HOME > 中川清徳のブログ >  【今月のおすすめビジネスリポート 
中川清徳のブログ
2019年
1月22日
カテゴリー

 【今月のおすすめビジネスリポート 

◆─────────────────────────────────◆
「ムダなく!」「ラクに!!」エクセルで年休管理 10,000円(税別)
最低でも5日の消化義務に備えるために見直しをしましょう
【東京】 1/29(火)/2/13(水)/3/13(水)/6/13(木)
    14時00分~16時00分(2時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/112.html
【web】 1/22(火)/2/21(木)/3/4(月)
    14時00分~16時00分(2時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/112_web.html
◆─────────────────────────────────◆
年次有給休暇の付与を4月1日とか、1月1日に統一していませんか?
そんなことをしていたら、法定以上の有給を取られてしまいます。
入社後半年を経過しますと、一定の要件を満たすことでほとんどの労働者に
年次有給休暇の権利が発生します。
しかしながら個々それぞれの年次有給休暇の基準日で管理することは、
管理をしていく上で事務が煩雑になりがちです。
かといって、年1回の全体での統一基準日を設けた場合は、管理しやすく
なるものの労働者に不利にならないよう基準日を設ける必要があるため、
会社からするとロスが大きくなります。
そこで、中川式賃金研究所としましては「ロスを少なく・管理はラクに」を
モットーに、年12回の管理方式を提案します。
これまでの年休管理があまりうまくできておらず、管理方法の見直しを
お考え中の事業所の皆様向けのセミナー内容になっております。

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年1月22日号   VOL.3934
――――――――――――――――――――――――――――――――――
[松下幸之助の名言|生産性を上げるには、労働時間を短縮する]
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【今月のおすすめビジネスリポート 
◆────────────────────────────────◆
今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。
---【マネジメント関連 4本】 ----------------------------
1.けがや病気で経営者が「働けないリスク」に備える
  ・増加する経営者の就業不能リスク
  ・就業不能リスクとは
  ・経営者の就業不能がもたらす影響
  ・就業不能リスクへの備え
                      (全6ページ)
2.顧客データを営業活動に生かすための整理術
  ・顧客データを全社共有する必要性
  ・管理が行き届かない顧客データの現状
  ・顧客データの要は「精度」「粒度」「鮮度」
  ・顧客データを整理する手順を把握する
  ・表記揺れを解消する
  ・顧客データを整理するポイント  
                      (全7ページ)
3.経営者から管理職へ 「名言」で伝える心構え
  ・管理職に対してこそ必要な「メッセージ」
  ・「重さ」を自覚するための言葉
  ・「弱さ」をさらけ出すための言葉
  ・継続する「強さ」を持つための言葉
                      (全4ページ)
4.給与明細の見方を知れば、会社のお金の流れが見えてくる
  ・給与明細書は経営を知る第一歩
  ・そもそも給与とは何なのか?
    ・給与明細書を読み解こう  
  ・給与明細書に表れる経営者の考え
  ・今後の経営戦略を読み解けるか?
                      (全7ページ)
---【ビジネス関連 1本】 --------------------------------
 
5.ルール明確化で加速する「混合介護」の動向
  ・混合介護のルールが決まる
  ・混合介護のイメージ
  ・混合介護のルールを整理する
  ・ヒアリング結果から得られた混合介護の現状
  ・今後の可能性
                      (全6ページ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■ ビジネスリポートお申込フォーム ■■■■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
貴 社 名 : 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご担当者様 :
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※上記事項をご入力の上、そのままご返信ください。
※期限:1月31日まで。期限を越えた場合は対応しかねます。
※ご希望のリポートはPDFファイルです。添付ファイルにて折り
返してお送りします。
※リポートの他に弊社のセミナーなどの案内も同送されることを
ご了承ください。

(中川コメント)
ご遠慮無用です。

──────────────────────────────────
 「ガラッと賃金一新セミナー」2019  
  24.000円(税別)二人目半額 メール顧問契約様半額
      【東京】平成31年2月14日(木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年2月25日(月) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年3月 7日(木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年4月 4日(木) 13時30分~16時30分
    http://nakagawa-consul.com/000057.html
      【Webセミナー首都圏版】13時30分~16時30分
     24.000円(税別)人数不問 メール顧問契約様半額
     2/12(火)/2/19(火)/3/5(火)/3/12(火)/3/19(火)
     4/9(火)/4/16(火)
         http://nakagawa-consul.com/seminar/057_web.html
──────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。
→ http://form.mag2.com/sufraegepr

ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
[松下幸之助の名言|生産性を上げるには、労働時間を短縮する]
海外との競争に打ち勝とうとするには、私はどうしても週2日の休みが必要
になってくると思うのです。
どういうわけかと申しますと、非常に毎日が忙しくなって、いままでゆっく
り電話をかけていたというようなことでも、ゆっくりかけていられない。
3分間かけていたものを、1分くらいで済ますように、しかもそれで用件
がちゃんと果たせるように訓練されなければならないのです。
工場生産もまたその通りです。
つまり8時間の労働では相当疲れるということになります。
ですから、5日間働いて1日は余分に休まなければ体はもとに返らないと
いうことになろうかと思います。
アメリカはすでにそうなっています。
そして、日本の何倍かの一人あたりの生産量をあげております。

◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】 そうかぁ!転ばぬ先の杖講座「雇い入れと退職編」セミナー
               → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-17.html
◆─────────────────────────────────◆
ご都合でセミナーにご参加いただけない方のためにDVDを作成しました。
本に書いてあるような通りいっぺんの法律論ではなく、
中川式賃金研究所の豊富な経験に基づく実践的な内容です。
後継者および総務課長への教育にお役立て下さい。
【申込み方法】
下記から
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-17.html
または下記にご記入のうえそのまま返信してください。
*****DVD版 雇い入れと退職編セミナー 申込み書*****
社名
役職名
氏名
郵便番号
所在地
電話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆