中川清徳のブログ

2016年1月の記事一覧

2016年
1月09日

【社会保険】賞与の分割による社会保険料の軽減ができなくなった

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
     【東京】5月17日(火)13時30分~16時00分
       http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html
◆─────────────────────────────────◆
1.賞与原資の決め方が分からない
2.イマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる
などの経営者の悩みを解決し、社員が一丸となって会社業績に取り組
む仕組み作りを提案するセミナーです。
http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2016年1月9日号 VOL.2518
――――――――――――――――――――――――――――――――――

デパートはいつ頃できたの?

(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
【社会保険】賞与の分割による社会保険料の軽減ができなくなった
◆─────────────────────────────────◆

 社会保険料(健康保険+厚生年金保険)の負担を軽減するため、賞与を分
割して毎月の手当として支給している企業は、今後はそのようなことができ
なくなりました。

 社会保険料の対象となる賞与とは年三回まで支給されるものです。賞与の
支給する月は、賞与支給額に保険料率を乗じて保険料を納付する義務があり
ます。

 年四回以上を支給するものは報酬として保険料の算定対象となります。
この場合は、四月、五月、六月の報酬額で算定して、一年間の保険料が決まり
ます。

 この隙間をねらって、賞与を四回以上の分割払いとして社会保険料を軽減で
きる方法があるのです。この手法が横行し、厚生労働省が問題視し、平成27年
9月18日に改定通知が出されました。

 今後は、支払い回数だけでなく算定期間等の支給基準も判断要素として追加
されました。それにより、社会保険料の軽減の効果が大幅に薄れます。


(中川コメント)

 弊社は、賞与は賞与として支払うことに意義があるとの考えであり、社会
保険料軽減のために賞与をゆがめる払い方は支持していません。
 今回の厚生労働省の通達で、本来の賞与支払い(年二回、三回)に戻るの
ではと思います。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

デパートはいつ頃できたの?

 日本のデパートの第一号が「三越」です。江戸時代からある日本橋の呉服
商「越後屋」が、明治維新後の一九○五年に「三越呉服店」となり、同年一
月に、「デパート宣言」をします。

「今後、衣服装飾に関する一切の商品を扱い、アメリカにある「デパートを
実現致すべく」と、新聞に全面広告を出したのです。この三年後、洋風三階
建ての近代的な居舗を新設します。そして丸の内の帝国劇場に三越の名の入
った緞帳(どんちょう)を贈り、劇場のパンフレットに有名なコピー「今日
は帝劇、明日は三越」を入れてもらいます。

 それまでの呉服屋といえば、客の下足をとって店内に上げ、注文に応じて
店の奥から品物を運んで品定めさせる「座売り」でした。三越はこれを一新
し、ガラスのショーケースを採用、さらに下足を脱がないでも店内に上がれ
るようにします。そして、当時、ほかの店が男性店員ばかりだったのに対し、
女性店員を採用するなどの改革を行います。

 これに影響を受け、明治末期には、「大丸」(呉服屋「大文字屋」)、「高
島屋」(木綿商「たかしまや」)、「松坂屋」(呉服小間物問屋「いとう呉服
居」)などが次々と登場します。老舗デパートに、呉服商関係が前身の店が多
いのはこのためです。

 そして、第二次大戦前までに、「西武」、「東急」、「阪急」などの電鉄
系や、そのほかの独立系があいついで全国に設立されていきます。

(絶対にすべらない無敵の雑学より 角川学芸出版)


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆

弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーをほぼ毎月開催していま
すが、各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
東京では定期的に開催していますが、各地の開催は年に数回程度を予定して
います。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。

よろしかったら下記からお申し込みください。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-11.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2016年
1月08日

【今月のおすすめビジネスリポート】 ご希望者に無料贈呈


◆─────────────────────────────────◆
 ■ 経営者、管理職のための信頼される人事考課のしかた
      【東京】 5月16日(月)13時30分~16時30分
         http://nakagawa-consul.com/seminar/072.html
◆─────────────────────────────────◆

弊社は「人事考課は主観でよい!」と提唱しています。
人事考課は主観でしか評価ができません。
しかし、それに甘えて、自分の好みだけ、自分の好き嫌いだけで人事考課を
されては、従業員はたまったものではありません。
主観で決めるとしても評価にはルールがあるのです。
そのルールを知らないで主観で人事考課をしては不信感ばかり募(つの)り
結果的に労務管理がギクシャクすることになります。
人事考課の基礎を身につけることで従業員との信頼関係をよくしていきま
しょう。


詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/072.html



☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2016年1月8日号 VOL.2517
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[ピーター・ドラッカーの名言・格言|
                            成果を上げるには「並みの能力」で十分]

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【今月のおすすめビジネスリポート】 ご希望者に無料贈呈
◆────────────────────────────────◆

弊所がお届けする"ビジネスリポート"は、経営に役立つ情報が
満載です。

例えば「マネジメント関連」では経営戦略、企画・営業、広報、
生産・物流、人事管理等の情報を、「ビジネス関連」では卸・
小売、食品、製造、不動産、情報・通信等の各業界情報を、
その他「ビジネス以外」では、生活分野、健康、環境、豆知識
など、多岐にわたる経営情報を取り揃えております。
          
今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。
レポートの5テーマの中にはご希望でないテーマとあろうかと思いますが
5テーマすべて送付します。
従来はご希望の資料のみを送付していましたが、多数の方の
お申し込みがあり、弊社の事務処理が大幅に増えております。
そのような理由から、ご希望でないレポートも同送されること
をご承知ください。
そうすることで弊社の事務負担が大幅に軽減されます。
ご理解をお願い申し上げます。
また、弊社の広告も同送されることをご承知ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■ ビジネスリポートお申込フォーム ■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貴 社 名 : 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

役 職 名 :

ご担当者様 :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特記事項:(ご要望・ご質問などを記入ください)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※上記事項をご入力の上、そのままご返信ください。

※期限:1月15日まで。期限を越えた場合は対応しかねます。

※ご希望のリポートはPDFファイルです。添付ファイルにて折り
返してお送りします。

※リポートの他に弊社のセミナーなどの案内も同送されることを
ご了承ください。



---【マネジメント関連 3本】 ----------------------------

1.経営のヒントとなる言葉 
 鈴木敏文(株式会社セブン&アイ・ホールディングス
           代表取締役会長最高経営責任者(CEO))

   「一般的にオムニチャネルはネット通販と思われているが
   それは違う。むしろ広告ととらえるべきだ」
                      (全3ページ)

2.経済に強い経営者になる
    ~2015年の経済を振り返り、2016年の経済を展望する~
  ・2015年の経済を振り返る
  ・2016年の経済を展望する
                      (全5ページ)

3.日本の労働力不足を救う!? 外国人労働者をめぐる規制緩和
  ・労働力不足と外国人労働者の活用
  ・日本で働く外国人労働者の区分
    ・特区の活用などで変わる外国人労働者受け入れの潮流
  ・外国人労働者受け入れ拡大には、仕組みと環境の整備
   という"両輪"が欠かせない
                      (全7ページ)

---【ビジネス関連 1本】-----------------------------

4.インバウンド市場 ~2000万人突破時代を捉える次の一手~
  ・過去最高を記録する訪日外国人旅行者数
  ・インバウンド市場の現状
  ・訪日外国人旅行者の5つの行動に見る、ビジネスチャンス
   につながるキーワード
  ・「足りない部分」から広がるビジネスチャンス
  ・「おもてなしの国」を目指して
                      (全8ページ)

---【ビジネス関連以外 1本】-----------------------------

5.さかもと未明の「男を上げるおしゃれ術」 
 第10回「"和"の装いで新年を迎える」
  ・着物で新年を迎えてみませんか
  ・着物の良さを見直してみましょうよ
  ・いざ、和装の世界へ
  ・信頼できる呉服店の選び方
  ・オトコの着物は見えない部分が肝心
  ・基本をマスターしたら、着崩しにもチャレンジ
                      (全8ページ)


(中川コメント)

ご遠慮は無用です。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[ピーター・ドラッカーの名言・格言|
                            成果を上げるには「並みの能力」で十分]

 どんな分野でも、普通の人であれば並みの能力は身につけられる。卓越す
ることはできないかもしれない。卓越するには、特別の才能が必要だからで
ある。だが、成果を上げるには、成果を上げるための並みの能力で十分であ
る。


◆─────────────────────────────────◆
 就業規則見直しをご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆

 毎年のように法律改正が行われており、一年前に作成した就業規則ですら
すでに時代遅れになっています。多忙な経営者や総務関係者がその都度、法
改正に対応するご苦労はいかほどのものかと推察します。
 法改正のスピードが速いので最新情報による弊社主催の就業規則セミナー
にご参加いただくのが良いと思います。できればそうしていただきたいので
すが、セミナーを受けても帰社したら目先の仕事に追われ気づいたらまった
く着手できていない方も少なくありません。
「そのうち、そのうち」と思案中に1年が経ち2年が経ち...。

 中川が御社にお伺いして就業規則の見直しのお手伝いをします。中川がお
手伝いすることで確実に最新版の就業規則を作成できます。就業規則見直し
は下記のステップで行います。
 
 ステップ1 御社の就業規則を弊社に提示いただきます 
 ステップ2 弊社が就業規則の修正案を電子データで作成します
 ステップ3 御社に訪問して修正案をご提示し、ご納得いただけるまで
       ご説明をします(遠隔地の場合は郵送および電話)
 ステップ4 弊社が作成した電子データをお渡しします(遠隔地は郵送)
 ステップ5 修正案をご提示するときに必要な各種ひな形も電子データで
       お渡しします(遠隔地は郵送)
 ステップ5 それを参考に御社で修正します(電子データがあるので容易)

就業規則の見直しコンサルティングをご希望の方は下記にメールをください。
弊社HPからも申込みができます。
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/work_regulations.html


   ◆就業規則見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後のお断りはご自由です)

御社名:
役職名:
お名前:

上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細は
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/work_regulations.html
でご確認ください。



◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2016年
1月08日
カテゴリー

【PR】「改正労働者派遣法による実務の留意点」セミナーのご案内


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2016年1月8号   VOL.2522
◆─────────────────────────────────◆

尾頭つきの魚をきれいに焼くには

(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
【PR】「改正労働者派遣法による実務の留意点」セミナーのご案内
    2月22日(月)13:30~16:30 
◆─────────────────────────────────◆


労働者派遣の期間制限が見直されました

平成27年9月30日より施行されている改正労働者派遣法により、労働者
派遣の期間制限が見直されました。

施行日以後に締結された労働者派遣には、業務にかかわらず、派遣先事業所
単位と派遣労働者個人単位の期間制限がかかることになりました。


【期間制限の新ルールが設けられました】

主要な改正点はつぎの4つです。
1. 派遣期間規制の見直し
2. 労働者派遣事業の許可制への一本化(届出制の廃止)
3. 派遣労働者の雇用安定・キャリアアップのための制度の創設
4. 派遣労働者の均等待遇の推進

この中で最も重要なのは「1. 派遣期間規制の見直し」です。
 専門26業種には派遣期間の制限がありませんが、その他の業務には原則1年、
最長3年の期間制限が設けられていました。

その結果、現場が混乱する原因となりました。
それで、業務内容にかかわらず設定される期間制限の新ルールが設けられま
した。


【派遣元事業主における実務上の対応】

今回の改正にともなう派遣先、派遣元事業主における実務上の対応を解説し
ます。

セミナーでお話しする内容を一部紹介致します

(講師の都合で変更になることがあります)
1.改正労働者派遣法の概要
2. 期間制限の新ルール
3.派遣労働者個人単位の期間制限
4.クーリング期間
5.労働契約申込みみなし制度の概要
6.偽装請負について
7.派遣事業の許可制への一本化・許可基準の追加
8.雇用安定措置
9.キャリアアップ措置
10.派遣労働者・派遣先の管理
11.派遣元事業主の対応
12.キャリアアップ助成金


これ以外にもお伝えしたいことが多くあります。セミナーに参加してご確
認いただくのが良いかと思います。
セミナー参加のお申し込みは下記から
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/083.html


(中川コメント)

 派遣元、派遣先とも活用いただける内容です。
セミナー参加のお申し込みは下記から
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/083.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

尾頭つきの魚をきれいに焼くには

 尾頭つきの魚は、尾とヒレに塩をよくすり込んでから焼きます。化粧塩と
いい、焦げやすい尾とヒレの形を残すためです。さらに簡単な方法は塩の代
わりにアルミ箔で包むだけ。尾とヒレが焦げつかず美しく仕上がります。

(裏ワザ・アイディア便利帳 サプライズBOOKより)

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2016年
1月07日

 【労務管理】人口減少社会に関する意識調査

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 「けしからん社員への対応」セミナー
  【東京】 4月15日(金)13:30~16:30 東京・銀座
 →  http://nakagawa-consul.com/seminar/059.html
◆─────────────────────────────────◆

無断遅刻をする。無断欠勤をする。指示に従わないで作業ミスをして納期
遅れになる。交通事故を繰り返す。タイムカードを不正打刻する。定期健
康診断を受診しない。上司が部下に適切に業務指示をしない。会社の備品
を窃盗する。社内不倫をする。インターネットで会社の中傷をする。会社
の機密情報を漏洩する。個人情報を漏洩する。刑事事件を起こす。セクハ
ラをする。パワハラをする。権利ばかり主張し、まともに義務を果たさな
い。配置転換を拒否する。勤務成績不良。

さて、どうしますか?

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/059.html



☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2016年1月7日号 VOL.2516
――――――――――――――――――――――――――――――――――

努力を続ける

(続きは編集後記で)

◆──────────────────────────────◆
 【労務管理】人口減少社会に関する意識調査
◆──────────────────────────────◆

厚生労働省は「人口減少社会に関する意識調査」を実施しており、
その結果が公表されています。この調査は、人口減少社会に対する
意識の傾向を捉えることを目的とし、平成27年3月に実施され、
全国を8ブロックに分けて、15歳から79歳までの男女3,000人を
対象に、子育てや親世代との同居、近所づきあいや移住などに
関する質問への回答を得たものです。


~調査の概要~

◎親世代と同居または近居をする意向について
 ・今後、親世帯との同居意向があるか、してもよい:16.9%
 ・近居の意向も同居の意向もない:29.0%
 ・親世帯と近居はしてもよい(または現にしている)が、今後も
  同居の意向はない:27.3%
 ・わからない:26.8%

◎親世代と同居してもよい条件(複数回答)
 ・配偶者(または今後結婚した場合の相手)の理解が得られる
  こと:47.1%
 ・親に対する生活支支援(介護等)が必要になったこと:36.4%
 ・親が世代間の生活習慣の違いなどに配慮をすること:30.1%

◎子育てをしていて負担・不安に思うこと(複数回答)
 ※回答者(3,000人)のうち、0歳~15歳の子どもが1人以上いる人
  (626人)に対して、子育てをしていて負担・不安に思うことが
  あるかを質問
 ・どちらかといえばある:43.6%
 ・とてもある:28.8%
 ・どちらかといえばない:13.8%

◎子育てをしていての具体的な負担・不安の内容(複数回答)
 ※回答者(3,000人)のうち、0歳~15歳の子どもが1人以上いる人
  (626人)に対して、子育てをしていて負担・不安に思うことが
  あるかを質問
 ・子育ての出費がかさむ:46.2%
 ・将来予想される子どもにかかる経済的負担:40.8%
 ・子どもが病気のとき:33.3%
 ・自分の自由な時間が持てない:30.1%
 ・子育てによる精神的疲れが大きい:27.8%

◎出産・子育てのために必要なこと(複数回答)
 ・安定した雇用と収入:72.4%
 ・安心して保育サービスが利用できること:47.4%
 ・安心できる出産・小児医療の体制確保:46.4%
 ・仕事と家庭の両立支援などの働き方の見直し:42.1%
 ・周産期・小児医療費や保育料など経済的負担の軽減:38.2%
 ・教育費の軽減や奨学金制度の充実:36.4%

◎都市部から地方への移住理由
 ・希望する仕事があったため:22.6%
 ・自分や配偶者の転勤など仕事の事情のため:18.9%
 ・結婚のため:18.7%
 ・地方でよりよい生活環境や自然を求めたため:10.2%

◎今後の地方への移住意向
 ・既に地方で生活している:12.2%
 ・移住しても良いと思う:12.6%
 ・どちらかと言えば移住しても良いと思う:10.4%
 ・どちらかというと移住するつもりはない:14.7%
 ・移住するつもりはない:34.3%
 ・わからない:15.8%

◎地方に移住してもよい条件(複数回答)
 ・買い物、医療などの日常生活基盤が確保されている:51.6%
 ・希望する仕事が確保できる:50.3%
 ・居住に必要な家屋や土地が安く得られる:42.5%
 ・交通インフラが整備されている:34.4%
 ・地域のしがらみが少ないなど、移住者を受け入れる環境に
  ある:29.1%

◎地方に移住しない理由(複数回答)
 ・既に持ち家がある:57.5%
 ・今住んでいる地域が住み慣れている:46.4%
 ・交通が不便になる:24.5%
 ・買い物、医療などの日常生活が不安:23.8%
 ・都市部や都会での利便や娯楽を失いたくない:19.7%


(中川コメント)

 ご参考までに。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

努力を続ける

高みに向かって努力を続けることは、決して無駄ではない。
今は無駄が多くて徒労のように見えるかもしれないが、少しずつ頂点
へと進んでいるのは確かなのだ。
今日はまだ到達にはほど遠いだろうが、明日にはもっと高みへと近づ
くための力が今日鍛えられているのだ。

(ニーチェの言葉 ディスカバー・ツゥエンティワン刊より)


◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の見直をご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆

賃金制度を見直したいが、勉強している時間がない...。
中川式賃金研究所のセミナーに参加したが賃金制度の見直しが後回しに
なっていつの間にか半年が過ぎ、1年が過ぎ...となっている...。

専門家にコンサルティングを依頼した方が良いかもしれません。
よろしければ賃金制度の見直しのお手伝いをさせていただきます。

賃金制度の見直しは次のステップで行います。

 ステップ1 世間相場との比較 
 ステップ2 社内バランスの検討
 ステップ3 人事制度の構築
 ステップ4 諸手当の見直し
 ステップ5 基本給の決定
 ステップ6 昇給(減給を含む)システムの構築
 ステップ7 人事考課の見直し
 ステップ8 賃金規程の見直し
 ステップ9 従業員への周知、同意

専門家の力を借りて賃金制度の見直しをしたい方は下記にご記入し
そのままメールをください。

   ◆賃金制度見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後に断ることはご自由です)

御社名:
役職名:
お名前:

上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細をご連絡します。


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2016年
1月06日

 【休職】期間満了による解雇予告について

◆─────────────────────────────────◆
 ■オーナー会社のための「役員・幹部の賃金の決め方」セミナー
    【東京】  4月14日(木)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座
    http://nakagawa-consul.com/seminar/045.html
◆─────────────────────────────────◆

非上場のオーナー会社は役員、幹部の報酬の決め手がなくて困っています。
まずは、相場を知ることです。独自調査による役員報酬の世間相場を
発表します。つぎに意外に知られていない役員になるリスクを知ること
です。気になる役員退職慰労金はいくら払えばいいのか?
そして励みになる給与体系はどうやって作ればいいのか?

お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/045.html


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2016年1月6日号 VOL.2515 
――――――――――――――――――――――――――――――――――

相手の年齢と生まれた月を知る妙案

(続きは編集後記で)

◆──────────────────────────────◆
 【休職】期間満了による解雇予告について
◆──────────────────────────────◆

中川 こんにちは。

社長 こんにちは。
   今日はAさんのことで相談です。

中川 はい、どんなことですか?

社長 Aさんはある病気で入院中です。
   来月の末に休職期間が満了になります。

中川 職場復帰の見込みはあるのですか?

社長 ありません。
   家族もあきらめています。

中川 そうですか。
   それでご相談は?

社長 Aさんには気の毒ですが、辞めてもらいます。
   それで、気になったのが解雇予告手当の支給です。
   休職期間満了による場合も、解雇予告手当をださなければならない
   のですか?

中川 就業規則によります。
   就業規則を拝見します。

   (就業規則を確認)

中川 解雇予告手当は不要です。

社長 そうですか。
   どうして不要なのですか?

中川 「休職期間満了までに復職できない場合には退職する」と書いてあり
   ます。
   だから不要なのです。

社長 どうしてこのような書き方をすると解雇予告手当は不要なのですか?

中川 逆に、解雇予告手当または30日前に解雇予告をしなければならない
   就業規則の記載例を示します。

   「休職期間満了までに復職できない場合は解雇する」と書いた場合です。

社長 へえ、退職と解雇は違うのですか。

中川 そうです。
   解雇は穏やかではありません。解雇の表現は避けた方がいいです。

社長 では、うちの場合は退職ですから何もしなくてもいいのですね?

中川 そうです。
   法律上は退職の手続きをすれば良いです。

社長 あのう、法律上と言いますが、法律以外に何かあるのですか?

中川 従業員は人間であることを忘れてはいけません。
   法律論だけで片付けないことです。

社長 といいますと?

中川 休職期間満了で退職する人の気持ちになってください。

社長 将来が不安でしょうね。

中川 そうです。
   生活も苦しくなるでしょう。
   本人だけでなく、奥さんもとても不安でしょうね。

社長 うーん。
   どうしたらいいですか?

中川 私傷病ですから社長に責任はありません。
   しかし、縁があって入社してきたAさんです。
   誠心誠意対応しましょう。

社長 そのつもりです。
   でも、具体的にはどうしたらいいですか?

中川 休職期間満了の少なくとも1ヵ月前には通知しましょう。
   法律では義務づけられていませんが、通知文書を作成し、
   本人に渡しましょう。
   できるだけ、奥さんも同席してもらって。

社長 そうですね。
   それだけでいいですか?

中川 退職金のことが気になると思いますので、触れておきましょう。
   また、今後の入院治療代がどうなるのか、
   傷病手当金がどうなるのかも知りたいでしょうね。
   健康保険はどうなるのか、子どもの通院はどうなるのかとか。
   
社長 そうか、いろいろありますね。

中川 そうです。
   そのほかに雇用保険のことなども知りたいでしょうね。

社長 うーん。

中川 何か困っていることはないかも聞きましょう。

社長 そうですね。

中川 いろいろややこしいので口頭で説明するだけでは不親切です。
   きちんと文書にして渡しましょう。

社長 それはそうですね。
   私も傷病手当金とか言われてもさっぱり分かりません。
   その文書は中川さんに作成を依頼できますか?

中川 はい、よろこんで。


(中川コメント)

「休職期間満了により復職できない場合は解雇する」と就業規則に
記載してある場合は解雇扱いになります
したがって、解雇予告をするか解雇予告手当の支給が必要になります。

「休職期間満了により復職できない場合は退職する」と
記載してあれば通常の退職となり解雇予告や予告手当の支給は不要です。

就業規則の点検をしましょう。

私傷病による休職期間満了は、本人や家族の気持ちに配慮した
対応をすべきでしょう。

従業員が会社の対応を観察していることをお忘れなく。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

相手の年齢と生まれた月を知る妙案

 あなたは何月何日生まれで、現在何歳だろうか。あなたにある計算をして
もらって、あなたの生まれた月と年齢を知る方法がある。

 それを以下に紹介しよう。

 まずあなたが生まれた月に2を掛ける。次にそれに5を足す。その数に50を
掛ける。そしてそれに年齢を足す。そうするといくらになっただろうか。

 もしあなたが6月生まれで、25歳だとすると、875になったはずである。そ
こから250を引くと、あなたの生まれた月と年齢がわかる。875から250を引
くと625となり、最初の「6」が生まれた月、次の「25」が年齢というわけで
ある。

 女性はあまり年齢を言いたがらないが、宴会などの席でゲームとしてこの
方法を用いれば、相手の年齢と生まれた月を知ることができる。相手には生
まれた月に2を掛けるところから、年齢を足すまでをやってもらい、最後の
250を引く部分だけは自分でやるわけである。

(話のネタ・雑学の本 幻冬舎文庫より)


◆─────────────────────────────────◆
 【DVD】退職金制度の見直し方セミナー
◆─────────────────────────────────◆

基本給連動型の退職金制度は、リスクが大き過ぎます。
ポイント制退職金制度は、中小企業には合いません。
下記からお申し込みください。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-05.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆