中小企業向けにテマヒマのかからない賃金制度、就業規則、退職金制度のセミナー、コンサルティングを得意とする中川式賃金研究所。

HOME > セミナー > 「突然の申込を受けても慌てないために、無期転換制度への備え方」セミナー
セミナー

突然の申込を受けても慌てないために、「無期転換制度への備え方」セミナー 平成30年4月1日以降、行使が予想されます。あとわずか!

  • 無期転換の申込を受けてから対応するのでは手遅れとなる可能性があります。早めの準備が大切です。
  • 無期転換制度の仕組みとその対策方法を分かりやすくお伝えします。
対象オーナー経営者(役員)さま
無期転換制度の正しい理解が大切です。

平成25年4月1日に労働契約法第18条(無期転換制度)が施行されました。
同制度は、有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えたときは、その労働者の申込により、無期労働契約に転換できるというルールです。

施行日から5年となる平成30年4月1日以降、パートやアルバイトを含む契約社員を雇用する企業では、無期転換申込権の権利行使が予想されます。

一定の要件を備えた契約社員から「労働契約を期間の定めのないものにして欲しい」旨の申込を受けた場合には、会社は承諾をしたものとみなされ、その申込を拒むことはできません。

その対策は、無期転換制度を正しく理解することから始まります。

準備をしないと思わぬトラブルに発展する可能性があります。

無期転換申込権が行使された場合、その後の労働条件や適用する就業規則はどうようにしたらよいのでしょうか。
正社員の就業規則を適用するのでしょうか?
賞与や退職金はどうしたらよいのでしょうか?
準備をしないと思わぬトラブルに発展する可能性があります。

無期転換制度への備え方のコツは、主に2つあります。

無期転換制度への備え方は、主に「無期転換申込権が発生しないようにする」か「無期転換申込権を発生させる前提で準備する」かによるといえます。

今後採用する契約社員や既存契約社員の更新について、またそれに伴う不利益変更問題を検討しなければなりません。

無期転換後の労働条件や適用すべき就業規則についても十分な検討が必要です。

各社でパートやアルバイトを含めた契約社員の雇用状況や事業における活用方法は異なるため、今後の経営戦略を検討し直さなければならない可能性もあり、その影響は決して少なくないといえるでしょう。

『無期転換制度』について、わかりやすくご説明するために漫画で資料をご用意しました
漫画で説明する『無期転換制度への備えは出来ていますか?』 作:濱田 勝則 (画:Nao)

漫画を読む

セミナーの主な内容

※法改正や講師の都合で一部変更することがあります

  1. 無期転換制度とは
  2. 既存の契約社員に対する不利益変更問題
  3. 無期転換申込権が行使されると拒むことができない
  4. 一方的な更新上限、不更新の宣言はダメ
  5. パートやアルバイトも対象
  6. 正社員登用制度の検討
  7. 通算契約期間の考え方
  8. 無期転換後の労働条件はどうすべきか
  9. クーリングとは
  10. 例外をつくるリスク
  11. 既に法的に無期転換申込権が発生しているケース
  12. 契約更新の管理を煩雑にしない工夫
  13. 正社員化を義務付ける制度ではない
  14. 無期転換後の適用就業規則はどうすべきか
  15. 正社員と同様に扱わなければならなくなるリスク
  16. 第2定年制の検討
  17. 無期転換申込権を事前放棄させることは出来ない
  18. 就業規則等のさまざま規定例
  19. 有期労働契約の裁判事例
過去のセミナーに参加された方の声を一部紹介致します
  • レジメ、添付資料が非常に分かりやすく、またケーススタディを交えての説明でより理解を深めることができました。
    ‥‥K社 役員Ⅰ様
  • 有期雇用者が4割おり、必要不可欠の為、発生させる方法で考えておりました。今回セミナーに参加し、今後の対策のヒントを頂き、就業規則等整備し対応して参ります。
    ‥‥匿名希望
  • 無期転換によって全ての有期社員が対象になり、退職金も含め同一にする必要があると考えておりました。本日の受講により、何に注意すべきか整理して考えることが出来るので良い勉強になりました。
    ‥‥N社 役員K様
濱田 勝則
セミナー講師
濱田 勝則
プルデンシャル生命保険(株)多摩支社ライフプランナー

【国家資格等】
社会保険労務士
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
1級DCプランナー(企業年金総合プランナー)

1969年生まれ。
1995年阪神淡路大震災の翌日、プルデンシャル生命保険のライフプランナーが捜索隊チームを編成し、同地区の契約者宅を徒歩等で安否確認に奔走した活動に感銘を受けて同年プルデンシャル生命保険(株)に入社する。

「相続・事業承継と退職金制度で雇用安定に資する」をモットーに社会保険労務士資格、1級ファイナンシャル・プランニング技能士資格等を活かし、生命保険活用の一環として中小企業の相続・事業承継対策と役員・従業員の退職金制度の構築を得意としている。
大手人事会計ソフト会社主催セミナー等、講演実績多数。

ホームページはこちら

セミナー講師からメッセージ

無期転換制度の仕組みとその対策方法をお伝えします

このたび中川式賃金研究所主催のセミナーで講師を務めさせていただきます濱田勝則です。

平成25年4月1日に労働契約法第18条(無期転換制度)が施行されました。
同制度は、有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えたときは、その労働者の申込により、無期労働契約に転換できるというルールです。

同制度の施行日から5年となる平成30年4月1日以降、パートやアルバイトを含む契約社員を雇用する企業では、無期転換申込権の権利行使が予想されています。
無期転換申込権が行使されると、企業はその申込を承諾したものとみなされ、次の契約更新からは、期間の定めの無い労働契約の締結を余儀なくされます。

無期転換申込権が行使された場合、その後の労働条件や適用する就業規則はどうようにしたらよいのでしょうか?
適用する就業規則を整備しておかないと、正社員の就業規則の適用を余儀なくされる可能性もあります。
無期転換申込権が行使される前に対策を講じなければなりません。

企業におけるパートやアルバイトを含めた契約社員の雇用状況や事業における活用方法は、百社百様でしょう。
場合によっては、今後の経営戦略そのものを検討し直さなければならない可能性もあり、その影響は決して少なくないといえるのではないでしょうか。

このセミナーでは、無期転換制度の仕組みとその対策方法を出来る限り分かりやすくお伝え致します。
無用なトラブル防止と社業の発展に役立てていただきたいと思っております。
また、広く雇用の安定に寄与できれば幸甚です。

皆様のご参加をお待ち致しております。

「突然の申込を受けても慌てないために、
無期転換制度への備え方」セミナー
対象者
オーナー経営者(役員)さま
受講料
1名につき20,000円(税別)
2名から半額10,000円(税別)

※2名様でご参加の場合は、申し込み画面 STEP2「お支払い方法」で2名様目のお名前をご記入ください。

注意事項
録音はご遠慮願います。
金融機関や経営コンサルタント・その他士業等の方のご参加はご遠慮いただいております。
申込方法
下記よりご希望の日程をご選択のうえ、
お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレス・会社名・役職をご入力しお申し込みください。
折り返し、参加証、会場案内図、請求書をお送りいたします。
お支払は銀行振込(先払い)・クレジットカード払いをご選択いただけます。
※クレジットカード払いをご選択の場合、必ず参加者ご本人のクレジットカードをご使用ください
定員
20名さま(先着順)
主催・申込先
(有)中川式賃金研究所
〒314-0031 
茨城県鹿嶋市宮中4680-184
TEL 0299-85-1475   
FAX 0299-85-1474
お申し込みはこちらから
※3名様以上でのお申し込みはお問い合わせください。お問い合わせはこちら

お問合せ・ご相談はお気軽にお電話ください。

電話番号:0299-85-1475 受付時間:10時~16時(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら

このページの先頭へ