中川清徳のブログ

2015年7月の記事一覧

2015年
7月08日

【フレックスタイム制度】効果は疑問

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】 7月23日(木) 10時~16時30分  東京開催
   【東京】11月10日(火) 10時~16時30分  東京開催
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2015年7月8日号   VOL.2316
◆─────────────────────────────────◆

[孫正義の名言格言|お金には色がある]

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
【フレックスタイム制度】効果は疑問
◆─────────────────────────────────◆

 伊藤忠が、フレックスタイム制を廃止し、早朝出勤を奨励する制度を導入
したことが報道されています。

 フレックスタイム制とは、出退勤時間を本人にゆだねる制度です。
それにより、残業時間の削減やプライベートの充実を狙うものです。

 伊藤忠ではそれはある程度効果があったが、10時出社が当たり前の
風土になり、緊張感が薄れたとのことです。

 これは大きなデメリットだと思います。


フレックスタイム制は次のようなデメリットがあります。
弊社はフレックスタイム制の導入を推奨しません。

1.朝礼に参加しない場合の伝達に手間がかかる
2.取引先から電話があるが、本人が出社していないので対応ができない
3.労働時間の管理がむつかしい ICカード、タイムカードでは特に
4.労働時間の精算をする手間がかかる
5.従業員の緊張感が薄れる


(中川コメント)

 弊社の顧問先は中小企業です。フレックスタイム制を導入している会社
はありません。
 製造業では導入は現実的ではありません。比較的フレックスタイム制を
導入しやすいと思われる卸業でも導入事例はありません。(弊社の顧問先
のみでのことです)

 一時間単位の年休の取得が法的に可能になりましたが、ほとんどの経営
者は導入しないとお考えです。その理由は、遅刻かどうかがあいまいに
なるからだとの回答です。経営者は、フレックスタイム制や時間単位の
年休取得はお考えではないですね。

 そうだと思います。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[孫正義の名言格言|お金には色がある]

 お金には色があるというのが僕の持論です。
知的生産物は利益率が高くてお金の色が濃い。
(知的生産物の)輸出総額を100とすると、利益は40から50に達し
ます。逆に日本から輸出している製造業のハードでは総額を100とする
と利益は3から5程度です。お金の色が薄いのです。


◆─────────────────────────────────◆
 「中小企業のためのマイナンバー制度対応セミナー」出張セミナー
 
  御社に訪問する出前セミナー(複数の参加もOK)です
  まだ、業界団体等で研修としたい場合も対応します(参加人数不問)
    <3時間コース(一般公開セミナーと同じ内容)>
◆─────────────────────────────────◆

 セミナーに参加する時間がとれない方のために御社(あるいはご自宅)
にお伺いして公開セミナーと同じ内容のセミナーを承ります。
 訪問日は休日(祝日・土曜日・日曜日など)も対応しています。
 訪問先は北海道から沖縄まで日本全国対応しています。
 同一の会社であれば何人でも参加できます。

 また、業界団体等で開催したい場合も同じ条件で承ります。
 よろしければお申し込みください。

お申し込みは下記のページの最下段にある「出張セミナーを申し込む」から
お願いします。
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/075.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2015年
7月07日
カテゴリー

【送検事例】不適法な協定の下で週最長42時間の残業

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 「中小企業のためのマイナンバー制度対応」セミナー
  【東京】 7月15日(水) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 7月24日(金)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 7月24日(金) 13:30~16:30 東京・銀座 残席少ない
  【東京】 8月 7日(金) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 8月19日(水)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 9月15日(火) 13:30~16:30 東京・銀座
 →  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html
◆─────────────────────────────────◆

2016年(平成28年)1月1日よりマイナンバー制度がスタートします。
そのため、会社が今年中に準備することがあります。
準備を怠ると、問題が起こり、従業員が会社不信になるかもしれません。
準備はかなりの手間と時間がかかります。
いまから準備を始めてちょうどよいくらいです。

マイナンバーは重要な個人情報です。制度開始後はマイナンバーをどう
取り扱えば良いのか、給与計算や年末調整を外部委託している場合は
委託先にマイナンバーを提供する場合の取り扱いはどうすれば良いのか
など実務を含めたお話をします。

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2015年7月7日号   VOL.2315
◆─────────────────────────────────◆

策略を知っていても使わない

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
 【送検事例】不適法な協定の下で週最長42時間の残業
◆─────────────────────────────────◆

 会社が指名した従業員を三六協定の労働者代表とする不適法な協定
で、最長週42時間の時間外労働を行わせていたとして、運送会社と同
社の元営業所長が労働基準法第32条違反の疑いで送検された。同社は、
以前にも三六協定未締結のまま従業員に長時間残業を行わせ、送検さ
れたことがあった。


概要

 送検されたのは、運送会社(法人)と同社の元A営業所長。同社では、三
六協定は締結・届け出ていたが、協定の労働者側の締結当事者である「労
働者の過半数を代表する者jについて、会社が指名した従業員をそのまま充
てていた。

 労働基準法では、三六協定を締結する場合の「労働者の過半数代表者」
については、
1.同法第41条第2号の管理監督者でないこと
2.協定の締結当事者の選出という目的を明らかにして行われる投票、挙手
  などの方法による手続により選出された者であること
を要件としている(法施行規則第6条の2第1項) 。

 同社の三六協定の「労働者の過半数代表者」は、この要件を欠き、そうし
た不適法な協定の下で、平成X年4月から同年5月までの1ヵ月間、従業員であ
る運転手4人に1日最長8時間30分、1週最長42時間30分の時間外労働を行わせ
ていた。


送検に至る経緯

 同社では、平成Y年8月に高速道路上で同社のトレーラーが追突事故( 5人
死亡)を起こし、A営業所は、貨物自動車運送事業法で義務づけられている過
労運転防止措置を講じていなかったとして、運輸局から計27日間の事業停止
処分を受けていた。

 この事故をきっかけに、同年8月、同社では三六協定が締結されていないま
ま従業員に1日最長22時間、週最長79時間の時間外労働をさせていた事実が発
覚し、同社(法人)と同社の常務取締役が労働基準法違反の疑いで送検された。

 なお、この追突事故では、法人には罰金刑、常務取締役には懲役4ヵ月(執
行猶予3年)の刑が確定していた。

 送検した同労働基準監督署は、「過労運転の改善を促す判決の確定直後に、
法違反があったことは非常に残念」としている。


(中川コメント)

 あなたの会社は従業員代表を選挙で選んでいますか?
選挙の方法が分からない方は下記のセミナーの参加を推奨します。

http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

策略を知っていても使わない

 権勢や利益、豪華な生活やきらびやかな装飾類に関心がない人は、た
しかに清潔である。しかし、こうしたものに関心を持ちながらも、それ
にどっぷりと浸らない生き方ができる人こそ、実はもっとも清廉潔白な
人だと言える。

 また、人を陥れたりだましたりする策略や駆け引きのたぐいを知らな
い人は、たしかに賢明である。しかし、こうした権謀術数を知りながら
も、それを使わない生き方ができる人こそ、実はもっとも賢明なのであ
る。

(紫根譚 祐木亜子訳 ディスカバー刊より)


◆─────────────────────────────────◆
 【DVD】退職金制度の見直し方セミナー
◆─────────────────────────────────◆

基本給連動型の退職金制度は、リスクが大き過ぎます。
ポイント制退職金制度は、中小企業には合いません。
下記からお申し込みください。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-05.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2015年
7月06日

【マイナンバー】重要 収集の方法について

◆─────────────────────────────────◆
 「経営者が最低限知っておくべき、情報漏洩リスクと社員教育」セミナー
    【東京】 平成27年 7月22日(水)13時30分~16時
        http://nakagawa-consul.com/seminar/081.html
◆─────────────────────────────────◆

★特定個人情報保護(マイナンバー)、不正競争防止法、情報漏洩対策の基本。
★マイナンバー制度スタートをきっかけに、情報漏洩対策を見直す。
【対象】オーナー経営者(役員)さま

 講師:濱田勝則(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/075.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2015年7月6日号   VOL.2314
◆─────────────────────────────────◆

自分の才能を最高に発揮せよ

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
 【マイナンバー】重要 収集の方法について
◆─────────────────────────────────◆

 弊社のマイナンバーセミナー、出張セミナー等にご参加された方、DVDを
ご購入された方に重要なお知らせです。

 従業員のマイナンバーを収集するときは、必ず任命したマイナンバー
担当者が扱うものであり、他のものが扱ってはいけないと説明をしてい
ます。

 これは、誤りでした。訂正します。
お詫び申し上げます。

 たとえば、営業部の事務員Aさんが営業部全員のマイナンバーを集めて
総務のマイナンバー担当者に提出する場合、Aさんはマイナンバー
担当者でなくても集めることは可能です。
 また、Aさんが受け取った営業部所属の人のマイナンバーが正しいかを
確認することもOKです。
 
 ただし、Aさんはマイナンバー担当者ではありませんから、受け取った
マイナンバーを自分のメモとして手元に残すなどはダメです。
Aさんは内容を確認した後、速やかに、マイナンバー担当者に渡さなけれ
ばなりません。


(中川コメント)

 マイナンバー担当者以外でも、マイナンバーの正誤を確認できます。
しかし、受け渡しの途中で紛失する恐れがありますので、受け渡し記録は
残すべきです。


政府のHPには下記のように記載さてていますので、参考までに転載します。

「事業者は、法律で限定的に明記された場合(社会保障及び税に関する⼿続
書類の作成事務など)を除き特定個⼈情報を収集してはいけないとされてい
ます。

 たとえば、事業者の中において、単に個人番号が記載された書類等を受け
取るだけの立場の者は、独自に個人番号を保管する必要がないため、個人番
号の確認等の必要な事務を行った後は、速やかにその書類を受け渡し、自分
の手元に個人番号を残してはいけないものとされます。」

詳しくは下記でご確認ください。
http://mynumber.acube-ac.com/seido/seido06.html


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

自分の才能を最高に発揮せよ

 世の中は自分の思い通りにはならないものだ。
 しかし、だからといって、逃げ出して山奥に引っこんでしまうわけに
もいかない。

 どれだけ人から誤解されようとも、またどれだけ自分の気に入らない
ことがあったとしても、自分に与えられた才能を最高に発揮することが、
人が人として生まれた義務なのだ。

(新渡戸稲造の言葉 三輪裕範翻訳 ディスカヴァー刊より)


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業のためのマイナンバー制度対応セミナー
◆─────────────────────────────────◆

弊社は「中小企業のためのマイアンバー制度対応セミナー」を東京で開催
しています。
しかし時間の都合でご参加が難しいという声を頂戴しています。
その声にお応えしてDVD版を作成しました。
商品の発送は5月20日以降となります。

http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-14.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2015年
7月05日

 【懲戒】転勤拒否

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 「中小企業のためのマイナンバー制度対応」セミナー
  【東京】 7月15日(水) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 7月24日(金)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 7月24日(金) 13:30~16:30 東京・銀座 残席少ない
  【東京】 8月 7日(金) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 8月19日(水)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 9月15日(火) 13:30~16:30 東京・銀座
 →  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html
◆─────────────────────────────────◆

2016年(平成28年)1月1日よりマイナンバー制度がスタートします。
そのため、会社が今年中に準備することがあります。
準備を怠ると、問題が起こり、従業員が会社不信になるかもしれません。
準備はかなりの手間と時間がかかります。
いまから準備を始めてちょうどよいくらいです。

マイナンバーは重要な個人情報です。制度開始後はマイナンバーをどう
取り扱えば良いのか、給与計算や年末調整を外部委託している場合は
委託先にマイナンバーを提供する場合の取り扱いはどうすれば良いのか
など実務を含めたお話をします。

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2015年7月5日号   VOL.2313
◆─────────────────────────────────◆

大勢の前で行うスピーチで、あがらないようにするには?

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
 【懲戒】転勤拒否
◆─────────────────────────────────◆


中川 こんにちは。

社長 こんにちは。
   今日は、A君のことで相談します。

中川 はい、どんなことですか?

社長 A君が転勤を拒否しました。
   どうしたらいいですか?

中川 事情を聞きましたか?

社長 はい、子どもが小さいので引っ越しができないからと
   いうのです。

中川 他にはありませんか?
   たとえば両親と同居していて、介護をしているとか。

社長 いいえ、両親は元気です。
   また、同居もしていません。

中川 子どもが小さいとどうして引っ越しができないのですか?

社長 奥さんが反対しているらしいです。
   子どもが新しい環境でなじめないかもしれないと不安なようです。

中川 であれば、単身赴任という方法もありますよね。

社長 小さい頃は父親の存在が大きな影響を与えるから
   単身赴任はして欲しくないと言っているようです。

中川 そうですか。
   他に事情はないのでしょうか?

社長 深くは聞いていません。

中川 拒否する場合は本音が別の所にある可能性もあります。
   たとえば、転勤先の上司と馬が合わないとか。

社長 なるほど。
   もう一度転勤を拒否する理由を聞いてみます。

   もし、特別な理由がないのに転勤を拒否する場合はどうしたら
   いいですか?

中川 就業規則に正当な理由がなければ拒否できないと
   書いてあります。
   したがって、転勤拒否を理由に懲戒できます。

   しかし、その前提は、子どもさんのことは転勤を拒否する正当な理由がないと
   判断しなければなりません。
   それぞれ、家庭に事情がありますので、軽々しく判断できません。

   他人には言えない特別な事情がある場合もあります。
   

社長 そうですね。
   事情を詳しく聞かなければならない理由が分かりました。

中川 御社は定期的に転勤をさせています。
   また、単身赴任手当や住宅手当など経済的な補填を
   考慮されています。
   転勤はごく普通のことですから、よほどの理由がなければ
   拒否できないと考えていいでしょう。

   転勤拒否を受け入れると、他の社員も今後拒否する可能性があります。

社長 そうです。
   それが頭が痛いのです。

中川 とにかく、再度面談してください。


(中川コメント)

転勤を命じるためには就業規則にその根拠が必要です。
転勤をすると少なからず生活に影響を与えます。
その影響度合いにより、転勤を命ずることができない場合があります。

最近、増えたのが介護問題です。

本人の事情をよく聞きましょう。

今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

大勢の前で行うスピーチで、あがらないようにするには?

 よく「成功したシーンをイメージしろ」という人がいますが、成功のイ
メージはほとんど良い影響を与えてくれないことが分かっています。むし
ろ、成功イメージを持つことはマイナスになります。

 人閣の脳には、自分が取った行動をフィードバックして心理状態を作り
上げる性質があります。「アズ・イフの法則」です。英国のリチヤード・
ワイズマン博士が提唱し、今や現代心理学の常識となっています。

 例えば「手のひらに人と書いて飲む」という行為がありますが、これは
非常に良くないことで、これをやればやるほど緊張していきます。なぜな
ら「緊張している人がよくやる行動」をしている自分を自己観測し「それ
をしている自分は、緊張しているに違いない」と脳が認識して、ますます
緊強した心理状態を作り上げてしまうからです。このフィードバックは繰
り返され、緊張状態はどんどん高まっていきます。
 緊張したくないのであれば、この現象を逆に利用します。つまり「緊張
している人なら絶対にやらない行動」を取るのです。すると、脳がその行
動を心理状態にフィードバックし、どんどんリラックスしていきます。

 例えば、私は大学受験の当日、英語と数学の試験の合聞にツメを切りま
した。試験の最中にそんなことをする人はいません。そういう行動を続け
ているうちに緊聾が解け、リラックスしていきます。

 緊議をほぐすための行動が色々な本で紹介されていますが、そんなこと
をすれば「自分は緊聾している」ということをわざわざ脳に教えることに
ます。むしろ、緊張している人がやらない行動を取りましょう。

(心を思いどおりにするテクニック サプライズBOOK)

◆─────────────────────────────────◆
  DVDを平成26年8月に作成しました
   DVD版「60歳以上の給料の決め方セミナー」
   http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-01.html 
◆─────────────────────────────────◆

定年延長での悩みは、賃金をどう決めたら良いか、管理職などは役職を
そのままでいいのかということです。
賃金の決め方でやってはいけないのは、定年の時の給料の80%とか70%と
決める方法です。
管理職の給料は、一般社員とは違った決め方をしなければ、労務管理は、
うまくいきません。
法律改正がありました。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方がよいということにも触れて
いますが、それは使えなくなりました。しかし、給料の決め方については
大変参考になります。


DVDのお申し込みは下記から
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-01.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2015年
7月04日
カテゴリー

【健康診断書】退職者の破棄の時期

◆─────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  
       【東京開催】 平成27年8月20日(木) 9時30分~12時30分
       【東京開催】 平成27年11月9日(月) 13時30分~16時30分
         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆─────────────────────────────────◆
  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2015年7月4日号   VOL.2312
◆─────────────────────────────────◆

缶飲料のブルタブの開け口は、なぜ左右非対称なの?

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
【健康診断書】退職者の破棄の時期
◆─────────────────────────────────◆

『退職者分を破棄できるか ~実施した健康診断の結果』

Q.書類整理の際、だいぶ前に退職した社員の健診結果が出て
  きました。破棄してよいかどうか教えてください。


(中川コメント)

A.最低5年は保存が必要

  事業者は労働者の健康診断の結果に基づき「健康診断個人票」
  を作成しなければなりません。一般健康診断の個人票は5年間
  の保存義務がありますが、退職した労働者について当該個人
  票を破棄してよいとする規定はありません。在職中か否かに
  かかわらず、最低5年間は保存すると考えるのが自然でしょう。

  石綿を扱う作業に従事する労働者について作成が義務付け
  られた「石綿健康診断個人票」は、当該労働者が石綿を扱う
  作業に従事しなくなった時から40年間もの長期的な保存が
  義務付けられています。これは、石綿の影響で罹患する
  肺がんや中皮腫の症状がかなりの年数を経過した後に出る
  ことが多く、発症に至る状況を把握するうえでは健康診断の
  記録もそれなりの期間残しておくことが必要になるためです。

  一般的な業務でも、腰痛など長年の作業が影響して身体に
  何らかの支障が出る場合もあるので、やはり5年程度は遡って
  個人の健康状態を把握できるようにしておくことは必要と
  思われます。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

缶飲料のブルタブの開け口は、なぜ左右非対称なの?

 海外の缶入り飲料は、プルタブの切れ込みが左右対称になっているが、
日本国内の缶入り飲料は、最近では左右非対称の切れ込みになっている
ものがほとんど。

 それは、プルタブを開ける力を分散するため。まっすぐに引いても、
まず左側から開き、徐々に時計回りで全体が開いていく。左右同時に力
をかけるときにくらべて、弱い力でも開けられる。

(色鉛筆は丸いのに鉛筆はなぜ6角形? 知的生活推進版編)

◆─────────────────────────────────◆
 「中小企業のためのマイナンバー制度対応セミナー」出張セミナー
 
  御社に訪問する出前セミナー(複数の参加もOK)です
  まだ、業界団体等で研修としたい場合も対応します(参加人数不問)
    <3時間コース(一般公開セミナーと同じ内容)>
◆─────────────────────────────────◆

 セミナーに参加する時間がとれない方のために御社(あるいはご自宅)
にお伺いして公開セミナーと同じ内容のセミナーを承ります。
 訪問日は休日(祝日・土曜日・日曜日など)も対応しています。
 訪問先は北海道から沖縄まで日本全国対応しています。
 同一の会社であれば何人でも参加できます。

 また、業界団体等で開催したい場合も同じ条件で承ります。
 よろしければお申し込みください。

お申し込みは下記のページの最下段にある「出張セミナーを申し込む」から
お願いします。
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/075.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆