HOME > 中川清徳のブログ > 【賃金】同一労働同一賃金の判例
中川清徳のブログ
2019年
2月06日
カテゴリー

【賃金】同一労働同一賃金の判例

◆─────────────────────────────────◆
   「持株会社の設立か?納税猶予制度の活用か?見極め」セミナー
    【東京】 平成31年4月25日(木)13時30分~16時
        https://nakagawa-consul.com/seminar/0111.html
◆─────────────────────────────────◆
持株会社を設立した事業承継対策と納税猶予制度についてできるだけわかり
やすくお伝えします。
さまざまな組織再編による事業承継対策は?100%納税猶予制度の活用方法と
リスクは?
 講師:濱田勝則(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ https://www.nakagawa-consul.com/seminar/111.html

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年2月6日号   VOL.3955
――――――――――――――――――――――――――――――――――
どうして野球だけ監督もユニフォームを着ているの?
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
【賃金】同一労働同一賃金の判例
◆────────────────────────────────◆
[概要]
運送会社で働くパート社員4人が、通勤手当や皆勤手当に正社員と差が
あるのは労働契約法違反であるなどと主張し、来払い分の賃金支払い
などを求めた訴訟の控訴審判決。
福岡高裁は、1審(福岡地裁小倉支部平30.2. 1判決。に続いてパート社員
側の請求をほぼ認め、124万円の支払いを命じた。
同社は平成26年の就業規則改定まで、パート社員の通勤手当を、正社員の
半額である一律月5000円と規定していたが、通勤手当における相違は
不合理な労働条件に当たると判断。
1人当たり9万5000円の損害を認めた1審判決を追認した。
また、就業規則改定でパート社員のみに対して月5000円の皆勤手当を廃止
した点についても「合理的な内容とは言えない」として、1人当たり
21万5000円の支払いを命じた。

(中川コメント)
同一労働同一賃金の対応は正社員同士の賃金の話ではなく、正社員と
非正規社員との賃金の話です。
賃金はその決定にさまざまな要素が入り込むので、同一労働同一賃金の
判断は難しいものです。
しかし、皆勤手当や通勤手当は正社員と非正規社員の間に支給目的が
差がないので、正社員と同じ(均等待遇)、またはバランス(均衡待遇)
を考慮しなければなりません。
下記のセミナーが参考になります。

──────────────────────────────────
「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】 2月18日(月) / 4月11日(木) 6/14(金)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   https://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 3月22日(金)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   https://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
──────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。
→ https://form.mag2.com/sufraegepr

ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。
→ https://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
どうして野球だけ監督もユニフォームを着ているの?
野球には、他のスポーツには見られない独特の慣習がある。
サッカーやバレーボールなどの試合を見ていると、監督はスーツやジャージ
を着て指揮をとっている。
ところがなぜか野球では、監督も選手と同じユニフォームを着て、背番号
までつけているのだ。
実は公認野球規則では、監督にユニフォームの着用を義務づけているわけで
はない。
だからサッカーのように、監督がスーツを着ても問題ないはずなのだが......。
高校野球連盟や関係団体に話を聞いたところ、この慣習は、どうもアメリカ
で野球が誕生した当初の試合のやり方に理由があるようだ。
当時の野球チームには、監督という役割はなく、チーム采配は、選手のなか
でリーダー的資質があり、他の選手から信頼されている主将などが行なって
いたのである。
つまり、監督の仕事をしながらも自分も選手なので、当然ユニフォームを
着る必要があるわけだ。
その名残が今に残っているという。
実際、日本に残る大正時代の中等学校野球記録にも、主将や選手、マネー
ジャーなどの記載はあるものの、監督の名前は存在していない。
日本のプロ野球草創期である一九四○年から五○年代にかけても、それまで
プロがなかっただけに指導者になれる人がおらず、かといってプロの選手に
アマチュアの指導者が指揮を行なうことも考えられなかった。
そこで、ある程度の成績を残していたプロのベテラン選手が、選手兼監督を
行なうことが多かったのである。
アメリカでは一九〇一年から五○年もの間、一度もユニフォームを着ずに、
あくまでスーツにネクタイ姿で指揮をとり続けたアスレチックスの
コニー・マック監督がいる。
彼の場合、長身でやせているのでユニフォームが似合わなかったため、
スーツを着ていたそうだ。
日本ではまだスーツ姿の監督は現われていないが、ユニフォーム着用が
義務でない以上、今後、おしゃれなスーツに身を包んだ監督が現われる
こともないとはいえないのだ。
ただ野球ファンからは、監督がユニフォームを着ていたほうが、選手と
一丸になって戦っている感じがする、という意見が出るかもしれない。
(雑学裏事情おもしろ事典 より 王様文庫発行)

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 長時間残業対応セミナー
               → https://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-16.html
◆─────────────────────────────────◆
過労死事件が続発しています。
長時間残業は大きな問題だと思いつつ、その解決を先送りしていませんか?
「ノー残業デー」では効果は一時的なものです。
長時間残業を減らす具体的な方法をご提案します。
→ https://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-16.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト https://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー https://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆