HOME > 中川清徳のブログ >  【労務管理】セクハラ被害と過剰必要な要求を繰り返す
中川清徳のブログ
2019年
1月23日
カテゴリー

 【労務管理】セクハラ被害と過剰必要な要求を繰り返す

◆─────────────────────────────────◆
 「介護と仕事を両立させる介護離職を防止する実践セミナー」  
Webセミナー  「介護と仕事を両立させる介護離職を防止する実践セミナー」  
  【web】平成31年1月24日(木)13時30分~16時30分(3時間)
 受講料 1.5万円(税別)
 → http://nakagawa-consul.com/seminar/108_web.html
DVD版セミナー  「介護と仕事を両立させる介護離職を防止する実践セミナー」  
 価格 1.5万円(税別)
 → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-20.html
◆─────────────────────────────────◆
家族の介護が必要になったら退職を覚悟しなければならと早まらないで
ください。
優秀は社員が家族の介護で悩んでいるときは会社が適切な指導をしましょう。
それを具体的にお話しします。

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年1月23日号   VOL.3935
――――――――――――――――――――――――――――――――――
頭にくるから「怒り心頭に達した」?
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【雑談】セクハラ被害と過剰必要な要求を繰り返す
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   何か話題はないですか?
中川:では、セクハラの事件をお話しします。
社長:どんな内容ですか?
中川:期間雇用のAさん(女性)が自己都合退職しました。
   3週間後にAさんから社長宛に手紙が届きました。
   その内容は総務部長のB氏から在職中にセクハラを受けたので
   社長、常務、取締役、B氏、AさんとAさんの父親との
   話し合いの場を設けて欲しいというものでした。
社長:で、応じたのですか?
中川:そうです。
   当日はAさんとAさんの父親に加えて代理人と称してある団体の
   C氏が来社してきました。
   会社は常務と取締役で応対しました。
社長:社長とBさんは対応しなかったのですね?
中川:そうです。
   それで、代理人のC氏が「当事者のBをこの場に呼ばないのは
   隠しているのか」と質問し、常務が「公平な立場でまずは双方の
   言い分を聞きたい」と回答したら代理人C氏が「公平ってなん
   だ!あなたたちはBを叱責すべき立場なのに公平とはなんだ!
   簡単に公平なんて言葉を使うな」と怒鳴りあげるなど終始、威圧
   的な言動だったということです。
社長:うーん、困ったものですね。
   で、どうなりましたか?
中川:結局、C氏の威圧的な言動に押された会社側は、B氏のセクハラ
   行為の事実確認及びB氏への調査を行うことと、その結果を報告
   することまで約束させられてしまいました。
社長:うーん。
中川:また、面談を終えて帰り際に常務はC氏から「なんだかんだこの会
   社はあるようですから、話し合いですませたらどうですか。なんら
   かのかたちで解決したらどうですか」といった思わせぶりなことを
   耳打ちされたということです。
社長:で、調査したのですか?
中川:無記名のアンケートを取ったが確証は得られませんでした。
社長:それは良かったですね。
中川:しかし、C氏から再三電話があり、直接アンケートを開示すること、
   アンケート回答者に直接話を聞きたいと要求するのです。
社長:執拗な要求をしたのですね。
   で、どうしたのですか?
中川:C氏に送る内容証明郵便の文案を作成し、会社はアンケート結果の
   開示は行わないこと及び職員に対するC氏の聴き取り調査をお断り
   すること、さらには電話でのご連絡は控えていただき、今後は文書
   で連絡をとってもらうように伝えました。
社長:ほう、なるほど。
   で、どうなりましたか?
中川:ばったりと電話がなくなりました。
社長:それは良かったですね。
中川:その後も送り主不明の手紙や実在しない人物名でのメールが届くな
   ど嫌がらせがありましたが、やがてなくなりました。
社長:そうですか。
   参考になりますね。
中川:初めてのことで対応に苦慮したと思います。
   面談の当初から毅然とした対応をしていればこれほど執拗な要求は
   なかったと思います。
社長:そうですね。
   
(中川コメント)

 本日の記事は「月刊社労士」2012年3月号の社会保険労務士村上宏史氏の
記事を参考にしました。

──────────────────────────────────
 「ガラッと賃金一新セミナー」2019  
  24.000円(税別)二人目半額 メール顧問契約様半額
      【東京】平成31年2月14日(木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年2月25日(月) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年3月 7日(木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年4月 4日(木) 13時30分~16時30分
    http://nakagawa-consul.com/000057.html
      【Webセミナー首都圏版】13時30分~16時30分
     24.000円(税別)人数不問 メール顧問契約様半額
     2/12(火)/2/19(火)/3/5(火)/3/12(火)/3/19(火)
     4/9(火)/4/16(火)
         http://nakagawa-consul.com/seminar/057_web.html
──────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。
→ http://form.mag2.com/sufraegepr

ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
頭にくるから「怒り心頭に達した」?
激しく怒ることを「怒り心頭に達した」といっては間違いです。
正しくは「怒り心頭に発した」です。
これは「心頭」を「心(臓)と頭」のことと考えてしまい、感情をつかさどる
ところと考えられている両者に達するから、より激しい怒りになると考えた
ものと思われます。
しかし「心頭」は「念頭。心の中」のことで、到達する対象ではなく、怒り
を発するところなのです。
ですから「怒り心頭に起こる」ともいいます。
(間違いことばの本 講談社より)

◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】「新人教育を見える化してグングン成長するツール」セミナー
   新人が育たないのはその仕組みがないからかもしれません
  録画時間(DVD) 1時間5分
    レジメ等46ページ(PDFファイルをCDにて配布) 1万円(税別) 
 → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html
◆─────────────────────────────────◆
セミナーの内容
1.新人教育計画を見える化するコツ
2.新人が励みになるしかけ
3.多能工化のコツ
4.トレーナー制度の導入の仕方
お申し込みは下記からお願いします。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html
◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆