HOME > 中川清徳のブログ > 【マイナンバー】導入費用1000万円、ランニングコスト400万円/年
中川清徳のブログ
2015年
5月20日

【マイナンバー】導入費用1000万円、ランニングコスト400万円/年

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 「中小企業のためのマイナンバー制度対応」セミナー
  【東京】 6月17日(水) 13:30~16:30 東京・銀座 残席少ない
  【東京】 6月24日(水) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 6月25日(木) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 7月 6日(月) 13:30~16:30 東京・銀座 受付開始5/19から
  【東京】 7月15日(水) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 7月24日(金)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 7月24日(金) 13:30~16:30 東京・銀座 残席少ない
  【東京】 8月 7日(金) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 8月19日(水)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 9月15日(火) 13:30~16:30 東京・銀座
 →  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html
◆─────────────────────────────────◆

2016年(平成28年)1月1日よりマイナンバー制度がスタートします。
そのため、会社が今年中に準備することがあります。
準備を怠ると、問題が起こり、従業員が会社不信になるかもしれません。
準備はかなりの手間と時間がかかります。
いまから準備を始めてちょうどよいくらいです。

マイナンバーは重要な個人情報です。制度開始後はマイナンバーをどう
取り扱えば良いのか、給与計算や年末調整を外部委託している場合は
委託先にマイナンバーを提供する場合の取り扱いはどうすれば良いのか
など実務を含めたお話をします。

社労士、税理士もOKです。

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2015年5月20日号   VOL.2264
◆─────────────────────────────────◆

[ドラッカーの名言・格言|企業は社会に存在させていただいている]

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【マイナンバー】導入費用1000万円、ランニングコスト400万円/年
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   「マイナンバー」って何ですか?

中川:2016年1月からスタートするものです。
   国民一人ひとりにマイナンバーがつけられます。

社長:一人ひとりですか?

中川:そうです。
   家族を含めて全員です。

社長:どうしてそんなことをするのですか?

中川:会社は従業員から源泉徴収や住民税の徴収をしています。
   また、社会保険(健保、厚生年金)や雇用保険の加入脱退
   手続をしています。
   以上のようなものが行政の縦割りでバラバラに管理されています。

社長:そう言われればそうですね。

中川:それらの情報を統一した番号、つまりマイナンバーにすることで
   事務の簡素化を図るのです。

社長:では国にはメリットがあっても国民にはないのでは?

中川:メリットはあります。
   年金の記録問題が発生しなくなるというように。
   生活保護の不正受給も少なくなります。
   そのほかにもいろいろなメリットがあります。
   詳しくはHPで確認してください。

社長:なるほど。

中川:そのほか、納税や児童手当の申請なども
   マイナンバーを示すだけで把握できます。
   また、インフルエンザ予防接種など行政の連絡が個人宛に
   メール等で早く届くことになります。

社長:個人にも少しはメリットがあるのですね。

中川:いまさら、マイナンバー反対を唱えてもしょうがないです。
   法律で決まったことですから。

社長:いつから開始されるのですか?

中川:2016年1月からです。

社長:平成28年1月からですか。
   あと半年ですね。
   マイナンバーが開始されると会社ではどのような仕事が
   あるのでしょうか?

中川:源泉徴収や社会保険への加入、解除などではマイナンバーを書面に
   記入してお役所に提出することになります。

社長:マイナンバーは国から会社に連絡があるのですか?

中川:マイナンバーは国から個人に通知がきます。
   1017年10月から市役所等からマイナンバーが簡易書留で届きます。
   会社はそれを従業員から教えてもらう必要があります。

社長:それは手間ですね。

中川:従業員のマイナンバーだけでなく家族のマイナンバーも
   従業員から教えてもらう必要があります。

社長:どうして家族もですか?

中川:たとえば、年末調整や健康保険の被扶養者を申請するためです。
   マイナンバーがあれば奥さんが被扶養者になれるかどうかは
   国で判定できます。

社長:どうしてですか?

中川:マイナンバーがあれば奥さんの収入が分かるからです。
   不正をしている人には困ったことになります。

社長:なるほど。
   それにしても面倒になりますね。

中川:そうですね。
   マイナンバーを収集する仕組み作りが必要です。
   また、賃金計算ソフトや納税システムなどにマイナンバーに対応
   しておく必要もありますね。
   また、マイナンバーは重要な個人情報ですから、それが漏洩しな
   いように厳格な管理が求められます。
   100人規模で導入費用1000万円、ランニングコスト400万円/年と
   なります。

社長:え?1000万円...。
   総務にこのこと知っているか確認します。

 

(中川のコメント)

 マイナンバーは平成28年1月から開始されます。
 まずは、弊社のセミナーに参加され、具体的に何をいつまでに準備しな
ければならないかを把握しましょう。まずは経営トップが内容を把握する
ことを推奨します。
本日のメルマガのトップに弊社主催のマイナンバーの広告を掲載しています。
日程はたくさんあるようですが、すでに満席になった日程は掲載しておりま
せん。
 あっというまに満席になることが予想されます。
 よろしければお早めに申し込みください。

 なお、本日のメルマガの後半でDVD版の発売もご案内しております。
遠隔地の方で東京でのご参加が日程等で難しい方はDVD版をお申し込みく
ださい。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[ドラッカーの名言・格言|企業は社会に存在させていただいている]

驕るな。企業は社会に存在させていただいているものだ。


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業のためのマイナンバー制度対応セミナー
◆─────────────────────────────────◆

弊社は「中小企業のためのマイアンバー制度対応セミナー」を東京で開催
しています。
しかし時間の都合でご参加が難しいという声を頂戴しています。
その声にお応えしてDVD版を作成しました。
商品の発送は5月20日以降となります。
社労士、税理士もOKです。

http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-14.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆