中川清徳のブログ

2014年9月の記事一覧

2014年
9月04日

【年金】今さら聞けない!?「ねんきん定期便」とは?

◆─────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  

       【東京開催】 平成26年11月5日(水)13時30分~16時30分

         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆─────────────────────────────────◆

  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年9月4日号   VOL.1995
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[孫正義の名言・格言|人生50年計画]

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【年金】今さら聞けない!?「ねんきん定期便」とは?

◆────────────────────────────────◆


◇「ねんきん定期便」とは

 年金加入記録の確認と、年金制度に対する理解を深めてもらうことを
目的として、日本年金機構が定期的に発行するものです。
ねんきん定期便には、年金加入期間や年金額などの年金に関する情報が
記載されています。

送付対象は、国民年金および厚生年金保険の加入者(被保険者)で、
毎年1回、誕生月に送られてきます。

50歳未満の方はこれまでの加入実績に応じた年金額が、50歳以上の方は
老齢年金の見込額(現在加入している年金制度に、60歳まで同じ条件で
加入し続けたものと仮定して計算した老齢年金の見込額)が、それぞれ
確認できるようになっています。

なお、届出住所が現住所と異なっていると、ねんきん定期便を受け取る
ことができませんので、住所が変わった場合には、勤務先等で住所変更の
届け出をする必要があります。


◇「ねんきん定期便」が届いたら・・・

1.節目の年齢の方(35・45・59歳)

 ねんきん定期便が届いたら、まず「年金加入期間」を確認します。
あわせて、「これまでの年金加入履歴」「これまでの国民年金保険料の
納付状況」「これまでの厚生年金保険の標準報酬月額などの月別状況」も
確認します。万が一、漏れや誤りがある場合には、同封されている
「年金加入記録回答票」の提出等で訂正を申し出る必要があります。

2.節目年齢以外の方

 年金の加入記録は、おおむね直近1年間の記録で、その間の納付記録に
間違いがないか確認することになります。なお、送付された期間以外の
加入履歴等に疑問がある場合は、年金事務所等に問い合わせる必要が
ありますが、「ねんきんネット」により、すべての加入期間の年金記録が
確認できます。


(中川コメント)

 年金は崩壊するから保険料を払いたくないという人が増えています。
年金が崩壊するかどうかは中川にはわかりません。
しかし、年金加入は義務づけられています。
先のことはどうなるかわかりません。
年金が崩壊するというは前提条件は不動のものではありません。

人は老いが来たときに無収入では生きていくことが難しいです。
それはほぼ確実なことです。
 
 年金崩壊の確率と老いで無収入になる確率はごちらが高いでしょうか?
 先行き不透明ですが、保険料は払っておいたほいうがいいと思います。


◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間で発行しています。
貴重は情報をありがとうと言われ、ついつい張り切ってしまいます。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。

今日はここまでです。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[孫正義の名言・格言|人生50年計画]

20代で名乗りを上げ、30代で軍資金を最低でも1000億円貯め、
40代でひと勝負し、50代で事業を完成させ、60代で事業を後継者に
引き継ぐ。
(覚書き|19歳米国留学中に人生の目標を簡潔に表現した言葉。)


◆─────────────────────────────────◆
 ■オーナー会社のための「役員・幹部の賃金の決め方」セミナー

    【東京】  11月6日(木)10時から12時30分 場所:東京都 銀座
    【東京】  1月19日(月)14時から16時30分 場所:東京都 銀座

    http://nakagawa-consul.com/seminar/045.html
◆─────────────────────────────────◆

非上場のオーナー会社は役員、幹部の報酬の決め手がなくて困っています。
まずは、相場を知ることです。独自調査による役員報酬の世間相場を
発表します。つぎに意外に知られていない役員になるリスクを知ること
です。気になる役員退職慰労金はいくら払えばいいのか?
そして励みになる給与体系はどうやって作ればいいのか?

お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/045.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
9月03日

【就業規則】賃金規程は就業規則であるとは本当ですか?

◆─────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  

       【東京開催】 平成26年11月5日(水)13時30分~16時30分

         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆─────────────────────────────────◆

  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年9月3日号   VOL.1994
――――――――――――――――――――――――――――――――――

本当に自は口ほどにものをいう
目をそらしてウソをつく男
自を見てウソをつく女

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【就業規則】賃金規程は就業規則であるとは本当ですか?

◆────────────────────────────────◆


中川: こんにちは。

社長: こんにちは、今日は初歩的は質問で恥ずかしいんですが。

中川: なんですか?

社長: 就業規則を変更したら、監督署に届でなければならないことは
 知っています。
 先日、総務のA子さんが、賃金規程を監督署に出さなければ
 ならないのですが、新らしい賃金規程はいつ完成するのですか
 と、聞かれました。

社長: で、私はA子さんに就業規則は出さなければいけないが
 賃金規程は別だろう、出す必要があるのか?と聞きました。

中川: へえ、それでA子さんは何と答えました?

社長: 社長はもっと勉強してくださいよ。賃金規程は就業規則の
 一部なんですと、私を責めるような口調でいうんですよ。

社長: 本当に,いつもそうだんだから。
 で、本当のところはどうなんですか?

中川: A子さんの言うとおりですよ。

社長: それはそうとして、なぜ、賃金規程は就業規則の一部なんですか?

中川: 御社の就業規則の○○条に書いてありますよ。
 賃金規程は別に定めると。
 就業規則に書いても良いけど、賃金規程だけは独立させた方が
 いいほど、たくさん条文があるので、別規程にするということです。

社長: つまり、別居したのですか?

中川: 相変わらず、社長はたとえが上手ですね。
 そのとおりです。
 子供が次第に大きくなって、家を出て行く、そんな感じです。

社長: なるほど。
 独立したけど、本家の片割れだからということですね。


(中川コメント)

 就業規則を改定した場合、労働基準監督署に届け出なければなりません。
しかし、就業規則以外も就業規則と同等な規程があります。
それらも、就業規則の一部ですから監督署に届け出なければなりません。

たとえば
賃金規程
退職金規程
育児介護休業規程
などが代表的なものです。

同じように規定としてあるのが
出張旅費規定
慶弔見舞金
改善提案制度規定
などがあります。これらは、監督署に届け出る必要はありません。

区別が難しいですが
直接的な労働条件に関する規定類は、監督署に届け出なければなりませんが、
福利厚生的な色彩のあるものは対象となりません。

しらがって、規定と名がつくものは全て監督署に届け出る必要が
あるわけではありません。


◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間で発行しています。
貴重は情報をありがとうと言われ、ついつい張り切ってしまいます。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。

今日はここまでです。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

本当に自は口ほどにものをいう
目をそらしてウソをつく男
自を見てウソをつく女

「自は口ほどにものをいう」とはいえ、「目を見て話せばウソをついて
いるかどうかわかる」は少々いいすきである。

「嘘をついてください」といわれた上で面接を受ける、という実験に
よると、男性がウソをつくときは確かに視線をそらす時間が長いという
結果が得られたものの、女性の場合はまったくその逆。むしろ相手を
見つめる時間が長かったという。これだけ見れば女性のほうがウソに
長けているといえるかもしれない。だがしかし、ウソをつく際は誰にでも
それなりの演技をするもの。意識的に相手を見つめるくらいなら、
誰でもできそうである。

「ウソだと思うんなら、俺の目を見てみろ。これがウソをついている自に
見えるか」そういう男ほど、ウソをついているといえなくもない。しかし
「いえなくもない」のだから、実は本当のことをいっているのかも。一度
疑い出すとキリがないのである。

ウソ偽りのない関係を築く第一歩

ウソを見抜くのが難しいのであれば、相手に本当のことをいわせればいい。
でも一体、どうやって?キーワードは『自己開示』である。

アメリカの心理学者の実験によると、相手がもっともよく自分の話をする
シチュエーションは、「イスに座るときに聞き手が話し手の体に軽く触れ、
相手が話す前に開き手のほうから自分自身のことを話す」ことらしい。

自らのことを包み隠さず自己開示すると、相手も自己開示したくなる。
『自己開示の返報性』と呼ばれるこの意識を利用することで、相手の本音を
引き出すことができるのだ。

そうでなくとも、自己開示をすれば相手は好感を抱くもの。また、自らも
自己開示をすることで相手に好感を持つとされている。プラス、ほんの
少しのボディタッチで生まれる親近感。これらはすべて、ウソ偽りのない
関係を築く第一歩である。

人間は、思っているより単純な生き物なのかもしれない。

(本当は怖い心理学 齋藤勇監修 イーストプレスト刊より)


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆

弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーをほぼ毎月開催していま
すが、各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
東京では定期的に開催していますが、各地の開催は年に数回程度を予定して
います。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。

よろしかったら下記からお申し込みください。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-11.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
9月02日

【採用】人材不足の現状と各種対策について

◆─────────────────────────────────◆
「賃金決定の急所は世間相場と社内バランスです!」セミナー

   【東京】10月28日(火)9時30分~12時30分  東京・品川にて
   
     http://nakagawa-consul.com/seminar/058.html
◆─────────────────────────────────◆

賃金を決める急所は世間相場と社内バランスです。
いくらりっぱな賃金制度があっても、実際に払う金額が妥当かどうかは
別問題です。
あなたの会社はどうやって賃金額を決定されていますか?
このセミナーは300人以下の中小企業を対象としています。

セミナーの内容

第1部 コレが現実! 「ズバリ!実在賃金」による最新の賃金相場 
第2部 世間相場と比較した賃金改善の具体的な方法
第3部 社内バランスが一目で分かるグラフの作成方法と賃金改善の方法
第4部 「ズバリ!実在賃金」からみた「取締役・管理職・一般社員別の
    賃金モデル」の作り方
第5部 諸手当の見直し方


詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/058.html



☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年9月2日号   VOL.1993
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[ヘンリー・フォードの名言・格言|問題をさっさと片付けるヒント]

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【採用】人材不足の現状と各種対策について

◆────────────────────────────────◆


人材不足の現状と各種対策について

◇人材不足の現状

8月12日、厚生労働省所管の公益財団法人介護労働安定センターは、
「平成25年度の介護労働実態調査によると、介護職員の離職率が
2年ぶりに改善した」と発表しました。

前年度比で0.4ポイント減の16.6%と、上げ幅は小さいものに
見受けられますが、業界全体としての努力の表れと捉えることができます。

介護の仕事は大変厳しいもので、今でもやはり長続きしない敬遠
されがちな職業だと言えますが、労働時間に希望を反映させたり、
成長を実感できる教育制度を導入したり、あるいは、悩みや不安を相談
できる窓口を設けるなどの離職防止策を講じる事業者が増えてきたこと
によるのではないかと推察されます。

一方、意識調査では、「人手が足りない」(45.0%)との回答が
多かったようです。

人手不足については、他の業界でも課題となっており、建設業や運輸業、
さらには飲食業等において特に深刻化しています。「少子高齢化に伴う
実質的な生産年齢人口の減少」が人材不足の一因ではありますが、
これまで以上に「若者の業界離れ」が進んでいることが、もう一つの
要因だと考えられます。


◇人材不足対策の動向

上記の業界においては、今後しばらくは国内の人材不足が続くとされて
いますが、それを見越して大手企業を中心に、人材の抱え込みが
始まっています。

「パート・アルバイトの正社員化」や、「地域限定正社員制度の創設」
などが雇用対策として推し進められており、労働者のニーズに合わせた
雇用形態を設けることにより若い人材を確保しようとする動きが
出てきています。


◇国の対策について

そのような中、厚生労働省では、人材不足が顕在化している職種の中でも、
特に政策的理由から喫緊の対応が求められる『介護、保育、看護、建設』
を『重点4分野』と位置づけて、連絡調整会議において対策を
検討しています。

そこで、人材不足対策には、職場の魅力を高め(雇用管理改善)、そこに
人を誘導する(潜在有資格者対策・マッチング強化)とともに、個々の
能力を高めて(能力開発)、更なるキャリアアップに結びつけていくこと
(好循環の実現)が重要であり、次ページに挙げられるような対策を
総合的に打ち出していく方針となっています。


・雇用管理改善施策

人材不足の解消のためには分野ごとの業としての魅力を高め、それを普及
していくことが重要。このため、

1.業としての雇用管理改善に向けた主体的取組を促進するとともに、
2.若者や潜在有資格者に対し、これらの職種の魅力を訴えていく。


・潜在有資格者対策

重点4分野では、特に『有資格者確保』が重要であり、課題となっている。このため、

1.潜在有資格者の掘り起こし対策とともに、
2.関係機関のマッチング強化が不可欠。


・能力開発

再就職やキャリアアップのためには、能力開発が重要。このため、

1.個人の自発的な教育訓練への支援とともに、
2.国や事業主等による能力開発の推進を図る。

その他にも、外国人雇用や高齢者活用が対策として考えられており、特に
外国人雇用については、インドネシアやフィリピンとの経済連携協定
(EPA)に基づいて看護師や介護福祉士を受け入れている医療業界や
介護業界、東京オリンピックや震災復興により人手不足が深刻な建設業界
など各方面で対策が進められています。しかし、その一方で、言葉の壁や、
受け入れ側の外国人排他感情など解決すべき課題が多いのも事実です。


◇自社内で出来ること

ここまで、企業動向や国の施策について触れてきましたが、現在働いている
人材を保全することも、重大な人材戦略となってきます。以下に、
社員の定着率を上げ、新たな人材を確保しやすい体制をつくるための
取り組み例を挙げますので、参考になさってください。

1.経営理念・経営ビジョンの共有
2.不透明な労働環境の改善
3.労働者が働きやすい職場づくり
4.キャリアパスを描きやすい仕組みづくり
5.処遇の改善
6.多様な働き方への対応
7.公正な評価・承認がなされる制度づくり
8.マネージャークラスの部下指導力の向上
9.上司や先輩社員などによるメンタルケア
10. 育児休暇・介護休暇を取りやすい環境づくり
11. 社員間のコミュニケーションを円滑にする取り組み
12. 離職する社員の離職事由の調査・分析
など
 
 

(中川のコメント)

 本日の記事は弊社が有料会員となっている「中小企業福祉事業団」が
提供する情報を転載しました。

 中小企業はいつも人手不足ですが、その度合いが厳しさを増しています。
お金はあまりかけないで従業員が生き生きと働くような手を打たなければ
なりません。しかし、具体的にどうしたらいいかはなかなか見つかりません。

 弊社が毎月発行している無料の「ピカイチ情報通信」(本メルマガのこと
ではありません)で時々他社事例を掲載しています。
参考になると感謝の声が寄せられています。

 まだ購読(無料です)されたいなかったらお申し込みください。
思わぬヒントがあるかもしれません。


◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間で発行しています。
貴重は情報をありがとうと言われ、ついつい張り切ってしまいます。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。

今日はここまでです。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[ヘンリー・フォードの名言・格言|問題をさっさと片付けるヒント]

あら探しをするよりも改善策を考えなさい。


◆─────────────────────────────────◆
 就業規則見直しをご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆

 毎年のように法律改正が行われており、一年前に作成した就業規則ですら
すでに時代遅れになっています。多忙な経営者や総務関係者がその都度、法
改正に対応するご苦労はいかほどのものかと推察します。
 法改正のスピードが速いので最新情報による弊社主催の就業規則セミナー
にご参加いただくのが良いと思います。できればそうしていただきたいので
すが、セミナーを受けても帰社したら目先の仕事に追われ気づいたらまった
く着手できていない方も少なくありません。
「そのうち、そのうち」と思案中に1年が経ち2年が経ち...。

 中川が御社にお伺いして就業規則の見直しのお手伝いをします。中川がお
手伝いすることで確実に最新版の就業規則を作成できます。就業規則見直し
は下記のステップで行います。
 
 ステップ1 御社の就業規則を弊社に提示いただきます 
 ステップ2 弊社が就業規則の修正案を電子データで作成します
 ステップ3 御社に訪問して修正案をご提示し、ご納得いただけるまで
       ご説明をします(遠隔地の場合は郵送および電話)
 ステップ4 弊社が作成した電子データをお渡しします(遠隔地は郵送)
 ステップ5 修正案をご提示するときに必要な各種ひな形も電子データで
       お渡しします(遠隔地は郵送)
 ステップ5 それを参考に御社で修正します(電子データがあるので容易)

就業規則の見直しコンサルティングをご希望の方は下記にメールをください。
弊社HPからも申込みができます。
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/work_regulations.html


   ◆就業規則見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後のお断りはご自由です)

御社名:
役職名:
お名前:

上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細は
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/work_regulations.html
でご確認ください。


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
9月01日

【解雇】試用期間中の解雇はOKか?


◆─────────────────────────────────◆
 ■ 経営者、管理職のための信頼される人事考課のしかた

      【東京】  10月28日(火)13時30分~16時30分

         http://nakagawa-consul.com/seminar/072.html
◆─────────────────────────────────◆

弊社は「人事考課は主観でよい!」と提唱しています。
人事考課は主観でしか評価ができません。
しかし、それに甘えて、自分の好みだけ、自分の好き嫌いだけで人事考課を
されては、従業員はたまったものではありません。
主観で決めるとしても評価にはルールがあるのです。
そのルールを知らないで主観で人事考課をしては不信感ばかり募(つの)り
結果的に労務管理がギクシャクすることになります。
人事考課の基礎を身につけることで従業員との信頼関係をよくしていきま
しょう。


詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/072.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年9月1日号   VOL.1992
――――――――――――――――――――――――――――――――――

困ったときに読む手紙

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【解雇】試用期間中の解雇はOKか?

◆────────────────────────────────◆


中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   Aさんについて相談です。

中川:はい、なんでしょうか?

社長:Aさんは現在試用期間中です。
   試用期間は6ヶ月です。

中川:そうですか。

社長:Aさんは4ヶ月目になります。
   Aさんは粗暴です。
   試用期間がまだ2ヶ月残っていますが、今すぐにでも
   辞めさせたいのです。

   試用期間一杯まで雇用しなければならないのですか?

中川:粗暴といいますと?

社長:仕事が我流なのです。
   それでは困るので上司が注意をすると「オレに文句をいうのか」
   とすごむのです。
   それでも上司が我流では品質が悪くなるからと注意をします。
   当初はそれでおとなしくなっていたのですが、最近は
   大声で「オレにはオレのやりかたがある!」というのです。
   それで上司はAさんが怖くなり、最近は注意をしなくなりました。

中川:社長は注意しないのですか?

社長:私が注意をするとおとなしいのです。
   しかし、私がいなくなると急に不機嫌な態度をし出すそうです。
   それで現場からはAさんを辞めさせてほしいというのです。
   私もやむを得ないと思います。

中川:確かに辞めてもらいたい人物ですね。

社長:しかし、試用期間がまだ2ヶ月残っています。
   試用期間が満了するまでは解雇できないのですか?

中川:試用期間中でも解雇できます。
   御社の就業規則に解雇の条件が記載されていることが前提と
   なりますが。

社長:当社の就業規則には勤務態度が不良な場合は解雇すると
   書いてあります。

中川:であれば解雇OKです。

社長:何か気をつけなければならないことはありますか?

中川:30日分の解雇予告手当を払ってください。

社長:え?
   試用期間中ですよ。
   それでも払わなければならないのですか?

中川:そうです。 
   2週間を超えているからです。

社長:わかりました。
 

(中川のコメント)

 試用期間中は従業員の適性を見極める期間です。
試用期間中に見極め、適性のない人は解雇しましょう。
試用期間を経過して、つまり正社員になってから解雇する場合は
試用期間中の解雇事由よりはより厳格になります。


今日はここまでです。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

困ったときに読む手紙


 ワシントンで聞いた「新大統領への一通の手紙」というジョークを紹介
しよう。

 前大統領は、新大統領に三通の手紙を渡しなが5、こう一言った。

「難局に遭遇したら、第一の手紙を読むといい。再度、難問に遭遇したら
第二の手紙を。三度、難局に立ちあった場合には、第三の手紙を開ける
んだ」

 最初に、ぶつかった難局で、新大統領は前大統領の言葉を思い出して、
第一の手紙を開いた。

「前政権が悪いと一言って、その難局を切り抜けろ」

 新大統領は手紙に従って前政権に責任を押しつけ、無事に難局を切り
抜けた。

 しばらくして、第二の難局がやってきた。第二の手紙を開くと、そこに
はこう書いてあった。

「悪いのは議会だと言って、その難局を切り抜けろ」

 新大統領は議会を悪者に仕立て上げ、なんとかとの難局を切り抜けた。

 三度目の難局にぶつかって、三通自の手紙を開かざるをえなくなった。
そこにはこう書かれていた。

「君も私と同じように三通の手紙を書いて、次の大統領に渡しなさい」

(世界ビジネスジョーク集 おおばともみつ著 中央公論新社刊より)


◆─────────────────────────────────◆
 【CD】 従業員代表の選出  講師 北見昌朗
        在庫限りです。あと1名様のみとなります。
◆─────────────────────────────────◆

ご存じでしたか? 従業員代表の選出は労基法で義務づけられています。
退職金を減額したので退職金規程を変更したが、いい加減な従業員代表の
選出で無効。その結果、高い退職金を払うことになります。
従業員代表はきちんと選出しましょう。
その方法を具体的にどうすれば良いかが分かります。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-06.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆