HOME > 中川清徳のブログ > ムダなく! ラクに!! 【エクセルで年休管理セミナー】
中川清徳のブログ
2019年
2月06日
カテゴリー

ムダなく! ラクに!! 【エクセルで年休管理セミナー】


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年2月7日号   VOL.3956
◆─────────────────────────────────◆
「まだまだ!」
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
ムダなく! ラクに!! 【エクセルで年休管理セミナー】
最低でも5日の消化義務に備えるために見直しをしましょう
 
参加費 10,000円(税別)二人目半額 メール顧問契約様は半額
    ただし、Webセミナーは人数は不問です。
【東京】 1/29(火)/2/13(水)/3/13(水)/6/13(木)
    14時00分~16時00分(2時間) 
→   https://nakagawa-consul.com/seminar/112.html
【web】 1/22(火)/2/21(木)/3/4(月)
    14時00分~16時00分(2時間) 
→   https://nakagawa-consul.com/seminar/112_web.html

これまでの年休管理があまりうまくできておらず、管理方法の見直しを
お考え中の事業所の皆様向けのセミナー内容になっております。
入社後半年を経過しますと、一定の要件を満たすことでほとんどの労働者に
年次有給休暇の権利が発生します。
しかしながら個々それぞれの年次有給休暇の基準日で管理することは、
管理をしていく上で事務が煩雑になりがちです。
かといって、年1回の全体での統一基準日を設けた場合は、管理しやすく
なるものの労働者に不利にならないよう基準日を設ける必要があるため、
会社からするとロスが大きくなります。
そこで、中川式賃金研究所としましては「ロスを少なく・管理はラクに」を
モットーに、年12回の管理方式を提案します。
これまでの年休管理があまりうまくできておらず、管理方法の見直しを
お考え中の事業所の皆様向けのセミナー内容になっております。
セミナーでは、すぐに使える年休管理シート(エクセルファイル)を
差し上げます。
年休のそもそも論を解説し、「ロスを少なく・管理はラクに」管理ができる
年休管理ソフトの入力手順等を主に説明いたします。
実務担当者向けセミナーです。

★セミナーの内容
 (講師の都合で変更することがあります。また、他のセミナーと重複する
  ものがあります)
第1部 年次有給休暇 付与のしかた
  その1 法定付与のメリット・デメリット
  その2 1年に1回の統一基準日付与のメリット・デメリット
  その3 各月ごとに基準日を設けて付与する(弊社推奨案)
      →「ロスを少なく・管理はラクに」をモットーに年12回管理方式
第2部 有給管理システムの導入
  その1 エクセル(ひな形をデータで提供)で作る有給管理システム
  その2 有給管理システムの特徴は有給更新漏れがない
  その3 有給管理システムは有給取得実績の確認および有給残日数の
      確認ができる
  その4 有給管理システムの運用を具体的に説明
第3部 「年休5日」取得義務への対策
  その1 個別取得のメリット・デメリット
  その2 計画年休のメリット・デメリット

【Webセミナーについて】
  セミナーは弊社が設定するSkypeforBusinessによるWebセミナーです。 
  特別なソフトはいりません。
  Webセミナーに参加するために必要なもの 
   1.インターネットに接続できるパソコン、タブレット等
   2.マイク、スピーカー、カメラが付属しているか、外づけしていること
  接続方法はお申し込み後、ご連絡します
【WebセミナーのQ&A】
  下記でご確認ください。
  https://nakagawa-consul.com/web-seminar/
 
【お申し込み方法】
下記から申込みをしてください。
【東京】https://nakagawa-consul.com/seminar/112.html
【web】 https://nakagawa-consul.com/seminar/112_web.html

または下記にご記入のうえそのまま返信してください。

******* エクセルで年休管理セミナー申込み書**********
セミナーご希望日
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************
お申し込みをお待ちしております。

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

「まだまだ!」
 ぼくが、やる気が出た、励まされた言葉は、「まだまだ!」という、
四文字のシンプルな言葉でした。
 ぼくがまだ一年生のときに、卓球の試合の団体戦に出たときです。
僕の前に四回して、二回が勝って、二回が負けです。
そのときにぼくはものすごいプレッシャーがかかって、一ゲームを取られて
しまいました。
ぼくが焦って、落ち込んでいるときに、後ろから、「まだまだ!」と、
言ってくれた人がいました。
そして、「がんばれ」と思ってくれているんだと思いました。
そしたら、やる気がでてきて、落ちこんでいたのがうそみたいに明るく
なりました。
そして、勝つことができたのです。
 ぼくは、あの言葉「まだまだ」に助けられたと思いました。
あの言葉がなかったら、悔しい気持ちでいっぱいだったと思います。
さらに、あの言葉をかけられて負けたとしても、とても気持ちよく終われ
たと思います。
 その後に、ぼくもそういうことが言える人になりたいと思いました。
「まだまだ」を言ってくれた人だけでなく、いっしょに戦っている人にも、
応援の言葉をかけれたらいいなと思いました。
一宮市立千秋中学校 山本さん

(プチ紳士からの手紙 より http://giveandgive.com/)

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆