HOME > 中川清徳のブログ
中川清徳のブログ
2018年
11月11日
カテゴリー

 【今月の経営格言】本庶佑(ノーベル生理学・医学賞受賞者)

◆─────────────────────────────────◆
 Webセミナー「香川県の賃金相場と給料の見直し方セミナー」2018  
  平成30年12月10日(月)13時30分~15時(1.5時間)受講料 1万円(税別)
 うちの給料が世間と比べてどうなっているかを知りたい経営者向け
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
◆─────────────────────────────────◆
人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?
「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
ポイントは
1.世間相場との比較
2.社内バランス
の二つです。
すぐ参考にできるノウハウ満載。
ふるってご参加下さい。
【セミナーの内容】
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 賃金改定はココがポイント
第3部 採用で苦戦しないポイント
【申込み方法】
http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
ご都合が悪い場合は上記サイトで調整可能です。

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年11月11日号 VOL.3833
―――――――――――――――――――――――――――――――――
イチョウは「生きた化石」
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【今月の経営格言】本庶佑(ノーベル生理学・医学賞受賞者)    
◆────────────────────────────────◆
◆今月の経営格言
 『何ができるかでなく、何が知りたいかであって、   
  常にできることばかりやっていると目標を見失う。
  何が知りたいか問いかけながら研究をやってきた』  
           
   本庶佑(ノーベル生理学・医学賞受賞者)    
   出所:「NHKニュース(2018年10月1日付)」
         (NHK)
   
――――――――――――――――――――――――――――
冒頭の言葉は、
「物事を成し遂げたいなら、
 とことん、自分のやりたいことを貫き通せ」
ということを表しています。
2018年10月1日、京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)
氏がノーベル生理学・医学賞を受賞したという、うれしい
ニュースが日本中を駆け巡りました。本庶氏の研究が新しい
がんの治療法に関する道を開いたとして評価され、受賞に
つながったのです。
研究成果が素晴らしいのはもちろんですが、本庶氏については、
これまで語ってきたことやインタビューなどで話す内容が
「名言」として広く注目されています。冒頭の言葉も、受賞まで
を振り返ったインタビューの中で、本庶氏が発言したものです。
本庶氏が大切にしているのは、「何が知りたいか」という
好奇心です。それが全ての原動力だからです。知りたいことを
とことん追求し、「自分の目で見て納得するものを信じる」
という厳しい信念を貫いてきた彼の言葉だからこそ、人の心を
打つのでしょう。
こうした本庶氏の信念は、次に挙げる"6つのC"にも表れて
います。これは、本庶氏が考える「物事(研究)を成し遂げる
ために必要なものは何か」を示したもので、次世代に贈る言葉
として、京都大学における本庶氏のウェブサイトにも掲載されて
います。

「好奇心Curiosityを大切に勇気Courageを持って困難な問題に
挑戦Challengeし、必ずできるという確信Confidenceをもち
全精力を集中Concentrateさせ、諦めずに継続Continuation
することで、時代を変革するような研究を世界に発信することが
できるのです。」
「好奇心・勇気・挑戦・確信・集中・継続」。本庶氏の場合、
6つの根底にあるのは、やはり、ブレずに持ち続けた「何が知り
たいか」という好奇心なのかもしれません。これをビジネスに
置き換えると、「何がやりたいか」という「意志」ともいえる
でしょう。
組織を率いる経営者には、「何がやりたいか」という強い意志が
求められます。しかし、これを貫き通すのは簡単ではありません。
特に、今ある会社を大きくするために、次の世代につなぐために
新規事業を起こすとき、経営者はこの難しさに直面します。
既存の事業が確立されている中で新規事業を起こすのは、ゼロの
状態から起業する、いわゆる「0→1(ゼロイチ)」とは全く
違います。「1→2や3」、つまり、今あるものをゼロにすること
なく、2や3に増やしていかなければなりません。
そうなると、どうしても、今あるものを守り、生かすことにのみ
目を向けがちです。新規事業が「やりたいこと」ではなく、今の
リソースや経験などから得た「できること」だけに終始して
しまってはいないでしょうか。
社員とその家族の人生を預かる経営者は、他の誰よりも「ゼロに
する」ことのリスクを認識しています。しかし、だからといって
経営者が「ゼロにする」ことを恐れ、「できること」だけを
やろうとする姿を社員に見せてはいけません。
なぜなら、そうした環境では、社員は経営者の考え以上のこと、
新しいことを生み出せないからです。新規事業を成し遂げるには、
社員の力が必要です。だからこそ経営者は「何ができるか」に
とどまらず、「何がやりたいか」を社員に見せるのです。
あなたの組織には、社員が「どのような賞をもらうより喜び」と
言える「やりたいこと」があるでしょうか。社員の喜びをつくる
のは、経営者です。「何がやりたいか」を貫き通す経営者の姿
こそ、組織の「1→2や3」を成し遂げる第一歩なのです。

【本文脚注】
本稿は、注記の各種参考文献などを参考に作成しています。本稿
で記載している内容は作成および更新時点で明らかになっている
情報を基にしており、将来にわたって内容の不変性や妥当性を
担保するものではありません。また、本文中では内容に即した
肩書を使用しています。加えて、経歴についても、代表的と思わ
れるもののみを記載し、全てを網羅したものではありません。

【経歴】
ほんじょたすく(1942~)京都府生まれ。
京都大学医学部進学課程修了。
京都大学医学部卒業。
京都大学大学院医学研究科生理系博士課程修了。医学博士。
京都大学医学部教授などを経て、
2005年、京都大学名誉教授就任。
2017年、京都大学高等研究院特別教授に、
2018年、京都大学高等研究院副院長・ 特別教授就任。
ロベルト・コッホ賞、文化勲章、
第71回日本医師会最高優功賞などを受賞。
2018年、ノーベル生理学・医学賞受賞。

【参考文献】 
「NHKニュース(2018年10月1日付)」(NHK、2018年10月)
「京都大学大学院医学研究科 免疫ゲノム医学 ウェブサイト」
(京都大学、2018年10月時点)
「京都大学ニュースリリース 本庶佑 高等研究院副院長・
特別教授が記者会見を行いました。(2018年10月1日付)」
(京都大学、2018年10月)
「NHKクローズアップ現代+ ノーベル賞偉業を生んだ"本庶哲学"
(2018年10月9日放送)」
(NHK、2018年10月)

(中川コメント)
 本日の記事は弊社が有料会員となっている「中小企業福祉事業団」が
提供する情報を転載しました。

─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月15日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
黄金に輝くイチョウの美しさは、もみじと並んでまさに
秋の風物詩といえます。各地で古代銀杏や銀杏並木が大切に
保存され、その力強い生命力で長年人々を感動させています。
イチョウは約3億年前に出現し、1億5千年前に全盛を極めました。
古来17種だったイチョウは、その後、生態系の変化により
次々に消え、わずか1種だけが残りました。
それゆえ、イチョウは「生きた化石」ともいわれています。
そのせいか、葉の形は他の植物とは違ってかなりユニークです。
よく見ると葉脈が平行にはしり、時々二又に分かれています。
原始的な陸上植物は葉を持たず、二又に枝分かれする茎だけで
できていたと考えられており、この点からもイチョウは
原始的な形をしていると言えます。
今秋は遠目からイチョウを愛でるだけでなく、葉脈にも
注目してみてはいかがでしょうか?

◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の見直をご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆
賃金制度を見直したいが、勉強している時間がない...。
中川式賃金研究所のセミナーに参加したが賃金制度の見直しが後回しに
なっていつの間にか半年が過ぎ、1年が過ぎ...となっている...。
専門家にコンサルティングを依頼した方が良いかもしれません。
よろしければ賃金制度の見直しのお手伝いをさせていただきます。
賃金制度の見直しは次のステップで行います。
 ステップ1 世間相場との比較 
 ステップ2 社内バランスの検討
 ステップ3 人事制度の構築
 ステップ4 諸手当の見直し
 ステップ5 基本給の決定
 ステップ6 昇給(減給を含む)システムの構築
 ステップ7 人事考課の見直し
 ステップ8 賃金規程の見直し
 ステップ9 従業員への周知、同意
専門家の力を借りて賃金制度の見直しをしたい方は下記にご記入し
そのままメールをください。
   ◆賃金制度見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後に断ることはご自由です)
御社名:
役職名:
お名前:
上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細をご連絡します。

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2018年
11月10日
カテゴリー

 【人事考課】周囲の貢献度が高い場合・外部要因の影響をどう評価?

◆─────────────────────────────────◆
 Webセミナー「佐賀県の賃金相場と給料の見直し方セミナー」2018  
  平成30年12月4日(火)13時30分~15時(1.5時間)受講料 1万円(税別)
 うちの給料が世間と比べてどうなっているかを知りたい経営者向け
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
◆─────────────────────────────────◆
人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?
「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
ポイントは
1.世間相場との比較
2.社内バランス
の二つです。
すぐ参考にできるノウハウ満載。
ふるってご参加下さい。
【セミナーの内容】
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 賃金改定はココがポイント
第3部 採用で苦戦しないポイント
【申込み方法】
http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
ご都合が悪い場合は上記サイトで調整可能です。

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年11月10日号 VOL.3832
―――――――――――――――――――――――――――――――――
会社が成長しないのはなぜか?
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【人事考課】周囲の貢献度が高い場合・外部要因の影響をどう評価?
◆────────────────────────────────◆
1.周囲の貢献が高い場合
 チームワークがよい職場であれば、上司や職場の同僚が協力することで、
本人の能力以上の高い成果実現につながることがある。
この場合、成績評価ではマイナス調整しない。
 本人の取り組み姿勢が仮に不足していたとしても、成果を上げたことは
事実だからである。
事実を無視して評価することは、評価の客観性の観点からも許されない。
ただし成績評価(目標達成度評価)が高くとも、能力評価や情意評価・コ
ンビテンシー評価が高くなるとは限らない。
それらはまったく別の評価だからである。
例えば能力評価の場合、成果実現のプロセスを見ながら本人の貢献部分に
着目して評価する。
上司や同僚のサポート部分は差し引いて、実質のパフォーマンスだけが
評価される。
さらに同僚のサポートの部分については、同僚の評価に反映させることが
望ましい。
自分の業務以外に同僚をサポートした行動は、情意評価・コンピテンシー
評価として加点してあげることで、さらにチームワークを高めることが
できる。

2.外部要因の影響
 本人とは無関係な外部要因が、成果の実現に影響を与えることもある。
例えば、政治・経済的な要因、規制の問題、景気の影響、会社の方針変更
など予測が困難な外部要因はさまざまであるが、基本的に本人の能力や努力
とは無関係である。
このような外部要因を成績評価に反映させることは不合理であるので、
通常は外部要因の影響が予見できた時点で、目標の変更・修正という手続き
をとる。
期初に設定した目標数値を期中に変更したり、目標そのものを別の目標に
変更することで、目標管理という枠組み自体は維持するのである。
ただし、環境変化やそれに伴う戦略変更が頻繁になされる場合は、この目標
の変更・修正という手続き自体が間に合わないケースも出てくる。
また、外部要因があったとしても、成績評価は結果に基づいて客観的に行わ
れなければならないので、評価者の個人的裁量で評価を上下させることは
許されない。
基本的には会社でガイドラインを作成し、対応することになる。
環境変化が激しい業界では、目標管理という枠組み自体を見直す必要がある
かもしれない。

(中川コメント)
・上司や職場の同僚の協力で成果を上げられたとしても、成果を上げたこと
 は事実であるので、評価においてマイナス調整はしないことが原則です。
・本人とは無関係な外部要因の影響については、目標の変更・修正という
 手続きで対応するのが原則です。

─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月15日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
会社が成長しないのはなぜか?
自ら創業した経営者は、社長個人の営業力を源として会社を成長させる
ことが多い。
多くの社長は、この成功体験から抜け出せない。
自分にとって居心地がいい、営業という一番得意な分野を他人に渡せないで
いるのだ。
また、売上げの半分以上は社長が稼いでいる、というような会社も存在する。
もちろん、それで社員がうまく育てばいいのだが、社長がプレーヤーとして
活躍している限り、いい管理職も、いい営業マンもなかなか育たない。
つまり、会社が成長しない原因を社長自身がつくっているのだ。
「自分が営業しないと、会社の売上げが落ちてしまう」
という反論があるかもしれない。
たしかに一時的には売上げが落ちるかもしれない。
しかし、長い目で見れば自分が退くことが必ずプラスになる。
これによって、会社が次のステージに行けるかどうかが決まるのである。
(社長は「人」に頼るな、「仕組み」をつくれ! 山田博史著 中経出版より)

◆─────────────────────────────────◆
 【DVD】退職金制度の見直し方セミナー
◆─────────────────────────────────◆
基本給連動型の退職金制度は、リスクが大き過ぎます。
ポイント制退職金制度は、中小企業には合いません。
下記からお申し込みください。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-05.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2018年
11月09日
カテゴリー

訂正版 【年休】年休5日の強制付与について 読者からのご質問


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年10月20号訂正版 VOL.3802
――――――――――――――――――――――――――――――――――
人はライフスタイルを10歳くらいまでに自分で決めて完成させる。
そして、それを一生使い続けるのだ。
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
訂正版 【年休】年休5日の強制付与について 読者からのご質問
◆────────────────────────────────◆
10月20日のメルマガで下記の記事を掲載しましたが、
中川のコメントは誤りでした。
すみません。
お詫びして訂正文を発行します。

匿名ご希望の読者からご質問を頂戴しました。
(引用開始)
質問です。
強制付与する有休は、繰り越した有休を引き当ててもよいのですか?
新しく発生した有休から引き当てると繰り越し有休日数が減るため、
社員には不利になると思うのですが・・・
(引用終わり)

訂正前の(中川コメント)
ご質問をありがとうございます。
強制付与の年休は基準日に付与した年休でカウントします。
繰り越し分ではありません。
繰り越し年休が減ることは不利になりますが、それでも強制付与の
法律を作らなければならないほど、年休の消化率が低いからです。
年休は使うことが第一の目的です。
訂正の(中川コメント)
ご質問をありがとうございます。
強制付与の年休は繰り越した年休を引き当ててもOKです。
ただし、就業規則で年休は新規付与を優先すると記載してあれば
新規年休から付与してもOKです。
強制5日付与の年休は新規か繰り越しは決まりがありません。
(労働基準監督署に確認すみ)
以上です。
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
人はライフスタイルを10歳くらいまでに自分で決めて完成させる。
そして、それを一生使い続けるのだ。
ライフスタイル(=性格) は赤ん坊が言葉を覚える前、0歳の頃からすでに
作り始められています。
そして多くの場合、10歳くらいまでの聞にそれを完成させます。
私たちは子供時代に家庭を中心とした社会の中で、自らが望む地位を手に
入れようとします。
そのために相手の注目や愛を得ようと様々な試行錯誤を繰り返します。
最初は親にストレートに注目を求めることでしょう。
しかし、それがうまくいかないとなると、怒りを表すことで無理矢理、
愛情を手に入れようとするかもしれません。
もしくは自分が弱い存在であることをアピールして哀れみや保護を求める
かもしれません。
また、つとめて陽気に振る舞い注目を集めようとする子供もいることでしょう。
このようにして私たちは試行錯誤を繰り返しその中で「こうすると、相手は
こう反応するのか」「これはうまくいった」「これはうまくいかなかった」と
学習していくのです。
そして、できごとに対する対処方法の指針を少しずつ蓄積していきます。
例えば「自分は陽気に振る舞ってもうまくいかないな。そんなことをする
よりもメソメソと泣くことで弱さのアピールをした方がうまくいくぞ」
「自分は守られるべき弱い存在なのだ」などと考えを固定化させていきます。
そして、その結果、先に挙げたライフスタイルの中核となる自己概念や
世界像、自己理想が形作られていくのです。
(アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 小倉広箸
 ダイヤモンド社刊)

◆─────────────────────────────────◆
 【DVD】退職金制度の見直し方セミナー
◆─────────────────────────────────◆
基本給連動型の退職金制度は、リスクが大き過ぎます。
ポイント制退職金制度は、中小企業には合いません。
下記からお申し込みください。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-05.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2018年
11月09日
カテゴリー

 「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る
作者: 中川清徳  2018年11月9号   VOL.3831
◆─────────────────────────────────◆
「日本で初!?授業参観で卵売り」

(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
 「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】12/12(水)1/17(木)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 12/5(水)/1/30(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
◆─────────────────────────────────◆
【セミナー副題】
・家族手当をパートにも払う時代がやって来る?
・迫られる「手当」と「基本給」見直し
・働き方改革関連法案が成立したことへの対応

さて、「同一労働同一賃金」を争点にした最高裁判決が出ました。
「定年後の継続雇用の賃金を下げる、非正規従業員の賃金格差」が違法か
どうかの判決です。
争点は諸手当でした。
そこで示された判決から従来の考えを改める必要がでてきました。
正規と非正規との間の「均等待遇」と「均衡待遇」の実現が今後の課題に
なりそうです。
それにより、諸手当の見直しが話題になりそうです。
同時に検討したいのが基本給です。
人を採れる基本給、人が定着する基本給、人がやる気を起こす基本給で
なければ求人難時代を乗り切れません。
また、働き方改革関連法案が国会で通りました。
働き方改革法案成立が成立しました。
その中の残業規制強化の法案は大変厳しいもので、違反は罰則がつきます
(いままでは罰則はありませんでした)。
特に、残業時間が月60時間以上となっている社員がいる会社は、
今から準備しておかなければ間に合わなくなるでしょう。
中小企業のための、同一労働同一賃金へ対応した賃金制度の見直し方、
残業規制強化への対策を提案します。

Webセミナー 
東京会場→ 

上記日程で参加できない場合は下記よりご希望の日程をお申し込みください。
******【申込み書】「同一労働同一賃金」セミナー*******
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
ご希望日をご記入のうえ、そのまま返信してください。
第一希望日 月 日 時~
第二希望日 月 日 時~
第三希望日 月 日 時~
******************************************************
お申し込みをお待ちしております。
【セミナーの内容】(講師の都合で変更することがあります。
            また、他のセミナーと重複するものがあります)
第1部 「同一労働同一賃金」への対応
その1 最高裁判決を読む
その2 意味のない手当を廃止しよう
その3 真っ先にやり玉に挙げられそうな手当とは
その4 賃金の見直しが後手に回った例
その5 賃金の見直しで先手を打った例
その6 手当を支給する非正規の対象者の絞り方
その7 この賃金のココがおかしい 事例集
その8 中小企業の賃金改定のタイムスケジュール

第2部 残業規制強化への対応
その1 びっくり、残業規制強化の内容とは
その2 36協定の重要性が高まる
その3 従業員代表の選出方法は
その4 「労働時間の適正把握」をするための方法は(タイムカード・出
    勤簿等)
その4 「固定残業代」が否認される理由は
その5 「課長」に対する残業代の払い方は
以上です。
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
◆モットーは「やってみなきゃわからない」
玉置崇の教師奮戦記(その4)
 
「日本で初!?授業参観で卵売り」

 教頭時代の話だ。
中学校の授業参観は、親に「来てほしくない」という生徒がいたり、中学生
にもなったのだから、仕事を休んでまでして、授業での我が子の様子を見に
行くことはないという保護者がいたりして、参加率は小学校に比べものに
ならないほど低い。
 しかし、教員は授業参観となると、いつも以上に準備をして授業に臨む
ことは確かだ。
授業参観前夜、遅くまで準備をしていた教員の学級を見ると、保護者は二人。
授業者は力が抜けているだろうなと思うことが続き、授業参観は必要だろう
かと考えるようになった。
 そこで、PTA役員に「我が校は、今後、授業参観は年に一回にしようと
思うのですが、どうですか」と相談したときだ。
理由を聞かれたので、上記の話をした。
すると予想もしない答えが返ってきた。
「来る人を増やしたいなら、卵を売ったらいいですよ」
予想もしない返答に聞き返した。
「何を売るのですか」
「卵!」
 心の中では、「授業参観で卵を売る学校なんて聞いたことがない。何を
バカなことを言っているんだ」と思ったが、口にすることはできない。
作り笑いをしながら「面白いアイデアですねえ」と答え、もうPTAに
相談することを止めようとも思った。
 その日の夜、ふと「卵を売ったらいい」という言葉が蘇った。
そして卵の卸業者の友人の顔が浮かんだ。
不思議と友人に電話しなければという気持ちになった。
「我が校のPTA役員に、授業参観の参加者を増やすためには、学校で卵を
売ったらいいという、とんでもないことを言った人がいるんだ」
と伝えたところ、
「それは面白い。やったらいい。三百五十円以下で絶対に売るなと言って
いるブランド卵をあなたの学校へは三百円で一〇〇パック卸すよ。
売り上げの一割をPTA会費に入れたらいい」という、これまた驚きの返事
をもらった。
ひょっとしたら、この企画、成功するかもしれないという予感が生まれ、
「卵を売ってまでして、授業参観に来てほしいのです」と保護者に伝えたら
賛同してもらえるのではないだろうか、という気持ちになった。
 卵を売るために乗り越えなくてはいけないのは、校長だ。
教頭が勝手にやるわけにはいかない。
校長にどう伝えようかと思案した。
まず「そんなバカなことは止めておけ」と言われるに決まっている。
ただし、校長は面白がりのところがある。
話の進展によっては、その性格を使って乗り越えることにした。
「校長先生、たくさんの人に授業参観に来てもらうために、誠に言いづらい
のですが卵を売りたいと思うのです」
校長は何を言い出したのかという顔をしたまま、しばらく沈黙。
そして「玉置さん、いろいろと考えるね。しかし授業参観で卵を売る学校
なんて聞いたことがない」
と、当然と言えば当然の言葉が返ってきた。
そこで、「卵を売ってまでして、皆さんに来ていただきたいと伝えたらどう
でしょう。保護者は受け入れてくれるのではないでしょうか」と話す。
「そうはいうが、いくらなんでも学校で卵を売るなんて...。大型スーパー
マーケットもすぐそこにあるのに...」
「校長先生、もし卵が売れ残ったら、職員の前で私を叱ってください。
『教頭、だから言ったじゃないか。卵を売るなんてダメだと。変なことを
考えるんじゃない。卵だけに君(黄身)が悪い』と」
 このギャグ提案は見事成功。
校長は「それは言ってみたい。楽しみにするよ。卵を売ってみてくれ」と、
失笑しながらゴーサインを出した。
 授業参観のチラシには「三百五十円で市販されているブランド卵、
一パック一〇個入りを、お一人様一パックに限り、三百円でお分けします。
なお、売り上げの一割はPTA会費に入れます」と示して、生徒を通して
保護者へ配付した。
 その日の夕方、電話が入った。
「卵を売りましょう」と言ったPTAからだ。「本当にやるのですか!」と
いう言葉にはひっくり返りそうになったが、「卵が売れ残らないように、
皆さんに電話を入れます」と応援メッセージをもらった。
 授業参観の当日、開始時刻まで落ち着かない。
心配で、二階から校門を見ていると、多くの人が次から次へ入って来ている。
一〇〇パック完売は間違いないと確信。
卵売りを始めたら、あっという間に売り切れた。
 覚悟したのは、「授業参観でなぜこんなことをするのか」というクレーム。
しかし、クレームは一切ない。
ある保護者は、「これを考えたのは教頭先生ですって。こうまでして学校に
来てほしいという思い、わかりましたよ」と言っていただけた。
やって良かったとつくづく思った。
 これを契機に、授業参観では、給食で出される副食(プリン、ヨーグルト
など)も販売するようになった。
PTAが業者に授業参観での販売の主旨を伝えて、実現させた。
もちろん売り上げの一割はPTA会費となった。
 閑散としていた授業参観の日が、実に活気がある日になった。
多くの方に、子どもの姿や学校の今を見ていただけるようになった。
教師も張り切って授業の準備をするようになった。
 思い出した言葉が、サントリー創業者の鳥井信治郎さんの言葉だ。
「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」
 授業参観での卵売りは、まさにこの精神だ。
せっかく開催する授業参観なのだから、多くの人に来校していただきたい。
卵売りはこの気持ちの具現化だ。
これ以後、これまで以上に様々な取り組みを行い、学校づくりを楽しんだ

(プチ紳士からの手紙 より http://giveandgive.com/)

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2018年
11月09日
カテゴリー

 【解雇】急に来なくなった

◆─────────────────────────────────◆
 Webセミナー「徳島県の賃金相場と給料の見直し方セミナー」2018  
  平成30年12月7日(金)13時30分~15時(1.5時間)受講料 1万円(税別)
 うちの給料が世間と比べてどうなっているかを知りたい経営者向け
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
◆─────────────────────────────────◆
人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?
「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
ポイントは
1.世間相場との比較
2.社内バランス
の二つです。
すぐ参考にできるノウハウ満載。
ふるってご参加下さい。
【セミナーの内容】
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 賃金改定はココがポイント
第3部 採用で苦戦しないポイント
【申込み方法】
http://nakagawa-consul.com/seminar/KenbetsuChingin_2.html
ご都合が悪い場合は上記サイトで調整可能です。

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年11月9日号 VOL.3830
―――――――――――――――――――――――――――――――――
[松下幸之助の名言|莫大な研究費をつぎ込んでも見込みがないなら撤退する]
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【解雇】急に来なくなった
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんちちは。
   Aさんが急に来なくなりました。
中川:それは困りましたね。
   何日くらいですか?
社長:もう3日になります。
中川:会社から連絡はしたのですか?
社長:しました。
   携帯電話にするのですが、電話にでないのです。
中川:自宅には電話をしましたか?
社長:自宅には固定電話がありません。
   1人でアパートに住んでいるのです。
中川:では、身元保証人は?
社長:父親が身元保証人です。
   しかし、電話番号が分からないので連絡のしようがありません。
中川:父親はどこに住んでいるのですか?
社長:車で6時間くらいかかる遠隔地です。
   まったく、今の若い者は...。
中川:で、どうしたいのですか?
社長:どうしたらいいのか分からないので相談しているのです。
   どうしたらいいですか?
中川:就業規則には何と書いてありますか?
社長:え?
   突然の休みまで書いてあるかなぁ...。
中川:拝見します。
   「会社に連絡がなく30日を超えて欠勤し、所在不明で連絡が
   とれないとき退職とする」とありますね。
社長:行方不明になって30日すると退職になるのですね。
   では、30日になるまで待つしかないですか?
中川:そうですね。
社長:行方不明の間、連絡をするとか会社は何か努力を
   しなければなりませんか?
中川:身元保証人である父親には手紙で連絡をしておきましょう。
   震災などによる行方不明であれば情状酌量が必要ですが、
   Aさんが個人的な理由で行方不明になったのですから
   原則は自己責任です。
社長:しかし、犯罪に巻き込まれたかもしれませんし。
中川:そこまで会社が心配する必要がありません。
   心配することを止めているわけではありませんが。
   
社長:そういうものですか。
   ところで、30日経っても本人と連絡が取れなかったら
   どうしたらいいのですか?
中川:本人に「就業規則にしたがって、退職になった旨」を
   手紙などで連絡します。
   念を入れるなら内容証明で郵送します。
社長:でも、本人が見ない可能性がありますね。
   見てもしらなふりをするとかも。
中川:そうですね。
   本人の住んでいる場所に郵送しておれば良いです。
社長:つまり、解雇通知を出すのですね。
中川:違います。
   解雇となると話が面倒になります。
   解雇すると解雇予告手当の支払も必要になりますし。
社長:解雇でないならなんですか?
中川:自然退職です。
   定年退職は解雇とはいいませんよね?
   それと同じ扱いです。
社長:たしかに、定年退職する人をつかまえて解雇とは
   いいませんね。

(中川コメント)
行方不明の場合の取り扱いを就業規則に明記しておきましょう。
明記していないと本人を退職させることが難しくなります。
下記のセミナーが参考になります。
─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月15日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
[松下幸之助の名言|莫大な研究費をつぎ込んでも見込みがないなら撤退する]
電算機メーカーは、日本では専門のがっちりした会社が1、2社あればよい。
総合メーカーが片手間でやる仕事ではないように思う。
いままでのことの成り行きでここまで来たが、ここで意地になっては
いけない。
素直な心で、自己判断、自己観照をしなければならない。
そう考えてじっと耐えていたら、1年もしないうちに、「松下は賢明やった」
という評判に変わっていったのである。
【覚書き|当時の額で十数億円の研究費をつぎ込んだ事務用大型コンピュータ
事業からの撤退を決めたときを振り返っての発言】

◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】「新人教育を見える化してグングン成長するツール」セミナー
   新人が育たないのはその仕組みがないからかもしれません
  録画時間(DVD) 1時間5分
    レジメ等46ページ(PDFファイルをCDにて配布) 1万円(税別) 
 → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html
◆─────────────────────────────────◆
セミナーの内容
1.新人教育計画を見える化するコツ
2.新人が励みになるしかけ
3.多能工化のコツ
4.トレーナー制度の導入の仕方
お申し込みは下記からお願いします。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
<< 2