HOME > 中川清徳のブログ > [人事] ジョブ型雇用
中川清徳のブログ
2021年
1月29日
カテゴリー

[人事] ジョブ型雇用

[Webセミナー]全国どこでもあなたの席がセミナー会場! [内容] Excelで社内マニュアル作成 セミナー [講師] 中川清徳 中川式賃金研究所所長 [価格] 20,000円(税別) [日程] 2月4日(木) 14時00分~16時00分(2時間) 3月24日(水) 14時00分~16時00分(2時間) [申込] [Web] https://nakagawa-consul.com/seminar/117_web.html     日程が合わない場合は上記ページ末よりご希望の日程に     調整できます。メールご相談も可能です。       ☆★☆──────────────────────────── 社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報 労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年  人事労務畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が 中小企業経営者のために語る 発行者: 中川清徳  2021年1月29日号 VOL.4752 ────────────────────────────── 視点を変えたり、逆手にとったりする (続きは編集後記で) ────────────────────────────── [人事] ジョブ型雇用 ────────────────────────────── 大手企業がジョブ型雇用の導入を検討していると、マスコミなどが 報道しています。 ジョブ型雇用とは、職種に応じて人員配置をすることで、欧米では 普通のことです。 特徴は、決められた仕事以外はしない割り切ったものです。 そのために、職務記述書に仕事の内容が明示されています。 その仕事がなくなれば解雇するというドライな雇用です。 日本型雇用は一括定期採用で社内で経験を積ませ、育てていく スタイルです。 日本型雇用が機能したのは、高度成長時代であり、低成長時代では 機能しないことから雇用制度の見直しを模索する時代が続いています。 その中で、ジョブ型の導入に光を浴びています。 結論を申し上げれば、日本の中小企業では、ジョブ型が機能するのは、 IT関連などごく一部の業種のみであり、 中小企業は導入を見送るのが良いかと思います。 理由 1.職務記述書の作成に手間がかかりすぎる    中小企業では負担が大きい   例 ご自分の仕事内容を書き出せますか? 2.柔軟性がない   例 経理担当に受付など総務の仕事をさせられないことでよいか? 3.ジョブ型を運用できる人材が不足している   例 定期的な見直しを推進できるか人材はいるか? (中川コメント) 最近、日経連がジョブ型雇用を提唱していますが、さて? ────────────────────────────── [Webセミナー] 全国どこでもあなたの席がセミナー会場に! [半日版] 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー      一日のセミナーを絞り込み半日版Webセミナーとして 追加しました [内 容] レジメ65ページ 資料編14ページ [講 師] 中川清徳(中川式賃金研究所 所長) [受講料] 24,000円(税別) [日 時] 2月16日(火) 13:30~16時30分(3時間)  [申 込]  https://nakagawa-consul.com/seminar/125_web.html       日程が合わない場合は上記ページ末よりご希望の日程に      調整できます。メールご相談も可能です。 ────────────────────────────── 編集後記       ────────────────────────────── 視点を変えたり、逆手にとったりする 求め、追求し続け、それでも得られずについに疲れ果てたのならば、 今度からはそれを見出すようにすればいいのだ。 何をしても風が吹いてきて妨害され、どうしてもうまくいかないので あれば、今度からは風を利用してやればいい。帆を高く張り、どんな風 が来ても、すべて追い風にしてしまうのだ。 (ニーチェの言葉 ディスカバー・ツゥエンティワン刊より) https://amzn.to/345swaB ────────────────────────────── [就業規則] 見直しのお手伝いをします [申込] https://bit.ly/3jxLFru (短縮) [見積] 15万円~45万円(税別) [担当] 中川清徳 中川式賃金研究所所長 ────────────────────────────── ご注意       ────────────────────────────── このメルマガは、わかりやすさを重視しています。 そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。 むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を 犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、 お役所の文書と同じになります。結局わかりにくい記事になり、 役に立ちません。 正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。 このメルマガを解除してください。 このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを 申し添えます。 ────────────────────────────── メールマガジン 社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報 ☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳 ☆公式サイト http://nakagawa-consul.com ☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com ☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html ☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html     ──────────────────────────────