中川清徳のブログ

2012年1月の記事一覧

2012年
1月21日

【出向】在籍出向の場合の賃金について その2

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の賃金の決め方をほとんどの会社が間違っています
    2月23日(木)13時30分~ 東京にて
◆─────────────────────────────────◆

60歳以降の賃金は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。

→ http://nakagawa-consul.com/000051.html

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年1月21日号   VOL.1025
――――――――――――――――――――――――――――――――――

フリクションボール3をやっと手に入れいました。

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
 【出向】在籍出向の場合の賃金について その2
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。
   昨日の在籍出向についての質問の続きです。

   3.また、賃金の高い方から低い方へ役員として在籍出向した場合、
   経営指導料として出向元会社の収入とすることは問題ないでしょうか?

   について趣旨が分からないので再度質問をしてくださいと回答しました。

社長:ああ、そうでしたね。

中川:それについてさらに質問がありました。

(引用開始)

前略
在籍出向についての質問に分かり易い、回答ありがとうございます。

3.また、賃金の高い方から低い方へ役員として在籍出向した場合、
  経営指導料として出向元会社の収入とすることは問題ないでしょうか?
についてですが、高い方の賃金に上乗せして出向先会社に請求する場合を想
定していました。
言葉足らずで申し訳ありませんでした。

(引用終わり)


社長:ええーと、どういうことですか?

中川:出向元より出向先の給料が低いが出向元としては出向元で
   払っている給料分を出向先が負担して欲しい場合を想定されています。
   で、出向元は出向先への請求は出向先の賃金規程で定めた給料のみを
   請求することになるので、差額分を経営指導料として請求できないかと
   いう質問です。

社長:で、どうなんですか?

中川:出向元と出向先で出向に関する契約をすれば良いです。
   そのときに、経営指導料とすることでも良いかもしれませんが
   分けることもありません。
   出向元は出向先の給料だけしか請求できないというような規制は
   ありません。

社長:といいますと?

中川:会社間の契約は月額の出向費用を決めればよいのです。
   出向費用には本人の給料も含まれるでしょうし、その他、管理費用を
   含めることもOKです。

社長:一般的にはどうなんでしょう?

中川:分かりません。
   出向先の賃金制度による給料+法定福利厚生費を出向元が出向先に
   請求した経験があります。

社長:そうですか。


(中川コメント)

会社間の契約は自由です。

 

今日はここまで。では、またあした。

 


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

 

◆─────────────────────────────────◆
 こまった人たち対応セミナー
◆─────────────────────────────────◆

最近のクレームは、非常に質の悪いものが増えています。
それも初期対応を間違えるとクレーマーのために何日も費やすことになる
ことも。
この状況は担当者のストレスばかりではなく、
企業の通常の活動さえも滞らせることがあります。


→ http://nakagawa-consul.com/dvd-10.html

 


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

フリクションボール3をやっと手に入れいました。

パイロットのボールペンで書いた文字などが擦ることで消すことができる
製品があります。
以前から販売されていましたが、3色が一本のまとまっている製品が
昨年秋に販売されました。
近くの文房具屋にはなかったのでアマゾンで注文しました。
ところが、在庫がないし、メーカーからの納品がいつになるか分からないとの
回答。

売れているのですね。

半分あきらめて銀座の伊東屋(文房具専門店)に探しに行きましたらありました!

入手できなくても困っている方は伊東屋で。まだ在庫がありました。
伊東屋の店員が「この商品は人気でどこも在庫がないのですよね」と語っていました。

さすが伊東屋でした。


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
1月20日

【出向】在籍出向の場合の賃金について

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の賃金の決め方をほとんどの会社が間違っています
    2月23日(木)13時30分~ 東京にて
◆─────────────────────────────────◆

60歳以降の賃金は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。

→ http://nakagawa-consul.com/000051.html

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年1月20日号   VOL.1024
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「にっちもさっちもいかない」 では「どっち」に行けばいい?

(続きは編集後記で)

 

◆────────────────────────────────◆
 【出向】在籍出向の場合の賃金について
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   読者から質問があるそうですね。

中川:はい、匿名さんからです。

(引用開始)
いつも楽しく拝見させて戴きありがとうございます。
在籍出向時の取り扱いについて質問させていただきます。
在籍出向の場合で、給与の高い方から低い方への場合は差額を出向手当
などの方法で、賃金水準を下げることなく支給できるのですが、
賃金の低い方から高い方に出向した場合、

1.賃金の低いままでの支給でよいでしょうか?
  在籍出向の場合、両方に雇用契約があり、同一労働同一賃金からすると、
  高い方で支払わなければならないように思います。
2.この場合、差額を本人に支払わず、出向元会社の収入とした場合は
  中間搾取(?)となり違法となるのでしょうか?
3.また、賃金の高い方から低い方へ役員として在籍出向した場合、
  経営指導料として出向元会社の収入とすることは問題ないでしょうか?

大変長くなり申し訳ありません。
宜しくお願いします。
(引用終わり)

社長:在籍出向とはなんですか?

中川:出向とは他社で働くことをいいます。
   在籍とは雇用関係はそのままということです。

社長:つまり、一時的に他の会社で働くという意味ですね。
   派遣社員のことですか?

中川:形態は似ていますが、違います。
   違いは派遣はそもそも他の会社で働くことが前提になっています。
   出向はたまたま一時的に他の会社で働くことです。

社長:なるほど。
   それでこのような質問があるのですね。
   会社間の金銭のやりとりはどうなっているのですか?

中川:会社同士で出向に関すする費用について話し合いで決めます。
   中川の経験では出向先の賃金制度に基づき出向者に払うだろう
   給料分(賞与退職金・社会保険料なども含む)を出向先が出向元の会社に
   支払います。

社長:では、出向先の給料が安い場合は出向元は損をすることも
   あるのですね?

中川:そうです。
   今回は出向者の賃金の払い方に質問です。
   出向者は原則として出向先の労働条件で働くことになります。
   たとえば、出向元では1日7時間30分の所定労働時間で
   出向先は8時間だったとしたら8時間が所定労働時間として
   働くことになります。

社長:それでは本人は不利益になりますね。

中川:不利益をどうカバーするかは出向元で考慮します。

社長:なるほど。

中川:で、今回の賃金についてのご質問ですが
   賃金を出向元で払うのか、出向先で払うのかそれとも
   一定の割合で両社で払うのかを決める必要があります。
   これは両社の話し合いで決めます。
   どちらが払うかは法律は定めていませんから。

社長:そうなんですか。

中川:多くの場合は出向元が全額本人に払っています。
   出向元の方が出向先より賃金が高いことが多いので
   本人の給料が下がらないようにするためです。

社長:今回の質問のように出向先の方が給料が高い場合はどうなるのですか?

中川:その場合でも出向元で払うのであれば低い給料を払うことになります。

社長:でも、出向先からは高い給料を出向元はもらうことになるので、
   中間搾取の問題があるにでは?

中川:賃金だけ見ると問題があるように見えますが、
   その他の労働条件も含めるとそうとも言えません。
   たとえば、休日日数が出向元のより多いとか所定労働時間が少ないとか
   良い面もあるかもしれません。
   総合的に見て本人の給料を検討することになります。

   今回の場合は中間搾取とはなりません。

社長:でも本人の不満を和らげるために給料を高くしてあげたいですよね?

中川:それはご自由に。
   しかし、その後出向元に帰った場合はまた給料を下げることになります。
   これはこれで難問になる可能性がありますよ。

社長:そうか、そう単純ではないのですね。


(中川コメント)

出向者の給料を出向元で払う場合は差額が生じても中間搾取とはなりません。
その理由は費用負担は会社同士の契約だからです。
本人に払うべき給料を会社が取り上げている場合(いわゆるピンハネ)は
搾取となりますが今回の場合はそうでないからです。

3のご質問は趣旨がよく分かりませんのでお答えできません。
再度ご質問ください。

念のための申し上げますが、労災保険は出向先のものが適用されます。
たとえば、出向先の給料が低い場合は低い給料で補償されるので
本人が不利になります。
その場合は、出向元の高い給料で労災保険が適用されるように出向元の給料で
申告しましょう。
また、出向先で取締役になる場合はそもそも労災が適用されない場合があります。
その場合の対策も講じておく必要があります。(例:民間の保険に加入するなど)

 

今日はここまで。では、またあした。

 


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

 

◆─────────────────────────────────◆
 こまった人たち対応セミナー
◆─────────────────────────────────◆

最近のクレームは、非常に質の悪いものが増えています。
それも初期対応を間違えるとクレーマーのために何日も費やすことになる
ことも。
この状況は担当者のストレスばかりではなく、
企業の通常の活動さえも滞らせることがあります。


→ http://nakagawa-consul.com/dvd-10.html

 


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

「にっちもさっちもいかない」 では「どっち」に行けばいい?

 どうにもこうにもならないことを「にっちもさっちもいかない」と表現
する。とくに、資金繰りに苦しんでいるときによく使われる。この不況の
時代、まさに「にっちもさっちも」いかなくなっている企業は多いことだ
ろう。
 企業だけに止まらない。軽い気持ちで消費者金融から借りたお金が返せ
ずに、「にっちもさっちも」いかなくなっているサラリーマンも大勢いる
のだ。
 この「にっち」と「さっち」、もとはと言えばソロパン用語の「二進一十
(にしんいんじゅう)「三進一十(さんしんいんじゅう」の「ニ進=にしん」
「三進=さんしん」がなまったもの。
 二進とは2÷2=1。三進とは3÷3=1。
 つまり、単純に割り切れて答えが出る状態だ。このようにうまくものごとが
進まない状況に追い込まれているからこそ、「二進も三進もいかない」という
わけ。
では「よっちもごっちもいかない」でも「ろっちもなっちもいかない」でもい
いではないかというのは屁理屈である。

(日本語のマル得雑学 知的生き方文庫より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
1月19日

【昇給】今年は昇給見送りの記事があるが?

◆─────────────────────────────────◆
 「平成24年の給与改定 ここがポイント!」セミナー 
   2月16日(木)13時30分~16時30分 東京銀座にて
   3月 8日(木)13時30分~16時30分 東京銀座にて
◆─────────────────────────────────◆

給与改定の時期を迎えます。
給与を引き上げることができる経済状況ではありませんが、
昇給ナシというだけでは、良い会社になることはできません。
最新情報に基づく平成24年の給与改定について新たな提案をします。


→  http://nakagawa-consul.com/000057.html

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年1月19日号   VOL.1023
――――――――――――――――――――――――――――――――――

かき入れ時の「かき入れ」って?

(続きは編集後記で)

 

◆────────────────────────────────◆
 【昇給】今年は昇給見送りの記事があるが?
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   1月18日の日経新聞に「トヨタ労組、賃上げ要求見送り方針 3年連
   続」という記事があります。
   3年間も賃金を上げていないのですね。
   あのトヨタでもそうであれば、中小企業である当社が昇給できな
   くても当然ですよね?

中川:あのう...。
   記事を丁寧に読んでください。

社長:読みましたよ。
   「円高や海外勢との競争激化で経営側の姿勢は厳しく、3年連続で
    賃金改善の要求を見送る。日立製作所や新日本製鉄など電機、鉄
    鋼の大手労組も賃金改善の要求を見送る見通し。トヨタ労組の動
    きで賃金改善なしの流れが広がりそうだ。」とありますよ。

中川:たしかにその通りですがその次の記事をご覧ください。

社長:「今後は定期昇給の維持と一時金を巡る交渉に焦点が移る。」と書いて
   あります。

   あれ????

   定期昇給維持とありますね。

   ????

   なんですか?
   昇給をするとも受け取れますね???

中川:そうです。
   見出しは「賃上げ要求見送り」とあります。
   賃上げとは昔言っていたベースアップのことです。
   今は賃金改善と言い方に変わっています。

社長:うーん。
   どういうことですか?

中川:労組はベースアップは要求しないが定期昇給はちゃんとやってねと
   言っているのです。

社長:つまり、昇給はあるのですか?

中川:ピンポーン!

社長:なんだ。
   どうして定期昇給があるのですか?
   経営が苦しかったら給料を上げるどころではないでしょう。

中川:大企業の賃金制度は原則として毎年給料が上がる仕組みになっています。
   それを定期昇給といいます。
   労組は会社が定期昇給まで下げると言わないようにけん制しているのです。
   ベースアップをしろとは要求しないからせめて賃金制度で決まっている
   定期昇給には手をつけないでねということです。

社長:なんだ。
   やはり大企業は中小企業とは違いますね。

中川:そうです。
   中小企業は大企業のマネをしてはいけないし、マネができません。

社長:どうしたらいいですかね?

中川:昇給をするかどうかは会社に余力があるかどうかです。
   原資がないのにムリに昇給していては会社はつぶれますよ。

社長:そうですね。

中川:できれば下記のセミナーにご参加ください。
   昇給について詳しく説明します。
   http://nakagawa-consul.com/000057.html
    2月16日(木)13時30分~
    3月8日(木) 13時30分~

社長:はい、申しこみます。

 

(中川コメント)

中小企業は支払可能原資とのバランスで昇給を決めるべきです。
定期昇給のある賃金制度は疑問です。

 

今日はここまで。では、またあした。

 


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆

弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーをほぼ毎月開催していま
すが、各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
東京では定期的に開催していますが、各地の開催は年に数回程度を予定して
います。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。

よろしかったら下記からお申し込みください。
http://nakagawa-consul.com/dvd-11.html

 


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

かき入れ時の「かき入れ」って?

 お店でも会社でも、よく、「さあ、かき入れ時だ」なんでいいますね。
「かき入れ」と聞いて思いつく言葉は「掻き入れ」ではないでしょうか。
確かに、11月の酉(とり)の日に神社などで行われる「酉の市」では、
豪華に飾りつけた熊手で運を掻き込むといわれていますし、十日戎(とおか
えびす)でも、熊手でおさい銭せん銭を掻き入れるとされます。だから、何
かを掻き集めるという意味で、「掻き入れ時」だと考える人が多いはず。
 しかし、正しくは「書き入れ時」です。運やお金を掻き入れるのではなく、
帳面に書き入れる時、ということなのです。
 忙しいと、あれこれと帳簿に書き込まなければならないものも増えます。
そのため、忙しい時期を「書き入れ時」というようになったわけです。

(つい他人に自慢したくなる無敵の雑学 角川ソフィア文庫より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
1月18日

【労働時間】管理職は午後10時までには退社

◆─────────────────────────────────◆
 「平成24年の給与改定 ここがポイント!」セミナー 
   2月16日(木)13時30分~16時30分 東京銀座にて
   3月 8日(木)13時30分~16時30分 東京銀座にて
◆─────────────────────────────────◆

給与改定の時期を迎えます。
給与を引き上げることができる経済状況ではありませんが、
昇給ナシというだけでは、良い会社になることはできません。
最新情報に基づく平成24年の給与改定について新たな提案をします。


→  http://nakagawa-consul.com/000057.html

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年1月18日号   VOL.1021
――――――――――――――――――――――――――――――――――

体脂肪計は身長や体重を入力し、両手で左右のグリップを握るだけ
でなぜ体脂肪が測れるのでしょう?


(続きは編集後記で)

 

◆────────────────────────────────◆
 【労働時間】管理職は午後10時までには退社
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   管理職は残業代を払わなくてもいいですよね?

中川:労基法の管理監督者であれば残業代を払う必要はありません。

社長:それは労基法にちゃんと書いてあるのですか?

中川:はい、書いてあります。
   次のように書いてあります。

(労働時間等に関する規定の適用除外)
第41条 この章、第6章及び第6章の2で定める労働時間、休憩及び休日
に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない。

1.(省略します)
2.事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者
3.(省略します)


社長:本当ですね。
   でも、どうしてこの条文なら残業代を払わなくていいのですか?
   てっきり残業代を払わなくてもOKと書いてあると思いましたが
   法律は難しく書いてあるのでピンと来ません。

中川:そのとおりですね。
   分かり易く説明しますと
   管理監督者でない場合は8時間を超えたら割り増し賃金(残業代のこと)を
   払うことが義務づけられています。
   また、休憩は45分以上(8時間を超える場合は60分以上)与えなければ
   なりませんし、週1日以上の休日を与えなければなりません。

社長:そうですね。

中川:しかし、管理監督者にはその義務がありません。

社長:といいますと?

中川:8時間以上働かせても割り増し賃金を払う必要はありません。
   また、休憩時間も休日も不要です。

社長:では、365日、24時間休憩なしで働かせてもOKですか?

中川:法的にはそうです。
   しかし、それでは死んでしまいます...。

社長:8時間以上だと残業代が必要だがそもそも管理監督者には
   残業代という考えがないのですね。

中川:ピンポーン!

社長:そうなっているのですか。

中川:しかし、深夜割り増しは払わなければいけません。

社長:深夜割り増しとは何でしたっけ?

中川:22時(午後10時)から翌日5時(午前5時)の間に
   働いた場合は25%以上の割り増しを払わなければなりません。

社長:それは一般社員だけのことでしょう?

中川:いいえ、深夜割り増しは管理監督者も適用されます。

社長:へえ、そうなんですか。
   じゃあ、管理監督者は午後10時までには退社させる方がいいですね。

中川:そうです。
   長時間労働は健康を害することもありますし。

 

(中川コメント)

管理監督者は残業代、休日出勤手当を払わなくてもOKです。
しかし、深夜(22時から5時)の労働は25%以上の割り増し賃金を払わなければ
なりません。
深夜割り増しと残業を混同しないように。

 

今日はここまで。では、またあした。

 


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆

弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーをほぼ毎月開催していま
すが、各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
東京では定期的に開催していますが、各地の開催は年に数回程度を予定して
います。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。

よろしかったら下記からお申し込みください。
http://nakagawa-consul.com/dvd-11.html

 


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

体脂肪計は身長や体重を入力し、両手で左右のグリップを握るだけ
でなぜ体脂肪が測れるのでしょう?

 オムロンに聞きました。体脂肪は体にエネルギーを蓄えるなどの大事な役割
がありますが、これの多少が健康に害を及ぼします。
 脂肪は電気を通しにくい性質です。体脂肪計はグリップの電極から弱い電気
を流し、その流れやすさを本体内部のコンピューターで測定します。電気を通
しにくい体は脂肪がたくさんあるので肥満と判断され、逆に通しやすければ、
やせているとなるわけです。
 初めに身長や体重、年齢、性別を入力しますが、これらの条件を入れると、
より正確な判定ができることが、これまでの研究からわかっています。男女で
も必要な体脂肪の量は違いますから、その人その人のデータを細かく入れるこ
とで、「やせ」や「肥満」などのより正確な判定が表示されるのです。

(雑学特ダネ新聞 より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
1月17日

 【解雇】1ヶ月分の計算方法は?

◆─────────────────────────────────◆
 「平成24年の給与改定 ここがポイント!」セミナー 
   2月16日(木)13時30分~16時30分 東京銀座にて
   3月 8日(木)13時30分~16時30分 東京銀座にて
◆─────────────────────────────────◆

給与改定の時期を迎えます。
給与を引き上げることができる経済状況ではありませんが、
昇給ナシというだけでは、良い会社になることはできません。
最新情報に基づく平成24年の給与改定について新たな提案をします。


→  http://nakagawa-consul.com/000057.html

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年1月17日号   VOL.1021
――――――――――――――――――――――――――――――――――

西歴はいつから使われるようになったのか?


(続きは編集後記で)

 

◆────────────────────────────────◆
 【解雇】1ヶ月分の計算方法は?
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   読者から質問があるそうですね。

中川:久しぶりですね。
   ひょっとしたら今年初めてかも。
   匿名希望さんからです。

(引用開始)
いつも役に立つ情報を発信していただきありがとうございます。
さて、教えていただきたいことが発生いたしました。
途中採用の社員で数ヶ月のうちに体調を崩し欠勤が続くようになりました。
"続けることは難しいんじゃないの?"と伝えたところ、"それは、解雇と
捉えて良いですか?"とその社員はまだ働く意志があったのにと、内容証明
書で一ヶ月分の給料を要求してきました。
弊社の給料の締めは毎月20日です。昨年の年末の30日までは在籍してました。
その間の勤怠はどのように扱い、その期間を含めて一ヶ月分として支払うのか、
もしくは在籍分は給料計算して、プラス一ヶ月分の給料を支払うべきなので
しょうか?
(引用終わり)

   解雇予告手当の計算方法についての質問ですね。

社長:数ヶ月で体調を崩したのであれば、試用期間中でしょう?
   試用期間中の解雇であればそもそも解雇予告手当は払う必要は
   ないでしょう?
   たしか、労働基準法にもそう書いてあると聞いています。

中川:たしかに、労基法には試用期間中の解雇は解雇予告手当を
   払う必要がないと書いてあります。
   ただし、入社して14日以内の解雇の場合です。
   今回のご相談は数ヶ月が経過していますので、
   労基法での試用期間ではありません。
   解雇予告手当を払う必要があります。

社長:そうなんですか。
   では、解雇予告手当の計算はどうしたらいいですか?

中川:いつ本人に解雇通知をしたかがポイントです。
   質問の内容ではそれがあいまいです。
   たとえば11月30日に解雇通知をしたとします。
   今回の場合は解雇通知は「続けることがむつかしいんじゃないの?」
   と聞いた日になるかも...?
   本人は12月30日まで勤務していたので30日前に予告したことに
   なります。
   30日前に予告していますので、解雇予告手当の支払いは不要です。

社長:へえ、では払わなければならない場合は?

中川:たとえば15日前に解雇予告をした場合は15日は働いてもらって
   います。したがって、残りの15日分(30日-15日)の給料を
   払うことになります。
   この場合の15日分の計算は平均賃金の15日分として計算します。
   平均賃金は3ヶ月の給料(通勤手当、残業手当なども含む)を
   歴日数で割った1日の賃金ことです。

社長:平均賃金は普通の給料計算とは異なるのですね。

中川:そうです。
   たとえば、12月30日に解雇通知をした場合は
   その後の雇用がありませんので30日分の解雇予告手当の
   支払義務があります。

社長:そうなっているのですか。
   では、質問に対してはいつ解雇予告をしたかによって
   計算方法が違うと言うことですね。

中川:そうです。

社長:それにしてもこの従業員は内容証明書で要求してくるとは...。

中川:今はインターネットで簡単にそのような情報を得ることができます。
   あるいは、誰かがアドバイスしている可能性があります。

社長:困ったものですね。
   ひょっとしたら最初からその意図があったのでは?

中川:それもありえます。

 

(中川コメント)

今回のご質問はいつ本人に解雇通知をしたかがポイントです。
それを特定できないあるいはそれでもめるようであれば
30日分の解雇予告手当を払うのが無難です。
解雇予告手当は平均賃金で計算しますのでお間違えにならないように。

 

今日はここまで。では、またあした。

 


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆

弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーをほぼ毎月開催していま
すが、各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
東京では定期的に開催していますが、各地の開催は年に数回程度を予定して
います。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。

よろしかったら下記からお申し込みください。
http://nakagawa-consul.com/dvd-11.html

 


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

西歴はいつから使われるようになったのか?

 今日われわれが用いている西暦はイエス・キリストが生まれた年を紀元
(すなわち西暦1年)としている。紀元前を「B・C」と表わしたりするが、
これは「before Christ」(キリスト誕生以前)を略したもの。
 ところで、この西暦が使われるようになったのは、イエス・キリストの
誕生から何世紀もたつてからであった。西暦を考えだしたのは、数学と天
文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのこと
である。ディオニシウスはキリストが生まれた年を紀元(西暦1世紀)とする
ことにした。これが今日われわれが用いている西暦の始まりである。
 したがって、それ以前には実際には西暦ではなく、たとえば西暦1年1月1日
という日は誰も体験したことがなかった。西暦はまず教会で用いられ、それ
がヨーロッパの一般人のあいだに定着するのはそれから数世紀たってからで、
18世紀になって世界中で使われるようになった。

(話題のネタ・雑学の本 幻冬舎文庫より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆