中川清徳のブログ

2014年9月の記事一覧

2014年
9月09日

【プチ紳士】もうすぐ着いちゃうの?~里親を体験して~

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催
              
       ★【新潟】  11月14日(金)13時30分~16時30分
                【東京】  12月 9日(火)13時30分~16時30分

         http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html
◆─────────────────────────────────◆

60歳以上の給料の決め方をほとんどの会社が間違っています    
60歳以降の給料は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。
また、法律が65歳までの義務化されました。
新しい法律改正による60歳以上の給料の決め方をお話しします。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方が良かったのですが
それを実施していない会社の対応策もご提案します。

詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年9月9日号   VOL.2000
――――――――――――――――――――――――――――――――――

本日のメルマガは2000号です。

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【プチ紳士】もうすぐ着いちゃうの?~里親を体験して~

◆────────────────────────────────◆


もうすぐ着いちゃうの?
~里親を体験して~

 宮崎県の樋渡桂子さんは、地元の児童福祉支援センターを通じて、
初めて児童養護施設で暮らす子供の里親を体験されました。たまたま、
志賀内が中日新聞で連載中のコラム「ほろほろ通信」のバックナンバーを
読まれたことがきっかけだったそうです。それはこんなお話。


情けは他人のためならず

 夏休みになると、両親の故郷の海や山で過ごす子供たちも多いだろう。
学年の異なるいとこたちと遊ぶのは、刺激も多く思い出になる。一宮市の
大森信子さん(五十八)から、夏休み恒例になっている家族行事についての
便りが届いた。大森さんのお宅では、正月、G・W、盆と年に三回、
児童養護施設から里親として幼い子供を受け入れている。
十八年目になった今年も、お盆休みには四歳の男の子二人がやってくる
予定だ。特別な準備は何もしないという。食事の献立も普段どおり。
一緒に旅行に連れて行くこともある。
施設で暮らす子供たちの事情はさまざまだ。ただ共通点が一つ。
どの子も決まって、やって来た二日間くらいは口数少なく大人しいという。
「どんな人かな」と顔色をうかがっている。

 それが三日目くらいになると、大森さんのご主人の肩をふざけて叩いて
みたりするようになる。それが家族の一員になった瞬間だという。
さて、みんな実にお行儀がいいそうだ。寝る前には、きちんと服を畳んで
枕元に。食事の際には、食べ終わるまで席を離れることはない。
この年頃の子供たちはやんちゃだ。
おそらく施設で教えられているのだろうが、言われても守れない方が
当り前でもある。思わぬ収穫も。その様子を見て、お孫さんたちの行儀が
よくなったというのだ。また、十年前に里子と一緒に遊んだ経験のある
甥や姪から、最近こんなことを言われたという。

「おかげで自分の親と一緒に暮らせるという当り前のことにも感謝できる
ようになった」と。

まさしく、情けは他人のためならず。

今年もお孫さんたちが「いつ来るの?」と言って楽しみにしているという。
(二〇〇六.八.四 中日新聞朝刊)

 自分が言い出したことなのに、桂子さんは迷っていました。何度も何度も
家族会議を開いて決めたことでした。長男には「良いと思って来てもらって
も、ひょっとしてその子を知らず知らず傷つけてしまったらどうするの?

それが怖いよ」と言われました。桂子さんのご主人が、それにこう
答えました。

「そんなことを恐れていたら誰も里親なんてできない。私たちがやらなきゃ
誰がやる、仮に何か傷つけてしまったとしても、その子が将来社会に出る
際にプラスになると考えればいい」。

その一言で心が晴れたと言います。長男家族も「協力するよ」と言って
くれました。

 野球が好きな小学六年のY君という名前の男の子であること、そして
両親のことは一切知らないという入所の事情は教えてもらえましたが、
当日まで会うことはできません。

 こちらから「この子がいい」と選ぶことができない決まりなのです。
一度決めたことですが、やはり不安でいっぱいでした。何も特別なことは
しない。我が家の、いつものお正月を一緒に過ごしてもらうことにしました。
桂子さん夫婦は、小学三年の孫と小学四年の甥と一緒に、大晦日に施設へ
迎えに行きました。その足で神社へ晦日参りに出掛け、午後から家庭菜園で
芋掘りをしました。元旦は、またまた家族揃って仏壇にお参りをして
お雑煮を食べます。

ただ一つ違うこと。
Y君と長男の小学三年の男の子、小学四年の甥っ子の三人に一つの
部屋を与え、夜も一緒に同じ部屋で寝かせました。それが良かった。
三人は四日間ずっと仲良く遊んで過ごしました。最後の日は、家族全員で
公園に行き野球をしました。ただ孫が一人増えただけ。そう感じるほど
自然に解けあっていたのです。

 さて、一月三日の夕方がやって来ました。たこ焼きパーティで
盛り上がった後、お風呂に入ります。
家族六人が二台の車に分乗して施設へと向かう。家を出る直前にY君が
悲しげに言いました。

「もう最後だよね」 でも、「最後じゃないよ」とは言えません。

それが里親制度の決まりなのです。次の機会を約束して、万一何らかの
事情でできなくなってしまった場合、本人を悲しませることになるからです。
車中、Y君は涙こそ見せませんでしたが、何度もこんなことを口にしました。

「もうすぐ着いちゃうの?」
「お腹が痛いからどこかで休憩しようよ」。

さらに、「もっとゆっくり走ってよ」。

運転を誤りそうになるほど、その気持ちが痛いほど伝わってきました。
いつものお正月を、家族と同じように過ごしてもらった。特別な気遣いもしない。
たぶんそのことを喜んでくれた。しかし、喜んでくれたからこそ、
別れが辛くなる。

「うちはね、血が繋がっていなくても、家に来る人はみんな家族なんだよ」と
話しました。

 しばらくして、施設を訪ねました。みんなで撮った写真を届けるためです。
本人には直接伝えることはできませんが、施設の人に申し出ました。

「お盆にもY君を迎えたい」と。


桂子さんから、「プチ紳士からの手紙」の読者のみんなさんへ。

「案ずるより産むが易し。ぜひ、里親を体験してみてください。子どもや
孫たちは、両親への感謝の気持ちを改めて感じてくれたようです」

志賀内より 
都道府県によって異なりますが、児童家庭支援センターや社会福祉協議会
などで里親制度の相談を行っています。「私たちも」と思われるご家族は
照会してみてください。


(中川コメント)

本日の記事は「プチ紳士からの手紙」(編集長 志賀内泰弘氏)から
転載しました。

この記事は著作権の許諾を得ています。
読者の方がこのメルマガを複写、転載すると著作権違反となります
のでご注意ください。

「プチ紳士からの手紙」は毎月発行されている小冊子です。

購読をお勧めします。
お申し込みは下記から。

http://www.giveandgive.com/


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間で発行しています。
貴重は情報をありがとうと言われ、ついつい張り切ってしまいます。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。

今日はここまでです。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

本日のメルマガは2000号です。

おかげさまで2000号になりました。
メルマガを開始したのが平成21年2月16日です。
スタート時は週刊ペースでの発行を思っていましたが、いつの間にか
日刊になりました。

「がんばれ社長」という人気メルマガの購読者でした。「がんばれ社長」は
日刊です。その影響かもしれません。

 そのうち土曜日も日曜日も正月も発行し続けるようになりました。
週刊でもきついのに、日刊なんてとんでもないことだと思っていました。
我ながら感心しています。
まさか日刊を何年間も続けることになろうとは。

 現在の読者数は約3700人です。多数の読者がいらっしゃることが
励みになっています。

 よくネタがありますねといわれます。
人事労務管理は幅が広く、法改正も頻繁です。実は書き切れないネタが
まだ山のようにたまっています。それを読者に早くお伝えしたいという
思いです。

 今後も日刊を継続します。ひょっとしたら死ぬまで。

 余命幾ばくもない中川です。
 このメルマガは中川が単独で発行しています。
 突然あの世にいったら読者にご連絡ができません。
 そのときはあしからずご了承ください。


◆─────────────────────────────────◆
 【CD】 消費税アップにベア要求 さあどうする賃金対策!
                                                  講師 北見昌朗
◆─────────────────────────────────◆

その1 過去に学ぶ消費税率引き上げの影響
その2「ベア」は本当に実行されるのか?
その3「ベア」を行う前にリーマンショック以降発生した「ヒズミ」を
       是正しよう
その4「人員構成」を是正する
その5「年収」を是正する
その6「基本給」を是正する
その7「初任給」を是正する
その8「コンプライアンス」の徹底
その9「賞与」を是正する

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-14.html



◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
9月08日

 【有給休暇】辞める前にとる有給休暇を与えないことはできますか?

◆─────────────────────────────────◆
   「解散を待つか?脱退するか?厚生年金基金の見極め」セミナー
  
    【札幌】 平成26年 9月 9日(火)13時30分~16時
    【東京】 平成26年10月15日(水)9時30分~12時
    【新潟】 平成26年11月11日(火)13時30分~16時

        http://nakagawa-consul.com/seminar/071.html
 
◆─────────────────────────────────◆

  厚生年金基金法改正決定。退職金制度を見直すチャンス到来!
解散を待つか?任意脱会するか?見極めるコツはいかに 

 講師:濱田勝則(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/071.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年9月8日号   VOL.1999
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「ふぐ専門店」が絶対に守らなければいけないルールとは?

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

 【有給休暇】辞める前にとる有給休暇を与えないことはできますか?

◆────────────────────────────────◆

中川  こんにちは。

社長  こんにちは。今日は有給休暇についてお尋ねします。

中川  どんなことですか?

社長  A さんが退職するのですが、有給休暇を全部取って
]       辞めるというのです。
        辞める人に有給休暇を与える必要があるんでしょうか?

中川  何日とるのですか?

社長  40日です。

中川  それはまたすごいですね。
        まるまる2ヶ月ですね。

社長  そんなこと許されるんですか。

中川  はい、許されるんです。

社長  何とかなりませんか。

中川  何ともなりません。

社長  労働基準法は悪法ですね。

中川  時代の流れです。

社長  引き継ぎもしないんだよ。
    それで有給だけとるというのはいくらなんでも、
    おかしいんじゃないでしょうか

中川  引き継ぎは何日必要なのですか。

社長  10日必要です。

中川  では引き継ぎをちゃんとさせたらいいです。

社長  でも本人は有給休暇で休むので引き継ぎをする時間がないんです。

中川  つくればいいじゃないですか。

社長  でも有給休暇は本人の権利なんでしょう。
    有給を取らないで引き継ぎをしろとは言えないじゃないですか。
 
中川  引き継ぎのために休日出勤を命じたらいいですよ。        

社長  そんなことできるのですか。

中川  就業規則に休日に出勤を命じることがあると書いてあります。
    それに従って休日の出勤命令をしたらいいですよ。

社長  休日出勤を命じしたら、休日出勤手当を払わなければ
    いけてないんではないですか?

中川  それはやむ得ません。
    仕事の引き継ぎと、休日出勤手当とはどちらが大事ですか?

社長  そりゃあ、仕事の引き継ぎですよ。

中川  ではそうしましょうよ。

社長  そうします。それにしても、変な世の中になりましたね。


(中川コメント)

 年次有給休暇は、従業員が好きな時にとることができます。
事業主は、有給休暇の時季変更権というもの持っています。
しかしながら、有給休暇を全部取って退職するといった場合は、
時季変更権が使えません。
その理由は、退職後に有給休暇を取るというのは無意味だからです。

 従って、退職前に有給休暇を全部とるという場合は認めざるを得ません。
しかしながら、引き継ぎ等の問題がありますので、引き継ぎはちゃんと
するように話し合いをすべきです。

 ほとんどの従業員は、それに応じてくれるはずです。

 しかし、たまに今回の事例のように極端な有給休暇の取り方する社員が
います。そのような場合は、就業規則を盾にとって、休日出勤命令を
するが可能です。
しかし、有給休暇取得中に休日出勤命令をすることは労使ともに、
嫌な思いをします。

 労務管理は、法律論ではなく、人の気持ちを重視すべきです。
法律論にならないように普段からの労務管理が重要です。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間で発行しています。
貴重は情報をありがとうと言われ、ついつい張り切ってしまいます。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。

今日はここまでです。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

「ふぐ専門店」が絶対に守らなければいけないルールとは?

 ふぐというと真っ先に強い毒を持つ魚のイメージがあるが、ふぐ専門庖で
廃棄される内臓はふつうのゴミと一緒に捨てることはできない。

 ふぐの毒は「テトロドトキシン」といわれるもので、人体に入ると神経や
筋肉を麻痔させてしまうほどで、青酸カリの数百倍以上もの強い毒性を持つ。そのふぐの処分方法について、全国で最も
厳しいのが東京都といわれている。

「東京都ふぐの取扱い規制条例」では、「除去した有毒部位は、他の食品
又は廃棄物に混入しないように施錠できる容器等に保管すること」とある。
ゴミ箱は、毒がしみださないように木製ではなくステンレスやプラスチッ
ク製が使われる。

 また、大きなふぐ専門庖の場合は、専門の業者が毎日回収して焼却処分
する。そして焼却した証明書をもらい、都に届ける。個人の庖の場合は
築地にある「除毒所」というところに持って行って焼却処分をしてもらう
のだ。この条例がつくられたのは1949年。衛生環境がよくなかった頃の
ことで、店がゴミとして出したふぐの内臓を人聞はもちろん丈や猫が
あやまって口にしないように施錠できるゴミ箱の設置が徹底されたのが
はじまりだという。
それが今日まで続いているのだ。

(「あの業界のタブー」より 青春出版 発行)


◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間で発行しています。
貴重は情報をありがとうと言われ、ついつい張り切ってしまいます。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
9月07日

 【労務管理】アダルトサイトを見ているようなんですが、

◆─────────────────────────────────◆

  ■ パートの賃金制度セミナー
     
     【東京】セミナー開催日 12月9日(火) 9時30分~12時30分
    
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/055.html

◆─────────────────────────────────◆

パートの賃金制度を研究しませんか?

→  http://nakagawa-consul.com/seminar/055.html



☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年9月7日号   VOL.1998
――――――――――――――――――――――――――――――――――

歯科衛生士にやけに美人が多いのはなぜか?


(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

 【労務管理】アダルトサイトを見ているようなんですが、

◆────────────────────────────────◆

中川  こんにちは。

社長  こんにちは。今日はある男性のことでご相談いたします。

中川  どんなことですか?

社長  ある男性が、仕事中に、インターネットを使って
    アダルトサイトを見てるようなんです。

中川  どうしてわかったのですか?

社長  女性から言われました。

中川  どのくらいの頻度なのですか?

社長  よくわからないのですが、毎日のようです。

中川  どこにアクセスしたかサーバーの記録でわかるのではないですか?
       
社長  あ、そうですね。気が付きませんでした。
    早速調べます。 

中川  アダルトサイトへのアクセスが事実だとしたら、
    どうしたいのですか?
    
社長  それをどうしたものかと。それをご相談したいのです。
 
中川  問題を解決するには、ステップを踏むのです。
   
社長  どのようなステップですか?
 
中川  1.現状把握
    2.現状分析
    3.対策の立案
    4.対策の実施
    5.実施の効果の把握

    以上のステップで進めるのが原則です。
    
社長  はい。

中川  1.現状把握

    まず事実関係をきちんと把握する必要があります。
    今回の場合はサーバーのアクセス記録が、良いでしょうね。
   
社長  まず現状把握ですね。次に、現状分析ですが、どうするのですか?

中川  アクセスの頻度、その期間、その時間帯等があります。
    
社長  なるほど。

中川  今回のポイントは、その頻度と時間帯でしょうね。

社長  もし、就業時間中に頻繁にアクセスしてるとしたら
    どうしたらいいですか。

中川  こういうことは、予断を持って望まない方がいいですよ。
    でも仮に仕事中に頻繁にアクセスしてるとしましたら、
    放置できません。

社長  そこで対策の立案ですね。

中川  そうです。
    まず、本人に事実関係を確認することでしょう。
    本人の言い分も十分に聞いてください。

    次に、就業規則を確認してください。
    就業規則には服務規律が書いてあります。
    どの条文に該当するかを確認してください。

社長  就業規則には、アダルトサイトにアクセスしてはいけないと
    書いていないと思います。
   
中川  多分そうでしょうね。
    従業員は、職務専念義務というのがあります。
    そのような条文があるはずです。
    それを適用します。

社長  わかりました。

中川  そして懲戒処分をします。
    これが対策の実施です。

    今後もこのようなことが起きる可能性があります。
    そのため、文書等で周知しましょう。

社長  なるほど。そうします。

中川  5.対策実施後の効果の把握

    定期的にサーバーのアクセスを確認しましょう。
    これが、対策実施後の効果の把握になります。

社長  そうですね、そこまでやらなければいけませんね。


(中川コメント)

最近下記のような事件がありました。
パソコンの不正使用は、ウイルス等の危険にさらされる可能性があります。
厳格に対処すべきです。

勤務中にアダルトサイトなど1000回、群馬県職員を処分

 群馬県は1日、勤務中に県のパソコンを使ってインターネットで
アダルト画像を閲覧していたとして、中部県民局の男性職員(47)を、
同日付で停職1か月の懲戒処分とした。

 また、管理監督が不十分だったとして、上司だった係長を訓告、
課長、次長を厳重注意とした。パソコンの不適正使用による懲戒処分は
初めて。

 同県によると、職員は県土整備部にいた今年1月6日~3月9日、
約1000回にわたり、県のパソコンを使ってアダルト画像が見られる
サイトなどに接続していた。

 パソコンのウイルス対策ソフトがウイルスを検知し、閲覧が発覚した。
職員は「軽い気持ちで興味本位で見ていた」と話しているという。

 県の懲戒処分の指針では、パソコンの不適正使用は減給または戒告だが、
今回は、長期間にわたり相当回数接続していることから、停職とした。

(2009年5月2日  読売新聞)


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間で発行しています。
貴重は情報をありがとうと言われ、ついつい張り切ってしまいます。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。

今日はここまでです。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

歯科衛生士にやけに美人が多いのはなぜか?

 できることなら、歯科医の世話にはあまりなりたくないという人が多い
だろう。治療室から響いてくる「ウィーン」 という音を聞いただけで、
気分はどんよりという人もいるはず。

 そんなとき、心の慰めになってくれるのが、やさしい歯科衛生士の
女性たちである。
 しかも、歯科衛生士の女性には、どういうわけか美人が多いもの。もしや
顔で採用されたのか?それとも、治療中の心細さが手伝って、ひいき目に
見えているだけ?

 論からいうと、歯科衛生士に美人が多いと感じるのは、彼女たちがして
いるマスク効果によるものといえる。

 そもそも、顔の美しさは、目、鼻、口といったパーツがいかに整って
いるかより、どのようなバランスで配置されているかのほうが重要。
一つひとつのパーツは地味でも、なぜか美人に見える人がいるのも、
バランスの妙といえるだろう。人聞が美しいと感じる基準のひとつに
「黄金比」がある。黄金比の近似値は1:1.1618とされ、パルテノン神殿、
モナ・リザなど、多くの建造物や美術品に用いられてきた数字だ。

 マスクをしていると、この黄金比に簡単に近づくことができるのだ。
マスクを着用しているときは、見えているのは目と自の問、つまり2者だけの
バランスで成り立っているので、その比率が黄金比に近ければ美人に見える
という理屈。

 というわけで、マスク美人は、マスクをとってみるまでは、本当に美人か
どうかはわからない...。

(退屈知らずのすべらない雑学 河出書房新社刊より)


◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の診断をいたします
◆─────────────────────────────────◆

賃金制度の診断をいたします。ご希望の方は下記からお申し込みください。

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/wage_system.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
9月05日

【長時間残業者にやんわりと釘を刺しておこう】

◆─────────────────────────────────◆
   「解散を待つか?脱退するか?厚生年金基金の見極め」セミナー
  
    【札幌】 平成26年 9月 9日(火)13時30分~16時
    【東京】 平成26年10月15日(水)9時30分~12時
    【新潟】 平成26年11月11日(火)13時30分~16時

        http://nakagawa-consul.com/seminar/071.html
 
◆─────────────────────────────────◆

  厚生年金基金法改正決定。退職金制度を見直すチャンス到来!
解散を待つか?任意脱会するか?見極めるコツはいかに 

 講師:濱田勝則(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/071.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年9月6日号   VOL.1997
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[エジソンの名言|運よりも諦めないことが大切]


(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【長時間残業者にやんわりと釘を刺しておこう】

◆────────────────────────────────◆

恒例の川越さんのメルマガを全文転載します。


(引用開始)

2014年09月03日(水曜日)09時20分31秒

 いつもお読みいただきありがとうございます。

さて、今朝の新聞に宮崎発着のJR特急で社内販売
がなくなることが載っていました。

たしかに、採算が合わないからでしょうが、車窓を
眺めながら冷たいビールが飲めなくなるか思うと残
念です。特急は長時間乗っていることが多いので。

ところで、長時間といえば、残業時間もついつい長
くなるものです。そして、夏の疲れが出やすいこの
時期に突然体調を壊したりするものです。
そうなると、従業員本人の問題では済まなくなるの
が今の時代です。

第257号は、そのようなことにならないように
日頃から、長時間残業をやんわりとやめさせようと
いうお話です。


【長時間残業者にやんわりと釘を刺しておこう】

 「残業代が惜しいわけじゃない」
しかし、近頃は長時間労働が原因で過労死したというよ
うな物騒な話も聞く。

できれば、そこそこの残業に抑えてほしいが、あまり
残業削減を前面に出すと、従業員の士気をそがないだろ
うかと心配だ。

そこで今回は、従業員へ会社の思いを伝えながら、やん
わりと長時間残業をやめてもらう方策を提案する。


1.勤勉と過労が背中合わせ

 時間を気にせず一所懸命働いてくれる従業員。
一見勤勉に見えるが、裏を返せば過労となりやすい。
つまり"紙一重"である。

1)勤勉だったから今の社長がある...「わしなんかが
  若い頃は、休みもなしに毎晩徹夜のような生活
    だった」「もちろん、残業代なんぞもらったことも
  ない」「今の連中は甘い」などと考える経営者は少
  なくない。だから、社長は社長になれたのだ。
  しかし、従業員がみんなそのような高い志を持って
  いるとは限らない。

2)長時間残業に潜むリスクは無限大...勤勉の裏に過労
  がり、会社にとっては大きなリスクをはらんでいる。
  休日労働も含めて月80~100時間以上の残業が
  続くと、脳・心臓疾患の発生が高まるとされている。
  万一、災害が起きた場合の労災認定基準でも、
  月100時間の残業は労災認定されやすい。
  労災が認定されると、労災保険だけでケリがつく話
  ではなくなる。

3)無下に「帰れ!」と言うのも...そんなリスクをはら
  んでいる残業であれば、終業時刻が来たらすぐに帰
  れと言えばいいが、これがなかなか難しい。多くの
  従業員は、自分の仕事に責任と誇りを持って取り組
  んでいる。それに対して一方的に「帰れ!」、と言う
  のは残業代をケチっているようにも取られかねない。
  また、会社のためを思い一所懸命やっている従業員
  へ無下に「帰れ!」と言うのも忍びないところだ。


2.士気を下げないようにして残業を断る

 中にはダラダラと残業代稼ぎの残業をしている人もい
るかもしれない。
しかし、そんな残業でも残業は残業であり、会社リスク
としては同じだ。

1)時間管理は絶対条件...まず誰がいつ何時間の残業を
  したかを把握することが必要だ。時間の記録がなけ
  れば管理のしようがないし、会社の管理体制を問わ
  れることになる。「勝手にやった」のだから会社に
  関係ないとか「残業しろとは言っていない」などと
  言うレベルで済む時代ではない。黙認(もくにん)
  といって、黙っていたということ自体、残業を認め
  たということになりやすいのだ。

2)60時間を超えたら段階的に警告する...近々、中小
  企業でも月60時間超えの残業割増率が50%に引
  き上げられる法改正の気配がある。しかし、60時
  間を超え疲労のたまった労働に対して1.5倍の賃金
  を払うなんぞ割に合わない。だから60時間に差し
  迫ったころから事務的に警告を発する。例えば、45
  時間超えたら注意、60時間を超えたら警告、そして
  80時間を超えるようなら残業禁止命令のように。

3)健康への思いやりを伝える...事務的に警告しておく
  ことは大事だが、それだけでは人間関係がぎくしゃ
  くする。要は、何で長時間残業がいけないのかを伝
  えておくことが必要だ。そのためには、「残業代が
  惜しくて言っているのはありません。あなたの健康
  が心配なんですよ。」という思いやりを伝えること
  が必要である。力で抑えつけるのではなく、人情の
  機微(きび)に訴えるのだ。では、どのように...。


3.この一通に会社の思いを託す

 毎月100時間前後の残業があるものの、なかなか残業
時間が削減できない入社10年目、38歳係長がいたとしたら。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

宮崎 太郎 様

 いつもありがとうございます。
朝早くから夜遅くまで、また休日返上で頑張っていただ
き本当に助かります。

ところで、一つ気になるのは宮崎さんの健康のことです。
勤務状況をみますと、毎月残業が多く、100時間超え
の月もあるようです。
これも、宮崎さんの強い責任感から来るものであり、
大変ありがたく思っております。

しかし、労働基準監督署からも月45時間を超えると
過労が蓄積しやすいので是正するよう指導も受けており
ます。

また、宮崎さんは会社にとっても貴重な人材ですが、
ご家族にとってもかけがえのない存在です。
会社のために、一所懸命頑張っていただいているのに
水を差すようで心苦しいのですが、事情をご理解いただ
き、残業時間の削減に取り組んでいただければ幸いです。
 
以上、日頃の勤務に感謝するとともに、残業時間削減
のお願いを申し上げます。

平成●年●月●日
           ●●株式会社
           代表取締役 ■■ ■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 時代の流れからして、長時間残業に対する規制はま
すます強まるだろう。
そのような中にあって、ただ単に「早く帰れ!」と言う
よりも、思いを言葉にしてやんわりと残業削減をお願い
した方が、今の時代はうまくいく。


※次回は【雇用の入口と出口は記憶じゃなく記録に残そう】
の予定です。



■■■ 川越事務所おすすめセミナー ■■■

「求人しても人が来ない」
「人が定着しない」
「お客が増えない」

こんなお悩みを解決するヒントになります。

すでにメルマガ読者の方からも多数のお申し込みを
いただいています。


 ●立地が悪くても、不況業種でも、小規模でも
  好業績を上げている会社のお手本です。


「人を大切にする経営をめざして」
~失敗から学んだ、まごころと感謝の経営

・講師 徳武産業㈱社長 十河 孝男氏
(日本でいちばん大切にしたい会社大賞受賞企業)

・日時 平成26年10月6日(月)13:30~16:30

・場所 ニューウェルシティ宮崎(旧・厚生年金会館)

・受講料 無料

※お申し込みは、川越事務所または宮崎県社会保険
 労務士会までお願いします。

 詳細はこちらから
 ↓
http://www.sr-miyazaki.jp/new/pdf/2014-10-6.pdf



---------------------------------------------

川越の日記帳  http://blog.livedoor.jp/kawagoeyu/
【ブログ】  毎日更新しています!
---------------------------------------------
■中小企業の賃金相場をつかむサイトが
 できました!
★「ズバリ!実在賃金統計ドットコム」
 http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=1355
--------------------------------------------
■川越事務所は、キッチリした労災・雇用・社会保険
 事務手続きをベースに、地に足のついた給与・労務
 相談を得意とする、社会保険労務士事務所です!
---------------------------------------------
  *** ワンランク上の経営をめざそう ***

川越社会保険労務士事務所
〒880-0053
宮崎県宮崎市神宮2丁目3番11号 1F 
TEL0985-31-1231(代) FAX0985-31-1447
Mail info@kawagoe-roumu.jp
ホームページ http://www.kawagoe-roumu.jp
川越の日記帳  http://blog.livedoor.jp/kawagoeyu/
【ブログ】  毎日更新しています!
-------------------------------------------------


(中川コメント)

 残業をさせておきながら残業代を払わない会社はブラック企業と呼ばれ
ます。
 しかし、残業代を払えば何時間でも残業をさせてもいいかというと
そうではなく、長時間労働をさせうることもブラック企業と呼ばれます。

 高度成長時代を過ごした中川からすると長時間労働はあたりまえでした。
ブラック企業だらけだった高度成長時代でした。

中川は、その結果家庭を省みなかった後悔があります。
いまさらですが、長時間労働は異常でしたね。

 生活残業はある程度しかたがないと思います。
30時間程度の残業がよいと思っています。


◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間で発行しています。
貴重は情報をありがとうと言われ、ついつい張り切ってしまいます。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。

今日はここまでです。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[エジソンの名言|運よりも諦めないことが大切]

私は運なんて信じちゃいない。
幸運も不運もだ。
たいていの連中は何回か試すと諦めてしまう。
だがこの私は狙った結果が出るまでは絶対に諦めない。


◆─────────────────────────────────◆
 社労士の方へ朗報!
◆─────────────────────────────────◆

賃金・給与のコンサルタントの養成塾 [北見塾]
現在、塾生を募集中です。

詳細のリンク先
http://www.zubari-tingin.com/kitamijuku.html

平成26年北見塾の日程が決まりました。

【1回目】10月11日(土)+12日(日)+13日(月・祝)
【2回目】10月31日(金)+11月1日(土)+2日(日)
【3回目】12月21日(日)+22日(月)+23日(火・祝)



◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
9月05日

【退職金】不正使用の携帯電話代を退職金から天引きするか?

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 「けしからん社員への対応」セミナー

    11月6日(木) 13:30~16:00 東京・銀座

 →  http://nakagawa-consul.com/seminar/059.html

◆─────────────────────────────────◆

無断遅刻をする。無断欠勤をする。指示に従わないで作業ミスをして納期
遅れになる。交通事故を繰り返す。タイムカードを不正打刻する。定期健
康診断を受診しない。上司が部下に適切に業務指示をしない。会社の備品
を窃盗する。社内不倫をする。インターネットで会社の中傷をする。会社
の機密情報を漏洩する。個人情報を漏洩する。刑事事件を起こす。セクハ
ラをする。パワハラをする。権利ばかり主張し、まともに義務を果たさな
い。配置転換を拒否する。勤務成績不良。

さて、どうしますか?

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/059.html



☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年9月5日号   VOL.1996
――――――――――――――――――――――――――――――――――

7・ELEVEn(セブンイレブン) 
なぜ最後の文字だけ小文字なの?

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【退職金】不正使用の携帯電話代を退職金から天引きするか?

◆────────────────────────────────◆


中川: こんにちは。

社長: こんにちは、今日は退職金の相談です。

中川: はい、誰か辞めるのですか。

社長: はい。営業マンがやめます。
 
中川: 辞める理由はなんです?

社長: 携帯電話を会社で貸与しているのですが、
     Aさんだけ異常に電話代が高いのです。

中川: 私用に使ってるのでしょうか?

社長: そうとしか考えられません。注意すると、一時的には、
 少なくなるのですまた、多くなるのです。
 営業成績は、最下位なのですが、電話代は、トップなのです。
 営業成績と電話代は反比例するのではないかと思うくらい。

中川: それは、面白いですね。

社長: 中川さん、面白がってる場合ではありませんよ。
 
中川: すみません。でもそういう傾向があるかもしれませんね。
 
社長: 3回注意したところ、辞表出してきました。

中川: で、受け取るのです?

社長: もちろんです。喜んで受け取りました。

中川: それで何か問題があるのですか?

社長: 彼に退職金を払うのですが、ロクに仕事もしてないので
 まともに払いたくないのです。

中川: 気持ちをよくわかります。

社長: それで、使い過ぎた携帯電話代を退職金から天引しょうと
 考えていますが、問題がありますか?

中川: 問題があります。

社長: どこが問題なのですか?

中川: 携帯電話代を退職金天引きするようなことを
 退職金の減額といいます。
 退職金を減額するためには、退職金規定にそのようなことが
 書いてないとダメです。
 たとえば、「重大な過失をした場合には、退職金を減額する
 ことがある」というようなことです。
  
社長: うちの金規定では、その退職金で減額するということは、
    できませんか?

中川: できません。そのようなことが、どこにも書いてありません。

社長: でも何とかなりませんか?

中川: 何ともなりません。
 退職金を減額することはできませんが、
 会社に損害を与えたということで、
 損害額を本人に弁償してもらうことは可能です。

社長: そうですか。では、退職金を払った上で、
 その退職金から支払わせる事は問題ありませんか?

中川: そのように整理すれば、問題ありません。
 しかし、携帯電話代の不適切な使用ということが
 明確にならなければ、損害賠償をさせることは
 むつかしいでしょう。
 本人とよく話し合う必要があります。

社長: では、彼と話し合ってみます。


(中川コメント)

多くの会社では、退職金規定に自己都合退職の場合に減額することが
退職金規定で明記されています。それにしたがって自己都合退職の場合に
退職金を減額することは、問題ありません。
その理由は、退職金規定に明記してあるからです。

今回の事例のように不正使用した携帯電話代など会社に損害を与えてた
金額を退職金から損害賠償として減額することはできません。

退職金規定に損害賠償をさせることがあると明記すれば、
法律違反にならないような気がしますが
損害賠償を予定することそのものが労働基準法違反となります。

退職金規定で減額ができる場合は
「本人の重大な過失がある場合は、減額することがある」
という条文があれば可能です。

その場合は重大な過失に対して退職金を減額するのであって、
携帯電話の損害賠償として減額するのではありません。

損害賠償させたいのであれば、賃金、退職金と相殺する事はができません
ので、賃金、退職金は規定通り支払い、損害賠償は別に請求するという
整理をする必要があります。


◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間で発行しています。
貴重は情報をありがとうと言われ、ついつい張り切ってしまいます。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。

今日はここまでです。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

7・ELEVEn(セブンイレブン) 
なぜ最後の文字だけ小文字なの?

 日本で最大手のコンビニチェーンといえば、セブンE イレブン。
誰もがそのロゴマ1クを目にしたことがあると思うが、そこに隠された
"ちょっとした謎" に気づいている人は、どのくらいいるだろうか。

 そもそもセブンイレブンという名前は、アメリカでの創業当時、
営業時間が午前7時~午後11時だったことに由来する。

 その代名詞ともいえるロゴマークは、数字の7にELEVEN(イレブン、
つまり11)の英文字が重ったもの。一見、何の変哲もないロゴに見えるが、
その一文字一文字をよく見てみると「ELEVEn」と書かれていることがわかる。
そう、最後のnが小文字なのだ。

 最後だけわざわざ小文字にしたことに、どんな深い意味があるのだろうか。
そこで、セブン・イレブンジャパンお客様相談室に尋ねてみた。すると、
創業当時の担当者がすでにいないため定説はないと前置きしながらも、
有力な説として意外な話をしてくれた。

 アメリカで商標登録した際、大文字「ELEVEN」で申請したところ、単なる
数字の羅列は認められずに拒否されてしまったらしい。

 しかし、当時としては珍しい長時間営業をアピールしたかった会社側は、
打開策として最後のNを小文字のnにする荒技をひねり出したというのだ。
これなら単なる数字の羅列にはならないだろうと登録を再申請したところ
これであっさり認められたというのである。

 事実、日本の特許でも数字だけでの商標登録は原則としてできない。
偶然かどうかはわからないが、日本で事業を展開する際にも、結果的に
最後をnにしておいて正解だったようだ。

 他にも、角ばったNより丸みを帯びたnの方が親しみゃすいので、
小文字のnにしたというデザイン重視の説もある。

 どれが真相なのか決め手はないが、面白いことに、エヌが大文字か
小文字なのか気になって仕方がないのは、どうやら日本人だけのようだ。
 相談室によると、日本ではよくロゴについて質問を受けるが、
アメリカではほとんど聞かれないという。

(雑学裏事情おもしろ事典 より 王様文庫発行)


◆─────────────────────────────────◆
 【無料プレゼント】
 従業員の給料が高いか低いか一目で分かるグラフが無料です
◆─────────────────────────────────◆

うちの従業員の給料が高いか低いか分からないのでは、給料の決めようが
ありません。高いか低いかをまず把握することです。

従業員300人未満の会社に対して御社の賃金データ(社員名は不要です。
記号で処理します)をご提供いただきますと、
一目で世間相場と比較できる「ズバリ!実在賃金」グラフを無料で差し上げ
ます。

「ズバリ!実在賃金」のグラフは、年齢別の世間相場(取締役、管理職、一
般男性、一般女性)を描いたライン(曲線に近い)のグラフに御社の同年齢
の従業員の年収・残業代を含む月額・所定内賃金(残業なし)・賞与をプ
ロット(点)表示します。
プロットは御社の従業員が分かるように番号で表示します。

そのグラフがあれば、御社の従業員の給料が世間相場と比較して誰が高いか
誰が低いかが一目で分かります。

ズバリ!実在賃金のデータがない地域(首都圏、関西圏以外)は厚生労働省
のデータを元に弊社で独自に加工した世間相場の管理職を推測して、管理職、
一般男性、一般女性の年齢別のグラフを作成します。
厚生労働省の賃金相場は管理職の相場が不明なので、そのままでは参考にな
らないから加工しています。正確性には欠けますが、そのほうがより実態に
近づくと思うからです。

よろしかったらお申し込みください。

→ http://form.mag2.com/cestuuoudr


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆