中川清徳のブログ

2012年1月の記事一覧

2012年
1月02日

【退職金】事実上の懲戒解雇の場合

◆─────────────────────────────────◆
 ■オーナー会社のための「役員・幹部の処遇のコツ」セミナー
◆─────────────────────────────────◆

非上場のオーナー会社は役員、幹部の報酬の決め手がなくて困っています。
まずは、相場を知ることです。独自調査による役員報酬の世間相場を
発表します。つぎに意外に知られていない役員になるリスクを知ること
です。気になる役員退職慰労金はいくら払えばいいのか?
そして励みになる給与体系はどうやって作ればいいのか?

開催日時 1月18日(水)14時から16時30分 場所:東京都銀座

お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/000045.html

 

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年1月2日号   VOL.1005
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「参拝者○○万人」を数える方法とは?


(続きは編集後記で)

 

◆──────────────────────────────◆
 【退職金】事実上の懲戒解雇の場合
◆──────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   本当は懲戒解雇なのですが本人の将来のことを考えて
   自己都合扱いにします。
   その場合の退職金はどうしたらいいですか?

中川:懲戒解雇の場合の退職金はどうなっていますか?

社長:退職金規程では不支給です。

中川:では、自己都合退職の場合はどうなっていますか?

社長:本来の退職金の半額です。

中川:で、離職票に書く離職理由は?

社長:自己都合退職です。

中川:そうですか。
   実質的には懲戒解雇なのですね?

社長:そうです。
   自己都合退職扱いにしていますが、退職金は払いたくありません。
   法的にはどうでしょう?

中川:本人は温情的に自己都合退職扱いにしてくれていることは
   分かっていますか?

社長:それは当然分かっています。

中川:では、退職金は不支給となることも分かっていますか?

社長:私の悩みはそこです。
   自己都合扱いとするのだから退職金は減額された50%だけでも
   いいので支給して欲しいと言われる可能性があるから
   その場合、どのように返事をしたらいいのかと。

中川:実質的には懲戒解雇だが、あなたの将来のことを考えて
   離職票は自己都合退職扱いにしている。
   だから、退職金規定通り退職金は全額不支給とすると
   伝えることでいいでしょう。

社長:本人がだれかから入れ知恵をされて、退職金を
   求めてくる可能性があるのではないでしょうか?

中川:その可能性はあります。
   その場合に備えて「実質は懲戒解雇なので退職金を将来にわたって
   求めない」と覚え書きを交わしておきましょう。

社長:なるほど。

 

(中川コメント)

退職金規程の例文は次のようにしましょう。

「就業規則の規定により懲戒解雇した場合には退職金は
支給しない。手続き上依願退職扱いにさせた者を含む。」

 


今日はここまで。では、またあした。

 


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  DVD 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆

弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーをほぼ毎月開催していま
すが、各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
東京では定期的に開催していますが、各地の開催は年に数回程度を予定して
います。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。

よろしかったら下記からお申し込みください。
http://nakagawa-consul.com/dvd-11.html

 


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

「参拝者○○万人」を数える方法とは?

 正月三が日の参拝者の数や、各種行事に集
まった人々-すなわち人出が新聞やテレビ
などで発表される。たとえば毎年、正月三が
日の初詣の人出がもっとも多いのは明治神宮
で、何百万人という数になる。では、その数
はどのようにして数えているのか。一人一人
をカウンター機で数えている?それでは数
えるのが大変である。
 参拝者などの人出を数えているのは、その
地域の警察と行事の主催者で、ふつうは1平方メートル
あたりの人の混み具合いと、神社などのスペー
スから割りだす。肩がぶつかる程度の混み
具合いであれば、1平方メートルあたり6~7人。
電車のラッシュ並みの状態であれば、1平方メートルあたり
10人ぐらい。まず1平方メートルあたりどれくらいの人
数かを調べる。それに人が移動するスペース、
入口から出口にたどり着くまでの平均所要時
聞を掛け、さらにそうした状態が繰り返され
る回数(いわゆる回転率)を掛ければ、人出
の数(概算)が分かる。

(話題のネタ・雑学の本 幻冬舎文庫より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
1月01日

【労務管理】社員のヤル気は?

◆─────────────────────────────────◆
 ■オーナー会社のための「役員・幹部の処遇のコツ」セミナー
◆─────────────────────────────────◆

非上場のオーナー会社は役員、幹部の報酬の決め手がなくて困っています。
まずは、相場を知ることです。独自調査による役員報酬の世間相場を
発表します。つぎに意外に知られていない役員になるリスクを知ること
です。気になる役員退職慰労金はいくら払えばいいのか?
そして励みになる給与体系はどうやって作ればいいのか?

開催日時 1月18日(水)14時から16時30分 場所:東京都銀座

お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/000045.html

 

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年1月1日号   VOL.1004
――――――――――――――――――――――――――――――――――

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

ところで鏡餅にはどんな意味があるのでしょう?


(続きは編集後記で)

 

◆──────────────────────────────◆
 【労務管理】社員のヤル気は?
◆──────────────────────────────◆

中川:あけましておめでとうございます。
   本年もよろしくお願い申し上げます。

社長:あけましておめでとうございます。
   本年もよろしくお願い申し上げます。

中川:新年を迎えていかがですか?

社長:昨年は大変でした。
   今年はがんばらないといけないと思っています。

中川:がんばってください。

社長:私1人ががんばっても限界があります。
   社員にもがんばってもらいたいですね。

中川:そうですね。
   社員があっての経営ですよね。

社長:どうしたら社員ががんばるでしょうかね?

中川:これだけやったらという秘訣はないかもしれません。
   
社長:なにか参考になる会社がありませんか?

中川:近くにケーズデンキとある大手のA家電量販店があります。
   そこの従業員の応対を見て感じることがあります。

社長:ほう。

中川:従業員はケーズデンキもA社もがんばった応対をして
   くれます。
   しかし、A社の従業員の応対はよくありません。
   ケーズデンキの応対はとても良いのです。

社長:それはたまたまその店だけだったではないですか?
   ケーズデンキもA社も全国展開していますよ。

中川:そうかもしれないと思って、別の地域の方にも
   何人かに質問をしました。
   そしたら、異口同音に同じ返事なのです。
   ケーズデンキの応対が一番良いと。

社長:ほう、では教育の問題ですかね?

中川:教育の問題かもしれませんが、よく分かりません。
   接客訓練はどちらも熱心に取り組んでいると思います。
   しかし、ケーズデンキは何かが違うのです。

社長:どんなに違うのですか?

中川:本当にお客を大切にしようとしていると感じるのです。

社長:たとえば?

中川:先日、スピーカー付リモートコマンダーを買いました。

社長:なんですか?
   そのスピーカー付リモートコマンダーとは?

中川:テレビの音が近くに置いたスピーカーで聴くことが
   できるのです。
   ついでにリモコン付ですから電源からチャンネルの切り替えも
   できます。

社長:リモコンにスピーカーがついているようなもですか?

中川:そうです。

社長:そんなものが必要なのですか?

中川:妻・志津江が炊事をしながらテレビを観ていますが
   音声が明瞭に聞き取れ以内のです。
   炊事をすると雑音が発生しますので。

社長:なるほど。
   私も妻にプレゼントしよう。

中川:ケーズデンキで購入したスピーカー付リモートコマンダーが
   不良品だったのです。
   それでケーズデンキにクレームというほどではありませんが
   商品の交換を要求しました。

社長:ほう。

中川:窓口からすぐに販売担当に連絡がありました。
   で、販売担当が作動確認をすることになりました。
   そのリモートコントロールは乾電池が3個必要なのですが、
   窓口の担当から販売担当に単3の乾電池3個をすぐに
   渡しました。

社長:へえ、乾電池が3個とは珍しいですね。

中川:それを瞬時に分かっていたのです。
   量販店ですから商品やたくさんあるのに。

社長:それは感心ですね。

中川:で、販売担当が売り場の現場で不良品の作動確認をして
   不良品であることが確認できました。
   それで、その場で新品と交換してくれました。
   新品は作動確認したうえで。

社長:なるほど。

中川:で、商品を交換するときにレシートを見せろとか
   保証書を見せろとか一切言いませんでした。
   
社長:ほう、珍しいですね。

中川:ケーズデンキの社員が勤続年数が長いのです。
   店員の顔ぶれが変わらないのも珍しいです。

社長:ほう、定着が良くてヤル気に満ちている、
   理想的ですね。

中川:ケーズデンキはノルマなし、残業なしなのです。

社長:小売業は残業が当たり前の業界ですよね。

中川:ノルマなし、残業なしで創業64期連続増収です。

社長:いやあ参ったですね。
   そんな会社があるのですか。

中川:はい、ケーズデンキは「がんばらない経営」を
   しているのです。

社長:ありゃ!
   今年はがんばらないといけないと先ほどいいましたが
   がんばってはいけないのですか。

中川:いいえ、がんばっていると思いますよ。
   ただ、社長の経営戦略ががんばらないことにあるのです。

社長:へえ、興味深いですね。

 

(中川コメント)

従業員のヤル気を賃金で出そうとするのは限界があります。
ケーズ電気の経営者は「社員のためを考える」と社員やヤル気になってくれる
考えています。

小さな家電屋が業界第3位になったコツが本になっています。

「がんばらない経営」 加藤修一著 かんき出版 1400円

正月に読んでみたい本です。

 

今日はここまで。では、またあした。

 


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  DVD 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆

弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーをほぼ毎月開催していま
すが、各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
東京では定期的に開催していますが、各地の開催は年に数回程度を予定して
います。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。

よろしかったら下記からお申し込みください。
http://nakagawa-consul.com/dvd-11.html

 


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

鏡餅にはどんな意味があるのでしょう?

正月やお祝い事に欠かせないのが、鏡餅。
大小二つの丸く平らな餅を重ねたものですが、
餅を重ねることは、年を重ねることを意味し
ています。
地方により異なりますが、上に橙(だいだい)や昆布、
シダ、伊勢エビ、串柿などを載せます。橙(だいだい)
は、一度実がつくと何年も落ちずにいるので、
「代々」に通じ、子孫繁栄を意味します。載
せるシダはウラジロです。「裏を返しても心
は白い」という意味を込め、白い方を表にし
て飾ります。串柿は「幸せをカキ集める」縁
起もの。エピは「腰が曲がるまでの長寿を祈
る」という具合になっています。
鏡餅の名は、餅の形が昔の丸い青銅鏡に
似ていることに由来するというのが一般的。
『源氏物語』には、「餅鏡」というものがあり
ますが、これは重ねていないものです。
古来より鏡は、魂を映し出すなどの霊力を
持つものと信じられ、天皇家伝来の三種の神
器に含められたり、神社のご神体にされたり
もします。
そこから、鏡餅は浄化されたおめでたいも
のとされるのです。もう一つ、「飾り餅」か
ら変化したという説も有力です。「お飾り」
と呼ばれるのが、この名残というわけです。
鏡餅には、年神に供えるという意味のほか
に、「歯固め」という意味も含まれています。
歯は、生きていくためには大変重要なもので
す。そこで年のはじめに、歯の丈夫を祈って
行われる行事を「歯固め」と呼びます。正月
明けの11日に行われる「鏡開き」がこれに
あたります。本来は、堅くなった餅をツチ
で割り砕くとされてきましたが、「砕く」や
「切る」では縁起が悪いので、「開く」という
言葉を使うようになりました。

(絶対にすべらない無敵の雑学より 角川学芸出版)

本年もよろしくお願い申し上げます。


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆