HOME > 中川清徳のブログ > [労務] 「36協定届」が新しくなります
中川清徳のブログ
2021年
1月28日
カテゴリー

[労務] 「36協定届」が新しくなります

[Webセミナー]全国どこでもあなたの席がセミナー会場! [内容] 自社株の分散防止対策と代償分割セミナー [講師] プルデンシャル生命保険(株)ライフプランナー濱田勝則     (社会保険労務士/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/ M&Aシニアエキスパート) https://mylp.prudential.co.jp/lp/page/katsunori.hamada [価格] 20,000円(税別) [日程] 2月3日(水) 13時30分~16時00分   [申込]   https://nakagawa-consul.com/seminar/092_web.html 日程が合わない場合は上記ページ末よりご希望の日程に     調整できます。メールご相談も可能です。    または、下記にご記入のうえそのままご返信ください。 ******自社株の分散防止対策と代償分割セミナー申込み書****** 社 名 役職名 氏 名 電 話 日 時    ご都合が悪いばあいは希望日時をご記入ください ******************************************************************** ☆★☆──────────────────────────── 社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報 労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年  人事労務畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が 中小企業経営者のために語る 発行者: 中川清徳  2021年1月28日号 VOL.4751 ────────────────────────────── 「警察庁と警視庁は、どう遣うのですか?」 (続きは編集後記で) ────────────────────────────── [労務] 「36協定届」が新しくなります ────────────────────────────── ◆改正の内容  2021年4月1日より、36協定届の様式が新しくなります。  改正内容は、大きく2点あります。  (1) 36協定届における押印・署名の廃止  (2) 36協定の協定当事者に関するチェックボックスの新設 ◆36協定届における押印・署名の廃止  労働基準法施行規則等の改正により、使用者の押印および署名が  不要になりました(記名は必要)。 *36協定と36協定届を兼ねる場合の留意事項  労使で合意したうえで労使双方の合意がなされたことが明らかと  なるような方法(記名押印または署名など)により36協定を  締結すること ◆36協定の協定当事者に関するチェックボックスの新設  労働者代表(事業場における過半数労働組合または過半数代表者)  についてチェックボックスが新設されています。 *過半数代表者の選任にあたっての留意事項  ・管理監督者でないこと  ・36協定を締結する者を選出することを明らかにしたうえで、   投票、挙手等の方法で選出すること  ・使用者の意向に基づいて選出された者でないこと ◆新旧様式の届出の適用  2021年3月31日以前であれば、4月1日以降の期間を定める協定で  あっても、原則、旧様式を用いることになります。しかし、新様式を  使用することも可能で、その場合は、協定当事者の適格性にかかる  チェックボックスにチェックする必要はありませんが、使用者の  記名押印または署名が必要になります。  なお、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、3月31日以前  であっても、使用者や労働者の押印または署名がなくても提出する  ことができます。  また、4月1日の施行日以降であっても、当分の間旧様式を用いること  もできます。その際の留意点は次のとおりです。  ・旧様式の押印欄を取り消し線で削除する  ・協定届・決議届については、旧様式に、協定当事者の適格性にかかる   チェックボックスの記載を直接追記する、または同チェックボックスの   記載を転機した紙を添付する(チェックボックスにチェックがないと、   形式上の要件に適合している協定届・決議届と認められませんので、   注意が必要です) (中川コメント) ※新様式は以下のURLからダウンロードして使用できます。 https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudoujouken01/index.html 【厚生労働省リーフレット】 https://www.mhlw.go.jp/content/000708408.pdf ────────────────────────────── [Webセミナー]全国どこでもあなたの席がセミナー会場! [題名] 半日版 就業規則の作り方 セミナー [配布] レジメ89ページ 資料120ページ [講師] 中川清徳(中川式賃金研究所 所長) [料金] 24,000円(税別) 人数不問 [日時] 2月8日(月) 13時30分~16時30分(3時間)   [申込] https://nakagawa-consul.com/seminar/005_web.html   Webセミナーはご希望により日程調整が可能です。    メールでご相談ください。 ────────────────────────────── 編集後記       ────────────────────────────── 「警察庁と警視庁は、どう遣うのですか?」 番組あてに「警察庁と警視庁は、どう遣うのですか?」という 質問が寄せられたため、模型を使って、両者の違いを説明した ことがありました。 すると、番組を見た大人の視聴者から「検察庁と警視庁の違いが よくわかりました」という反応があって、ガッカリしたことも あります。 ちなみに、警察庁は「全国の警察本部をとりまとめている国の役所」 で、警視庁はいわば「東京都の警察本部」のことです。 警察庁のトップは警察庁長官で、警視庁のトップは警視総監。 そして、検察庁には検察官がいて、警察が捜査した内容をチェック して裁判に起訴したり、独自に捜査したりする機関です (伝える力 池上彰 PHPビジネス新書) https://amzn.to/38jCxVg ────────────────────────────── 賃金制度の見直のお手伝いをします [申込] https://nakagawa-consul.com/inquiry/index.html [担当] 中川清徳 中川式賃金研究所所長 [期間] 1か月~3か月程度 [見積] 15万円~45万円程度 ────────────────────────────── ご注意       ────────────────────────────── このメルマガは、わかりやすさを重視しています。 そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。 むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を 犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、 お役所の文書と同じになります。結局わかりにくい記事になり、 役に立ちません。 正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。 このメルマガを解除してください。 このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを 申し添えます。 ────────────────────────────── メールマガジン 社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報 ☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳 ☆公式サイト http://nakagawa-consul.com ☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com ☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html ☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html     ──────────────────────────────