HOME > 中川清徳のブログ >  【助成金】業務改善助成金
中川清徳のブログ
2015年
7月29日

 【助成金】業務改善助成金

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 「中小企業のためのマイナンバー制度対応」セミナー
  【東京】 8月 7日(金) 13:30~16:30 東京・銀座
  【東京】 8月19日(水)  9:30~12:30 東京・銀座
  【東京】 9月15日(火) 13:30~16:30 東京・銀座
 →  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html
◆─────────────────────────────────◆

2016年(平成28年)1月1日よりマイナンバー制度がスタートします。
そのため、会社が今年中に準備することがあります。
準備を怠ると、問題が起こり、従業員が会社不信になるかもしれません。
準備はかなりの手間と時間がかかります。
いまから準備を始めてちょうどよいくらいです。

マイナンバーは重要な個人情報です。制度開始後はマイナンバーをどう
取り扱えば良いのか、給与計算や年末調整を外部委託している場合は
委託先にマイナンバーを提供する場合の取り扱いはどうすれば良いのか
など実務を含めたお話をします。

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/079.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る7
作者: 中川清徳  2015年7月29日号   VOL.2337
◆─────────────────────────────────◆

干支(えと) どうしてそんな読み方をするのか

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
 【助成金】業務改善助成金
◆─────────────────────────────────◆

中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金(業務改善助成金)

 事業場内の時間給800円未満の労働者の賃金を引き上げた中小企業・小規
模事業者に対して、労働能率の増進に資する設備・機器の導入等に係る経費
の一部を助成します。

※平成26年度補正予算成立にともない、引上げ人数に応じて助成上限額の引
上げを行いました(上限150万円)。


業務改善助成金の対象地域一覧
 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、
 栃木県、群馬県、千葉県、新潟県、富山県、静岡県、三重県、石川県、
 福井県、山梨県、長野県、岐阜県、滋賀県、京都府、兵庫県、奈良県、
 和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、
 愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、
 鹿児島県、沖縄県


(支給の要件)

1 賃金引上計画の策定
   事業場内の時間給 800 円未満の労働者の賃金を引上げ(就業規則等
   に規定)

2 引上げ後の賃金支払実績

3 賃金引上げに資する業務改善を行い費用を支払うこと
  ( (1) 単なる経費削減のための経費、
    (2) 職場環境を改善するための経費、
    (3) 社会通念上当然に必要となる経費
    は除きます。)

4 解雇、賃金引下げ等の不交付事由がないこと    等


支給額 : 3の経費の2分の1。ただし、企業規模30人以下の事業場は4分の
     3。(上限額は下表のとおり)

引上げ対象
労働者数   引上げ額    助成上限額
1~9人   40~59円     100万円
       60円以上     100万円

10~14人   40~59円     100万円
       60円以上     130万円 

15~19人   40~59円     100万円
       60円以上     140万円 

20人以上   40~59円     100万円
       60円以上     150万円 
 
申請先 : 申請事業場の所在地を管轄する労働局


(中川コメント)

お問い合わせは各都道府県労働局賃金課(室)へ

弊社は助成金関係のお手伝いは行っていません。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

干支(えと) どうしてそんな読み方をするのか

「干支」を音読みすれば「かんし」だが、ふつうは訓読みで「えと」と読ん
でいる。

 干支は十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)を組み合わせたもの。十
干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十文字をいう。もとは順番
などを示した文字である。十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・
酉・成・亥の十二の文字をいう。

 十干は五行(木・火・土・金・水)にニつずつ分けられ、それぞれ陽の気
を表わす「兄(え)」と、陰の気を表わす「弟(と)」に当てられた。すな
わち甲は「木の兄(え)」、乙は「木の弟(と)」、丙は「火の兄」、丁は
「火の弟」、戊は「土の兄」、己は「土の弟」、庚は「金の兄」、辛は「金
の弟」、壬は「水の兄」、癸は「水の弟」となった。その「克(え)」と
「弟(と)」から、十干を「えと」と称した。

 十干と十ニ支を組み合わせた十干十二支(それを略したのが干支)は、年
などを表わすのに用いちれているが、「干支」も「えと」というようになっ
た。

(親を切ると書いてなぜ「親切」 北嶋廣俊敏著より)


◆─────────────────────────────────◆
 【DVD】退職金制度の見直し方セミナー
◆─────────────────────────────────◆

基本給連動型の退職金制度は、リスクが大き過ぎます。
ポイント制退職金制度は、中小企業には合いません。
下記からお申し込みください。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-05.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆