HOME > 中川清徳のブログ > 【年休】一年の有期契約の場合
中川清徳のブログ
2015年
5月19日

【年休】一年の有期契約の場合

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 「中小企業のためのマイナンバー制度対応」セミナー
  【東京】 6月17日(水) 13:30~16:30 東京・銀座 残席少ない
  【東京】 6月24日(水) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 6月25日(木) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 7月 6日(月) 13:30~16:30 東京・銀座 受付開始5/19から
  【東京】 7月15日(水) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 7月24日(金)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 7月24日(金) 13:30~16:30 東京・銀座 残席少ない
  【東京】 8月 7日(金) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 8月19日(水)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 9月15日(火) 13:30~16:30 東京・銀座
 →  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html
◆─────────────────────────────────◆

2016年(平成28年)1月1日よりマイナンバー制度がスタートします。
そのため、会社が今年中に準備することがあります。
準備を怠ると、問題が起こり、従業員が会社不信になるかもしれません。
準備はかなりの手間と時間がかかります。
いまから準備を始めてちょうどよいくらいです。

マイナンバーは重要な個人情報です。制度開始後はマイナンバーをどう
取り扱えば良いのか、給与計算や年末調整を外部委託している場合は
委託先にマイナンバーを提供する場合の取り扱いはどうすれば良いのか
など実務を含めたお話をします。

社労士、税理士もOKです。

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2015年5月19日号   VOL.2263
◆─────────────────────────────────◆

身体の役割を知る

(続きは編集後記で)


◆──────────────────────────────◆
【年休】一年の有期契約の場合
◆──────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   Aさんについて相談です。

中川:はい、なんでしょうか?

社長:Aさんは1年の有期契約です。
   半年経ったところでAさんが年休を申請してきました。
   一年後には退職するのです。
   そういう人に年休を与えなければならないのですか?

中川:与えなければなりません。

社長:しかし、みすみす一年で辞める人に年休を与えるのは納得が
   できません。
   法律はそうなっているのですか?

中川:はい、そうなっています。
   ところでAさんの半年間の出勤率はどうですか?

社長:一日も休まなかったです。

中川:であれば、労働基準法では出勤率8割以上の場合、半年が
   経過したら本人に申請があれば与えなければなりません。

社長:有期契約でもですか?

中川:はい、有期契約でも与えなければなりません。

社長:わかりました。


(中川コメント)

 古い法律では1年が経過したときに出勤率が8割以上の場合は
申請があれば年休を与えなければならないとなっていました。
 本日の記事の社長の質問は、以前の労働基準法のことが記憶にあっての
質問だと推測します。

 現在の労働基準法では
1.雇い入れの日から6ヶ月継続して勤務してる
2.全労働日の8割以上の出勤をしている
場合は、10日の年休の権利が生まれます。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

身体の役割を知る

 魂は感情に左右されない崇高で繊細なもの、といつでも考えられている
が、そうではなく、ただ無関心なだけではないだろうか。生きている肉体
のほうが魂よりずっと立派である。

 生きている肉体は、人がいろいろ考えることによって苦しむこともあれ
ば、動くことによって癒えることもある。あれこれ考えるな、ということ
ではない。ただ、本当に考えるなら、単なる論理の問題以上のことを克服
しなければならない。なぜなら、あれこれともがいて考えてはじめて、す
ばらしい考えが生まれるのだから。

 この勇ましい駆け引きの象徴が、人聞の肉体が果たしている役割である。

(アランの幸福論 ディスカバー刊)


◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間で発行しています。
貴重は情報をありがとうと言われ、ついつい張り切ってしまいます。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆