中小企業向けにテマヒマのかからない賃金制度、就業規則、退職金制度のセミナー、コンサルティングを得意とする中川式賃金研究所。

HOME > セミナー >skype開催web「長時間残業対策」セミナー
skypeを使って開催セミナー

緊急開催
過労死事件続発 
未然に防ぐには長時間労働をなくすることです
長時間残業対策セミナー

「長時間残業問題の解決を先送り」していませんか?

過労死事件が続発しています。

長時間残業は大きな問題だと思いつつ、その解決を先送りしていませんか?

過労死(=労災)となれば、遺族補償として労災保険が給付されますが、別に慰謝料が必要になります。
その金額は億単位です。金銭的な損失が大きいです。

人命が失われると、遺族の方にどんなに誠心誠意お詫びしたとしても、遺族の心の傷は簡単に癒やされません。
金銭解決では限界があります。
どんなに悔やんでも"後悔先に立たず"です。

長時間残業を先送りすることは、やめましょう。

とはいいながら、長時間残業を減らすのは、簡単ではありません。
残業を減らすと納期に間に合わないのでは、あるいは、売り上げが下がるのではなど、心配がたくさんあるからです。

長時間残業対策として、手始めに導入されるのが「ノー残業デー」です。
「ノー残業デー」は一定の効果がありますが、効果が長続きしません。
その理由は、小手先の残業対策だからです。

長時間残業を減らす魔法はありません。
仕組みを作り上げ、地道に活動をすることです。
遠回りのようでもこれが近道です。
仕組み作りをするとリバウンドしません。

残業を減らしても納期や売り上げに影響与えない方法は、簡単です。
仕事のムダをなくすることです。
その方法を具体的にお伝えするセミナーです。

セミナーでお話する内容の一部を紹介致します
  1. 長時間残業を減らす金銭効果
  2. 金銭効果を従業員に還元する方法
    (残業を減らしても、その見返りがないと協力を期待できない)
  3. 生活残業は確保する
    • 残業ゼロは理想ですが、生活水準を維持することも大切
  4. 意識付けとしての小手先対策 事例を紹介
    小手先の長時間残業削減方法を紹介します。
    「ノー残業デー」がなぜ、定着しないか、定着させる方法
    そのほか、「変形労働時間制の導入」など、研究に値する対策をいろいろご紹介します。
    小手先とはいいながら、一定の効果があります。
  5. 仕事量の見直しをする根本対策
    小手先対策は、それなりに残業削減効果がありますが、仕事量は変わらないので効果に限界があります。
    根本対策としては、ムダな仕事を減らすことです。
  6. ムダな仕事の洗い出し方法
  7. 残業対策を長続きさせる仕組み作り
  8. 仕事のスピードを速くする
    • 仕事のスピードを速くするための効果的な朝礼のしかた
    • 仕事のスピードを速くするための分析方法
  9. 残業対策の具体的方法
    • 残業対策の成功事例の紹介
  10. 経営者の本気度を示す具体的方法

これ以外にもお伝えしたいことが多くあります。
セミナーに参加してご確認いただくのが良いかと思います。

次の方に参加をお勧めいたします
  • 長時間残業を減らしたいが、どこから手をつけてよいか分からない
  • “ノー残業デー”を取り入れても効果がないので困っている
  • 具体的な対策を知りたい
  • リバウンドしない仕組み作りを知りたい
このセミナーに参加された方の声を一部紹介致します
  • 小さな対策の積み重ねが大きな効果を生むことは全ての業務に通じると思いました。実例が豊富で理解しやすい。
    …… 明和工業株式会社 代表取締役 永田千春様
講師 中川 清徳
講師 中川 清徳
(有)中川式賃金研究所所長
人事、労務畑で30年間、大企業と中小企業の両方を経験して中小企業は大企業のものまねをしてはダメを確信。
豊富な経験をベースにしたセミナーは、分かりやすくて、実践的であると好評。
特に中小企業向けにテマヒマのかからない賃金制度、退職金制度のコンサルティングを得意とする。
コンサルティングは一般論、抽象論を嫌い、その会社に合った丁寧な指導で、クライアントの絶大なる信頼を得ている。
※ このセミナーは、SkypeによるWebセミナーです

通常のセミナーとは異なり、
オンラインでの受講となります。

▽Webセミナーに参加するために必要なもの

インターネットに接続できるパソコン、タブレット等。マイク、スピーカー、カメラが付属しているか、外づけしていること。

※接続方法はお申し込み後、ご連絡します。

WEBセミナーのよくあるご質問はこちら

Webセミナー「長時間残業対策」セミナー

開催方法
skypeによるWebセミナー
対象者
経営者、取締役、総務部長、総務担当者
受講料
1社につき24,000円(税別)
メール顧問契約をされている会社は半額
12,000円(税別)

※参加人数は、お申し込みの会社の従業員であれば、何人でもOKです。

【メール顧問】とは

【メール顧問】とは、メールやFAXにて気軽にご相談いただける有料のサービスです。《無料メールマガジン会員》とは異なりますのでご了承ください。
詳しくはこちら

注意事項
録音はご遠慮願います。
社会保険労務士、経営コンサルタント、税理士等、同業者のお申し込みはご遠慮ください。
申込方法
下記よりご希望の日程をご選択のうえ、
お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレス・会社名・役職をご入力しお申し込みください。
折り返し、接続方法のご連絡をいたします。
お支払いについて
お支払いはWebセミナー終了後に請求書を郵送しますので、銀行振り込みをしてください。
※このセミナーでは、カードはご利用いただけません。 事前に振り込みをしないでください
当日の通信状態やトラブルにより、セミナーを受講できない場合もございます。
その場合は受講料を頂きませんので、振り込みはセミナー受講後にお願いいたします。
主催・申込先
(有)中川式賃金研究所
〒314-0031 
茨城県鹿嶋市宮中4680-184
TEL 0299-85-1475   
FAX 0299-85-1474

お申し込みについてのご注意

お申し込みいただくと、お申し込み内容の確認メールが送信されますが、メールが『迷惑メールフォルダ』に入ってしまう場合があります。

また、メールが一切届かず、消滅してしまう事例も発生しております。

確認メールが5営業日以内に届かない場合は、
以下の問い合わせ先まで、ご連絡いただけますようお願い申し上げます。

中川式賃金研究所 TEL 0299-85-1475  FAX 0299-85-1474

お申し込みはこちらから
現在募集中の日程はありませんが、
ご指定の日時でWebセミナーをお申し込みいただけます。
※終了時間は前後します。
【メール顧問】とは

【メール顧問】とは、メールやFAXにて気軽にご相談いただける有料のサービスです。《無料メールマガジン会員》とは異なりますのでご了承ください。
詳しくはこちら

上記の日程でご都合がつかない場合は、
ご指定の日時でWebセミナーをお申し込みいただけます。
『skype』でオンライン受講ができますWebセミナー

PCを使いインターネット上でセミナーが受講できます。
会場までの移動時間や交通費がかからないので、受講者の時間、⼿間、コストが軽減できます。

お問合せ・ご相談はお気軽にお電話ください。

電話番号:0299-85-1475 受付時間:10時~16時(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら

このページの先頭へ