HOME > 中川清徳のブログ >  【人件費削減】定着率をよくする
中川清徳のブログ
2019年
2月10日
カテゴリー

 【人件費削減】定着率をよくする

◆─────────────────────────────────◆
 ■ ウエブ版 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【Webセミナー】 平成31年 2月28日(木)13時30分~16時30分
    参加費 26,000円(税別) メール顧問契約様は半額
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002_web.html  
◆─────────────────────────────────◆
弊社人気ナンバーワンの賃金制度セミナーをWebセミナーを企画しました。
【ご注意ください 】
こちらは一般公開セミナーの内容をWebセミナー用に編集しており、
評価制度と賃金移行は省略しています。
会場の公開セミナーは6時間ですが、Webセミナーは3時間となります。  
お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002_web.html

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年2月9日号   VOL.3959
――――――――――――――――――――――――――――――――――
心を一つに
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【人件費削減】定着率をよくする
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   また、退職しました。
   当社は定着が悪いような気がします。
中川:平均勤続年数は何年ですか?
社長:さあ、計算したことがありません。
   世間ではどのくらいですか?
中川:300人以下の中小企業では5年で6割が退職しています。
社長:へえ、そんなに。
   中小企業の宿命ですかね?
中川:そうかもしれません。
   しかし、だからといって甘んじているとますます業績が
   悪くなりますよ。
社長:どうしてですか?
   定着と業績は関係があるのですか?
中川:2005年に株式会社野村総合研究所が若手正社員の定着率を
   アンケート調査しました。
   それで定着率と会社業績は比例するというデータが示され、
   2006年版の中小企業白書に掲載されました。
社長:そうなんですか。
中川:定着が悪いと中途採用を繰り返します。
   採用は目に見えにくいので見過ごされやすいですが、
   コストが大きいのです。
社長:そうですかね。
   実感が湧きませんが。
中川:採用は募集の公告だけが費用ではありません。
   入退職による職安の手続き、社会保険の手続き、新人の教育など
   も人件費がかかります。
社長:うーん。
   どのくらい費用がかかるのでしょうね?
中川:会社の事情により異なるので一概に言えませんが
   参考までに計算してみます。
   募集費 10万円
   入退職手続き 10時間×2000円=2万円
   採用面接など 6時間×応募者5人×2000円=6万円
   新入社員教育 20時間×指導者2人×2000円=8万円
   新入社員の人件費(未熟のため戦力50%とする)
       25万円×6ヶ月×50%=75万円
   以上合計 101万円
社長:ええええ!!!!
   100万円がムダな人件費となるのですか!
中川:そうです。
   仮に50人の会社であれば
   5年間で退職する人は30人(50人×60%)ですから
   30人×100万円=3千万円(5年間で。1年あたり600万円)
   となります。
社長:いやあ、参ったね。
   こんなにムダが起きていたのですね。
   定着をよくするにはどうしたらいいですか?
中川:難しい問題です。
   経験値ですが給料が良い会社は定着がいいです。
   給料が良い会社でも辞める社員はいますので、
   給料が定着の決定的な要素だとは思いませんが、
   重要な要素です。
社長:給料を高くしたいのは山々ですができないのです。
中川:大きく事業構造を変えないとできないかもしれません。
   現状で定着を向上させるためには、自社の賃金が世間
   相場と比較して高いか低いかを知らなければなりません。
社長:当社は同業者よりは給料が良いのですが、
   定着が良いとは思えません。
中川:中途採用は同業者と比較してもダメです。
   労働市場で採用するのですから、異業種もライバルに
   なります。
   だから、世間相場より高めの給料がいいのです。
社長:世間相場の比較はどうしたらいいですか?
中川:弊社にご依頼ください。
   従業員の給料が高いか低いか一目で分かるプロット図を
   作成します。
社長:いくらで作成していただけますか?
中川:無料です。
社長:では、さっそく作成をお願いします。

(中川コメント)
うちの従業員の給料が高いか低いか分からないのでは、給料の決めようが
ありません。高いか低いかをまず把握することです。
従業員300人未満の会社に対して御社の賃金データ(社員名は不要です。
記号で処理します)をご提供いただきますと、
一目で世間相場と比較できる年収グラフを無料で差し上げます。
年収グラフは、年齢別の世間相場(管理職、一般男性、一般女性)を描いた
ライン(曲線に近い)のグラフに御社の同年齢の従業員の年収をプロット(点)を
記入し、プロットの横に該当する社員が分かるように番号が入ります。
それで、御社の従業員の給料が世間相場と比較して高いか低いかが
一目で分かります。
首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)、関西圏(京都、大阪、兵庫)以外の
会社も作成します。
よろしかったらお申し込みください。
無料です。(無料の理由は毎年首都圏、関西圏の賃金データを収集するためです。
受領したデータは統計以外には使いません。社名や従業員名が漏れることは
ありません)
→ http://form.mag2.com/naniopaigi

──────────────────────────────────
 「ガラッと賃金一新セミナー」2019  
  24.000円(税別)二人目半額 メール顧問契約様半額
      【東京】平成31年2月14日(木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年2月25日(月) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年3月 7日(木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年4月 4日(木) 13時30分~16時30分
    https://nakagawa-consul.com/000057.html
      【Webセミナー首都圏版】13時30分~16時30分
     24.000円(税別)人数不問 メール顧問契約様半額
      【Web】平成31年2月12日(火) 13時30分~16時30分
      【Web】平成31年2月19日(火) 13時30分~16時30分
      【Web】平成31年3月 5日(火) 13時30分~16時30分
      【Web】平成31年3月12日(火) 13時30分~16時30分
      【Web】平成31年3月19日(火) 13時30分~16時30分
      【Web】平成31年4月 9日(火) 13時30分~16時30分
      【Web】平成31年4月16日(火) 13時30分~16時30分
         https://nakagawa-consul.com/seminar/057_web.html
──────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。
→ https://form.mag2.com/sufraegepr

ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。
→ https://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
心を一つに
補欠も球拾いも、
全員が優勝に向けて活躍する。
全員で「ヤッター」と大きな歓声を!
(レクサス星ヶ丘「日本一のお店を作る」今日の言葉より)

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 拍子抜けするほど簡単な中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆
弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーを開催していますが、
各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。
よろしかったら下記からお申し込みください。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-11.html
◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト https://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー https://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆