北見昌朗先生  ゲスト講師 金森将也弁護士
  http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-20.html
◆─────────────────────────────────◆
そもそも「不正競争防止法」とは?
 ・営業秘密保持義務について
 ・競業避止義務について
 ・引き抜き行為
会社を守る具体的なノウハウ集
 ・誓約書を、入社時および退職時に提出させる
 ・競業避止特約契約書を結ぶ(手当の支給が必要)
【販売価格】2万円(税別)
秘匿性が高いため、社会保険労務士、コンサルタントはお断りします。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-20.html
*********** 申込み書***********************************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2017年
10月11日

 【仕事】努力は必ず報われるか?

◆─────────────────────────────────◆
 ■オーナー会社のための「役員・幹部の賃金の決め方」セミナー
    【東京】  10月18日(水)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座
    http://nakagawa-consul.com/seminar/045.html
◆─────────────────────────────────◆
非上場のオーナー会社は役員、幹部の報酬の決め手がなくて困っています。
まずは、相場を知ることです。独自調査による役員報酬の世間相場を
発表します。つぎに意外に知られていない役員になるリスクを知ること
です。気になる役員退職慰労金はいくら払えばいいのか?
そして励みになる給与体系はどうやって作ればいいのか?
お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/045.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年10月11日号 VOL.3270
――――――――――――――――――――――――――――――――――
嘆きも悲しみも、すぐに消えてなくなる
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
 【仕事】努力は必ず報われるか?
◆─────────────────────────────────◆
「努力すれば必ず報われる」
「努力は決して裏切らない」
しばしば使われる言葉ですが、努力の方向を間違ってはいけません。
成果を棚上げして、プロセスを努力の対象にしては、意味がありません。
どうも私たち日本人は、こうした間違った努力をする傾向があるようです。
最近、おもしろい本を読みました。
元ゴールドマン・サックスのアナリストで、今は小西美術工芸社という
日本の伝統工芸を守る会社の社長をつとめている
デーピッド・アトキンソンさんが書いた『新・観光立国論』という本です。
アトキンソンさんはここで、観光立国を目指す日本は努力の方向を
間違っていると説いています。
日本の観光産業のリーダーたちは「交通のアクセスがいい」こと、
「治安がいい」こと、さらに「おもてなし」の心にあふれでいることこそ
外国人観光客の訪日動機だ分析し、アピールしていこう、と言っています。
だから、東京五輪招致でも、「おもてなし」などとアピールしていた
わけです。
しかし、アトキンソンさんは、「海外の人間は、そんなものを求めて日本に
来るわけではない」と言います。
新幹線が定時に発車するからといって、イギリス人が来日することなどない。
「治安がいい」のは前提条件であって、それだけでは決め手にはなりにくい。
「おもてなしがすばらしい」も、実際に日本に訪れてから感じるもので、
旅行前にライバルに勝つ決定的な要因としては弱いのです。
観光客が求めるポイントは、どこであろうと、その国の気候、自然、文化、
食事です。
だから、日本が「おもてなし」に力を入れたり、治安のよさをアピールする
のは間違った努力であり「ズレている」のです。
こうしたおかしな事態が起きる原因は、日本人が「結果」ではなく、
「プロセス」を見るくせがあるからだと指摘します。
そして根本的に間違っているのは、日本政府が「観光客を年間2000万人まで
増やす」と言っていることだと指摘します。
政府が観光客を誘致することで得たい大きな「結果」は観光収入。
インバウンド消費をうながして、GDPを底上げすることにほかなりません。
つまり、求める結果は「人数」ではなくて「金額」であるはずです。
「年間2000万人を目指す!」のではなく、「年間何兆円を目指す!」とする
べきだというわけです。
こうして間違った目標設定を正すと、打つべき施策も変わってきます。
たとえば、オーストラリア人旅行者は、-回あたり、韓国人旅行者のおよそ
3・4倍のお金を日本旅行で使うそうです。
本来、観光収入で「結果」を出したいなら、韓国人を3人誘致するよりも、
オーストラリア人を1人誘致するほうが合理的です。
それなのに、年間2000万人を超えそうだ!と「プロセス」に目を向けて、
本来の「結果」を見ずに満足してしまうのです。
この間違った観光施策は、私たちに多くの示唆を与えてくれます。
会社でも、いまだに部下の「努力」や「プロセス」と「成果」を正しく
分けて評価できないことが多くあります。
「忙しいことはいいことだ」という古い感覚が、どこかで残っているから
でしょう。
あなたは、そのプロセス至上主義に陥らないようにしてください。
常に、今、たずさわっている仕事の「求められる結果」は何なのか。
それを見すえたうえで「今自分がやろうとしているプロセスは本当に重要か」
を、よく見つめ直してから、動いてください。
あるいは、人を動かすリーダーならば、「あいつはいつも夜遅くまで
がんばっているな」「彼はいつも忙しそうに動きまわってエライな」と
いった評価は即刻やめましょう。
結果を見ずにプロセスだけを評価するのは、無能な上司の証拠です。
仕事は、常に「結果」を見すえてから。その後ではじめて、手を動かす
のです。

(中川コメント)
本日の記事は「すぐ動くのはやめなさい」佐々木常夫著 青春出版社刊から
抜粋しました。
この著書はビジネスマンに大変参考にります。購読を推奨します。
    
─────────────────────────────────
 ■長時間残業対策セミナー
   【東京】  10/26(木)
  13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座 
        受講料 24,000円(税別)  
    http://nakagawa-consul.com/seminar/087.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
嘆きも悲しみも、すぐに消えてなくなる
嘆きも悲しみも鳥と同じで、ひょいと留まっては飛び去っていくもので
ある。
しかし多くの人は、そのことを認めようとしない。
モンテスキューのように「わたしの場合、一時間の読書でどんな悲しみも
消えてなくなる」と言うのは恥ずかしいのである。
ところが、じっくりと本に向かってみれば、自分の読んでいる世界に
すっかり夢中になってしまうことは明らかなのだ。
(アランの幸福論 ディスカバー刊)

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆
弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーを開催していますが、
各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。
よろしかったら下記からお申し込みください。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-11.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2017年
10月10日

 【遅刻】常習者には始業10分前出勤を命じたい

◆─────────────────────────────────◆
 「オーナー経営者を守るための「役員報酬・退職金の見直し方」セミナー
    【東京】 平成29年10月17日(火)13時30分~16時
        http://nakagawa-consul.com/seminar/078.html
◆─────────────────────────────────◆
 役員給与(退職慰労金)が損金算入を否認されたときのリスクは、経営に
致命傷を与えかねません。役員退職慰労金規程さえ作っておけば安心という
のは、もはや過去の迷信です。
 役員給与(退職慰労金)の損金算入が認められなかった裁判例や裁決事例
を紹介し、トラブル防止のポイントをお伝えします。
 役員退職慰労金の効果的な財源確保の方法をお伝えします。会社で契約す
る生命保険は、役員の事業保障や退職金の財源確保の方法として広く活用さ
れていますが、死亡保険金や解約返戻金は、その原資に過ぎません。
 契約締結の過程で提案される退職慰労金規程等を利用する際には、自社の
事情に合わせた検討が必要です。
トラブル防止のための対策と、生命保険の有効活用の基本をお伝えします。
※当セミナーでは具体的な生命保険商品等の案内は致しません。現在お付き
合いのある金融機関等にご相談下さい。
 講師:濱田勝則(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/078.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年10月10日号 VOL.3269
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ジャガイモの色変わりを防ぐには
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
 【遅刻】常習者には始業10分前出勤を命じたい
◆─────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   Aさんのことで相談します。
中川:はい、何でしょうか?
社長:Aさんは遅刻常習者です。
   寝坊したというのが理由です。
   それで始業の10分前までには出勤するように命じたいのです。
   それは違法ですか?
中川:始業までの10分はどのような取り扱いをするのですか?
社長:どのような取り扱いと言いますと?
中川:賃金を払うのかと言うことです。
社長:賃金は払いません。
中川:では、仮に始業の10分前にまでに出勤しなかった場合は遅刻
   扱いとするのですか?
社長:そこが分からないのです。
   遅刻扱いにしたいですが、始業前ですから遅刻扱いにするもの
   変ですよね。
中川:遅刻扱いにすることは構いません。
   遅刻したら給料を減額するのですか?
社長:始業前の遅刻ですから給料は減額できませんよね。
   減額できるのですか?
中川:社長のおっしゃるとおり、減額できません。
社長:始業10分前に出勤するように指示をしても意味がありませんね。
中川:そうですね。
   しかし、遅刻扱いにすることは可能です。
社長:はあ?
   意味が分かりません。
中川:たとえば、昇給や賞与の査定で遅刻3回で1日欠勤とする
   ようなことは可能です。
社長:遅刻をした場合、給料を減額はできないが、成績査定で
   不利益をすることは可能ということですね。
中川:そうです。
   従業員には周知しておきましょう。
社長:分かりました。

(中川コメント)
住友電気工業事件(大阪地裁 昭和56年8月25日判決)を
参考にしました。

    
─────────────────────────────────
 ■長時間残業対策セミナー
   【東京】  10/26(木)
  13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座 
        受講料 24,000円(税別)  
    http://nakagawa-consul.com/seminar/087.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
ジャガイモの色変わりを防ぐには
アク抜きしたり褐変(茶色に変色すること)を防ぐために、皮をむき、
切ってから水にさらしますが、酢水ならより白さを保てます。
サラダに使う場合などは特に見栄えがよくなります。
ゴボウやウド、レンコンなども酢水にさらすと変色を防ぐことができます。
(裏ワザ・アイディア便利帳 サプライズBOOKより)

◆─────────────────────────────────◆
【CD】バッチリ週休3日制!賞与も退職金もありの限定正社員制度
           講師 北見昌朗先生
  http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-17.html
◆─────────────────────────────────◆
とにかく人が採れない年中無休の小売り業、製造業にお勧めの新制度です。
HPからのお申し込みは下記からお願いします。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-17.html
また、下記のご記入いただきそのまま返信でも申込みができます。
*********** 申込み書***********************************
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2017年
10月09日
カテゴリー

 【年休】契約更新のパートの場合


◆─────────────────────────────────◆
 ■ 経営者、管理職のための信頼される人事考課のしかた
      【東京】  3月13日(火)13時30分~16時30分
         http://nakagawa-consul.com/seminar/072.html
◆─────────────────────────────────◆
弊社は「人事考課は主観でよい!」と提唱しています。
人事考課は主観でしか評価ができません。
しかし、それに甘えて、自分の好みだけ、自分の好き嫌いだけで人事考課を
されては、従業員はたまったものではありません。
主観で決めるとしても評価にはルールがあるのです。
そのルールを知らないで主観で人事考課をしては不信感ばかり募(つの)り
結果的に労務管理がギクシャクすることになります。
人事考課の基礎を身につけることで従業員との信頼関係をよくしていきま
しょう。

詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/072.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年10月9日号 VOL.3268
――――――――――――――――――――――――――――――――――
宇宙飛行士の生命保険
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
 【年休】契約更新のパートの場合
◆─────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   パートの年休について質問です。
中川:はい、何でしょう?
社長:パートも年休を与えなければならないのですか?
中川:はい、与えなければなりません。
社長:年休は6ヶ月以上勤務した場合ですね?
中川:ピンポーン!
社長:そのくらいは知っていますよ。
   で、社員の場合は10日の付与日数ですが、
   パートの場合は日数が少なくても良いと聞きましたが本当ですか?
中川:はい、比例付与となります。
   たとえば、
   週4日出勤の場合 7日
   週3日出勤の場合 5日
   週2日出勤の場合 3日
   週1日出勤の場合 1日
   となります。
社長:これは半年勤務した場合に与えるのですよね?
中川:はいそうです。
社長:パートは半年契約をしています。
   半年経ったら契約が切れます。
   その場合は年休を与えなくてもいいのですね?
中川:はい、半年で期間満了となるのであれば年休は
   発生しません。
社長:というとであれば、契約期間を半年としておれば
   年休は与えなくても良いのですね?
中川:あのう、社長、何か勘違いされているような気がします。
社長:はあ。
中川:半年契約で終了するのであれば年休は発生しません。
   しかし、契約を更新した場合は年休が発生しますよ。
社長:でも、契約は半年ですからそれで一旦終了です。
   改めて契約を更新するのですから、年休は発生しないと
   いう解釈ではダメですか?
中川:ダメです。
   6ヶ月以上継続して労働した場合は年休の付与が必要です。
社長:なんだ、そういうことですか。

(中川コメント)
パートも年休を付与しなければなりません。
付与日数は週あるいは年の労働日数により決まっています。

    
─────────────────────────────────
 ■長時間残業対策セミナー
   【東京】  10/26(木)
  13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座 
        受講料 24,000円(税別)  
    http://nakagawa-consul.com/seminar/087.html
─────────────────────────────────

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
宇宙飛行士の生命保険
宇宙への飛行ではどんな危険が待ちかまえているかわからない。
出発までには爆発事故が起きたとか隕石が衝突したなど、あらゆる緊急
事態を想定した訓練が行われるという。
実際、発射時の爆発や訓練中の事故で命を落とした人もいる。
地上にいるときよりもはるかに高いリスクを負うことになる宇宙飛行士
だが、彼らは生命保険に加人することができるのだろうか。
これは国によって事情が異なっているようだ。
日本の場合、通常と同じ条件で加入することはできない。
加人するためには一般の人よりも多くの特約条件をつけなければならない
のだ。
もちろん、それを本人が承知すれば保険に入ることはできる。
しかし、アメリカはもっとシビアな対応をするケースが多く、一般の保険
会社ではほとんど契約を結ぶことはできないらしい。
リスクが大きい人ほど保険金を多く払う可能性が高まるわけで、保険会社
としてはなるべく避けたいというのが本音のようだ。
ただし、ある宇宙飛行士によれば、軍用機に搭乗するパイロット専用の
保険を扱っている会社がいくつかあり、そこでは宇宙飛行士も加人できる
そうだ。
希望すれば、NASAでもそういった会社を紹介してくれるという。
一方、中国では保険会社が保険料を負担する形で加入を認めたケースがある。
ただし、これは保険会社が宜伝効果を狙ったものだともみられており、
特殊なケースだといえるかもしれない。
(「あの業界のタブー」より 青春出版 発行)

◆─────────────────────────────────◆
 就業規則見直しをご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆
 毎年のように法律改正が行われており、一年前に作成した就業規則ですら
すでに時代遅れになっています。多忙な経営者や総務関係者がその都度、法
改正に対応するご苦労はいかほどのものかと推察します。
 法改正のスピードが速いので最新情報による弊社主催の就業規則セミナー
にご参加いただくのが良いと思います。できればそうしていただきたいので
すが、セミナーを受けても帰社したら目先の仕事に追われ気づいたらまった
く着手できていない方も少なくありません。
「そのうち、そのうち」と思案中に1年が経ち2年が経ち...。
 中川が御社にお伺いして就業規則の見直しのお手伝いをします。中川がお
手伝いすることで確実に最新版の就業規則を作成できます。

   ◆就業規則見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後のお断りはご自由です)
御社名:
役職名:
お名前:
上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細は
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/work_regulations.html
でご確認ください。

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
<< 2