中川清徳のブログ

2015年7月の記事一覧

2015年
7月22日

【賃金】クラウドファンディングは対象外

◆─────────────────────────────────◆
  ■ パートの賃金制度セミナー
     【東京】セミナー開催日 8月20日(水) 13時30分~16時30分
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/055.html
◆─────────────────────────────────◆

パートの賃金制度を研究しませんか?
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/055.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2015年7月22日号   VOL.2330
◆─────────────────────────────────◆

地獄の門

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
【賃金】クラウドファンディングは対象外
◆─────────────────────────────────◆

 給料を従業員が指定する銀行口座に振り込みをすることは、違法では
ありません。

 ただし、第一種少額電子募集取扱業者(いわゆるクラウドファンディング
業者)への給料の振り込みは、従業員が指定しても振り込んではいけません。
その理由は、資産の安全性が高くないので、給料の振り込み先としてふさ
わしくないからです。


(中川コメント)

 本日の記事は、労働基準法施行規則第7条の2の改正によるものです。
施行は平成27年5月29日です。
第一種少額電子募集取扱業者(いわゆるクラウドファンディング業者)
とは、インターネットを通じた有価証券の募集の取扱のうち「非上場の
株券または新株予約権証券の募集または私募の取扱いであって、株券ま
たは新株予約証券の発行総額や1人あたり払込額が少額であるものを
取り扱う業者」のことです。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

地獄の門

CEO(最高経宮執行者)が地獄に行った。門が二つあった。一つが資本主義の
門、もう一つが社会主義の門である。

そこにえんま大王の家来がいて、どちらでも好きな門から入れと言う。
見ると、資本主義の門も社会主義の門も、くぐった先は釜ゆでの刑であった。

 CEOはためらうことなく社会主義の門をくぐった。大王の家来が尋ねる。

「どうして、社会主義の門から入るのか」

CEOが答える。

「石炭が不足していると思うので」

(世界ビジネスジョーク集 おおばともみつ著 中央公論新社刊より)


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業のためのマイナンバー制度対応セミナー
◆─────────────────────────────────◆

弊社は「中小企業のためのマイアンバー制度対応セミナー」を東京で開催
しています。
しかし時間の都合でご参加が難しいという声を頂戴しています。
その声にお応えしてDVD版を作成しました。

http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-14.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2015年
7月21日
カテゴリー

【雇用促進税制の優遇措置が延長されています】

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 「中小企業のためのマイナンバー制度対応」セミナー
  【東京】 7月24日(金)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 7月24日(金) 13:30~16:30 東京・銀座 
  【東京】 8月 7日(金) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 8月19日(水)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 9月15日(火) 13:30~16:30 東京・銀座
 →  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html
◆─────────────────────────────────◆

2016年(平成28年)1月1日よりマイナンバー制度がスタートします。
そのため、会社が今年中に準備することがあります。
準備を怠ると、問題が起こり、従業員が会社不信になるかもしれません。
準備はかなりの手間と時間がかかります。
いまから準備を始めてちょうどよいくらいです。

マイナンバーは重要な個人情報です。制度開始後はマイナンバーをどう
取り扱えば良いのか、給与計算や年末調整を外部委託している場合は
委託先にマイナンバーを提供する場合の取り扱いはどうすれば良いのか
など実務を含めたお話をします。

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html



☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2015年7月21日号   VOL.2329
◆─────────────────────────────────◆

「努力」よりも「気の張り」はさらにいい

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
【雇用促進税制の優遇措置が延長されています】
◆─────────────────────────────────◆


雇用促進税制とは、適用年度中に雇用者数を5人以上(中小企業
は2人以上)かつ10%以上増加させるなど一定の要件を満たした
事業主が、法人税(個人事業主の場合は所得税)の税額控除の適用
が受けられる制度です。雇用者数の増加1人あたり40万円の税額
控除が受けられます。


~雇用促進税制の概要~
適用年度中(※1)に、雇用者数を5人以上(中小企業は2人以上)
かつ10%以上増加させるなど一定の要件を満たした事業主が、
法人税(個人事業主の場合は所得税)の税額控除(※2)の適用が
受けられる制度です。


(ア)雇用者数の増加1人あたり40万円の税額控除が受けられます。
(イ)適用を受けるためには、あらかじめ「雇用促進計画」を
    ハローワークに提出する必要があります。

※1:適用年度⇒平成26年4月1日~平成28年3月31日までの期間内
     に始まる各事業年度。個人事業主の場合は、平成27年1月1日
     から平成28年12月31日まで。
※2:当期の法人税額の10%(中小企業は20%)が限度になります。


【対象となる事業主の要件】

(A)青色申告書を提出する事業主であること。
(B)適用年度とその前事業年度に、事業主都合による離職者が
   いないこと。
(C)適用年度に雇用者(雇用保険一般被保険者)の数を5人以上(中小
   企業の場合は2人以上)、かつ、10%以上増加させていること。
(D)適用年度における給与等(※1)の支給額が、比較給与等支給額
    (※2)以上であること
    ※1:給与等とは、雇用者に対する給与であって、法人の役員
         と役員の特殊関係者(役員の親族など)に対して支給する
         給与及び退職給与の額を除く額をいいます。
    ※2:比較給与等支給額=前事業年度の給与等の支給額
         +(前事業年度の給与等の支給額×雇用増加割合×30%)
(E)風俗営業等を営む事業主ではないこと


(中川コメント)

 ご参考までに。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

「努力」よりも「気の張り」はさらにいい

 努力という言葉には多少にせよ、苦痛を耐え忍ぶというニュアンスが
含まれている。それに対して、気が張るという言葉には、むしろ、苦痛
を忘れるとか、こんなことは物の数ではないというような感じがある。

 たとえば、深夜に読書していると眠気を催してくることがある。その
ときに、心を奮い立たせて眠らないようにするのが努力だ。それに対し
て、読書が好きで夢中になっているため、まったく眠くならないという
のが「気の張り」だ。

 つまり、努力というのは「努めて気を張る」ことであり、気の張りと
いうのは「自然に努力する」ことだともいえる。

 もちろん、この両者には共通するところもあるが、不自然と自然とい
さらには、「結果を求める」ということと、「原因となる」ということ
の大きな差がある。

 努力もよいが、気の張りは努力にもましてよいことなのだ。

(努力論 幸田露伴 三輪祐範訳 ディスカバー刊より)


◆─────────────────────────────────◆
 監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
 https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html
◆─────────────────────────────────◆
 解雇とか賃金の切り下げとか微妙な問題は、労働基準監督署に聞くわけに
もいかない。だいたい、俺は忙しいのだ。本を読んでいる暇はないし、
第一、資金繰りや営業のことで頭がいっぱいでそれどころではない。
誰か、いないのか?

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2015年
7月20日

【残業】36協定が守られない場合

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催
  【東京】   8月19日(火)13時30分~16時30分
   http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html
◆─────────────────────────────────◆

60歳以上の給料の決め方をほとんどの会社が間違っています    
60歳以降の給料は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。
また、法律が65歳までの義務化されました。
新しい法律改正による60歳以上の給料の決め方をお話しします。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方が良かったのですが
それを実施していない会社の対応策もご提案します。

詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2015年7月20日号   VOL.2328
◆─────────────────────────────────◆

タイミング一つで感謝されたり、嫌がられたり

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
【残業】36協定が守られない場合
◆─────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   36協定(残業協定)について相談です。

中川:はい、なんでしょうか?

社長:弊社は月45時間の残業を上限として36協定を締結しています。

中川:国が提示している限度基準ですね。

社長:しかし、最近、残業が増えています。
   時には60時間残業する従業員がいます。
   違法ですよね?

中川:そうですね。
   そもそも残業をさせていはいけない(一日8時間、週40時間を超える
   労働をさせていはいけないという意味です)ですね。
   36協定を締結すれば残業をさせることができます。
   しかし、36協定出締結した残業を超える残業は違法となります。

社長:違法と言われも、仕事を断ることはできません。
   残業をさせざるをえません。
   なにか良い方法はありませんか?

中川:方法は二つあります。
   一つは実態にあった36協定に変更することです。

社長:といいますと?

中川:国の基準の月45時間は強制力がありません。
   したがって、残業の上限を月60時間とするのです。

社長:え?
   月45時間を超えても良いのですか?

中川:はい、良いです。
   ただし、36協定書を労働基準監督署に提出するときに、窓口で
   指導されるでしょう。

社長:指導されたら従わなければなりませんか?

中川:従う必要はありません。
   しかし、無視するとブラック企業としてにらまれるかもしれません。

社長:それは困ります。

中川:もう一つの方法として、特別条項を設定するのがいいでしょう。

社長:特別条項とはなんですか?

中川:36協定を締結するときに、月45時間を上限とするが、忙しいときは
   月60時間とするというようにするのです。

社長:それがあると60時間までOKですか?

中川:そうです。
   ただし、特別条項は1年に6回が上限となります。

社長:そうですか。
   それなら弊社は対応が可能です。


(中川コメント)

 時間外労働を命じる場合は、36協定を締結しなければなりません。

厚生労働省が定める延長時間(時間外労働時間)の限度は現在、下記のよう
になっています(一部省略)。

  1週間当り  15時間
  2週間当り  27時間
  1ヶ月当り  45時間
  3ヶ月当り   120時間
  1年当り    360時間

 協定を結ぶ場合は、原則として上の限度時間内に収まるようにしなければ
なりません。しかし、どうしても一定の時期に業務が集中する、或いは大
規模なクレームで残業時間が大幅に増えて、この限度時間に収まらない、と
いうケースには、通常の36協定と合わせて、「特別条項付き協定」を結び、
同じく労働基準監督署へ届けることが認められています。

 「特別条項付き協定」は飽くまでも「特別」なものなので、以下のような
条件があります。

 1.特別の事情を明記すること
 2.年6ヶ月までであること
  
いずれにしても、この三六協定の提出は労働基準監督署では非常に重視され
ます。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

タイミング一つで感謝されたり、嫌がられたり

 人を慰めたり、いたわったりすることは、けつこうむずかしいものであ
る。その相手の性格や、接するタイミングをよく思案することが必要だ。

 気弱になって助けを欲しがっている人は、慰問を喜んでくれる。しかし、
気丈で独立心のある人は、むしろ嫌がる傾向がある。

 相手をよく見きわめて慰問しようというのは、こういうことである。

 タイミングもまた大切で、ひとり寂しく退屈している時は歓迎される。
しかし、相手がマイペースで酒を飲んでいたり、ひとりで音楽などを楽しん
でいる時には、割り込んで邪魔をしないほうがよい。

 タイミングを考えようというのは、こういうことである。

(1日「ひと粒」の黄金の知恵 森鴎外著 齋藤孝訳 イープレスト刊より)


◆─────────────────────────────────◆
 「中小企業のためのマイナンバー制度対応セミナー」出張セミナー
 
  御社に訪問する出前セミナー(複数の参加もOK)です
  まだ、業界団体等で研修としたい場合も対応します(参加人数不問)
    <3時間コース(一般公開セミナーと同じ内容)>
◆─────────────────────────────────◆

 セミナーに参加する時間がとれない方のために御社(あるいはご自宅)
にお伺いして公開セミナーと同じ内容のセミナーを承ります。
 訪問日は休日(祝日・土曜日・日曜日など)も対応しています。
 訪問先は北海道から沖縄まで日本全国対応しています。
 同一の会社であれば何人でも参加できます。

 また、業界団体等で開催したい場合も同じ条件で承ります。
 よろしければお申し込みください。

お申し込みは下記のページの最下段にある「出張セミナーを申し込む」から
お願いします。
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/075.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2015年
7月19日

【今月のおすすめビジネスリポート】 ご希望者に無料贈呈

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 「中小企業のためのマイナンバー制度対応」セミナー
  【東京】 7月24日(金)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 7月24日(金) 13:30~16:30 東京・銀座 
  【東京】 8月 7日(金) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 8月19日(水)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 9月15日(火) 13:30~16:30 東京・銀座
 →  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html
◆─────────────────────────────────◆

2016年(平成28年)1月1日よりマイナンバー制度がスタートします。
そのため、会社が今年中に準備することがあります。
準備を怠ると、問題が起こり、従業員が会社不信になるかもしれません。
準備はかなりの手間と時間がかかります。
いまから準備を始めてちょうどよいくらいです。

マイナンバーは重要な個人情報です。制度開始後はマイナンバーをどう
取り扱えば良いのか、給与計算や年末調整を外部委託している場合は
委託先にマイナンバーを提供する場合の取り扱いはどうすれば良いのか
など実務を含めたお話をします。

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2015年7月18日号   VOL.2326
◆─────────────────────────────────◆

鎖国中の日本との貿易で、オランダはどのくらい儲かった?

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
【今月のおすすめビジネスリポート】 ご希望者に無料贈呈
◆─────────────────────────────────◆

弊所がお届けする"ビジネスリポート"は、経営に役立つ情報が
満載です。

例えば「マネジメント関連」では経営戦略、企画・営業、広報、
生産・物流、人事管理等の情報を、「ビジネス関連」では卸・
小売、食品、製造、不動産、情報・通信等の各業界情報を、
その他「ビジネス以外」では、生活分野、健康、環境、豆知識
など、多岐にわたる経営情報を取り揃えております。

以下のリポートの中からご興味があるテーマがございましたら、
申込み下記フォームに必要事項をご入力のうえ、ご返信下さい。

ご希望のリポートを"無料"にてお届けいたしますので、お気軽に
お申し込みください。
          
今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■ ビジネスリポートお申込フォーム ■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貴 社 名 : 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

役 職 名 :

ご担当者様 :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

レポートは5テーマすべて送付しますので、ご記入は不要です。
従来はご希望の資料のみを送付していましたが、多数の方の
お申し込みがあり、弊社の事務処理が大幅に増えております。
そのような理由から、ご希望でないレポートも同送されること
をご承知ください。
そうすることで弊社の事務負担が大幅に軽減されます。
ご理解をお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特記事項:(ご要望・ご質問などを記入ください)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※上記事項をご入力の上、そのままご返信ください。

※期限:7月25日まで。期限を越えた場合は対応しかねます。

※ご希望のリポートはPDFファイルです。添付ファイルにて折り
返してお送りします。

※リポートの他に弊社のセミナーなどの案内も同送されることを
ご了承ください。

今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。

---【マネジメント関連 4本】 ----------------------------

1.経営のヒントとなる言葉 
 森川亮 (元LINE株式会社代表取締役社長)
    「いや、わかりやすいビジョンは特にありません」
                      (全3ページ)

2.準備は大丈夫!?マイナンバー制度への対応 
  ~第1回 何から始めるのか~
  ・民間事業者でもマイナンバー制度開始に向けた準備が
   必要
  ・マイナンバー制度への対応スケジュールのイメージ
  ・まず、着手しなければならないことは?
  ・次に対応するべきことは?
                      (全6ページ)

3.2015年版中小企業白書の概要
   ・2015年版中小企業白書の全体像
  ・イノベーション活動への取り組み動向とイノベーション
   がもたらす成果
  ・中小企業・小規模事業者における販路開拓
  ・中小企業・小規模事業者における人材の確保・育成
  ・白書を経営に生かすポイント
                      (全12ページ)

4.基礎から分かる会社法「株式会社の設立」
   ・2つの設立方式
  ・会社設立の流れ
                      (全6ページ)

---【ビジネス関連以外 1本】---------------------------------

5.さかもと未明の「男を上げるおしゃれ術」 
 第5回「危険なクールビズ!」
  ・夏のおしゃれを侮るなかれ
  ・夏のおしゃれの基本とは?
  ・基本のコーディネートを押さえた上での「クールビズ」
                      (全6ページ)


(中川コメント)

ご遠慮は無用です。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

鎖国中の日本との貿易で、オランダはどのくらい儲かった?

 江戸初期の1639年以降、ヨーロッパ諸国のなかでは、オランダが対日貿易
を独占することになった。その日本との貿易で、オランダはどれくらいの利
益を上げていたのだろうか?

 まず、当時の貿易の中身たが、日本がオランダに売っていたのは、おもに
金銀などの貴金属。オランダ船が日本に運んできていたのは、おもに中国製
の絹織物など。オランダは、ヨーロッパから物資を運んでいたわけではなく、
中国産品を仕入れて、日本の金銀と交換していたのだ。この貿易、当初はひ
じように割のいい商売だったようである。

 ところが、17世紀末あたりから、徳川幕府が金銀の輸出を制限するように
なり、それ以降はあまり儲からなくなった。そのため、オランダでは、対日
貿易中止が検討されることもあった。

(話題のツボをおさえる本より)


◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の診断をいたします
◆─────────────────────────────────◆

賃金制度の診断をいたします。ご希望の方は下記からお申し込みください。

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/wage_system.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2015年
7月18日
カテゴリー

【労働時間】長時間労働事例

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】 7月23日(木) 10時~16時30分  東京開催
   【東京】11月10日(火) 10時~16時30分  東京開催
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2015年7月18日号   VOL.2326
◆─────────────────────────────────◆

酸性食品。とりすぎは酸性体質?

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
【労働時間】長時間労働事例
◆─────────────────────────────────◆

1.過重労働撲滅特別対策班の初の書類送検事例

 同班(通称:かとく)は、今年の4月に、いわゆる「ブラック
 企業」対策として、東京労働局と大阪労働局に設置された
 ものです。7月2日、靴の販売チェーン「ABCマート」が、従業
 員に違法な長時間労働をさせたとして書類送検されましたが、
 これが「かとく」の初の書類送検事例として注目を集めて
 います。これを引き金として、各企業への調査もより進展を
 見せ、書類送検の波が広がることが予想されます。

  ⇒ 過重労働がないか、そもそも36協定が締結されているか
    など、この機会に再度確認しておく必要があります。


2.最低賃金の引き上げ検討開始

 7月1日に中央最低賃金審議会が開かれ、早くも2015年度の最低
 賃金の引き上げについての議論が始められています。これまで
 3年連続で引き上げ幅が10円を超えていますが、経済指標の改善
 を理由に、2015年度も同様に引き上げられることが予想されて
 います。

  ⇒ 最低賃金の改定は概ね10月頃からとなりますが、特に
    パートやアルバイトなど、最低賃金ギリギリとなって
    いる方がいらっしゃる場合には、それを見越して早めに
    資金を調達しておく必要があります。


(中川コメント)

 マイナンバー制度とストレスチェック義務化への対応は非常に重
要で、準備に相応の期間を要することからも、経営者や人事担当
者、ともすれば我々社会保険労務士も意識が偏りがちです。

 そのような場合でも、「木を見て森を見ず」とならないよう、
広い視野を持ちましょう。本メルマガはそのような視点も考慮して
お役に立つ情報提供に努めてまいります。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

酸性食品。とりすぎは酸性体質?

「酸性食品をとりすぎると身体が酸性になる」とよくいいますが、これは
大きな誤り。私たちの身体には、もともと自分の力で大量の酸を処理し、
体内の酸とアルカリのバランスを保つ能力が備わっているのです。その意
味では「体内の酸を中和させるためにぜひアルカリ食品を...」という昨今
のアルカリ食品ブームは、いささか不可思議な現象といえそうです。

(おもしろ雑学552 刑部澄徹編著より)


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業のためのマイナンバー制度対応セミナー
◆─────────────────────────────────◆

弊社は「中小企業のためのマイアンバー制度対応セミナー」を東京で開催
しています。
しかし時間の都合でご参加が難しいという声を頂戴しています。
その声にお応えしてDVD版を作成しました。

http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-14.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆