HOME > 中川清徳のブログ >  【解雇】試用期間中だが勤怠不良で解雇したい
中川清徳のブログ
2019年
1月10日
カテゴリー

 【解雇】試用期間中だが勤怠不良で解雇したい

◆─────────────────────────────────◆
 ■そうかぁ!転ばぬ先の杖講座「雇い入れと退職編」セミナー 2万円税別
   後継者、総務課長への教育にピッタリ
   【東京】 4月10日(水)13時30分~16時 
   【東京】 5月29日(火)13時30分~16時 
    http://nakagawa-consul.com/seminar/085.html
   【Web】2月22日(金)13時30分~16時 
    http://nakagawa-consul.com/seminar/085_web.html
◆─────────────────────────────────◆
本に書いてあるような通りいっぺんの法律論ではなく、
中川式賃金研究所の豊富な経験に基づく実践的な内容です。
後継者および総務課長への教育にお役立て下さい。
※ Webセミナーはネットにつながるパソコン等があればOK 
  設定は弊社が接続マニュアルを事前に送信しますから安心です。
お申し込みは下記からお願いします。
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/085.html

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年1月11日号   VOL.3918
――――――――――――――――――――――――――――――――――
[ピーター・ドラッカーの名言・格言|事業の二つの機能]
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【解雇】試用期間中だが勤怠不良で解雇したい
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   Aさんのことで相談します。
中川:はい、何でしょう?
社長:Aさんは現在試用期間中です。
   遅刻を繰り返すので注意するのですが改まりません。
   上司から解雇して欲しいと相談がありました。
   解雇できますか?
中川:入社して何ヶ月目ですか?
社長:3ヶ月目です。
中川:試用期間は何ヶ月ですか?
社長:6ヶ月です。
   まだ、3ヶ月残っています。
   試用期間の期限が来れば雇い止めとするつもりですが、
   上司はもう顔も見たくない状態なのです。
   期限前に解雇したいのです。
中川:遅刻したときに始末書を提出させていますか?
社長:そこまではしておりません。
中川:遅刻は事前に連絡があるのですか?
社長:いいえ、5分とか10分の遅刻です。
中川:5分でも10分でも遅刻は遅刻です。
   始末書をとって懲戒処分をすべきです。
社長:給料はどうすべきですか?
中川:もちろん、遅刻した時間分は控除すべきです。
社長:当社は甘いですね。
   で、解雇はできますか?
中川:できます。
   上司が指導しても直らないのですから。
   始末書をとっていると裁判になったとき
   貴重な証拠になります。
   解雇は訴訟になることが多いのです。
社長:なるほど。
中川:今回のAさんの場合は解雇しても問題が起きないと
   思います。
   しかし、解雇は刑罰の死刑のようなものです。
   できれば穏やかに処理したいですね。
社長:穏やかにと言いますと?
   解雇以外に方法があるのですか?
中川:話し合いをするのです。
   退職願を提出させるのです。
   本人が辞めるのであればトラブルは起きません。
社長:脅迫されて退職に追い込まれたと言われませんかね?
中川:ありえます。
   退職願を提出させる自己都合退職扱いをしても
   訴訟になる可能性があります。
   そのときの用心のために始末書をとることです。
   その他、タイムカードで遅刻の記録が残ります
   ので証拠となります。
   
社長:当社は出勤簿です。
中川:出勤簿に遅刻時間を明記して証拠を残します。
社長:分かりました。Aさんと話し合いします。

(中川コメント)
 試用期間中の解雇は解雇事由が試用期間終了後の解雇の解雇事由
よりは軽くてもOKです。
試用期間中に正社員にするかどうかの見極めをしましょう。
試用期間が終了したらよほどの理由がなければ解雇はできないのです。
 ただし、安易に解雇することはできません。
また、試用期間の期限がきたから解雇する場合でもそれなりの理由が
必要です。
 まずは、採用で見極めましょう。
しかし、それがなかなか難しいものです。
やむを得ない場合は試用期間満了で辞めていただくことです。

──────────────────────────────────
 「ガラッと賃金一新セミナー」2019  
      【東京】平成31年2月14日(木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年2月25日(月) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年3月 7日(木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年4月 4日(木) 13時30分~16時30分
    http://nakagawa-consul.com/000057.html
      【Webセミナー首都圏版】13時30分~16時30分
     2/12(火)/2/19(火)/3/5(火)/3/12(火)/3/19(火)
     4/9(火)/4/16(火)
         http://nakagawa-consul.com/seminar/057_web.html
──────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。
→ http://form.mag2.com/sufraegepr

ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を隔月(ときどき休刊あり)で発行しています。
郵送とメール送信により無料でお届けしています。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。
読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。
→ http://form.mag2.com/goslathiui
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** 申込み書***********************************
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************
今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。
コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
[ピーター・ドラッカーの名言・格言|事業の二つの機能]
ビジネスには二つの機能しかない。
マーケティングとイノベーションである。
 Business has only two functions ? marketing and innovation.

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 全社員が一丸となる賞与の払い方
◆─────────────────────────────────◆
1.賞与原資の決め方が分からない
2.パットしないイマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っ
 ている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる
方にお勧めです。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-02.html
◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆