HOME > 中川清徳のブログ
中川清徳のブログ
2018年
9月19日
カテゴリー

【PR セミナー】社員ともめごとを起こさない就業規則のつくり方セミナー

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年9月19日号 VOL.3750
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「じゃあ、そのことに意見したの?」
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
【PR セミナー】社員ともめごとを起こさない就業規則のつくり方セミナー
                          講師 中川清徳
 開催日 平成30年10月16日(火)10:00~16:30
          平成31年2月15日(金)10:00~16:30
  http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
 対象:中小企業経営者、総務部長、総務担当者
 受講料:38,000円(税別)
注意事項 秘匿性が高いため、社会保険労務士、経営コンサルタント、
     税理士等、同業者のお申し込みはご遠慮ください。
◆─────────────────────────────────◆
最新の法律に準拠した内容です。
セミナーでお話する内容の一部を紹介致します
1.先手必勝、最初が肝心、採用前に提出させる3点セット
2.見込み違いの中途採用の賃金を下げることが可能な雇用契約書の作り方
3.年次有給休暇をちゃっかりとってやめる、
 引継ぎをろくにしないでやめる、
 急に出社してこなくなってやめるなどの
 けしからん退職者をどうしたらよいか
4.問題社員に対する始末書の書かせ方、やめさせ方
5.解雇でもめないための具体的な方法
6.セクハラ、パワハラに対応するひな形
7.個人情報保護法に対応した就業規則の作り方 マイナンバーにも対応
8.反社会的勢力、携帯電話の取り扱い、顧客名簿、IDの管理、
 企業秘密漏洩防止を就業規則に盛り込む方法。

ある経営者は「このセミナーを受けたことは私の財産だ!」と語りました
あなたの会社は時代の変化に対応できていますか?
ひょっとして平成初期、あるいは昭和に作ったまま?
そのまま放置していると訴訟となり会社が負けます。
時代の変化事例です。
1.情報環境の変化
  ブログ、ツイッター、フェイスブック、スマートフォン、iPadなど
  情報の環境がめまぐるしく変わっています。
  便利の裏側に会社のリスクがずいぶんと高くなっています。
  それらに的確に対応しなければ倒産の仲間入りをするかもしれません。
2.個人情報管理の厳格化
3.企業防衛をしなければならない企業秘密
4.パワハラ、セクハラなどのハラスメント(いじめ)
5.反社会的勢力への対応
労務管理が求められる水準が格段に高まっています。
このように難しい時代にしっかりと対応した就業規則が必要です。
御社の就業規則は時代の変化に対応できていますか?
まじめな社員があほらしくならないため、特別な遵守事項を入れましょう。
 ・無断遅刻をする
 ・無断欠勤をする
 ・会社のルールを守らない、
 ・突然退職する
 ・セクハラ、パワハラを平気でする
 ・会社の悪口を実名でネットに流す
などの問題社員、けしからん社員にたいして毅然と対応するのが労務管理の
基本です。
そのカギを握っているのは管理監督者です。
問題社員、けしからん社員に見て見ぬふりをする、自ら率先してセクハラ、
パワハラをするような管理者の部下として働くまじめな社員はあほらしく
なります。
重要なカギを握っている管理職がしっかりしてもらうために、管理監督者に
対する特別な遵守事項が必要です。
法律は毎年、次から次へと改正されています。
・反社会的勢力条例
・65歳までの雇用義務化
・パートタイム労働法
・労働契約法
など。
御社の就業規則はそれに対応していますか?
最新の法律改正に対応することは当然のことです。
これ以外にもお伝えしたいことが多くあります。
セミナーに参加してご確認いただくのが良いかと思います。

お申し込みは下記から
http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
また、下記にご記入いただきそのまま返信でも申込みができます。
*********** 就業規則セミナー申込み書******************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
参加日
******************************************************
注意事項 秘匿性が高いため、社会保険労務士、経営コンサルタント、
     税理士等、同業者のお申し込みはご遠慮ください。

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
「じゃあ、そのことに意見したの?」
私の心にとても響いた一言は、ある友達にぐちを言った時に言われた
言葉です。
 その日はクラス内で話し合いが行われていました。
その時、ある子が、自分が出した意見でいこう、とみんなをおしきって、
決まってしまいました。
私はそれがいやでした。
なので、友達にそのことを、ぐちっていました。
友だちはひととおり話を聞いた後、
 「じゃあ、そのことに意見したの?」
と、私に問いかけました。
その時、私は答えることができませんでした。
 それを見た友達は、
 「意見も出さないなら、それに決まってしまっても仕方ないでしょ。
いやだと思うなら、それはどうなのかなって意見すればいいじゃん。
なんで意見しないの」
 その時、私は、はっとして今までの自分を振り返りました。
今までもこんな事がありました。
そのことをこの友達は知っていて言ったのかもしれません。
 この一言がきっかけで、私はそれは嫌だと思った事や、こうした方が
いいと思ったことを積極的に意見するようになりました。
人と意見がぶつかることもありましたが、終わった時、今までのもやもや
した感じが今はまったく感じなくなりました。
 この一言は、私を変えてくれました。
この一言をくれた友達に感謝したいです。
浜松市立引佐南部中学校 東山さん


(プチ紳士からの手紙 より http://giveandgive.com/)

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2018年
9月19日
カテゴリー

 【解雇】失業と処理すべきか ~解雇に不満な労働者

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
     【東京】10月11日(水)13時30分~16時00分
       http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html
     【Web】10月26日(金)13時30分~16時00分
    http://nakagawa-consul.com/seminar/003_web.html
◆─────────────────────────────────◆
1.賞与原資の決め方が分からない
2.イマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる
などの経営者の悩みを解決し、社員が一丸となって会社業績に取り組
む仕組み作りを提案するセミナーです。
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html
Webセミナーはこちらから
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/003_web.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年9月19号 VOL.3749
――――――――――――――――――――――――――――――――――
昔は「もしもし」の代わりに「おいおい」といっていた?
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【解雇】失業と処理すべきか ~解雇に不満な労働者
◆────────────────────────────────◆
Q.解雇された本人が無効と思っても、ハローワークで失業給付
  の手続きをすると解雇を認めたことになるのでしょうか。
    手続きに関しどう考えるべきでしょうか。
  

(中川コメント)
A.争いながら給付受給可
  失業後に基本手当を受給するには、ハローワークに離職票の
  提出が必要です。従業員が離職票を受け取ったからといって、
  解雇を認めたことにはなりません。
  
  解雇の効力等について争いがある場合、「条件付給付」を
    受けることが可能です。「単なる効力の疑い、解雇不服、
    争議等の事実上の争いがあるに過ぎない場合には認められ
    ない」とされていて、給付手続きの際は、実際に争っている
    ことが分かる添付資料が必要と解されています。
  離職証明書および離職票の欄外に、解雇不当を申立て、提訴、
  申告中であるが、基本手当の支給を受けたいので、資格喪失
  の確認を請求する旨記載し、署名押印または自筆署名する
    ことが必要としています。なお、求職活動実績の基準は適用
    されず、失業等給付は、基本手当と傷病手当に限られます。
                    提供:労働新聞社

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】10/12(金)/10月24(水)/12/12(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 9/25(火)/9/27(木)/10/9(火)/10/17(水)/10/30(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
昔は「もしもし」の代わりに「おいおい」といっていた?
電話をかける際、つい何気なくいってしまう「もしもし」。
いったいどんな意味があるのか、よく知らない人がほとんどだろう。
一説では、人に呼びかける「申し申し」が由来だとされる。
井原西鶴の『武道伝来記』にも、「これ、申し、とどめはこたな様に......」
とあるのだ。
ところで、電話が開通した1890(明治23)年頃は、「もしもし」のほかに
「おいおい」という言葉も存在していたことをご存じだろうか。
開業に先立ち、電話交換局の公開実験が行なわれており、当時の読売新聞
にも「『おいおい』と呼んで交換手に問い合わせ......」と、その様子が記さ
れている。
電話交換局には女性職員に加えて男性職員もいて、公開実験を真似たのか、
「おいおい」と応対していた。
ところが「『おいおい」ではあまりに横柄ではないか」と世間の不評を買
い 10年あまりで「おいおい」の呼びかけとともに、男性の交換手は姿を
消したのだ。
こうして「もしもし」だけが、今日まで残るようになったのである。
(雑学裏事情おもしろ事典 より 王様文庫発行)

◆─────────────────────────────────◆
 【出前社内研修】パワハラ・セクハラ防止社内研修
◆─────────────────────────────────◆
パワハラ・セクハラ防止社内研修を承ります。
ご希望の方は下記よりお申し込みください。
お申し込みは下記から
→ https://nakagawa-consul.sslserve.jp/seminar/089.html
お申し込み前の確認はメールにてお願い申し上げます。
確認方法 
 1.このメルマガの返信として確認内容を記載していただく
 2.メール info@nakagawa-consul.com 宛てに送信していただく
 3.電話 0299-85-1475で確認していただく
 4.FAX 0299-85-1474に送信する

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2018年
9月18日
カテゴリー

 【賃金】住宅手当を廃止したい

◆────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  
       【東京】 平成30年10月10日(水) 13時30分~16時30分
       【東京】 平成30年12月12日(水) 13時30分~16時30分
         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
       【Webセミナー】平成30年9月11日(火)13時30分~16時30分
     → http://nakagawa-consul.com/seminar/004_web.html
      日程が合わない場合は上記ページ末より調整ができます
◆────────────────────────────────◆
  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
東京→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
web→ http://nakagawa-consul.com/seminar/004_web.html
   日程が合わない場合は上記ページ末より調整ができます

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年9月18号 VOL.3748
――――――――――――――――――――――――――――――――――
怒りには、力の強いところから弱いところへ流れるという性質があります
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【賃金】住宅手当を廃止したい
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   住宅手当を廃止したいのですが、注意点はありますか?
中川:どうして廃止したいのですか?
社長:ハマキョウレックス事件の判決を読んだからです。
   正社員は転勤前提だから住宅手当を支給するが、契約社員は
   転勤がないから住宅手当を支給しないことは、同一労働同一賃金
   に違反しないと書かれていました。
中川:そうですね。
社長:弊社は正社員も転勤がありません。
   しかし、正社員には住宅手当を支給し、契約社員には支給して
   いません。
   弊社の場合は同一労働同一賃金で違反すると思うからです。
中川:なぜ、住宅手当を支給しているのですか?
社長:あるとき、中途採用した従業員が「この会社は住宅手当が
   なぜないのか?」と質問してきました。
   それで、世間では住宅手当を支給するのが普通なのかと思い
   住宅手当を支給することにしました。
中川:なんとなく住宅手当を支給したのですね?
社長:まあ、そうなりますね。
中川:住宅手当を支給するのであれば、契約社員やパート社員にも
   支給しないとバランスがとれません。
   正社員も契約社員も住む家が必要ですから。
   もし、住宅手当を契約社員やパート社員にも支給するので
   あれば同一労働同一賃金となりますので、問題ありませんが。
社長:そうかもしれませんが、契約社員やパート社員にも住宅手当を
   支給すると人件費が上がります。
   
中川:では、住宅手当を廃止することになりますね。
   その場合は減額となるので不利益変更となります。
   したがって、従業員の同意を得る必要があります。
社長:住宅手当の廃止はイヤだと反対されそうです。
中川:そうですね。
   方法としては現在支給されている人は住宅手当分を基本給に
   入れて、住宅手当を廃止することが考えられます。
社長:であれば、住宅手当の廃止は反対されないでしょうね。
   もし、住宅手当を基本給に入れないで、廃止したい場合は
   どうしたらいいですか?
中川:その場合は急激な減額を避け、数年間にわたり少しずつ減額する
   方法が考えられます。
   減額の金額は定期昇給の範囲内であれば、賃金総額が減らないので
   同意を得やすいでしょう。
社長:わかりました。
   幹部会議で検討します。
     

(中川コメント)
同一労働同一賃金は、有期契約、短時間勤務契約などを理由に
不合理な扱いをしてないけないことになっています(労働契約法)。
ハマキョウレックス事件の最高裁の判決は、正社員は転勤があるが
契約社員は転勤がないから住宅手当に差をつけても同一労働同一賃金に
違反していないと判決しました。
逆に言えば、転勤がない従業員にも住宅手当を支給していれば、パート、
契約社員、嘱託などにも支給しないといけないことになります。
今回は住宅手当について触れましたが、その他の手当も同様です。
この際、賃金制度を見直すことが必要です。
下記のセミナーが参考になります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】10/12(金)/10月24(水)/12/12(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 9/25(火)/9/27(木)/10/9(火)/10/17(水)/10/30(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
怒りには、力の強いところから弱いところへ流れるという性質があります
上の立場の人から怒りをぶつけられたとき、下の立場の人は、なかなか
直接相手にぶつけ返すことができません。
このように、怒りは弱い立場へ向けられる傾向があります。
そして、怒りをぶつけられた側は、ぶつけてきた相手に対してでなく、
さらに弱い立場の人へ怒りをぶつけてしまうのです。
たとえば、上司にやつあたりされた部下が、妻や子どもに怒りをぶつける
といったように、低いところへどんどん連鎖してしまうのです。
自分の怒りはもちろん、誰かに怒りをぶつけられたとき、さらにそれを
ほかの誰かに連鎖させないことが大切です。
(アンガーマネジメント 戸田久実著 かんき出版刊より)

◆─────────────────────────────────◆
 【無料プレゼント】
 従業員の給料が高いか低いか一目で分かるグラフが無料です
  → http://form.mag2.com/cestuuoudr
◆─────────────────────────────────◆
うちの従業員の給料が高いか低いか分からないのでは、給料の決めようが
ありません。高いか低いかをまず把握することです。
従業員300人未満の会社に対して御社の賃金データ(社員名は不要です。
記号で処理します)をご提供いただきますと、
一目で世間相場と比較できる「ズバリ!実在賃金」グラフを無料で差し上げ
ます。
「ズバリ!実在賃金」のグラフは、年齢別の世間相場(取締役、管理職、一
般男性、一般女性)を描いたライン(曲線に近い)のグラフに御社の同年齢
の従業員の年収・残業代を含む月額・所定内賃金(残業なし)・賞与をプ
ロット(点)表示します。
プロットは御社の従業員が分かるように番号で表示します。
そのグラフがあれば、御社の従業員の給料が世間相場と比較して誰が高いか
誰が低いかが一目で分かります。
ズバリ!実在賃金のデータがない地域(首都圏、関西圏以外)は厚生労働省
のデータを元に弊社で独自に加工した世間相場の管理職を推測して、管理職、
一般男性、一般女性の年齢別のグラフを作成します。
厚生労働省の賃金相場は管理職の相場が不明なので、そのままでは参考にな
らないから加工しています。正確性には欠けますが、そのほうがより実態に
近づくと思うからです。
よろしければお申し込みください。
→ http://form.mag2.com/cestuuoudr
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2018年
9月17日
カテゴリー

 【労務管理】欠勤が多い

◆─────────────────────────────────◆
 Webセミナー「和歌山県の賃金相場と給料の見直し方セミナー」2018  
  平成30年9月26日(水)13時30分~15時(1.5時間)受講料 1万円(税別)
 うちの給料が世間と比べてどうなっているかを知りたい経営者向け
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
◆─────────────────────────────────◆
人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?
「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
ポイントは
1.世間相場との比較
2.社内バランス
の二つです。
すぐ参考にできるノウハウ満載。
ふるってご参加下さい。
【セミナーの内容】
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 賃金改定はココがポイント
第3部 採用で苦戦しないポイント
【申込み方法】
http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
ご都合が悪い場合は上記サイトで調整可能です。

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年9月17号 VOL.3746
――――――――――――――――――――――――――――――――――
[松下幸之助の名言|
誰も使っていないということは、無限の市場があることだ]
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【労務管理】欠勤が多い
◆────────────────────────────────◆
匿名ご希望の読者から質問を頂戴しました。
(引用開始)
あまりにも欠勤が多くなると、このまま野放しにしてはいけないと考え
ており、現状把握するためにも近日中に面接しなければと思っています。
本人は有給がゼロとなり、欠勤となるのは仕方がない、賃金はいらないと
いってるようです。
労働の提供義務を免れることはできないと考えます。
今後、欠勤が続くと、「原則ありえない、賞与にも反映され、人事考課に
も影響が出てマイナス査定の対象」となる旨を伝えようかと思います。
今後の対処方法について、アドバイスいただけたらと思います。
よろしくお願いします。
     

(中川コメント)
あまりにも欠勤が多いとのことです。
しかし、具体的な日数や時期が不明なので、回答は難しいです。
したがって、月に数日程度欠勤すると想定して回答します。
お考えのとおり、従業員には労務提供義務があります。
「賃金はいらないから欠勤をする」は許されません。
まず、確認することは欠勤をどのタイミングで連絡しているかです。
始業時刻を過ぎての欠勤は無断欠勤となります。
次に欠勤の理由を把握することです。
年休は自由に取ることができますから、理由は不要です。
しかし、労務適用義務があるにもかかわらす欠勤する場合は
ちゃんとした理由が必要です。
それを確認することは当然の行為です。
次に、
欠勤はしかたない、賃金はいらないは通用しないことをわからせましょう。
もちろん、欠勤で成績査定にマイナスの影響がでることは当然ですし
それを伝えることは支障がありません。
御社の就業規則の内容が不明ですが、一般的には欠勤のルール、
欠勤の懲戒処分が記載されていると想定します。
就業規則に沿ってきちんとした対応をすることです。
もし、不十分であれば就業規則の見直しをしましょう。
ただし、就業規則も見直しをしても、見直し以前の行為は見直し前の
就業規則を適用します。
お間違えにならないよう(老婆心ながら)。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】10/12(金)/10月24(水)/12/12(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 9/25(火)/9/27(木)/10/9(火)/10/17(水)/10/30(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
[松下幸之助の名言|
誰も使っていないということは、無限の市場があることだ]
モーターといっても小型である。
しかも、いま皆さんの家庭でモーターを使っているところがあるか。
誰も使っていないということは、無限の市場があることだ。
【覚書き|モーター部門を設立したとき、周囲からの反対に対し言った言葉】

◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】「新人教育を見える化してグングン成長するツール」セミナー
   新人が育たないのはその仕組みがないからかもしれません
  録画時間(DVD) 1時間5分
    レジメ等46ページ(PDFファイルをCDにて配布) 1万円(税別) 
 → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html
◆─────────────────────────────────◆
セミナーの内容
1.新人教育計画を見える化するコツ
2.新人が励みになるしかけ
3.多能工化のコツ
4.トレーナー制度の導入の仕方
お申し込みは下記からお願いします。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2018年
9月17日
カテゴリー

「ユニオンへの戦略的対応」セミナー


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る
作者: 中川清徳  2018年9月17号   VOL.3747
◆─────────────────────────────────◆
塾の先生にどうしたら、いい点数がとれるか聞いてみた

(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
経営には戦略がある。紛争には?
「ユニオンへの戦略的対応」セミナー
      【東京】 10月15日(月)13時30分~16時30分
         http://nakagawa-consul.com/seminar/094.html
◆─────────────────────────────────◆
「一体いつまで続くんですかね?」
ユニオンに入られた会社の経営者・幹部社員から、もっとも多く出てくる
言葉です。
会社は、何より早期解決を図りたい。
そこで、組合要求に対して一定の解決金を支払います。
合意書を取り交わして安心したのも束の間。
今度は組合に別の法令違反を指摘され、再び金銭を要求されます。
こうした事態になる最大の原因が、会社に戦略がないことです。
ゴール設定が戦略目標になっていないから解決しないのです。
経営者と社員が日々の業務に真剣に取り組んで、ようやくいくらかの利益が
残る。
これが中小企業の実情ではないでしょうか。
企業と社員の貴重なおカネが、怒号や威嚇を得意とする勢力の元に流出して
いく。
こんな社会は絶対におかしい、と講師は考えます。
このセミナーでは、ユニオンに対する戦略的対応を解説します。
会社と社員で築いた尊い利益を社内に守る一助になることを切に願っています。
詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/094.html

【セミナーの内容】(講師の都合で変更になることがあります)
第1部 相手を知る
 ・組合が会社を見る目
 ・団体交渉 初期対応べし・べからず集
 ・労働委員会とは
 ・街宣活動の違法・合法
 ・得意先も求人応募者も目にするウェブ・SNS拡散
第2部 己を知る
 ・状況分析のやり方
 ・36協定はスキだらけ!
 ・解雇・雇止め、賃下げ、労災事案
第3部 百戦危うからず
 ・戦略目標を設定する
 ・会社の味方になってくれる弁護士・社労士の選び方
 ・戦わざるが上策

【講師プロフィール】
時枝 慎一郎
ポルテー経営法務 代表/社会保険労務士
自らが法律事件で苦労した経験から、法務の相談業を志す。
平成12年社会保険労務士登録後、団体交渉、不当労働行為申立、労働局
あっせんなどの立会回数は50回を超える。
労務トラブルを見通し、予防することに徹した労務相談がライフワーク。
★セミナーの対象
  中小企業の経営者、後継者、労務担当者の皆さま
  尚、社会保険労務士、税理士、経営コンサルタントの方はご遠慮ください
お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/094.html
お申し込みをお待ちしております。

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
塾の先生にどうしたら、いい点数がとれるか聞いてみた

 私は中学校一年生のとき、国語が苦手だった。
授業で習う教科書に載っている何回も目を通すような文章はテストで点数を
とれるのだが、初めて見る文章が出る塾のテストでは思うように点数が取れ
なかった。
そこで、塾の先生にどうしたら、いい点数がとれるか聞いてみた。
すると、先生はいくつかのアドバイスを教えてくれた。
そして、最後に先生は私に、
 「自分を変えようとする、この瞬間からが大事」
とおっしゃった。
 今の自分の行動がこれからの未来を明るく照らすのかもしれない。
だから、私はこの一言を聞いて、今生きているこの瞬間を無だにしては
いけないなと思った。
 それから、毎日、一生懸命勉強して、国語の苦手が少しずつ減っていった。
今でも、忘れない一言だった。
瀬戸市立品野中学校 加藤さん

(プチ紳士からの手紙 より http://giveandgive.com/)

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
<< 2