HOME > 中川清徳のブログ > 「無料 人事・賃金制度診断」
中川清徳のブログ
2019年
1月07日
カテゴリー

「無料 人事・賃金制度診断」

◆─────────────────────────────────◆
 「介護と仕事を両立させる介護離職を防止する実践セミナー」  
Webセミナー  「介護と仕事を両立させる介護離職を防止する実践セミナー」  
  【web】平成31年1月24日(木)13時30分~16時30分(3時間)
 受講料 1.5万円(税別)
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/108_web.html
DVD版セミナー  「介護と仕事を両立させる介護離職を防止する実践セミナー」  
 価格 1.5万円(税別)
 → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-20.html
◆─────────────────────────────────◆
家族の介護が必要になったら退職を覚悟しなければならと早まらないで
ください。
優秀は社員が家族の介護で悩んでいるときは会社が適切な指導をしましょう。
それを具体的にお話しします。
☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年1月7日号   VOL.3912
――――――――――――――――――――――――――――――――――
万引きをした高校生の顛末記
(長文です)
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
「無料 人事・賃金制度診断」
◆────────────────────────────────◆

     「無料 人事・賃金制度診断」
 貴社の現状の人事・賃金制度について、以下のアンケートに
ご回答ください。
ご回答が終わりましたらそのまま返信してください。
 人事・賃金制度診断書は、財団法人中小企業福祉事業団の提供する
ソフト(会員限定)で作成しますので診断内容が弊社の提唱している
内容と異なることがあることをご了承ください。

 貴社名(ご記入がない場合は応じかねます)

 所在地(任意)

 お名前(フルネームで)

 役職名(ない場合はなしとご記入ください)
 
1 経営理念、経営方針を明示していますか。
 
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
2 社員の定着率(特に若年層)が低い。
 
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
 
3 賃金の決定基準、昇給の仕組みをきちんと説明できますか。
 
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
4 年齢・勤続・性別よりも能力や成績等で賃金を決めていますか。
 
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
5 目的の不明確な手当てや金額があいまいな手当てがありますか。
 
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
6 評価基準や考課表を公開していますか。
 
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
7 評価結果を本人に通知していますか。
 
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
8 評価結果を昇給・昇格に反映していますか。
 
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
9 考課表が社員の仕事内容にあった評価項目になっていますか。
 
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
 
10 評価に手間や時間がかかりますか。
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
 
11 評価や評価者に対する納得が得られていますか。
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
12 考課者研修を実施していますか(または、過去に実施しましたか)。
 
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
13 評価のためのマニュアルを作成していますか。
 
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
14 成績だけでなくプロセス(態度・行動や能力)も評価していますか。
 
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
15 評価は絶対評価をしていますか。
  お選び下さい  ( )はい  ( )いいえ
 
 
以上です。
入力が終わりましたらそのまま返信してください。
簡易人事・賃金制度診断書をPDFにて作成し、メール添付でお届けします。
添付ファイルには弊社のセミナー案内なども同送されることをおよび、
簡易人事・賃金制度診断書は、財団法人中小企業福祉事業団の提供する
ソフト(会員限定)で作成しますので診断内容が弊社の提唱している内容と
異なることもあることをご了承ください。
 
(中川コメント)
 ご遠慮は無用です。
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。
→ http://form.mag2.com/sufraegepr

ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
  賃金制度の診断をいたします 20万円(税別)+交通費等
◆─────────────────────────────────◆
賃金制度の診断をいたします。ご希望の方は下記からお申し込みください。
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/wage_system.html
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
万引きをした高校生の顛末記
(長文です)

「コンビニ経営者からの手紙」その1 
志賀内泰弘
                         
 愛知県内でコンビニを経営する栗原尚美さん(八十二歳)から、「二十五年前の事ですが、私の感激した経験です。校長先生との手紙のやりとりを同封させていただきます」というお便りをいただきました。胸の熱くなるお話です。ここに全文を紹介させていただきます。
《栗原尚美さんから□△高等学校A校長先生への手紙》 
 前略 私はコンビニを営んでおります。その店と御校生徒さんのことに
つき、ご報告申し上げたく筆をとった次第です。
 三年前のことです。店のパートさんから悪質な高校生の万引きがあると
報告を受けました。当初は、どこの生徒かわからず、防犯ビデオを見ると
二人連れの生徒が毎日のように万引きを重ねている様子が映し出されてい
ました。
 残念なことに、こんな豊かな時代なのに万引きはひんぱんに発生し、こ
の十年間で私の補導した子供は数十人に上ります。しかしそれも氷山の
一角です。ほとんどの子供は罪の意識もなく、中学生にもなればゲーム
感覚でやっているようです。
 しかし補導するのは中学生までで、高校生にもなればそのやり方も巧妙
で、簡単に捕まるようなヘマはしません。その二人の高校生もレジ係の
パートさんの眼を巧みに盗んで、鮮やかな手口で商品を持ち去り、あとで
ビデオを見ては『今日もまたヤラレタ』と残念がる毎日でした。
 そんなある日、私はその生徒たちの来店する時間を見計らって客のフリ
をして店に待機していました。私は自宅でもミニコンビニ店を営んでおり、
B店は午後からパートさんとアルバイト君たちに任せていたため、二人の
生徒とは面識がないのです。そんな私に気付かず、二人は今日もやって来
ました。
 パートさんの合図でその二人が目的の人物と確認すると、まず彼らの
乗って来た自転車を確認しました。すると、驚いたことに□△高校のス
テッカーが貼ってありました。すぐにナンバーを控えました。次いで彼ら
の動きを見守りました。仲の良い二人連れの高校生... そんなふうにしか
見えない二人が、どうしてこんなことを繰り返すのか...。何としても今日
で止めさせたい。そのためには現場を押さえねば...。そんな願いも空しく、
その日も彼らの帰った後でビデオを見て『今日もヤラレタ』でした。
 その日のショックは、また別のものでした。□△高校の生徒だったとい
うことです。県内でも有数の進学校。優秀な生徒しか入れない名門校。
中学生にとっては夢や目標であり、その親にとっては憧れでもある高校。
その生徒が私の店始まって以来の最も悪質な万引き常習犯とは...。思い
余った私は、翌日、御校の補導担当の先生に電話をして事情をお話しました。
 すると、ただちにお二人の先生が来店され、ビデオをご覧になり、生徒の
氏名が確認されました。二人とも一年生でした。
 その翌日、二人はお父さんに連れられて店に謝りに来られました。こんな
場面には慣れている私ですが、初犯でもない彼らにはかなり厳しく叱った
つもりです。受けた被害総額も今までで最高でした(彼らの自己申告では
二万円)。親御さんから弁償の申し出がありました。
 その時、私は申しました。
『今、そのお金をお父さんから弁償してもらったら、この件はこれで終わり
になってしまう。それでは君たちのためにならない。私はお金が惜しくて
学校に通報したのではない。君たちの将来が惜しいのだ。悪の道へ進み、
人生を棒に振る若者の第一歩は喫煙と万引きと言われている。君たちは
罪の意識もなく、こんなことを繰り返したのだろうが、転落の一歩を踏み始
めていることに気付いてほしい。君たちの将来は、何億円でも買えぬ。少し
ばかりの金で貴重な青春、将来をムダにするな。私への弁償は、君たちが
就職するか大学生になりアルバイトをするか、とにかく自分で汗して得た
報酬から払ってもらおう。その時、きっと労働の意味、お金の値打ちがわか
るだろう。君たちを信じてその時を待とう』
 そして、翌日、補導の先生が出張中ということで教頭先生に二人との約束
をお話致し、彼らに挽回のチャンスを与えていただくよう処置をお願い
いたしました。
 それから年月も経ち、ときおりそのことは思い出す程度で、忘れかけてい
ました。
 先日の日曜日(六月二十七日)のことです。パートさんの休日で私が店番
をしておりました。
『Mと申しますが、店長さんいらっしゃいますか?』
ハキハキした若者からの電話です。私はよくあるアルバイトの申し込みかと
思いました。
『ハイ、私ですが』
『僕、三年前、□△高校に在学中、ご迷惑をかけた者ですが、覚えておられ
ますか?』
とっさには思い出せない時の流れがありました。しかし、□△高校の生徒
だったの言葉に記憶が蘇りました。
『僕、大学生になりました。アルバイトとしてはじめての給料をもらいま
した。あの時のお金を支払わせて下さい』
 彼がやってくるまで、私はあの時を思い出して、やたら興奮していました。
誠意が通じた!
 とやかく言われる今の若者が、何の束縛もない古い約束、それもこちらの
一方的な約束を果たしに来る! まるで十年ぶりに息子に逢う親のようにソ
ワソワしました。


◆心にビタミン
万引きをした高校生の顛末記
「コンビニ経営者からの手紙」
その2 
志賀内泰弘

 しばらくして、客の合間にさわやかな若者の顔。見るからに好青年の顔が
そこにありました。聞けば、今春、地元の大学に進学したとのこと。そして、
あの時の友達も自動車整備の学校へ入学したとのこと。
『ありがとう。よく約束を守ってくれた。そして入学おめでとう』
 白い封筒に納められたお金を私は受け取りました。
 あの時の生徒がこんな好青年になって過ぎし日の自分の過ちを清算に来た。
あの事件で学校から処分もあったろう。級友たちから白眼視されたことも
あったろう。親から随分と叱られたろう。それを乗り越えてよく頑張ってく
れた...。
 感動と興奮で私は涙をこらえるのに精いっぱいで、あまり彼と話をするこ
とができませんでした。
『本当にありがとう。こんな嬉しいことはない。これからも頑張って』
『ハイ、失礼します』
 明るい笑顔を残して彼は去って行きました。
 校長先生にお願いがございます。
 M君は立派に約束を果たしてくれました。もし、学籍簿等に、あの日の
記載があり、それが保管されていましたら、この素晴らしい結果を追加記
入いただき、彼の名誉を回復してやって下さい。そして、当時の教頭先生、
補導担任の先生がご在任でしたら、よろしくお伝え下さい。またもう一人
のH君も、きっと真面目に頑張ってくれているものと信じています。
 嬉しさのあまり、とりとめもなく書き連ねましたが、御校生徒と私の店の
忌まわしい過去は、本当に嬉しい結果に終わりましたこと、ご報告申し上
げる次第でございます。
一九九二年七月一日 コンビニB店 栗原尚美
□△高等学校 校長先生

 栗原さんからの手紙を受け、□△高等学校のA校長からご返事の便りが
届きました。続けて、全文を紹介させていただきます。
《□△高等学校A校長先生から栗原尚美さんへの手紙》 
 拝啓
 盛夏の候 貴殿におかけましては、益々のご清栄のこととお喜び申し上
げます。
 私こと、本年四月より、□△高等学校校長に着任いたしましたAでござ
います。このたび、丁重なるお手紙をいただき、驚きもし、又、感激に
浸っているところであります。三年前の不祥事に対しましては、許されざ
る行為でありまして、誠に恥ずかしく申し訳ありませんでした。
 当時、お店の方より連絡ありまして、状況の確認と把握に伺った教員よ
り聞くことができました。現在の青少年の行動は、価値観の多様化等めま
ぐるしく変化する社会にあって、心の貧困・幼稚化現象が問題になっている
ところであります。しかも遊び型の非行が増加の傾向にあり、ごく普通の
生徒が問題を起こすケースが報告されています。本校としましても、物の
豊かな時代にあって、精神面の欠如を憂慮して、人としての踏み行うべき
道を説き、自分の行動に責任を持つよう指導に努めているところであります。
 本校在学中に過ちをした二人のうち、一人がその過ちを悔い改めて年月を
経てお詫びの挨拶に伺ったとのこと、本人のことを考えると相当猛省の勇気
ある決意のようです。
 栗原様の適切なご指導があってのことであり、教員のみの指導では解決し
えない問題であったと、深く感謝する次第であります。
 尚、ご心配になっておられます違反内容についての記録に関する件でご
ざいますが、当時も今も校則や反社会的な違反者についての教育的な配慮
のもとに、再発防止を強化しています。悪質な件は別して、書類に残す方法
はとっていません。ご安心いただきたいと思います。
 今後とも、本校の教育活動にご協力賜りますようお願い申し上げてお礼の
ことばとします。
平成四年七月八日 愛知県立□△高等学校 A
栗原尚美様

 これを「博愛」というのでしょうか。
 栗原さんは経営者です。万引きのせいで、ある書店では経営が傾いたと
いう話すら耳にしたことがあります。万引きする人を憎んで当たり前。にも
かかわらず、罪を犯した若者の将来まで憂えて更生させる。まるで
マザー・テレサのような人です。
(注)学校名・店名などは、あえて伏せて記載させていただきました。 
(プチ紳士からの手紙 より http://giveandgive.com/)

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆